ワイモバイル 解約金。 ワイモバイルは解約金廃止で縛りなし!スマホプランは解約金に注意

ワイモバイルの解約は店舗のみ?実は電話でもできるよ。解約金・方法・注意点も解説

ワイモバイル 解約金

現在のスマホベーシックプランなら違約金はかからないよ! 旧プランは違約金がかかる 旧プランの「スマホプラン」「データプラン」は2年契約なので、更新月以外に解約すると契約解除料が発生します。 更新月に解約をしなかった場合は自動更新され、さらに2年間の契約となります。 mobile」で確認することができます。 契約更新月の調べ方• 「My Y! mobile」にログイン• ページの上部にある『契約確認変更』をタップ• 右上部の『もっとみる』をタップ• 現在の契約内容を確認できます。 Yモバイルの解約方法 Yモバイルの解約 手続きはWebからはできません。 電話またはYモバイルショップでの受け付けとなっています。 電話で解約する• Yモバイルのカスタマーセンターに電話をかけます。 運転免許証• 日本国パスポート• 個人番号カード(マイナンバーカード)• 住民基本台帳カード(QRコード付)+補助書類• 身体障がい者手帳• 療育手帳• 精神障がい者手帳• 健康保険証+補助書類• 在留カード• 特別永住者証明書• 在留カード+外国パスポート Yモバイルから他社へ乗り換え(転出)する方法 Yモバイルから他社へ乗り換え(転出)する場合は、Web、電話、Yモバイルショップから手続きできます。 他社への乗り換え(転出)には「MNP予約番号」の発行が必要です。 MNP予約番号の発行は、 My Y! mobileで手続き、Yモバイルショップで発行、カスタマーセンターに電話して発行しましょう。 MNP乗り換え(転出)に必要な情報• 契約者の氏名• 契約している電話番号• ケータイ(PHS)、AQUOS PHONE ef、DIGNO DUAL 2、AQUOS PHONE es、STREAM、DIGNO DUALは、ワイモバイルショップ、My Y! mobileでの手続きはできません。 MNP予約番号は取得日を含めて15日の有効期限となっています。 MNP予約番号の発行から15日の間に、次に契約する携帯会社でMNP転入の手続きをおこなう必要があります。 有効期限が過ぎてしまった場合は、もう一度MNP予約番号を再発行してもらう必要がありますので、有効期限を忘れないように注意してください。 なお、 MNP転出手続きには、3,000円(税抜)の手数料がかかります。 この手数料は解約した月の月額料金とあわせて請求されますので、翌月の支払い金額を確認しましょう。 Yモバイルが解約されるタイミングは、 他社へ回線を切り替えた時点で解約が完了となります。 つまり、MNP転出手続きをしても、他社への乗り換えが完了するまではYモバイルが使えます。 Yモバイルの解約・MNP転出時の注意点 違約金について解説をしましたが、ここからは、Yモバイルを解約する際の注意点について解説します。 解約・他社へ乗り換えをする前に確認しておきましょう。 MNP転出の場合は別途MNP転出手数料が必要 MNP転出をする場合には、手数料として3,000円(税抜)が加算されます。 