約束のネバーランド 鬼 ボス。 【約束のネバーランド】食人鬼の種類一覧まとめ

約束のネバーランドの鬼の正体とは?7つの壁など伏線を考察してみた

約束のネバーランド 鬼 ボス

(約束のネバーランド6巻 白石カイウ 出水ぽすか 集英社) そこで今回取り上げるのは ソンジュとムジカ。 『約束のネバーランド』の主人公・エマたちは農園を脱獄した後、初めて出会った謎の知性鬼。 普通であれば鬼は人間を食う生き物のはずなんですが、何故かソンジュとムジカはむしろ逃走の手助けをしてくれた鬼。 そこで今回ドル漫では 「ソンジュとムジカの正体」を徹底的に考察していこうと思います。 ソンジュとムジカは一体何者なのか?エマたちの味方?敵? ムジカとソンジュが人間を食べない理由とは? ムジカとソンジュの 最大の特徴は「鬼でありながら人間を食べない」こと。 理由はシンプル。 ムジカもソンジュも「原初信仰」と呼ばれる宗教を信仰しているから。 端的に解説すると「 人工的に作られた命は食べてはいけない」という価値観を強く信じてる鬼。 人間でも宗教レベルの信仰かはさておき、人工添加物はかたくなに食べない人も少なくない。 ただ食事の直前には神に祈りを捧げるなど、ソンジュもムジカも宗教に対する信仰度は深い。 イスラム教徒における豚、ヒンドゥー教徒における牛みたいなものか。 実際、主人公のエマたちはGFで「人工的に生産された食用児」。 あくまで自然発生的に産まれた子どもたちではないから、結果的にムジカやソンジュたちは食おうとしないだけ。 でも逆に言うと、「人間を食べたくない」わけではない。 ソンジュの「正体」は残忍な鬼 (約束のネバーランド6巻 白石カイウ 出水ぽすか 集英社) だから、 ソンジュの本性はあくまで「残忍な鬼」に過ぎない。 ソンジュは1000年前に人間社会と鬼社会が分断された過去を知ってる鬼。 逆に言えば、「もう一度食いてぇなぁ腹一杯人間をよ」という発言を見ても分かるように、当時ソンジュは人間を食い漁っていた側。 だから、 ソンジュはめちゃくちゃ強い。 主人公・エマたちを追ってきた農園グレイスフィールドの管理鬼たちを瞬殺するほど。 ソンジュは一見すると気さくな一面を見せるものの、エマたちを救出する理由はあくまで「自らの欲望」を満たすための打算の一つ。 何故なら、もしエマたちが子供を産み育てて再び人間社会を形成できれば、その人間は「神が作り出した命」ということでソンジュは食べることが可能。 未だにソンジュが1000年が経過した今でも戦闘能力が高い理由も、虎視眈々と牙を磨いている裏返しか。 それほどまでに人間の味は美味。 ムジカの「正体」は邪血の少女 ただし、ムジカの性格はソンジュと真逆。 今まで人間を食べたことがないこともあって、ムジカは人間を食べようとは一ミリも考えてない。 (約束のネバーランド126話 白井カイウ・出水ぽすか/集英社) しかもムジカの血を一滴でも飲めば、どんな鬼でも「 人間を食べなくても野生鬼化しなくなる」ことが特徴。 