ジュラルドン ダイマックス。 【ポケモン剣盾】キョダイマックスジュラルドンの入手方法と種族値【ソードシールド】|ゲームエイト

ダイマックスわざ

ジュラルドン ダイマックス

そのため、 「とつげきチョッキ」を持たせることで耐久力をカバーし、特殊技で攻撃された時に倒されにくくしています。 タイプ一致技の「りゅうせいぐん」と「ラスターカノン」の他に、「」などの強力な水タイプに効果抜群の「10まんボルト」、ダイマックス時に「ダイソウゲン」を使える「ソーラービーム」を採用しています。 ダイマックスして「ダイソウゲン」を使うことで、HPに努力値を振った 水ロトムを一撃で倒すことが可能です。 鋼タイプの強力な技ですが、使うとHPが半分になってしまいます。 ダイマックスして使うとそのデメリットが無くなります。 特殊技のダメージを2倍にして返すカウンター技です。 攻撃技扱いなので、とつげきチョッキを持っていても使うことができます。 「」を強く意識するなら検討しましょう。 ジュラルドンの役割と立ち回り 特攻と防御が高い特殊アタッカー 「ジュラルドン」は、 高い特攻を持つアタッカーの役割です。 タイプ一致の「りゅうせいぐん」で大きなダメージを与えることができ、 防御も高いため物理アタッカーの攻撃では倒されにくいことも特徴と言えます。 弱点が格闘と地面の2種類だけで、さらに 10種類のタイプの技を半減以下のダメージにすることができます。 また、ドラゴンタイプでありながらドラゴンやフェアリーが弱点ではなく、逆にタイプ一致で弱点を突けるため「ドラパルト」や「」などの強力な物理アタッカーに対して有利と言えるでしょう。 ジュラルドンの対策 特殊技で攻撃する ジュラルドンは特防が低いポケモンなので 特殊技で攻撃するのがおすすめです。 特殊技で弱点を突ける「」や「」などで攻撃することで大ダメージを与えることができます。 ですが、相手が「とつげきチョッキ」を持っている場合は特殊攻撃であっても一撃で倒せない場合もあるため、ある程度ダメージを与えておくと良いでしょう。 なおかつ、特殊アタッカーもしくは弱点を突ける技を持つポケモンであれば倒しやすいでしょう。

次の

【ポケモン剣盾】ジュラルドンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ジュラルドン ダイマックス

ポケモンソード・シールドでは、ポケモンが巨大化する現象「」がバトルの新要素として登場する。 ポケモンをダイマックスさせると、姿が大きくなるだけではなく、一部の能力が強化され、覚えている全てのわざが強力な「」になる。 【キョダイマックス】 ポケモンの中にはダイマックスしたときに大きさだけでなく姿も変わる「キョダイマックス」をするポケモンがいる。 キョダイマックスしたポケモンのフォルムは「キョダイマックスのすがた」と呼ばれ、そのポケモン専用のである「キョダイマックスわざ」を使うことができる。 【キョダイマックスできるポケモン】 キョダイマックスは同じ種類のポケモンの中でも限られたポケモンしかできない。 キョダイマックスできるポケモンは通常のダイマックスポケモンと同様にで出現するが、その出現率はとても低い。 通常のダイマックスはに登場する全てのポケモンが可能だが、「キョダイマックスのすがた」は全ての種類のポケモンに用意されている訳ではない。 【キョダイマックスポケモンの入手方法】 ほとんどのキョダイマックスポケモンは他のダイマックスポケモンと同様にのポケモンの巣に出現する。 一部のポケモンはによりワイルドエリアの全ての巣で大量発生することがある。 【キョダイマックスポケモンのマーク】 キョダイマックスできるポケモンは通常時の姿は他の同種ポケモンと全く同じだが、「つよさをみる」画面右上に表示される名前の横に「キョダイマックスマーク」 赤いXのようなマーク がつくので区別ができる。 また、キョダイマックスできるポケモンを入手するとポケモン図鑑にも登録され、図鑑の個別ページで左右ボタンを押すと「キョダイマックス」の姿の画面に切り替わる。 【キョダイマックスは遺伝不可】 キョダイマックスできるポケモンも通常のポケモンと同様に預かり屋でタマゴを作ることができる。 しかし、キョダイマックスできる能力はタマゴから産まれるポケモンに遺伝させることはできない。 【キョダイマックスの習得】 「」でプレイできる追加DLC「」では、ポケモンをキョダイマックスできるようにする料理「」が登場した。 ダイスープをキョダイマックスの可能性があるポケモンに飲ませると、キョダイマックスできるようになる。 また、すでにキョダイマックスできるポケモンに飲ませると、通常のダイマックスができるようになる。

