カフェ イン 中毒 治療。 カフェインの過剰摂取は危険 厚労省が注意「健康リスクを知って」

カフェインの過剰摂取は危険 厚労省が注意「健康リスクを知って」

カフェ イン 中毒 治療

カフェイン中毒(カフェインちゅうどく、: caffeine Poisoning)は、によって引き起こされるである。 カフェインの引き起こす症状は、カフェイン自体が持つによって引き起こされる。 精神性の症状は『』 DSM-IV-TR では、同じく カフェイン中毒 caffeine intoxication として診断コード305. 90に分類される。 死亡例は少ないが、まれに報道される。 カフェイン依存 caffeine addiction は、カフェインの使用を止められない状態である。 DSM-IV-TRでは実際にやを満たすほど深刻となるというデータが不足するため、診断名は用意されていない。 過剰摂取によって深刻な急性中毒が生じることがあるが、、、、、、などカフェインを含む食品の常用によることが多い。 カフェインを含有するこれらの飲料からカフェインを除去した「」が存在する。 軽微な中毒 [ ] 精神障害に分類されるカフェイン中毒 intoxication について記す。 しかし、さらに診断基準Cの著しい苦痛や社会や職業的な機能の障害があるという、な場合がカフェイン中毒である。 世界保健機関による『』ではF15. 0カフェインや他の精神刺激薬による急性中毒で、診断基準はない。 症状 [ ] 次に、毒性作用による中毒 Poisoning について記す。 一般的な成人では、1時間以内に 6. 後者の場合、重症になる確率が高い。 神経圧迫による視覚異常や聴覚異常は確認されている。 カフェインが体内から、され、効力を失えば症状は改善する。 カフェインを分解する酵素(CYP1A2や)を阻害する薬物などと併用した場合、カフェインの代謝が遅れ、症状が長引くことや悪化することがある。 通常死亡には至らない。 しかし、短時間の過剰摂取、および急性中毒で緊急搬送されたり、それにより稀に死亡するケースが報道されている。 常用中毒による日本最初の死亡報告例として、2015年にはの20代男性がカフェイン中毒とみられる症状で死亡していたことが報道された。 日本中毒学会の調査によると、2011年-16年の5年間に日本国内で3人がカフェイン中毒により死亡している。 精神症状 落ち着きがなくなる、緊張感、感覚過敏、多弁、不安、焦燥感、気分高揚、一時的なを生じる。 重症になると、精神錯乱、妄想、幻覚、幻聴、パニック発作、取り乱す、衝動性などが現れ、酷いと行為に及ぶ場合まである。 神経質な人や、、などを患っている人は重症化しやすく、症状の悪化をきたしやすい。 身体症状 胃痛、胸痛、、などの症状、の増加(時に) 、収縮の促進、、血流増大、動悸、呼吸が速くなる、頻尿など、の症状のほか、一時的な筋骨格の持久力増進、、むずむず感を生じる。 重症化すると、足がつるなどのを起こし、歩行が困難になる。 また、拡大や顔が赤くなったり、頭痛を引き起こす。 治療 [ ] 重篤な状態に陥るのは、などによって急性中毒を起こした場合である。 カフェインには特異的な解毒剤や拮抗薬はないため、血中濃度を低下させるを行って時間と共に回復を待つ。 重症で緊急を要する場合は救急病院に搬送後、または冠疾患集中治療室にて全身管理を行い、各致死的症状に対応しなければならない。 および 、 が有効な場合もある。 危機的中毒量を摂取している場合、全身痙攣や重度の不整脈、精神運動の過剰亢進でやを起こしていることが多い。 まずの痙攣による呼吸不全を防ぐため、や薬の投与と酸素吸入で急速対応する。 また、重い不整脈に対しては心拍を監視して心室細動に注意を払うほか、各精神症状を緩和する。 中毒患者にとってはこの症状が最も不快であることが多く、興奮や不安などの症状には静注などで緩和すると良い。 それでも十分な効果を得られない場合は、などの追加投薬などで対応する。 この際、ドパミン拮抗型の鎮静剤()は使用しない。 バイタルが正常に戻り、医師が大丈夫と判断した場合は対症療法は終了するが、入院して十分に体を休め、点滴静注で栄養補給や心身のバランスを整える。 予後 [ ] 重症に至らず、中毒者の心身から不快感が消失したならば、経過観察と休養で良い。 多くの場合、精神的、肉体的に状態となっていることが多いため、栄養を取って心身を休ませることが第一である。 嗜癖 [ ] カフェインの強迫的な使用は、ほぼ無害であるため、ほぼ正常の範囲である。 DSM-IV-TRでは、強迫的な使用の兆候はあるが、実際にやを満たすほど深刻となるというデータが不足するため、診断名は用意されていない。 市販の鎮痛薬に含まれるカフェインや他の成分の依存や離脱症状がの発症に寄与する。 離脱症状 [ ] 摂取を中断した場合のとしては頭痛が一般的であり、12 - 48時間以内に出現し、2 - 4日以内に消退する。 他の症状としては眠気、集中力の減退、疲労感、不安、抑うつ、運動遂行能力の低下、発汗、吐き気 嘔気 、カフェイン摂取の渇望などがある。 禁断性のに対しては鎮痛薬で対応できるが、通常短期間(数日)のうちにすべて治まる。 のには、カフェインも含まれている場合がある。 DSM-IV-TRでは、実際にデータが集まってきてはいるものの、離脱の診断名は用意していない。 言い換えれば、より以前のDSM-IIIには、カフェインをなしにするのが困難となるのはごく少数なので、診断分類はないとしている。 しかし、離脱中の日中の眠気など、カフェイン誘発性過眠症については記載されている。 カフェイン離脱は、における診断名である。 薬理 [ ] カフェインは受容体に拮抗するために覚醒作用を起こす。 神経細胞へ直接刺激するのではなく、脳中枢の抑制回路を弱めることで覚醒作用を起こすため、と違って間接的である。 心筋や骨格筋を刺激し、運動機能を亢進する働きがある。 腎血管を拡張させ、での水分の再吸収を抑制するので、利尿作用を起こす。 また、に取り付いてその作用を抑制しているアデノシンの働きを、カフェインが妨害するために頻尿になるという説もある。 カフェインを摂取してから血中濃度が最高に達するまでは0. 5 - 2時間、血中消失半減期は4. 5 - 7時間である。 中毒症状発現量と致死量の差が狭く、生物に対する毒性は強いとされるが、ごく普通に身近に存在し、さまざまな用途や場面で人体に摂取されている。 これは猫などの一部の生物や哺乳類に対する毒性は極めて強いが、ヒトに対しての毒性は低いためである。 228-231. 2014年6月25日閲覧。 2015年12月21日. の2016年5月23日時点におけるアーカイブ。 2018年5月15日閲覧。 、 世界保健機関 1992 pdf. World Health Organization. 2017年6月13日. 2018年4月13日閲覧。 Am J Clin Nutr March 2005 vol. 81 no. 3 p. 539-540• 日本臨床救急医学会雑誌 Vol. 17 2014 No. 5 p. 711-715, :• 日本救急医学会雑誌 Vol. 20 2009 No. 12 P. 941-947, :• 柴田護、鈴木則宏「」 pdf 『日本内科学会雑誌』第96巻第8号、2007年、 1634-1640頁、 :。 小川直志、植木啓文、『カフェイン依存 特集 薬物依存症--薬物依存症のトレンド 』 日本臨床,68 8 :1470-1474,2010,• 『DSM-III-R 精神障害の診断、統計マニュアル』、高橋三郎訳 、1988年、151頁。 , pp. 625. Matt Peckham 2013年5月31日. Time. 参考文献 [ ]• 、 翻訳 高橋三郎、、染矢俊幸『DSM-IV-TR 精神疾患の診断、統計マニュアル』、2004年、新訂版。 関連項目 [ ]•

