宝くじ の 買い方。 宝くじ購入の「縦バラ」と「特バラ」といった特殊な買い方って何?

宝くじの買い方にはルールがあった?法則を知って当選確率を上げる方法! ラッキーショップ ブログ

宝くじ の 買い方

宝くじの買い方にはルールがあった?法則を知って当選確率を上げる方法! 誰もが夢見る高額当選宝くじ。 チャレンジするなら少しでも当選確率を高めておきたいですよね。 一見どこで、何を買っても確率は同じように感じる宝くじですが、実は当選確率を高める法則が存在します。 ここで秘伝の法則を学ぶか学ばないかで、結果に大きな差が産まれます。 メリットは一枚一枚に当選の期待が持てることですね。 ・連番 同じ組で番号が連続して並んでいる10枚を一口とした買い方です。 メリットは番号が連続しているので1等があたれば前後賞もほぼ同時当選します。 単純な話でいえば、一枚の宝くじが当選する確率は同じです。 5倍ほど。 少し大げさに言いましたが、からくりは簡単です。 連番の場合は10枚の組が一緒のため、組を外した時点で1等も前後賞もありえません。 バラの場合は、メリットでお伝えした通り、一枚一枚に当選の期待が持てるため、その分確率が高くなる寸法です。 バラをどうやって購入するべきか 連番とバラであれば、バラを購入するのが良いことが分かりました。 次は、「バラをどのように買えばより効率的か」についてご説明します。 バラ購入のデメリットは、1等と前後賞を合わせて狙えないところにあります。 しかし、実はバラでも1等と前後賞を狙える買い方があります。 ・縦バラ バラを10枚一口で3口以上買う方法。 その時に3口のくじの番号が連番になるようにセットします。 例 1口・・1組12345 1 3組23456 4 5組23456 6 2口・・1組12345 2 3組23456 5 5組23456 7 3口・・1組12345 3 3組23456 6 5組23456 8 このように3つの口の組が共通しているので、縦でみたときに連番んになる買い方です。 この方法であれば、バラで購入していながら連番になるので、1等と前後賞がセットで当たる可能性が高くなります。 宝くじ購入の際は、「縦バラ30枚」で、受付も理解してくれますよ。 是非お試し下さい!.

次の

「宝くじ」当たる買い方を一挙紹介!