しかも一度退化した鬼が飲めば、再び知性あるヒト型鬼に戻す能力も持ち合わせてる だから常に行動を共にし、同じく人間を食べないソンジュもムジカの血を飲んでる可能性が高い。 ソンジュが「社会の異端者」と自称していた理由も、この特異体質にあった。 ムジカは五摂家やラートリー家から狙われる存在 でも、ムジカは何故「邪血」と呼ばれるのか? 常識的に考察したら、ムジカの能力はむしろ「鬼社会を幸福」にしかしない。 何故なら、鬼社会は人間社会と分断されて以来、既に人間の数は限られてる。 いくら人間が美味しいからと言って、もはやそれ以前の話。 でも理由は至ってシンプル。 何故なら、鬼社会では五摂家などが「人肉の配給」を全て牛耳り、一部の貴族鬼たちを頂点とした格差社会が構築されてるから。 逆に言うと、ムジカの血は鬼社会の全てを根底から破壊するインパクトを持つ。 ノーマン曰く、邪血の少女(ムジカ)の存在が初めて確認されたのは700年前。 そこで一度ムジカはある鬼の集落で自らの血を分け与えて救った。 しかしながら、五摂家などはムジカに救われた鬼たちを完食。 結果、五摂家たちも間接的にムジカの血を飲んだことで、ソンジュと同様に自我崩壊の危険性がない。 それ以降、ムジカは五摂家など貴族鬼に追われるだけではなく、人間側のラートリー家にも狙われてる状態。 ソンジュとムジカの関係性は?ソンジュは元五摂家? じゃあ、ソンジュとムジカの関係性は一体何なのか? (約束のネバーランド6巻 白石カイウ 出水ぽすか 集英社) 結論から書くと、おそらく五摂家などから 命を狙われるムジカをソンジュが護衛してるだけ。 前述のように、ムジカとソンジュは共通の宗教観を持っており、鬼社会でもハブられる側。 またソンジュは圧倒的な戦闘力を持ち合わせており、素直に逃げ回るムジカを身近で守ってる以外の可能性は考えにくい。 とは言っても、ソンジュはムジカを傍で守り続けるメリットも考えにくい。 そこで邪血の少女の血を飲んだ場面やムジカと出会ったタイミングを考察すると、 ソンジュは前述の村の生き残りか、はたまた元々は五摂家だった可能性が高そう。 実際、五摂家の一部メンバーは途中から加入したことが判明済み。 同じく五摂家という接点で二人を考察すると、ソンジュとムジカが常に帯同している理由も合点がいくはず。 ムジカとソンジュの名前の由来とは? 既にドル漫ではなど考察してますが、実は今回のムジカとソンジュの名前にもちゃんと由来がある。 例えば、 ムジカの名前の由来は「音楽」。 イタリア語で「musica」は音楽を意味し、ムジカが宗教を信奉していたことから賛美歌やレクイエムといった教会音楽が想起されます。 同じ理屈で考察すると、 ソンジュはさしずめ英語の「song」が由来か。 実際、かつてイタリアでは「ムジカ・ダ・カメラ(室内音楽)」と呼ばれる重奏が、貴族社会で楽しめられた世俗音楽を意味しているそう。 ムジカの正体はかつて貴族鬼だった伏線も実は隠されてるのではないかと考察されます。

