新 体力 テスト 種目。 実施種目のご紹介|体力測定集計・分析システム 成人用 新体力テスト

【新体力テスト】成人女性の体力測定!大人もスポーツテストをしてみた結果

新 体力 テスト 種目

新体力テストの中で、少しの対策で伸びる種目として反復横跳びが挙げられます。 今回は反復横跳びで記録を伸ばすためのコツや練習方法などを紹介していきたいと思います。 反復横跳びの種目の意味や目的 反復横跳びの種目の意味や目的は、 ・敏捷性 を計測する種目です。 スピードや切り返し能力などの速さを、スピードの持続力といった特性を要求されます。 新体力テスト反復横跳びの計測方法やルール 100㎝間隔で引かれた3本のラインのうちの中央のラインをまたいだ状態から、となりのラインをまたぐか踏むかをしてから、中央に戻り反対側も同様にして中央に戻る動作を繰り返す種目です。 1つラインをまたぐことで1点と加算され、20秒間でその点数を競っていきます。 この種目では特に横移動における俊敏性を計っています。 計測時間は、20秒間。 それぞれのラインを超えるごとに1点加算• ラインを踏むか超えるかしないと加算はされません。 反復横跳びの記録を伸ばすためのコツやポイント ルールを理解したところで、次はおさえてほしいポイントについて書きます。 反復横跳びでのポイントは3つあります。 ・正しい良い姿勢 パワーポジション ・サイドステップの仕方 ・切り返しの動作 まず1つめは頭を高いところに置かずに良い姿勢・姿勢を保つということです。 頭の位置が高くなってしまうと、横に行くはずの力がブレてしまい、力のロスを生みます。 頭は4kgほどあるので、頭がブレると慣性の力が強くかかり、切り返しの動作の際に余分な力 を使ってしまいます。 力のロスが20秒間の中で蓄積され、記録が伸びない原因になってしまいます。 反対に、頭の位置を安定させて行うと慣性の力があまりかからず、切り返しのときの動作が楽 になります。 その結果、横移動がスムーズになり記録を伸ばすことができます。 次に横移動のサイドステップに慣れることがポイントだと私は考えます。 そもそも、特別な練習をしていない限り、横移動がスムーズにできる人はごくわずかです。 普 段の生活で横移動はまずしないので、当然のことだと思います。 反対にいえば、横移動に慣れることができれば記録を伸ばすことができるということがいえます。 最後は切り返し動作ですが、特に力の抜きかたが大切とおもいます。 力を出そうとすると逆にスピードは出なくなります。 テニスの動きやバスケットの動きなんかはまさにそうです。 この3つのポイントを心掛けることで、力のロスが少なくスピードが出せるようになってきて 反復横跳びの記録が伸びるようになります。 反復横跳びのための練習やトレーニング方法 では、上の3つのポイントを踏まえた体づくりや練習方法を紹介していきます。 まず、正しい良い姿勢で反復横跳びをする必要があります。 その状態というのが、パワーポジション。 正しい姿勢のパワーポジションをとるためには股関節を正しく曲げる必要があります。 また、 背中の意識が重要になります。 そのための体づくりで一番必要なのは筋力トレーニングで有名なデッドリフトです。 デッドリフトをすることで、腰の筋肉を縮めたまま反復横跳びができる下地を作ることができ ます。 また、デッドリフトをすると重心について意識がしやすくなるので、ぶれない身体を作 ることができます。 ですが、が正直小学生の子供達に筋力トレーニング的なものはできませんので、こちらの動画 で正しいパワーポジションを理解してトレーニングをしましょう。 パワーポジションの取り方 栃木県宇都宮市在住、 現在、 15年以上のキャリアを持つテニスコーチ兼フィジカルトレーナーです。 また、運動能力向上を目的としたコーディネーショントレーニングの資格も取得しております。 現場では競技力アップを目指すテニス選手指導だけでなく、選手個人個人にあった、運動能力アップを図るため体幹トレーニングに関してだけではなく、幅広くスポーツのトレーニングや筋トレの知識、身体の知識のもと、パーソナルトレーナーと体育協会認定の資格であるテニス上級コーチを取得しています。 2015年10月8日 に投稿された• 2015年11月12日 に投稿された• 2016年9月19日 に投稿された• 2015年11月30日 に投稿された• 2015年10月9日 に投稿された• 2015年12月28日 に投稿された• 2015年3月12日 に投稿された ブログランキング参加中.