MNP予約番号は発行から15日の有効期限がある 「MNP転出手続きの流れ」で解説しましたが、YモバイルにMNP転出を申し出た際に発行される予約番号には、発行日から15日の有効期限があります。 期限切れになってしまうなんてことがないように、予約番号を発行したら、すぐに他社への転入手続きをおこないましょう。 解約月の料金は満額請求になる Yモバイルは月の途中で解約しても日割りにならず、解約する月も1ヵ月分の基本料が請求されます。 解約するタイミングは、 月末近くがおすすめですよ。 でも月末に解約するのを忘れないでね! 端末代を払い終えていない場合は解約したあとも払う必要がある Yモバイルでスマホをセット契約で購入して、まだ端末の分割代金が残っている場合、Yモバイルを解約したあとも、分割代金を毎月支払う必要があります。 jp」というYモバイルのキャリアメールは、使用できなくなります。 jp」のメールアドレスを使用していた場合は、解約前にGmailなどのフリーメールに変更しておくことを忘れないでください。 Yahoo! プレミアム for Y! mobile特典が解除される 解約または他社へ乗り換えた場合、Yahoo! プレミアム for Y! mobileが解除されます。 つまり、Yahoo! プレミアムの特典が使えなくなります。 Yモバイルが解約になったらYahoo! プレミアムも自動解約されます。 Yモバイル端末のSIMロック解除受け付けは解約後90日以内 UQモバイルでは、 解約後90日以内であれば、Yモバイルで購入した端末のSIMロック解除が可能です。 受付はYモバイルショップでのみです。 次の条件を満たしている場合に限り、SIMロック解除の手続きが可能となります。 2015年5月以降に発売された対象機種であること• 端末購入日から101日以上経過していること• Yモバイルで滞納金がないこと Yモバイルで購入したスマホを他社で使う場合は、 解約前にSIMロック解除をしておきましょう。 一度解約したSIMカードでの再契約はできない Yモバイルを一度解約してしまうと、同じSIMカードでの再契約はできません。 つまり、古いSIMカードは使用できないということです。 もう一度Yモバイルを利用する場合は、SIMカードを契約し直す必要があります。 解約後はYモバイルのSIMカードは返却しなくてもいい Yモバイルを解約したあとは、使っていたSIMカードを返却する必要はありません。 自分で破棄して大丈夫です。 解約手続き完了のお知らせは送られてこない Yモバイルの解約が完了しても、解約手続き完了のお知らせは送られてきません。 解約が完了したかを確認したい場合は、Yモバイルのカスタマーセンターに問い合わせしてみるとよいでしょう。 まとめ 以上が、Yモバイルの解約・他社へ乗り換る方法、違約金、注意点になります。 Yモバイルの解約は方法さえ知っていれば簡単にできます。 解約する際にかかってくる費用にはご注意ください。 なるべくなら違約金がかからない更新月に解約するのがベストです。 また、Yモバイルは解約月でも日割り料金ではないので、解約するタイミングは月末近くがおすすめです。 解約にかかる費用• 違約金(更新月以外での解約の場合)• 端末代の残金(対象者のみ)• MNP転出手数料(MNP転出の場合のみ) 無駄なお金がかからないように、注意点を確認してから解約してくださいね。