次の

ジュラルドン

ジュラルドン ダイマックス

はじめに 皆さんこんにちは! Aaron Traylor です。 ゲーム部門の公式大会である Dallas Regional Championshipsで優勝することができました。 今回は、 Wolfe Glick と Justin Carris と構築し共に使用した構築について、簡単に書き残すことにしました。 構築経緯 大会の数週間前から構築を開始し、マッチングするであろう仮想敵について考えました。 (これらのアーキタイプとは当日あまりマッチングしませんでしたが) ・アイアント ・インテレオン ・じゃくてんほけんトゲキッス ・バークアウト、おにび持ちのいかくウインディ ・こだわりスカーフウオノラゴン これらの相手に対して、いかなる戦略を取られた場合にも有利を取れるような構築を目指しました。 まず、うそなき エルフーン +いのちのたま持ちの速い ジュラルドン の採用を決めました。 勧めてくれた Justin Ramirez と Aaron Zheng に感謝します。 次に キョダイマックスリザードン と ローブシン をアタッカーとして採用し、最後に トゲキッス と ブルンゲル をアタッカーの補佐役として採用して、さまざまな戦略が取れるようにしました。 VGC2011,2016,2019にも「おいかぜ」と「トリックルーム」を両方採用した構築を使用した経験があり、この組み合わせが他の構築にはない柔軟性とパワーをもたらしてくれました。 もし耐えられたとしても「キョダイゴクエン」の追加効果によってターン終了時に倒すことができます。 素早さを落とし耐久に振った型も考えましたが、 最速バークアウトウインディの数が非常に多いことが気になり試すことさえしませんでした。 リザードンはいのちのたまを持っていることが多いですが、 私たちはいのちのたまリザードンよりもいのちのたまジュラルドンのほうが好みです。 「うそなき」を使うことでこのパーティを攻撃的に扱うことができるようになります。 素早さ4振りは おいかぜ時に最速ウインディを抜くことができます。 カシブのみを持つことで相手のドラパルトを無力化することができます。 なぜならブルンゲルはいつもトリックルームを貼るため、その後攻撃的な味方と合わせてシャドーボールでドラパルトを落としに行けるからです。 ブルンゲルの火力がわずかに足りずに重要な試合を落とした場面が3回もあったため、もう少しとくこうを上げておきたかったです。 10まんボルトはダイマックス時に「ダイサンダー」を打つことで あくびやねむりごなによる ねむりを防ぐことができる重要な技です。 火力と素早さに振り切り相手を早急に処理するというコンセプトであり、とつげきチョッキやじゃくてんほけんといった持ち物はあまり効果的ではないため、コンセプトに合ったいのちのたまを持たせています。 「いわなだれ」は相手2体を攻撃できる技で、シャンデラ、リザードン、ギャラドス、トゲキッスに効果抜群で打てる技ですが、れいとうパンチを採用してもよかったかもしれません。 素早さに振っているため、 おいかぜ時にひかえめジュラルドンを確実に抜けるようになっています。 また、これにより多くのトゲキッスミラーで先制することができ、 相手のしんぴのまもりよりも先に「あくび」を打つことができます。 素早さを上げた後は適当に耐久に振り分けましたが、特に問題ありませんでした。 マッチアップ 基本的にはキョダイマックスさせるつもりがなければリザードンは選出せず、しっかり動きを決めていない限りはトゲキッスとエルフーンを同時に選出することはありません。 また、ローブシンを先発に出すことはめったにありません。 サンパワーリザードン+エルフーン 早い試合展開になります。 こちらのリザードンはキョダイゴクエンにより相手のエルフーンを1ターンで倒せるのに対し、相手はそれができません 海外では特性サンパワーのキョダイマックスリザードンは使用不可能。 ただし、相手がダイジェットから入ってきた後、こちらのリザードンを倒しうるポケモンを出すケースには注意が必要です。 トゲキッス+ドラパルト+ドリュウズ エルフーン+リザードン+トゲキッス+ジュラルドンの組み合わせで有利に戦うことができます。 トゲキッスを倒してしまえば、ブルンゲル+ローブシンで簡単に勝つことも可能です。 もし相手の構成が攻撃的な場合はジュラルドンが倒されてしまうリスクこそありますが、防御的な構成の場合はジュラルドンを素早く倒すことができません。 すなかきドリュウズ+バンギラス マッハパンチでどちらかを縛ったり、インファイトでダイマックスしたバンギラスを倒せるためローブシンが輝きます。 エルフーンのあまえるでドリュウズからのダメージを抑えることも可能です。 もしバタフリーがいる場合は、ダイサンダーを選択しエレキフィールドを展開することでねむりごなを防ぎましょう。 