次の

【約束のネバーランド】鬼のボス!?あの方(鬼文字のため発音不可)について徹底考察

約束のネバーランド 鬼 ボス

【約束のネバーランド】16巻ネタバレ感想 『約束のネバーランド』16巻の内容を紹介していきます。 前回(15巻)の内容を復習したい方は、下記の関連記事をご覧ください。 しかし、施設の中はエマたちが知っているグレイスフィードではなく迷路のようになっています。 そこには時の概念もなく、エマとはぐれたレイはすっかり おじいちゃんになっていました。 ー『約束のネバーランド』134話より おじいちゃんになってもレイはイケメンでした。 笑 135話【約束のネバーランド16巻】 ノーマンは、ドンとギルダを呼び出し、ソンジュとムジカを探し出して保護してくれないかと頼みました。 ドンとギルダは、ノーマンがムジカたちを殺そうとしていることをエマから聞いていました。 なので、ノーマンはムジカたちをおびき寄せるためのエサとして自分を利用しようとしている可能性も考慮し、ムジカたちを守るためにもノーマンの提案に乗ることにします。 ハヤトたちと アイシェという女の子がドンたちの護衛として、一緒に行動することになりました。 ー『約束のネバーランド』135話より アイシェは元々鬼に飼われており、 ノーマンたちに救われたとハヤトは言います。 136話【約束のネバーランド16巻】 136話で 「七つの壁」の正体が明らかになります! 「七つの壁」というのは、 「前後左右上下」+「時間」の七つの要素、つまり世界を規定する 「物理的限界(カベ)」を意味していました。 ー『約束のネバーランド』136話より 前に、エマが「鬼のボス」に似ていると言っていた者の下に描かれていた 「立方体と砂時計」がヒントになっていたということです。 なるほど!という感じですね。 ただ、エマとレイは「七つの壁」の正体は分かりましたが、どうやって今いる空間から抜け出せばいいのかが分かりませんでした。 そうこうしているうちに、2人の前に砂漠が現れ、エマはどんどん幼くなってついには消えてしまい、レイはおじいちゃんになってしまいました。 137話【約束のネバーランド16巻】 エマが思いついたのは、この空間は 潜在意識の投影ではないかということです。 つまり、夢の中みたいな感じですね。 ただ、ここでは意識も介入することができ、先程エマは時間を巻き戻そうとした結果、歯止めがきかなくなって消えてしまったと言います。 エマは時間を巻き戻して、この空間を 正しい姿にすることができれば「壁」が姿を現すのではないかと考えました。 実際にやってみたところ、周りには何もなくなり 「一辺10里の立方体」が目の前に現れます。 ー『約束のネバーランド』137話より 138話【約束のネバーランド16巻】 ドンたちはソンジュとムジカを探しに出発していましたが、そう簡単には見つかりませんでした。 ドンは、鬼に育てられたアイシェと仲良くなりたいと思いますが、人の言葉が分からないアイシェとの距離感をつかみきれずにいます。 夜、ドンとギルダは昼間に見つけたソンジュたちと一緒にいた馬のような生き物の足跡らしきものについて話していました。 すると、突然アイシェが 「なるほど あんた達・・・邪血を逃がすつもりか」と割り込んできました。 ー『約束のネバーランド』138話より え!?!?!?喋れたの!? と驚きですね。 