次の

全力体力測定を見て今の子どもたちの体力測定の種目が気になった

新 体力 テスト 種目

上体起こし• 長座体前屈• 反復横とび• 20mシャトルラン(往復持久走)• 立ち幅とび 私たち40過ぎのおじさん世代にとっては、見慣れない種目が並んでいますね。 それもそのはず、現在行っているものは1999年(平成11年)に改定された「新体力テスト」で、それ以前の「旧体力テスト」とは一部種目が変更になっているんです。 安全性の重視、種目の妥当性、簡略化などを理由に「踏み台昇降」「立位体前屈」「垂直跳び」など8種目が削除され、代わりに「上体起こし」「長座体前屈」「20mシャトルラン」の3つが採用となったとのことです。 それでは、今回受けた種目をすべて一つずつご紹介していきましょう! 1.握力 筋力 懐かしい~! 握力測るのなんて、中学生以来だから30年ぶりです! 正直どのくらい衰えているのか、まったく見当もつかないので、とりあえず力いっぱい握ってみましたー。 2kg うまく力を入れられなくて不完全燃焼でしたが、得点をみると年相応のようで安心しました。 みなさん、力の入れ過ぎにご用心。 2.上体起こし 筋持久力 新種目一つ目の「上体起こし」です。 これはいわゆる「腹筋」ですね。 30秒間で何回できるかを測ります。 図:「」より 結果 22回 実は腹筋はマラソンのトレーニングで毎日のようにやっているので少し自信があったのですが、、、 あえなく玉砕しました。。。 (30回くらいいけると思ったんだけどなぁ) 3.長座体前屈 柔軟性 続いて新種目2つ目の「長座体前屈」です。 昔私たちが行っていた「立位体前屈」は、体型の変化(長脚化)や腰への衝撃が大きいとの理由で削除され、代替としてこの「長座体前屈」が採用されたようです。 2回実施して良い方の記録をとります。 くやしい。 5.立ち幅とび 跳躍力 これも初めての種目です。 天候に左右されないように屋内でも出来るものとして、以前は小学生低学年向けだったものを全対象者に拡張したとのこと。 両足揃えて跳んだ距離を測って、2回跳んで良い方の記録をとります。 思いっきり反動をつけて跳ぼうとしたら腰をやっちゃいそうな感じがしたので、抑えめにしておきました。 6.20mシャトルラン 往復持久走 今回一番楽しみにしていた種目「20mシャトルラン」です! 子ども達からよく話は聞いていて名前だけは知っていましたが、見るのも、やるのも初めて。 「ドレミファソラシド」の音に合わせて20m離れたラインに向かって走り、「ドシラソファミレド」の音に合わせて帰ってくるという種目。 だんだんとテンポが上がっていくので、ビルドアップしていく感じ。 言葉で説明するのは難しいので、百聞は一見にしかず、分からない方はこちらの動画をご覧ください! 結果 101回 気づいたら残っているのは私一人になっていました…。 とりあえず95回以上で10点ゲットなので、100回を超えたところでやめておきました! でも、実はあとになってから資料を見て知ったのですが、この種目はマラソンではお馴染みのデータであるVO 2max(最大酸素摂取量)の測定にもなるとのことで、やっぱり自分の限界までやればよかったと後悔。。。 来年とか機会があったら再チャレンジしたい!! 結果発表 項 目 記 録 得点 1.握力 右 1回目 42. 6kg 2回目 44. 1kg 左 1回目 41. 7kg 2回目 43. 2kg 平均 43kg 4 2.上体起こし 22回 6 3.長座体前屈 1回目 41cm 2回目 41cm 5 4.反復横とび 1回目 45点 2回目 50点 7 5.20mシャトルラン 101回 VO2max 48. 自信満々で挑んだスポーツテストは、年齢相応の思いっきり標準記録で終了。。。 感想 ~スポーツテストを終えて 子どもの頃以来のいろいろな測定は、とても楽しいひとときとなりました! 今回は残念ながら10数名と参加者が少なく寂しい感じでしたが、時期やPRをうまくすればもっとやりたい人はたくさん集まるのでは?と感じました。 測定して記録することで今の自分の体力が分かると、もっとよい記録をだそうと次へのモチベーションにもつながるし、そしてそれが健康や予防医療への第一歩になると思います。 何より楽しいし! 最近、薬局様へ「健康管理支援サービス」をご紹介して歩いていますが、健康サポートの取り組みとして、バイタルの測定と体力測定を組み合わせた健康イベントなどを開催するのも面白いかもしれませんねー! それでは、また!.

次の

スポーツテスト・新体力テストの種目と目的!最新の平均点数結果は?

