なんでもないと口をつぐんだ 歌詞。 プリズムキューブ wowaka 歌詞情報

いかないで の女の子視点 歌詞ってどこにもないんですか??分かる方歌詞...

なんでもないと口をつぐんだ 歌詞

ふと思いだしてネタ。 「世の中に不満があるなら自分を変えろ。 それが嫌なら耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ。 それも嫌なら…」 言わずと知れたの主人公、「少佐」ことの名台詞です。 「SAC」シリーズ第1期の1話冒頭で、テロリストを追い詰めた際に飛び出した強烈な台詞ですが、ネットで様々なネタを目にする際、これが本編とは異なるニュアンスで引用されていて、なんだかなーと思うことがたまにあります、 感想として「少佐かっけぇ…!」や「もっと罵ってください!ハァハァ」的な無害なものは構わないのです。 しかし、「少佐も言っていただろ!世の中に不満があるなら自分を変えろよ」的な使われかただとかなり危うく感じます。 なぜなら少佐はあの台詞、括弧つきで言っているはずなんですよね。 1話を観て「シビレました!私も自分を変えようと思いました!」みたいな感想もわりと身構えてしまう。 なんかめちゃくちゃ消極的なメッセージを勝手に受け取ってね?みたいな。 しかしそもそもこの台詞ってめちゃくちゃ有名ですが、あまり解釈を語っている人って見かけないんですよね。 とりあえずググってみて、あの台詞について解釈を書いてくれているところはここくらいしか見つからなかったです。 「お前ら警察が・・・もはや体制に正義はない!」 とほざかれ素子が言い返しました。 意味(妄想); 小さな物差ししか持たないものが世界を自分のサイズに合わせようなんて5億年早いのよ 文句があるなら見える目を獲得してからいらっしゃい そのままの自分でしかいられないなら何からも影響されない、何にも影響しない処へ行ってしまいなさい そうすればStand Aloneなら誰にも迷惑かけずに、誰からも干渉されずに生きられるわ どうせその目は見えていないし耳も聞こえていないんだから、なくたっていいでしょう? らちもないことばっかり言う小うるさい口もついでに噤んだらどう? それもいやなら・・・本当に何も見えず聞こえず話せないところにいく? そんなわけでここからはあくまで自分なりの解釈ですよ…と断っておきます。 素子の台詞をよく見ると、「世の中に不満があるなら自分を変えろ。 それが嫌なら耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ。 それも嫌なら…」このように、文末に「それも嫌なら」とあります。 この部分もの凄く重要だと思うのです。 これに続く言葉というのはおそらく、「死になさい」でしょう。 これは逆に言えば、「死にたくなければ、黙って捕まれ」という事ですね。 しかしこれは、「それも嫌」という考えを全否定しているわけではなく、無言で拳銃を頭に突きつけていることが象徴するように、素子的には「よろしい、ならば戦争だ」というだけのことな気がします。 お互い穏やかでいられない「次のフェーズ」に行ってしまいますよ?という警告。 有名な話ですが、あの台詞はの『』に出てくる一節が元ネタとなっています。 I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes(僕は耳と目を閉じ口をつぐんだ人間になろうと考えた) 上記の日本語訳は劇中でトグサが意訳していたものですが、実際の小説ではこんな感じの流れで出てきた一節です。 どこかのガソリン・スタンドに雇ってもらって、ひとの車にガソリンを入れたり、オイルをつめたりして働くことを考えた。 でも、仕事の種類なんか、なんでもよかったんだ。 誰も僕を知らず、僕のほうでも誰をも知らない所でえしたら。 そこへ行ってどうするかというと、僕は唖(おし)でつんぼの人間のふりをしようと考えたんだ。 そうすれば、誰とも無益なばからしい会話をしなくてすむからね。 誰かが何かを僕に知らせたいと思えば、それを紙に書いて僕のほうへおしてよこさなきゃなんない。 そのうちには、そんなことをするのがめんどくさくなるだろうから、そうなれば僕は、もう死ぬまで誰とも話をしなくてすむだろう。 みんなは僕をかわいそうな唖でつんぼの男と思って、ほうっておいてくれるんじゃないか。 彼らは自分の串のガソリンやオイルを僕に入れさせて、それに対する給料やなんかをくれるだろうから、僕はだ金でどっかに小さな小屋を建てて、そこで死ぬまで暮らすんだ。 この色々諦めてしまっている感じと、トグサが持っているような青臭い正義感を併せ持っているのが素子だと思うんです。 素子の「諦め」の理由としては、彼女が「個人の力の限界」を感じている事が関係してると思いますが、その裏返しとして、「コンプレックス」のような現象や、カリスマ性を持ったクゼのような男を見ると、つい目を輝かせてしまうんですよね。 そういう意味では、「SAC」1話のテロリストに対しては、そもそも「心身ともに凡人であるところのお前が一人でいきがったところでどうにもならないんだよこのばかっつらー!」という素子の個人的な苛立ちが入っていた気もします。 なので、そんな場面を見て「かっけー!」なり「もっと罵って!」と興奮するのは正解だと思いますが、「自分を変えろ」というのを積極的に受け入れるような解釈はどうなのかなと。 また、引用して誰かに対して使うとなると、どうしても純粋な悪口として「このばかっつらー!」的になってしまうので、自分はなかなか使えないですね。 神山監督あたりがこの台詞の意図を語ってくれているインタビューでもあれば凄く読みたいんですが、自分が見た限りだとチラリとは触れていても、突っ込んだ事は語ってくれてなかったですね。 もはや紙媒体だったかインタビュー映像だったかも覚えていませんが、「素子を象徴するような台詞をしょっぱなに持ってきたかった」みたいなことは言ってたと思います。 〜オマケ〜.