笑 139話【約束のネバーランド16巻】 139話で アイシェの壮絶な過去が明らかになります。 その鬼は、顔の右半分が「野良」のようになっていたため顔にコンプレックスを抱いていました。 ある時、食用児の不良品の中に顔の右側にアザがある子を見つけます。 その子がアイシェです。 その鬼は親近感を感じてこっそり家に持ち帰って育てることにしました。 アイシェは、その鬼から鬼と人の言葉を学んび、2人(1人と1匹)は幸せだったと言います。 ー『約束のネバーランド』139話より が、ある時、ノーマンたちが現れ、アイシェを育てていた鬼を殺してしまいました。 アイシェは、それ以来ノーマンたちを恨んでいるため、あえて人の言葉が分からないフリをしていたようです。 ー『約束のネバーランド』139話より しかし、ムジカたちを殺さないというドンとギルダは他の人間とは違うと思って声をかけました。 ドンとギルダはアイシェがムジカたちの命を狙っていないことを知り安心します。 しかし、ドンたちが警戒すべきだったのは、アイシェではなくハヤトでした。 ハヤトは、ノーマンの指示どおりラムダの実験体を引き連れており、ムジカたちを見つけ次第殺すように命令します。 140話【約束のネバーランド16巻】 レイとエマは立方体の中に黒い球体を見つけます。 ー『約束のネバーランド』140話より そして、その先の「鬼のボス」がいると信じてその球体に触れました。 が、レイはノーマンがいたアジトに戻されます。 一方、エマは「昼と夜」の場所に着き、そこに「鬼のボス」が姿を現しました。 あの小さい鬼が「鬼のボス」だったことが分かりましたね。 エマは「鬼のボス」に向かって 「約束を結び直しに来たの」と言いました。 ー『約束のネバーランド』140話より 141話【約束のネバーランド16巻】 141話で 「もう一つの約束」が明らかになります。 人間と鬼たちは2つ約束を結んでおり、そのうちの一つは 「人間は鬼を狩らない。 だから鬼も人間を狩らない」というものでした。 そして、「もう一つの約束」というのは 「鬼のボス」と結んだ約束のことでした。 142話【約束のネバーランド16巻】 人間と鬼の世界が分けられる前は、お互いを殺し合っており、その戦いに終止符を打つために人間と鬼は 「世界を分ける」という約束をしました。 そして、1000年と少し前に、ラートリー家と王家のイヴェルクは「鬼のボス」の元へ行き、「鬼のボス」とそれぞれ「もう一つの約束」をします。 「鬼のボス」との約束は上書きできない• 「鬼のボス」との約束は破ることができない• 「ごほうび」は絶対に断ってはいけない ー『約束のネバーランド』142話より 「その望み叶えてあげる」と「鬼のボス」に言われます。 143話【約束のネバーランド16巻】 前回、エマが鬼のボスに 「食用児全員で人間の世界へ行きたい それを最後に二世界間の行き来を完全に不可能にして」とお願いをしました。 ー『約束のネバーランド』143話より 鬼のボスがエマに何を要求したのか気になりますね! 「きみのー」と言った後に、昼と夜がひっくり返っていることも何か意味がありそうです。 関連記事 一方、ドンとギルダはムジカたちと再会を果たします。 ー『約束のネバーランド』143話より しかし、ハヤトにも見つかってしまいラムダの仲間に囲まれてしまいました。 ここで、『約束のネバーランド』16巻は終了です。 の 特徴は次のとおりです。