次の

ワイモバイルの解約について(最低利用期間と解約金)

ワイモバイル 解約金

ワイモバイルの解約方法 ワイモバイルの解約方法は大きく分けて3つあります。 ワイモバイルショップで解約する方法・郵送で解約する方法・そしてMNPを利用して他社へ乗り換える方法です。 ここで一番重要なポイントは、 ワイモバイルではWebを通した解約受付は行われていないという点です。 つまりは、ワイモバイルのWebサービス「My Y! mobile」を通して解約することはできません。 また、MNPによる他社への乗り換えに必要なMNP予約番号も、例外を除いてWebでの発行は行われていません。 ワイモバイルショップで、もしくはワイモバイルの総合窓口に電話して発行してもらう方法の2つのみとなります。 ワイモバイルショップ・店舗で解約する方法 ワイモバイルショップでは即日解約可能 ワイモバイルショップでの解約において必要なものは 運転免許証などの本人確認書類・印鑑・契約中のワイモバイル機器です。 ただし印鑑がない場合は来店時のサインでもよく、またワイモバイル機器を紛失した場合は持ち込み必須ではありません。 本人確認書類の対象となるのは以下の6点で、いずれか1点の用意が必要です。 また各本人確認書類ごとに必須記載項目などもあります。 本人確認書類は解約時に必要となるので、補助書類の有無なども含めて確認しておきましょう。 ワイモバイルショップでの解約は即日解約手続きが可能です。 そのためすぐに解約したい場合は店舗に出向くのが一番早い方法となります。 ワイモバイルの公式HPではワイモバイルショップの混雑具合を掲載しているので、確認しましょう。 ワイモバイルショップの混雑目安 ワイモバイルショップは平日の午前中や夕方までの時間帯が比較的空いています。 ショップによって混雑する時間帯も異なるので、事前に電話連絡をして確認しておくのも良いでしょう。 ちなみにここで注意しなければならないのは、ワイモバイルの解約は、ウィルコム時代のプランを除いては、基本使用料の支払いが日割りにならず 月途中の解約でも満額請求となる点です。 そのためなるべく月末近くに解約する方が得となります。 委任状はワイモバイル公式サイトからダウンロード可能 この他、ワイモバイルの解約は契約者の家族に限り、代理解約手続きを行うことが可能です。 その場合はの記入と持参が必須となります。 また、ワイモバイル直営店以外のショップで契約した回線は、ワイモバイルショップで行うことができない場合があるので注意しましょう。 郵送で解約する方法 便利な郵送解約 ワイモバイルは解約申込書を郵送で送って解約することも可能です。 この場合はワイモバイルショップに出向く必要がないため、時間がない方やその手間をかけたくない方、また近くにワイモバイルショップがない方などは 郵送解約が便利です。 まずは ワイモバイルカスタマーセンターに電話をして、解約申込書を送ってもらう手続きをしましょう。 自動音声サービスの指示に従って番号を押していくだけでOKです。 通話料は無料となっています。 郵送解約の場合は 解約申込書がワイモバイルに届いた時点で解約手続き完了となるため、更新月中に解約する場合は余裕をもって解約申込書を申請し、返送しましょう。 月末に返送したのに届いたのが月初になってしまうと、翌月解約扱いとなってしまいます。 この点は特に注意してください。 MNPを利用し他社へ乗り換える方法 MNPを利用して他社に乗り換える場合は、まず MNP予約番号の発行が必須です。 ワイモバイルのMNP予約番号発行方法は、ワイモバイルショップに出向いて発行してもらうか、ワイモバイルの総合窓口に電話して発行してもらうかの2つの方法となります。 ワイモバイルショップに出向いて発行してもらう場合は、 本人確認書類の持参が必須です。 総合窓口に電話して発行してもらう場合は以下の電話番号に電話して発行してもらいます。 総合窓口への電話は通話料有料となっています。 また総合窓口に電話してのMNP予約番号発行は契約者本人からの電話であることも必須で、電話口にて本人であることを証明するための確認作業も行われます。 総合窓口の営業時間は 年中無休9:00~20:00となっています。 以下のプランを契約している場合は、ワイモバイルのWebサービス「 My Y! mobile」で、 年中無休9:00~21:30の間でMNP予約番号を発行することができます。 ・EMOBILE 4G ・EMOBILE LTE ・EMOBILE 3G WEBでの発行にもかかわらず時間制限がある点は注意してください。 これ以外のプランは、ワイモバイルショップに出向くか総合窓口に電話する必要があります。 