宝くじ の 買い方

「宝くじが初めてだから買い方が知りたい」 「宝くじの番号の選び方でおすすめはある?」 初めて宝くじを買う時ってどうすればいいか迷いますよね。 初心者のころ売り場で「バラですか?連番ですか?」と聞かれて困ったことがあります。 宝くじ売り場のスタッフさんが、やさしく教えてくれたのですが後ろには列が… 大きなイベントの宝くじは長蛇の列ができるので、質問がしにくいです。 買い方を知らずに売り場にいくと、わけもわからず買ってしまうことになりかねません。 宝くじは買い方で、当選金や狙える賞が変わってきます。 つまり買い方のコツを知らないと、知っている人と比べて損をしているのです。 そこで今回は• 宝くじの買い方のおすすめ!初心者ならジャンボ宝くじ• バラと連番ならどっちが当たる?違いを知ろう• バラ(縦バラ・特バラ)のメリットとおすすめの人• 連番(縦連・特連)のメリットとおすすめの人• 売り場やネットでの買い方 をご紹介します。 宝くじの買い方を知っておけば、売り場で悩むこともありません。 また「バラ」と「連番」の特徴や種類を知れば、あなたにあった買い方ができます。 初心者にもわかりやすい宝くじの買い方と、メリットやおすすめをあわせてご紹介します。 ジャンボ宝くじ系(年末・バレンタイン・ドリーム・サマー・ハロウィン)• ロト系(ロト6・ロト7・ミニロト)• ナンバーズ系(ナンバーズ3・ナンバーズ4)• スクラッチ系 上記のすべてが、宝くじになります。 買い方はそれぞれ違い、 ジャンボ宝くじ以外は、紙に記入して提出するなど、手間がかかります。 もちろん慣れれば簡単なのですが、まず初心者がこれから始めるなら、ジャンボ宝くじがおすすめです。 なぜなら、 ジャンボ宝くじなら、買い方を選んで購入するだけだからです。 しかも購入するだけで、他の宝くじ以上の高額当選 が狙えるので楽しめます。 ジャンボ宝くじの買い方 ジャンボ宝くじは、季節ごとに違う名前のものが発売されています。 【バラと連番の共通部分】• 10枚セットで最低購入価格が3,000円• 末尾の数字は0~9で並んでいる 末尾の数字が並んでいるので、バラでも連番でも、1番下の当選金額 「300円」は必ず当たる仕組みです。 このようにバラか連番のどちらか、または両方を購入して、ジャンボ宝くじでで当選金を狙っていきます。 ではバラと連番、どっちのほうが当たるのでしょうか? バラでも連番、どちらでも当たる人がいるので、好きな方を選べばいいと言う意見もあります。 ですが、 バラと連番では、確率や狙える賞が違うのも事実です。 宝くじで狙う賞と言えば、1等ですよね。 さらに、ジャンボ宝くじには前後賞というものもあります。 2017年の年末ジャンボ宝くじでは、1等だと7億円ですが、前後賞でも1億5000万円でした。 前後賞だけでもすごい当選金金ですね。 前後賞とは、1等の当選番号と同じ「組」で末尾の「数字」が1つ違いが対象です。 【バラと連番の種類】• バラ:縦バラ、特バラ• 連番:縦連、特連 「縦バラ」「特バラ」、「縦連」「特連」は、普通に買うよりオトクな買い方です。 この買い方を知らない人では、損していることになります。 バラと連番、それぞれの種類とメリット、をおすすめとあわせてご紹介します。 バラのほうが、連番より1等(または前後賞)の確率が「 2. 5倍高くなる」からです。 バラで買うと、宝くじの組が別々になります。 つまり、1等または前後賞を、10回狙えることになるので確率が高いといわれています。 確率重視の人なら、バラの買い方がおすすめですね。 ただし逆に言えば、バラだと1等と前後賞は同時に狙えません。 1等と前後賞、同時に狙うなら、連番の買い方がおすすめになります。 確率も高いほうか?当選金が高いほうか?悩んでしまいますね。 そんな人には「 縦バラ」がおすすめです。 バラの買い方には、通常のバラと2種類の買い方があります。 【縦バラの買い方】• (1セット目)01組000001(2セット目)01組000002(3セット目)01組000003• (1セット目)10組000001(2セット目)10組000002(3セット目)10組000003• (1セット目)20組000001(2セット目)20組000002(3セット目)20組000003• (1セット目)30組000001(2セット目)30組000002(3セット目)30組000003• (1セット目)40組000001(2セット目)40組000002(3セット目)40組000003• (1セット目)50組000001(2セット目)50組000002(3セット目)50組000003• (1セット目)60組000001(2セット目)60組000002(3セット目)60組000003• (1セット目)70組000001(2セット目)70組000002(3セット目)70組000003• (1セット目)80組000001(2セット目)80組000002(3セット目)80組000003• 縦バラは1セットに、組違いで10枚宝くじが入っています。 3セット全部開くと、上記のように連続する数字で3つずつ入っている状態です。 つまりバラと連番を合体させたような買い方になります。 縦バラのメリットは、3セット(30枚)買うと「 1等と前後賞が同時に狙えること」です。 20枚からでも縦バラは購入できますが、 前後賞を狙うなら30枚から購入しましょう。 1等か前後賞のどちらかしか狙えないバラでは満足できない、 高額当選を狙う人におすすめですね。 特バラ 特バラとは、 宝くじ番号の下2桁が00~99まで連番になった買い方です。 簡単にいうと、縦バラが10セット(100枚)になったのが「特バラ」です。 組は01~100組の中から、各1枚ずつになります。 【特バラの当選金】• 下2桁の当選番号が必ず1枚入っている:当選金額は3,000円 特バラは00~99まで連番になっています。 