トリックルームから弱点保険を発動されるまでは簡単にブルンゲルを倒せるポケモンはいないうえに、ブルンゲルのしおふきをまともに食らいたくないポケモンだらけなのも有利な点です。 ラプラスを除く もし弱点保険を発動されても、 ちからをすいとるで弱体化させることができます。 ふくろだたき+せいぎのこころ トゲキッスが このゆびとまれでふくろだたきを吸える上に、エルフーンの あまえるは特性せいぎのこころを持つポケモンを弱体化することができます。 その状況を整えるために イエッサンを早めに倒すことを意識しましょう。 キョダイゴクエンでダメージを加速させるのも有効です。 マイペースバンバドロ+オーロンゲ+ウインディ いわゆる「super horse」の組み合わせは、 エルフーンのあまえるかうそなきを止めることは非常に困難です。 バンバドロ もしくはメインアタッカーとなるポケモン を機能停止に追い込むか、倒してしまいましょう。 アイアント そのすばやさとダイロックを打ってくることから、アイアントは苦手なポケモンではありますが エルフーンのあまえるがかなり打ち合いを助けてくれます。 おいかぜ+ジュラルドンも、アイアントを相手するうえでは役に立ちますが、多くのアイアントはダイアースを打ってくるので注意は必要です。 多くのアイアント入りのパーティはこちらと同様攻撃的なものが多く、すぐに激しいゲーム展開になります。 そのため、最終的な目標は 体力やのこりポケモンなどを犠牲にしてでも、キョダイマックスしたリザードンでアイアントを倒すことにあります。 インテレオン インテレオンもまた、リザードンより早いためにすばやさ操作が必要なポケモンになります。 こちらを上回るすばやさ操作を相手が用意していた場合はブルンゲルのトリックルームから状況をひっくり返すことが可能ですが、有効打に欠けるため リザードンかジュラルドンでインテレオンを攻撃することが重要です。 じゃくてんほけんトゲキッス エルフーンのうそなき+キョダイゴクエン、もしくはジュラルドンの攻撃で楽に勝つことができます。 いかく+バークアウトウインディ ローブシン+ブルンゲルで有利に戦えますが、その優秀なステータスからランクダウンを撒いてきます。 いかくは試合自体に 直接的な影響がないため、 ランクダウンを乗り越えてウインディの隣のポケモンを倒すゲームになります。 幸運なことに、おにびを打たれた場合はローブシンのこんじょうにより相手にとって状況は不利になります。 こだわりスカーフウオノラゴン トゲキッス、ブルンゲル、ジュラルドンが居るため、十分にサポートされていたとしても全く心配ありません。 さらに苦手なポケモンは以下の通りです。 オーロンゲ エルフーンがねこだましから1ターンで倒されてしまう恐れがあり、でんじははリザードンとジュラルドンのすばやさを下げてしまいます。 私はオーロンゲは苦手だと考えていましたが、WolfeとJustinはそこまで苦手ではないと考えていた様です。 ニンフィア ジュラルドンのダイマックスが終わったあとにニンフィアに出てこられると、ダメージレースで圧倒的に負けてしまいます。 リザードンとジュラルドン以外はニンフィアと打ち合えず、ローブシンとエルフーン、ジュラルドンはハイパーボイス2発で倒されてしまいます。 ヌメルゴン とつげきチョッキを持っていた場合、エルフーンのうそなき+ジュラルドンの高打点を耐えてくる上に、こちらのパーティには特殊ワザのダメージを抑える方法がないためまともにダメージを貰ってしまいます。 相手が しんぴのまもりはあくびを打ったあとに張ってもねむり状態を防ぐことができないことを忘れていて、とりあえず一勝をしました。 対戦相手のコータスが自分のローブシンを上回るすばやさで驚きましたが、3試合目では圧倒して勝つことができました。 ラウンド2: Greg Rowson 勝ち 2—0 対戦相手は参加をキャンセルしていたので、 不戦勝になりました。 ラウンド3: Patrick Donegan 勝ち 3—0 彼は じゅうりょくを使わずにさいみんじゅつを押し続けるというVGC2016を彷彿させるような戦術をしてきました。 こちらのブルンゲルとジュラルドンが刺さり勝ちました。 ラウンド4: Justin Carris 負け 3—1 構築を共有したJustinに ミラーマッチで完璧な立ち回りをされたため、勝つことができませんでした。 今大会においてBO3における1戦目で負けたのはこの試合のみです。 ラウンド5: Alex Pharo 勝ち 4—1 こちらの あまえるエルフーンでバンバドロの火力を大幅にさげて、キョダイマックスリザードンのキョダイゴクエンの追加効果で相手のエルフーンに行動を許さないようにしました。 結果、うまくその立ち回りが刺さり勝利しました。 