次の

カフェイン中毒について

カフェ イン 中毒 治療

アセトアミノフェンの主要な代謝物であり毒性を有する N-アセチル- p-ベンゾキノンイミン(NAPQI)は,肝臓のチトクロムP450酵素系で生成され,肝臓に貯蔵されているグルタチオンにより解毒される。 急性過剰摂取は肝臓のグルタチオン貯蔵を枯渇させる。 その結果NAPQIが蓄積し,肝細胞壊死およびおそらく他の臓器(例,腎臓,膵臓)の傷害を引き起こす。 肝酵素のプレコンディショニングはNAPQI生成を増加させる可能性があり,低栄養(これもアルコール依存症患者で一般的である)は肝臓のグルタチオン貯蔵を低下させるため,理論的には,アルコール性肝疾患または低栄養があると毒性のリスクが増大することになる。 ただし,アルコール依存症患者への治療量の アセトアミノフェン投与が肝障害と関連することはない。 急性アセトアミノフェン中毒 2歳以上の患者に院内で使用するようにデザインされた,ある アセトアミノフェンの静注製剤に関連して,数十例(3例は小児)の死亡を含む数百例の過量投与報告がなされている。 これらの有害事象のほとんどは,アセトアミノフェンがミリグラムで投与されるがミリリットルで調剤されることによる投薬エラーによるものであった。 そのような過量投与は医原性のものであるため,時間および総用量に関して信頼できる情報が入手できる。 そのためRumack-Matthewノモグラム( )が毒性の予測ができることから使われてきた。 しかし,静脈内投与による アセトアミノフェン過剰摂取の確実な治療法は確定しておらず,毒物学者または中毒情報センターへのコンサルテーションが推奨される。 症状と徴候 急性摂取による肝毒性の可能性および重症度は,摂取量,またはより正確には血清 アセトアミノフェン濃度に基づき予測可能である。 急性摂取時刻が明らかな場合は,Rumack-Matthewノモグラム( )を用いて肝毒性の可能性を推測する;急性摂取時刻が不明な場合は,ノモグラムは利用できない。 従来型 アセトアミノフェンまたは急速放出型 アセトアミノフェン(7~8分速く吸収される)の単回急性過剰摂取では,摂取後4時間以降に濃度を測定しノモグラムにプロットする。 高濃度であれば肝毒性の可能性を示す。 遅発放出型製剤の アセトアミノフェン(血清中濃度が約4時間おいて2つのピークを示す)の単回急性過剰摂取では,摂取後4時間以降およびその4時間後に濃度を測定し,いずれかの濃度がRumack-Matthewの毒性ラインを上回った場合には治療が必要である。