下1桁の当選番号が「3」なら、3」「13」「23」「33」「43」「53」「63」「73」「83」「93」が入っています。 また下2桁の当選番号も1枚入っているので、合計で6,000円は当選金が当たるようになっているのです。 必ず当たる買い方なのが、特バラのメリットですね。 絶対当てたい人や、宝くじのコストを抑えた買い方がしたい人に、特バラはおすすめです。 【縦連の買い方】• 1セット目:01組000000~01組000009• 2セット目:01組000010~01組000019• 縦連で3セット購入したら、下2桁の数字が30個連続します。 通常の連番と違い、数字が連続するので、 当選番号の数番違いを防ぐことができるのです。 過去に「この続きの番号を買っていれば、当たってた…」という人におすすめな買い方ですね。 また、縦連は下1桁の当選金額がセット数は当たるので、 3セットなら900円は当たるメリットもあります。 特連 特連は、 下2桁の数字を100個連続で購入する買い方になります。 下2桁の数字は00~99の番号の連続です。 組は01~100までの中から10種類を任意で選ぶことになります。 【特連の買い方】• 01組111100~01組111109• 10組111110~10組111119• 20組111120~20組111129• 30組111130~30組111139• 40組111140~40組111149• 50組111150~50組111159• 60組111160~60組111169• 70組111170~70組111179• 80組111180~80組111189• ただし組と数字は連動しておらず実際はもっとランダムです。 特連のメリットは、1等と前後賞を同時に狙えることです。 高額当選を狙う人におすすめの買い方になります。 また 通常の連番で100枚買うよりもお得なメリットもあります。 00~99番まで連続しているので、必ず当選金が当たるようになっています。 下1桁の当選番号が10枚、下2桁の当選番号が1枚当たるので、 6,000円は当選するのです。 通常の連番を100枚買うなら、必ず当選金が当たる、特連を購入するようにしましょう。 バラ・連番のメリットとおすすめまとめ 「縦バラ」「特バラ」、「縦連」「特連」は高額な購入方法になります。 そのため、家族や友だちと共同購入に使う人もいます。 もちろん個人でも可能な買い方です。 あなたの予算にあった中で、有利な買い方をするのが一番ですね。 【売り場】• 駅チカ• モール• 主要道路沿い• 高速道路• 郵便局 【ネット】• みずほダイレクト宝くじサービス• 宝くじ購入代行サービス それぞれの場所での、買い方についてご紹介します。 売り場での買い方 ジャンボ宝くじの売り場は、人通りが多いところに設置されています。 売り場には目立つ旗やのぼり、大きな宣伝の音が鳴っているので、見つけやすいです。 また一部の郵便局でも販売されています。 買い方は、購入方法を伝えて代金を支払うだけです。 ただし あまり大きくない店舗などでは「特バラ」「縦連」「特連」を受け付けていません。 あなた好みの買い方ができるかどうか、 売り場に問い合わせてから、訪れるようにしましょう。 他の銀行ではジャンボ宝くじの販売をしていません。 銀行のネット購入なら、みずほ銀行だけ可能です。 みずほ銀行で、ジャンボ宝くじを購入するには「 みずほダイレクト」に登録する必要があります。 みずほダイレクトは、銀行取引がネット上でできるサービスです。 ジャンボ宝くじも、みずほダイレクトのシステムを使って購入します。 まず、みずほダイレクトのページにログインして、宝くじが購入できる「ラッキーライン」にログインします。 ラッキーラインにログインすれば、ジャンボ宝くじの購入画面がでるので、バラか連番を選んで数量を入力するだけです。 「縦バラ」「特バラ」「縦連」「特連」での購入はできません。 「みずほ銀行があるのになんで?」と思っちゃいますよね。 宝くじ購入代行サービスでは、 よく当たる宝くじ売り場で購入を代行してくれるサービスなのです。 宝くじを当てるには、よく当たる売り場で買うことが一番と言われています。 特に、当たる宝くじ売り場で有名なのが「 西銀座チャンスセンター」です。 宝くじ購入代行では、西銀座チャンスセンターで購入してくれます。 西銀座チャンスセンターは、東京にあるのですが、行くとなると飛行機代や宿泊費が馬鹿になりません。 そこで代行サービスを依頼する人が多いのです。 特に多くの人が使っていて、一番有名な代行サービスが「ドリームウェイ」になります。 ドリームウェイの代行手数料は以下の通りです。 宝くじ100枚なら手数料は3,900円ですみます。 東京まで何時間もかけてきて、飛行機代や宿泊代を使うよりも便利でオトクです。 ドリームウェイなら 「縦バラ」「特バラ」「縦連」「特連」にも対応してくれます。 指定したい買い方を、ネットのコメント欄に記入するだけです。 また大安吉日など、あなた好みの日時指定も可能です。 ただし日時指定は先着順となり、すぐに埋まるので注意が必要になります。 宝くじの買い方まとめ• 初心者におすすめはジャンボ宝くじ• ジャンボ宝くじの買い方の基本は「バラ」「連番」• バラは1等or前後賞の確率が2. 5倍高くなる• 連番は1等&前後賞を同時に狙える• 縦バラなら、バラで1等&前後賞を狙える• 特バラと特連は必ず当選する• 買い方には「売り場」と「ネット」がある• ネットなら購入代行サービスで当たる売り場を利用できる 宝くじの買い方は、売り場にいけば簡単に購入できます。 でもルールや仕組みを知っていれば、買い方が選べるので楽しく購入できますね。 また 買い方によって、確率や狙える賞が違うので、知っておかないと損です。 どうせなら、コツをつかんで当たるように狙っていきましょう。 コツを知れば、高額当選も夢じゃないかもしれませんね。