ラウンド6: Eric Ault 負け 4—2 ヌメルゴンとギルガルドの並びと適切なサイクルの立ち回りに翻弄されましたが、なんとか初戦を勝利で飾りました。 しかし、2試合目以降はヌメルゴンに十分なダメージを与えられずダイマックスを消耗して負けてしまいました。 この試合に戻ることができたら、ダイマックスを使う前に勢いに乗って勝ちにいきたかったです。 ラウンド7: Randall Segnar 勝ち 5—2 ラウンド5のAlex選手と似たようなパーティです。 エルフーン+ジュラルドンで相手を崩し続けてそのまま勝ちました。 ですが、バンバドロを選出してきたので、自分のポケモンをあまり倒されることなく勝利することができました。 ラウンド9: Jon Hu 勝ち 7—2 おいかぜ下でのキョダイゴクエンとジュラルドンを止める術が相手になく、押し切って勝ちました。 ラウンド10: Will Marks 勝ち 8—2 このラウンドはギリギリの戦いでした。 リザードンとエルフーンでなんとか相手のポケモンを突破しようとしました。 3試合目では、Willがエルフーンのトリックルーム読みの行動をしてきましたが、そのままエルフーンによる展開を続けて勝ちました。 Day 2 Top Cut トップ32: Dawei Si 勝ち Daweiとこの試合で会うことが初めてだと思っていたのですが、面白いことに同い年で同じ学校に通っていたみたいです(笑) 私は オーロンゲを使うプレイヤーが上位に残ると予想していましたが、今大会ではトップ32にしてようやく当たりました。 第3試合では相手の予想よりも早く動いたブルンゲルがしおふきで崩して試合に勝ちました。 トップ16:Nathan Ortiz勝ち 中々厳しいマッチでしたが、トゲキッスとリザードンの組み合わせで運も良くゴリ押しで勝ちました。 トップ8:Justin Crubaugh 勝ち オーロンゲ、次点で トゲキッスが厳しいマッチです。 この試合の時に戻ることができたらもっとアグレッシブに攻めていたと思います。 でこの試合を見返すことができます。 (試合は0:26:12に始まります) 準決勝:Justin Burns 勝ち 準決勝のJustinのパーティはトップ8でのJustinの構築と似ています。 彼が以前の私の試合を配信で見ていることはわかっていたので、パーティの情報がある程度バレている状態で対戦しました。 この試合はの公式放送のアーカイブで見ることができます。 (試合は1:49:19に始まります) 決勝: Binjie Wang 勝ち 決勝では今大会最も当たりたくない アイアントに当たってしまいました…(笑) この試合もで見れます。 (試合は2:35:32から始まります) 悲しいことに、パーティを一緒に考えてくれた Wolfeと Justinとの写真を撮ることがはできませんでした… しかし、2011、2012から付き合いのある友達と一緒に写真を撮ったので最高の気分です! おわりに 今回の大会では頂点まで勝ち進むことが出来、 私のポケモン人生の中でも特に素晴らしい経験だったと思います。 会場配信で何度かお話しした内容ですが、沢山の勝利をもたらしてくれたこの構築に敬意を表したいです。 勝つことが出来てどんな気持ちか?と聞かれれば、確かに驚くほど嬉しいのですが、同時になるべくしてなった結果だとも思っています。 なぜなら、今回の構築は仲間の誰かが優勝できるだろうと思えるほどのパーティだったからです!笑 最後に、支えてくれた Wolfe, Justin, Jonny, Aaron, Dannyに感謝を述べたいと思います。 それではまたどこかでお会いしましょう。 レンタルチームID:0000 0005 WKLN 3N パーティ作成者 Aaron Traylor 就職して関東に出たことをきっかけにVGC熱が急上昇。 最近では海外のVictory Roadで日本語記事の英訳を担当したりもしている。 関連する記事• 2019. 22 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. 主な環境の変化3. トリ […][…]• 2019. 15 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. 主な環境の変化3. トゲ […][…]• 2020. 14 目次 1. はじめに2. 会場の雰囲気3. 参加してみて4. オフ会の情報はこちらから はじめに ぽ […][…]• 2020. 15 目次 1. はじめに2. 戦績2. 予選中の動き3. 構築経緯3. コンセプト4. 構成4. […][…]• 2020. 24 レンタルチームID:0000 0000 7N54 P8 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…].

次の