ただし、PHS関連の契約の場合は総合窓口に電話するしか方法がないので、注意してください。 ワイモバイルを解約するとかかる費用 事前に費用を確認 ワイモバイルを解約する場合に発生する各手数料は、 契約解除料と端末を分割購入した場合の 残金(割賦残金)が主です。 他に 一括購入割引(バリュースタイル契約)で端末を購入していれば24ヶ月以内で解約する場合に発生する契約解除料、MNPによる他社への乗り換えの場合は MNP転出手数料です。 通常の契約解除料は、スマホプランなどの2年契約のプラン(旧料金プラン)を24ヶ月ごとに発生する更新月以外に解約する場合は 9,500円となります。 スマホベーシックプラン・ケータイベーシックプランなど契約期間のないプラン(新料金プラン)は、いつ解約しても契約解除料は発生しません。 契約期間はベーシックプランを除き2年ではなく3年なので注意してください。 新規契約受付が終了しているプランについてはワイモバイル公式サイトを参照してください。 参照: 端末を分割購入し、解約時点で割賦残金が残っている場合は、支払いが完了するまで継続されます。 つまりワイモバイルを解約したからと言って残金の支払いまで免除されるわけではありません。 割賦残金の支払いはこれまで通り月ごとに請求されますが、 ワイモバイルショップで解約する場合はその時点での残金を一括で支払うことも可能です。 一括購入割引(バリュースタイル契約)を利用して端末を購入していて、それを24ヶ月以内に解約する場合は、パターンと契約年月に応じた契約解除料が発生します。 そもそも一括購入割引は24ヶ月以上の長期契約を前提に、端末を割引価格で購入できる特別割引特典です。 そのため24ヶ月以内の解約の場合は違約金が発生することとなります。 一括購入割引の24ヶ月以内の途中解約による契約解除料は、ワイモバイルの公式サイトを参照してください。 参照: MNP転出手数料は新規契約月から6ヶ月を越えているか越えていないかで変わってきます。 越えていない場合は 6,000円、越えている場合は 3,000円です。 ここでは、少しでも無駄な出費を減らして安く解約費用をおさえるために覚えておきたい、ベストな解約のタイミングを説明します。 なるべく月末に解約しよう 前述したとおり、 ワイモバイルの解約月は、日割り請求は適用されず、満額分として請求されます。 つまり、月初ないしは、1日に解約するほど、実質的に損をすることになります。 どうせ満額分請求されるのであれば、月末ギリギリまでワイモバイルを使って解約することをおすすめします。 更新月&機種代金を支払い終えている 2年間の自動更新契約の旧プラン(スマホプラン)では、更新月以外での解約や他社へMNPを行う場合に、9,500円の違約金が発生します。 更新月は、24ヶ月目を契約満了月として、 25カ月目・26カ月目・27カ月目の3ヶ月間です。 この期間内での解約であれば違約金は発生しないので、なるべくこのタイミングを狙いましょう。 そして、機種代金の残債がまだ残っている場合は、なるべく支払い終えてからの解約をおすすめします。 他社へ乗り換えるに伴って新機種を購入した場合、ワイモバイルで購入した旧機種代金との支払いが重複してしまいます。 なるべく料金を支払っている間は利用した後に解約するようにして、無駄な出費は減らすように心がけてみて下さい。 ・ソフトバンクと同じ 良質な回線を利用することができる ・ 全国約460,000ケ所のWi-Fiスポットを無料で利用できる ・スマホベーシックプランは10分以内の国内通話料が回数無制限で 無料となる ・スマホベーシックプランは月額1,000円で 時間無制限の国内通話かけ放題サービスが利用できる ・ iPhoneも販売されている ・家族割は家族回線や同一名義の複数回線が対象で子回線ごとに 月額500円の割引となる 例えばWi-Fiスポットだけを見てみても、同じく一部のプランを除いて無料Wi-Fiサービスを提供している「BIGLOBE モバイル」の場合は全国約83,000ヶ所でなので、 その6倍近い場所で無料のWi-Fiスポットを利用できるワイモバイルは相当優秀です。 ワイモバイルは、ドコモやauに対する格安SIM「MVNO」のような位置付けではなく、 あくまでもソフトバンクのサブブランドです。 安価なプランや独自の端末ラインアップに加えて、ソフトバンクと同等のサービスを利用することができます。 ちなみに筆者の場合は他社からワイモバイルに乗り換えたばかりなのですが、ワイモバイルは格安SIMと同等の料金プランでありながら良質な回線とサービスをフルに受けることができる点に大変満足しています。