新 体力 テスト 種目

小学校、中学校、高校でスポーツテスト・体力テストって、やりますよね。 文部科学省の目的はともかく、やはり学校で行うテストだから、友だちと競ったりして、少しでもいい結果を出したいというのが本音ですよね。 そこで、スポーツテストの種目に何があるのか、どんな種目なのか紹介します。 種目ごとのコツや練習方法は、それぞれの記事を別に書いているので、ご覧ください。 全部読んだら、確実にスポーツテストの結果が上がると思います! 新スポーツテスト・新体力テストの種目 50m走 50mの直線コースを何秒で走れるか計測する種目です。 体育や運動会でも、おなじみですね。 50m走を速く走るためのコツ、平均記録はコチラの記事をご覧ください。 「速く走れました」というコメントもいただいている人気記事です。 握力 左右の手の握力を握力計で測定します。 腕の筋力を測定する種目です。 握力をアップさせる方法と平均記録はコチラの記事をご覧ください。 反復横跳び 1m幅に引いた3本の線を、20秒間サイドステップして、何回またげるかを計測する種目です。 体の敏捷性を測定します。 反復横跳びのコツと練習方法、平均記録はコチラの記事をご覧ください。 ソフトボール投げ、ハンドボール投げのコツは、ボールの大きさと関係します。 投げ方のコツと平均記録はコチラの記事をご覧ください。 立ち幅跳び 助走をつけずに(体の反動はつけてもいい)、その場からどれだけ遠くまでジャンプできるかを測定します。 ジャンプ力、跳躍力が試されます。 立ち幅跳びのコツと平均記録はコチラの記事をご覧ください。 高く跳ぶための方法になっていますが、幅跳びでも同じようなコツで遠くまで跳べます。 コチラも人気記事です。 持久走 男子は1500m、女子は1000mを走り、タイムを計測します。 全身のスタミナ、持久力を測る競技です。 大人は、ジョギングやマラソンがブームのようになっていますが、小学生、中学生、高校生の人たちは、長距離を走るのが好きではない人も多いでしょう。 小学生はコチラの記事を読んでみてください。 楽しみながら、スタミナをつける方法です。 中学生や高校生、大人の方はコチラの記事がおすすめです。 まずは正しい走り方、走るフォームをチェックしましょう。 上体起こし 30秒間に、上体起こし(腹筋運動)を何回できるかを測定する種目です。 腹筋を中心とした筋力を測定します。 女性には、腹筋が1度もできないという人もいるかもしれません。 そんな方でも出来るようになる方法を紹介しています。 もちろんスポーツテストで回数を多く伸ばしたいという人にも役立つ内容です。 長座体前屈 足を伸ばして地面に座り、上体を前に倒して、どれだけ曲げられるかを測定する種目です。 体の柔軟性を測定しています。 生まれつき体が硬いと思っている方もいるかもしれませんが、必ずストレッチをすれば、柔らかくなります。 コツと裏ワザをお伝えします。 20mシャトルラン 20m幅に引いた2本の線のあいだを、合図音とともに何回走れるかを計測する種目です。 全身のスタミナ、持久力が試されますが、持久走よりもダッシュ力やターン時の筋力も必要になってきます。 持久走のコツだけでなく、ターンするためのコツが多くあります。 20mシャトルランのコツと練習方法はコチラの記事をご覧ください。 スポーツテスト・新体力テストの平均点数結果 平成29年度スポーツテスト・新体力テストの男子・女子別、年齢別の平均点数結果が、文部科学省のページに掲載されていましたので、紹介します。 (種目ごとの平均結果は、各種目の記事に記載しておりますので、そちらからご覧ください。 ) 男子 (合計点) 女子 (合計点) 6歳 31. 11 30. 99 7歳 38. 89 38. 82 8歳 44. 96 45. 24 9歳 50. 98 51. 80 10歳 56. 58 57. 61 11歳 61. 94 51. 84 12歳 35. 44 45. 97 13歳 44. 48 51. 84 14歳 51. 35 54. 31 15歳 50. 41 49. 78 16歳 54. 99 51. 80 17歳 57. 84 53. 08 18歳 54. 02 50. 23 19歳 54. 68 49. 75 20~24歳 43. 54 41. 02 25~29歳 42. 05 39. 26 30~34歳 39. 45 36. 97 35~39歳 37. 19 36. 15 40~44歳 35. 33 35. 12 45~49歳 34. 16 34. 21 50~54歳 31. 70 32. 54 55~59歳 29. 49 30. 53 60~64歳 26. 92 27. 91 65~69歳 42. 27 41. 98 70~74歳 39. 40 39. 46 75~79歳 36. 28 36. 03 平均記録は、自分の記録と比べてどうでしたか。 新スポーツテスト・新体力テストの記録を伸ばす 各種目のコツと練習方法を実践すれば、記録が伸びること間違いありません。 コツや当日の準備方法を読むだけで、成績が良くなるので、ぜひ読んでみてください。 スポーツテスト・体力テストの成績を伸ばすのにも、正しい姿勢が大事です。 運動神経、運動能力と姿勢の良さは関係しています。

次の