次の

急性カフェイン中毒の危険知らずに過剰摂取も|医療ニュース トピックス|時事メディカル

カフェ イン 中毒 治療

カフェイン摂取の注意点 エナジードリンク摂取に警告 2018年に米国スポーツ医学会はエナジードリンクの摂取に関する公式声明を発表しました。 多くのエナジードリンクにはカフェインが含まれています。 カフェインの過度の摂取は大人だけでなく、小児にとっても精神的にも身体的にもリスクになります。 カフェインの安全性や効果の証拠が不十分 エナジードリンクに含まれる過剰なカフェインは精神症状だけでなく、心血管、神経、胃腸、腎臓、内分泌系など様々な臓器にも影響を及ぼします。 エナジードリンクは、多くのビタミン、ミネラル、アミノ酸、ハーブの混合物を含む高濃度カフェイン含有飲料です。 糖分や炭酸を含むものもあり、様々な製品が発売されています。 スポーツ選手や軍人および中高生が頻繁にエナジードリンクを摂取しており、ある大学のスポーツ選手では8割もの生徒がパフォーマンス強化の為に摂取しているという報告もあります。 エナジードリンクは小児や思春期の若者にも手軽に入手できる状況にあります。 エナジードリンクの世界的な市場規模は、2013年に390億ドルだったものが2021年には610億ドルに達すると見込まれています。 需要が高まっている一方で、現時点では安全性や効果、パフォーマンスに関する証拠が不十分であるという懸念があります。 カフェインの含有量に制限がない?! エナジードリンクに対する最大の懸念は、高濃度のカフェインを含有していることです。 米食品医薬品局(FDA)によると、1日当たり400mg(コーヒーにすると4~5杯に相当)のカフェイン摂取は健康な成人にとっては許容できる量です。 しかし、小児や若年者では精神的、身体的に重大な問題を引き起こす可能性があります。 コーヒーや紅茶、スポーツドリンクなどの一般的な飲料のカフェイン含有量は1本当たり200mg以内に制限されていますが、エナジードリンクでは制限がありません。 FDAの分類ではエナジードリンクは食品・飲料ではなく、栄養補助食品に分類されているのです。 そのため、有害事象の報告義務はありますが、内容物が厳密に制限されていないのです。 カフェインの過量摂取で命に関わることがある カフェインを大量に摂取した九州の20代前半の男性が中毒死したことが2015年12月にニュースになりました。 福岡大学は、解剖の結果、カフェインの血中濃度が致死量に達していたことが分かったと発表しました。 男性はガソリンスタンドで深夜から早朝まで勤務し、眠気覚ましとして1年以上前からカフェイン150mg程度を含むエナジードリンクを飲んでいました。 亡くなる約1週間前から家族に体調不良を訴え、嘔吐も見られていましたが、亡くなる日の午前11時半頃大量嘔吐があり、その後寝ていましたが、午後4時頃家族に意識を失った状態で発見され、死亡が確認されました。 食品安全委員会などによるカフェイン摂取量のまとめ ・健康な成人の1日の許容目安 400mg ・4~6歳の子供の1日許容目安 45mg ・医薬品の1日上限 500mg ・国内のエナジードリンク ~200mg ・コーヒー(100ml) 60mg ・紅茶(100ml) 30mg ・推定摂取致死量 3000mg ・カフェイン半減期 約3~6時間 ・主な中毒症状 頭痛、動悸、眩暈、嘔気、嘔吐、興奮、不眠など カフェインの中毒症状 カフェインの中毒症状には次のような症状がみられます。 頭痛、めまい、落ち着きのなさ、神経質、興奮、不眠、顔面潮紅、利尿、消化器症状(嘔気、嘔吐など)、筋れん縮、頻脈または不整脈、精神運動性区大奮など。 カフェインは不安障害や精神病の症状を増強することがあります。 カフェインの離脱症状と治療 カフェインには耐性が形成され、離脱症状としては主に頭痛がありますが、倦怠感、抑うつ気分、不安が出現することがあります。 離脱症状は4~5日ほどへの治療は対症療法的で、ベンゾジアゼピン系薬物が短期間(2~5日程)使用されることがあります。 カテゴリー•

次の