味方全体の奥義ゲージup 奥義効果。 【グラブル】主人公の「奥義ダメージ」を600万盛れる!?終末4凸アビダメ上限のススメ【光古戦場でも使える】

[グラブル] ユグドラシルの性能・評価

味方全体の奥義ゲージup 奥義効果

「真奥義」の効果で味方全体の奥義ダメージをUP&アビリティ「真実の瞳」の効果でクリティカルダメージが上昇し、さらに星5援護装備が2枠あるためワンパンで使用できる• 星5援護装備が2枠ある装備枠に加え、「奥義」の効果で味方全体の奥義ゲージをUPできるため、サポーターとして活躍できる• スキルの効果で味方全体の奥義ゲージを上昇させられるため、「奥義」だけでなくスキルでも奥義ゲージ管理が行える• スキルの効果「味方全体のスキルCT速度UP」が8秒のため、効果が切れる前にスキルを撃つことができ、常時スキルCT速度をUPさせておくことが可能• アビリティ「最大HPマスター」の効果で味方全体の最大HPが常時上昇するため、パーティに居るだけで生存率が上昇する• 目隠しプレイしているみたいで興f... プロニモスを2つ装備し、最初は1つだけ使います。 使った プロニモスのCTが溜まったら2つ同時に使用しましょう! すると装備CT回復速度UPが打ち消されるので、 常時奥義ゲージが1ずつ上がるようになります。 サポーターとして使用するときは 「奥義」• 麻痺や氷結防止もできますが、状態異常であれば や庇うユニットのほうが優秀。

次の

【グラブル】風古戦場の肉集め奥義編成で活躍するキャラ

味方全体の奥義ゲージup 奥義効果

「武器」と「奥義」について 武器についている。 主人公が使うことができる。 最後まで上限解放すると奥義名に+が付き、威力と演出が強化される。 奥義の攻撃回数は単なる演出であり、攻撃回数が多ければ強いという訳ではない(算出結果ダメージを攻撃回数で割り振っているだけ) これは仲間の奥義についても同じである。 最終上限解放などで奥義演出が複数になっても、ダメージや追加効果に違いは無い。 奥義演出が変わって強くなったと感じるのは、奥義の中身自体が強化されているから。 演出時間の短縮を優先、そもそも戦闘の演出に興味が無いという人は、武器スキンや仲間の戦闘スキンを演出時間が短いものに変更すると 討伐時間の短縮になるかもしれない。 5 ユグドラシル・マグナ武器は3. 0 ユグドラシル・マグナ武器は3. 5 ユグドラシル・マグナ武器は4. 5 真 4. 5 覚醒 5.

次の

【グラブル】グランデフェス開催!水SSR水着ルシオ、闇SSR水着アーミラが新登場!ピックアップは合計8種とかなり多め

味方全体の奥義ゲージup 奥義効果

アビが2種類変化する珍しいキャラでもあります。 奥義にはガード効果が追加。 目立った効果ではないものの、耐久面が上がるのであるに越したことはない効果です。 1アビは燦爛効果という、3アビが自動発動するリリィの春風みたいな効果が追加。 1回しか発動しないものと思われる。 2アビは何も強化なし。 3アビは活性効果が1ターン700回復に強化、さらにクリアと奥義ゲージ20%UP、刻印が付与できるようになりました。 奥義ゲージUPはリミジャンヌの回転率を上げてくれたり、フルオート編成で使われるハルマルの全体バリアの回転率が上がるなどいい感じ。 特に水着ハルマルとは刻印付与や後述のサポアビもあって相性抜群か。 新追加サポアビは光属性キャラがそれぞれの刻印数に応じて回復性能UPという効果。 レ・フィーエがサブにいても発動するのもいいポイント。 これもフルオートだと水着ハルマルの1アビの回復性能を引き上げてくれるためサポート役としていい働きをしてくれるはず。 最終絵さんは良強化と言えるのではないでしょうか。 フルオ性能としては2アビにも強化がほしかったところですが。

次の