次の

約束のネバーランド131話ネタバレ考察と感想「入口」(15巻収録)

約束のネバーランド 鬼 ボス

初めてあの方が会話に出てきた第1巻 ティファリで用いる、最上級のエマたちは、あの方の御膳と表記され、ヴィダとともに、あの方に祈りをと鬼の一体が言っています。 祈りを捧げる相手は神 私たちは日常生活で誰に祈りを捧げるでしょうか。 仏や神と言った宗教的な観念の最上位者もしくは、自分よりも上位の人間ではないでしょうか?つまり、この鬼たちは、あの方の存在を自分たちよりも、宗教的観念で上に捉えているということが推測されます。 ヴィダって確か・・・ ソンジュがエマに教えてくれたグプナ。 神に勝てを捧げる。 神が受けとった花が開き、そうすればその肉を食べていいと言っています。 つまり、神へのお供え物の意味を持っています。 あの方とソンジュのいう神は別 あの方はとうに食用児の敵だ。 とソンジュは言っています。 つまり、ソンジュの言う神はあの方ではないということ。 ソンジュの信仰は原初信仰。 原初信仰上での神は、別に存在している、もしくは存在していたことになります。 でも、多くの鬼たちはいまだにグプナを行っています。 彼らはあの方を崇めているのです。 約束により鬼は変わった ソンジュは約束により、信仰を歪め社会を歪めた。 そして、その約束は鬼では壊すことができず、人間でしか壊せない。 そして、この約束を忌々しく思っているのは、今のところ鬼では原初信仰者のソンジュしか出てきていません。 つまり、原初信仰者は神を崇め、約束により変わってしまった社会での鬼は、あの方を崇めていることになります。 言い換えると、約束によりあの方が崇拝されることとなったと解釈することができます。 あの方に関してのヒント ミネルヴァの残した情報 ミネルヴァの残したヒントから、あの方はすべての鬼の頂点に立つ存在であると表されています。 このラートリー家の情報は、約束が締結された以降のものですね。 つまり、約束以降、あの方が絶対的に崇められていることを裏付けてくれています。 あの方と初めて出会ったのはクヴィディダラの遺跡 竜の目を探して訪れたクヴィディダラの遺跡。 今はすでに参拝する者もありませんでした。 そこで出会ったのが、あの方。 小さな鬼?と表現されています。 クヴィディダラの遺跡は、かつては望む者、何かが見える特別な場所だったと言っています。 しかし、今は見えなくなった。 そして、エマのみた過去の光景から、ここで約束が締結され、それがラートリー家であったことがわかっています。 逆説的に言えば、約束が締結される以前から、竜という生き物は神聖化された存在であったことがわかります。 6つの塔のあの方らしき像 6つの塔の天井絵を見たことにより、あの方がいるとされている入り口へとたどり着きました。 では、ここに祀られていたのはあの方なのか?似ているとエマは言っています。 そこには、顔のない像。 竜の目も持っていません。 6つの塔でヴィダが備えられた像 あの方に似ているとされている像を見る前に、レイは、子供を抱えた像を見ており、そこにはヴィダが供えられています。 あの方らしき像にはヴィダは備えられていませんでした。 目もどちらかというと鬼のような作りをしています。 エマたちはあの方の御膳 エマ、レイ、ノーマンはあの方の御膳と王すらも食べることができないとされています。 神とは?あの方とは何者か? ヒントから推測 約束される以前の神とされるものは、まさしくソンジュの言う神であったと考えられます。 しかし、何らかの約束により神からあの方へと崇拝は向けられることになり、そしてあの方は現在、食用児の敵。 その約束により歪められているのが今の鬼の社会。 そして、今までのシーンにてグプナを行ってきた、行うことのできている鬼というのは人型のみ。 そして、6つの塔では、あの方に似ている像と、鬼に似ている像があり、ヴィダが備えられていたのは鬼に似ている像のみ。 その像をエマは見ていません。 そこから考えていくと、かつて神とされていた者があの方になったのではないでしょうか。 あの方が食用児の敵と描かれていることから、約束時に人間を食べたもしくは人間と同化したのではないでしょうか?そのために、あの方に似ている像は顔に何も描かれていませんが、人間を食べた、もしくは同化したあの方の像は、より鬼のように描かれており、そこに神への捧げ物を意味するヴィダが置かれているのです。 なぜ人間を食べたもしくは、同化したか。 それは別の考察記事に書いてみます。 ちなみに私は、神が鬼を作り出したと考えています。 その考察は、下の記事を参照ください。 あの方の定義を考える 一つ目の約束は、鬼と人間の世界を分かつものとなりました。 そしてもう一つの約束は謎のまま。 あの方の定義を私は"約束を紡ぐ者"と考えています。 つまり、約束を新たに締結したならば、新たな"約束を紡ぐ者"が出てくる。 かつて、ソンジュのいう、神だったものが、約束により人間を食べた、もしくは同化した結果が、あの方となり、今現在の鬼たちに崇拝されている。 もし今後、エマたちが約束を新たに結ぶと、新たな"約束を紡ぐ者"が出来上がり、そして、再び新たな約束をするまで、七つの扉の向こうで存在し続けると考えています。 約束を紡ぐ者と考える理由 あの方の表記。 多くの方が多くの考察を書いていますが、私は象形文字だと考えています。 約束を紡ぐ者が新たに約束を結ぶための条件と言えばいいでしょうか?上の棒は入り口を示し、入ってしまうと出ることができないことを表しています。 そして、玉は幾度となく出てきた竜の目。 もしくは、入り口から入ったGF農園で登場した目。 残りは、現在のあの方とエマ、レイ、ノーマンではないででしょうか。 この4人が七つの扉を超えることで、新たな約束を結ぶことができる。 そして、その4人は同化することで、次回の約束まで新たな"約束を紡ぐ者"として存在し続けるのではないでしょうか?約束のネバーランドは、約束により大人になることができない世界ではなく、約束が永遠に終わらない世界と考えることができるかもしれません。 七つの扉に関しての考察記事は下を参照ください。 まだわからないもう一つの約束 わからないのはもう一つの約束。 新たな約束をするためには、神と同化しないといけない、って感じかなと安易に考えています。 まだまだ、ヒントが足りないですね。

次の