次の

宝くじの買い方!初めてにおすすめの連番やバラはどちらが当たりやすい

宝くじ の 買い方

宝くじの買い方にはルールがあった?法則を知って当選確率を上げる方法! 誰もが夢見る高額当選宝くじ。 チャレンジするなら少しでも当選確率を高めておきたいですよね。 一見どこで、何を買っても確率は同じように感じる宝くじですが、実は当選確率を高める法則が存在します。 ここで秘伝の法則を学ぶか学ばないかで、結果に大きな差が産まれます。 メリットは一枚一枚に当選の期待が持てることですね。 ・連番 同じ組で番号が連続して並んでいる10枚を一口とした買い方です。 メリットは番号が連続しているので1等があたれば前後賞もほぼ同時当選します。 単純な話でいえば、一枚の宝くじが当選する確率は同じです。 5倍ほど。 少し大げさに言いましたが、からくりは簡単です。 連番の場合は10枚の組が一緒のため、組を外した時点で1等も前後賞もありえません。 バラの場合は、メリットでお伝えした通り、一枚一枚に当選の期待が持てるため、その分確率が高くなる寸法です。 バラをどうやって購入するべきか 連番とバラであれば、バラを購入するのが良いことが分かりました。 次は、「バラをどのように買えばより効率的か」についてご説明します。 バラ購入のデメリットは、1等と前後賞を合わせて狙えないところにあります。 しかし、実はバラでも1等と前後賞を狙える買い方があります。 ・縦バラ バラを10枚一口で3口以上買う方法。 その時に3口のくじの番号が連番になるようにセットします。 例 1口・・1組12345 1 3組23456 4 5組23456 6 2口・・1組12345 2 3組23456 5 5組23456 7 3口・・1組12345 3 3組23456 6 5組23456 8 このように3つの口の組が共通しているので、縦でみたときに連番んになる買い方です。 この方法であれば、バラで購入していながら連番になるので、1等と前後賞がセットで当たる可能性が高くなります。 宝くじ購入の際は、「縦バラ30枚」で、受付も理解してくれますよ。 是非お試し下さい!.

次の