次の

プリズムキューブ wowaka 歌詞情報

なんでもないと口をつぐんだ 歌詞

プリズムキューブ 作詞 wowaka 作曲 wowaka 唄 wowaka 暗い、暗いの世界から 僕に、「泣いて」って言うんだ 何もないよな気がしてた 何かあったかなあ 伝えなきゃいけないことが まだまだ、あるって思うんだ 使い捨ての言葉たちだ 何があったかなあ 回りだす頭の中で 僕には多分聞こえない 思い出す余裕もないなあ 僕には何も聞こえない。 口をつぐんで 耳をふさいで 思いの丈並べたって ごちゃごちゃの感情は ふわふわと泣く 痛いくらいの始まりが 僕のこと 待っていた すごいきれいな冗談を信じきってる! 痛い痛いの未来から 僕に来ないでって言うんだ 何もないよな気がしてた 何があんのかなあ 見てなきゃいけないことが そろそろ嫌って塞いでる 奪いたての優しさも 何かになったかなあ? 「ここにいないで」 「うそでわらって」 世界は煌めきで満ちる 閉じ込めた、 そのかなしさできらきらしてる。 つらい、つらいな 言えないなあ、僕の言葉では 眩しすぎて見えないなあ! こころのはこ くらいくらいのせかいでさあ ぼくはなんどくりかえす? All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 wowakaさん『プリズムキューブ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 wowakaさん『プリズムキューブ』の歌詞 プリズムキューブ words by ヲワカ music by ヲワカ Performed by ヲワカ.

次の

世の中に不満があるなら自分を変えろこのばかっつらー!