次の

【ワイモバイル】違約金や解約するベストタイミングを徹底解剖

ワイモバイル 解約金

この記事の目次• ワイモバイルの解約方法・MNP予約番号発行方法は? ワイモバイルでお使いの番号をそのままに他社へ移りたい場合、MNP転出を行います。 MNP転出のためには10桁のMNP予約番号の発行が必要に。 MNP予約番号+お使いの携帯番号のセットで他社を契約し、契約のタイミングでワイモバイルが解約となります。 MNP予約番号発行方法 ワイモバイルのMNP予約番号発行方法ですが、現在は電話のみで手続きが可能です。 ワイモバイルカスタマーセンターに電話し、手続きを行います。 ワイモバイル携帯電話から:116(無料)• 一般電話から:0120-921-156(無料) 受付時間は9:00~20:00となります。 自動音声サービスにつながったら、スマホから「 27」と入力してください。 音声ガイダンスに従い入力を進め、手続き完了後にSMSでMNP予約番号が届きます。 暗証番号がわからない場合や、自動音声サービスで手続きがうまくいかない場合は以下の番号に電話して手続きを行います。 ワイモバイル携帯電話から:151(有料)• 一般電話から:0570-039-151(有料) 受付時間は9:00~20:00となります。 待ち時間も発生すると考えられますので、時間に余裕をもって電話しましょう! オペレーターに繋がったら、「MNP転出したいので予約番号の発行をお願いします」と伝えましょう。 おそらくオペレーターからMNPする理由を問われたり、引き止められたりといったトークがされると思いますが、そこまで強引ではないはずです。 MNP転出先なども正直に話して大丈夫ですので、手続きをしてもらいましょう。 必ずオペレーターとやりとりするため、時間に余裕をもって電話してくださいね。 MNP予約番号には有効期限がある ワイモバイルのMNP予約番号には発行から15日間の有効期限があります。 15日間以内にMNPしなかった場合は発行された番号が無効となりますのでご注意ください。 もし無効となってしまった場合は、再度手続きをすればOK。 有効期限が切れる前でも、乗り換え先の格安SIM会社によっては「MNP予約番号の有効期限が10日以上あること」としていることがあります。 その場合、MNP予約番号発行から5日以内であればOKですね。 再発行の手間を考えると、乗り換え先の手続きとワンセットでのMNP予約番号取得がおすすめです! ワイモバイルからのMNPでかかる費用 ワイモバイルからMNP転出する際に発生する費用は以下の通りです。 MNP転出手数料:3,000円(税抜き)• (タイミングによっては)解約料:9,500円(税抜き) MNP転出手数料3,000円は必ず発生してしまいますが、解約料に関してはタイミングによって無料になります。 9,500円もかかってしまうのでできるだけ無料のタイミングで解約したいですね。 解約料が無料なタイミングは? ワイモバイルの解約料は9,500円。 スマホプランの場合は2年契約、データプランの場合は3年契約となりますのでそれぞれ2年以内、3年以内に解約した場合に解約料が発生します。 解約料が無料になるタイミングは契約更新月。 できれば解約料をタダにしたいので、契約更新月を狙ってMNP転出しましょう! 更新月の確認方法は以下の通りです。 スマホからの場合: にログイン-「ご契約内容」の「もっとみる」を選択-「更新期間」より更新月を確認。 パソコンからの場合: にログイン-「ご契約内容の確認」を選択-「料金プラン」より更新月を確認。 上記の方法で確認した更新期間であれば、解約料はかかりません! まとめ ワイモバイルのMNP予約番号発行方法は、電話でのみ手続きが可能です。 3,000円のMNP転出手数料は必ず発生してしまいますが、9,500円の解約料は更新月であれば無料に。 解約料が無料になる「更新期間」は「My Y! mobile」で簡単に確認できますので、ログインして確認してみてくださいね。 難しい手続きはありませんので、MNPを検討している方は更新月と乗り換え先契約のタイミングを確認しましょう。 MNPは少しだけ手間がかかりますが、やることを整理しておけばとても簡単です!.

次の