なんでもないと口をつぐんだ 歌詞

笑えない日々を辿ったって 変わらない今を呪ったって 宙に舞った言葉じゃ あなたを救えないのだろう 届かないままの景色と 温まることない痛みと 肩を寄せ合って歩いていた 遠いところへ行けるように あなたの言う希望だとか 夢に見た理想ならば どんなに冷たくたって愛してみせるよ 笑えない日々を辿ったって 変わらない今を呪ったって 宙に舞った言葉じゃ あなたを救えないのだろう 不甲斐ない声で叫んだって 熱を持つ夜に変わっていく この手が離れても また歩いて行けるように 分かち合うことない言葉が ふと気付く度に増えていた 今と向き合って変わっていく その姿を見ていて欲しい あなたの言う未来は ただ、この手に収まらなくて どんなに繕ったって その笑みの奥を疑ってしまうだろう 終わらない日々の向こうだって 救えないくらいの憂だって この指がもがくほど 遠く滲んでしまうのだろう 触れない思いの色なんて 知りたくはないと思っていた あなたが居なくても夢を見ていたいのに 象ったような不幸があなたを襲うなら この手の平で触れていたいな 繕って吐いた言葉が誰かを呪うなら 口をつぐんでさ 笑えない日々を辿ったって 変わらない今を呪ったって 宙に舞った言葉じゃ あなたを救えないのだろう 不甲斐ない声で叫んだって 熱を持つ夜に変わっていく この手が離れても また歩いて行けるように さよならは言わずに 何処かでまた会えるように Veilとは おおって見えなくするものや、見せかけ、口実、仮面などの意味がある単語ですが、一体どう言った意味で曲名として使われているのでしょうか? この「Veil」という曲は、TVアニメ『炎炎ノ消防隊』エンディングテーマに起用されています。 つまり、 アニメの内容に沿って曲名がつけられている可能性が高いわけです。 まずは、『炎炎ノ消防隊』がどんなアニメか知るために、Wikipediaの紹介を引用してみます。 ある日を境に突然始まった人体自然発火現象によって全身が炎に包まれ変異し暴れ出すようになった「焔ビト」と呼ばれる怪物や、それによって引き起こされる脅威と戦う特殊消防隊の活躍を描いた消防士SF漫画作品。 サスペンスやバトルアクションの要素を取り入れたサイエンス・ファンタジー作品でもある。 どうやら、消防士SF作品のようですね!ということは、Veilとは消防服のことを指しているのでしょうか?それとも「焔ビト」の炎のことを指しているのでしょうか? どちらのことを指しているのかはわかりませんが、どちらにしても、Veilは「 おおって見えなくするもの」という意味で曲名として使われていそうですね! ただ、歌詞を見てみないとなんとも言えないので、歌詞をしっかりみていきましょう! 解釈 まだみたことがない景色(希望)を見るために まだ癒えない痛みとともに前に進んできた。 想像もできないほど強くなるために。 この部分の歌詞ではまだ「希望」という言葉は出てきてはいませんが、次に続く歌詞で「希望」という歌詞があり、 景色=希望であると思ったのでそう解釈しています。 「温まることない痛み」という歌詞。 この曲はバトルもののアニメのEDですから、 傷の痛みという意味が込められているのでしょう。 加えて、「笑えない意味を辿ったって 変わらない今を呪ったって」という歌詞からもわかるように、 「心の痛み」という意味も込められているのだと思います。 いろんな痛みを抱え、ボロボロになりながら前に進む主人公。 まさに正統派主人公と感じさせるような人物ですね。 あなたが口にした言葉なら、たとえどんなに悲しい希望だって愛してみせるよ。 希望とは、未来に望みをかけること。 こうなればよい、なってほしいと願うこと。 また、その事柄の内容。 という意味を持つ言葉です。 「希望」と聞けばいい未来を想像しがちですが、「希望」という言葉の意味からもわかるように必ずしもいい未来を願っているとは限らないんですよね。 たとえ、悲しい未来を願ったとしても君が願うなら愛してみせるという場面によっては告白の言葉にすら聞こえる想いをここでは歌っているのかもしれませんね。 笑えない意味を辿ったって 変わらない今を呪ったって 宙に舞った言葉が あなたを救えないのだろう 解釈 揺るがない想いを口に出していれば、冷たい夜も熱を持ってくるだろう。 そうしたら、手を繋がなくても歩けるはずだから 「さよなら」と言えずにあなたと別れたくないから。 夜とは、しばしば冷たいと表現されます。 面白いことに、多くの歌手が夜を冷たいと表現するんですよね。 もしかしたら、なんだか物悲しい感じがするから冷たいと表現するのかもしれません。 そんな冷たい夜が熱を持てば手が離れても歩いていける。 つまり、手を繋がなくても一人で前に進めるということでしょうか。 なんだか、 失恋ソングに聞こえてきますね。 失恋ソングだと仮定すると、先ほどの歌詞の「あなたの希望」というのは 別れることを指すのかもしれませんね。 そして揺るがない声というのは別れる決断をするということなのかもしれません。 曲名のVeilも「おおって見えなくするもの」という意味ではなく、「(本当は別れたくないけれど、あなたが別れたいというから別れるという)別れる口実」という意味で使われているのかもしれませんね。 アニメに沿った解釈と、Veilという曲単体での解釈の2通りの考察ができて面白い歌詞ですね。

次の