ザイザル 5mg。 『ザイザル』と『アレグラ』、同じ抗ヒスタミン薬の違いは?~効果と眠気の強さ

ザイザル錠5mg

ザイザル 5mg

>H 1受容体拮抗薬 第2世代 価格 5mg1錠:82. 5円/錠 製薬会社• 製造販売元: 効能・効果 用法・容量 効能・効果• 〔成人〕• アレルギー性鼻炎• 蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症• 〔小児〕• アレルギー性鼻炎• 蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒 用法・用量• 〔成人〕• 通常、成人にはレボセチリジン塩酸塩として1回5mgを1日1回、就寝前に経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、最高投与量は1日10mgとする。 〔小児〕• 通常、7歳以上15歳未満の小児にはレボセチリジン塩酸塩として1回2. 5mgを1日2回、朝食後及び就寝前に経口投与する。 禁忌 【禁忌】 次の患者には投与しないこと• 本剤の成分又はピペラジン誘導体(セチリジン、ヒドロキシジンを含む)に対し過敏症の既往歴のある患者• ] 副作用 ショック、アナフィラキシー(頻度不明 注2)) ショック、アナフィラキシー(呼吸困難、血圧低下、蕁麻疹、発赤等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。 痙攣(頻度不明 注2)) 異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。 肝機能障害(0. 血小板減少(頻度不明 注2)) 血小板減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。 注2)海外でのレボセチリジン塩酸塩の自発報告のみで認められている副作用については頻度不明とした。 注意 次の患者には慎重に投与すること 腎障害のある患者[高い血中濃度が持続するおそれがある。 (「用法・用量に関連する使用上の注意」及び「薬物動態」の項参照)] 肝障害のある患者[高い血中濃度が持続するおそれがある。 ] 高齢者[高い血中濃度が持続するおそれがある。 (「高齢者への投与」及び「薬物動態」の項参照)] てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある患者[痙攣を発現するおそれがある。 ] 眠気を催すことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事させないよう十分注意すること。 本剤を季節性の患者に投与する場合は、好発季節を考えて、その直前から投与を開始し、好発季節終了時まで続けることが望ましい。 本剤の使用により効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり投与しないように注意すること。 薬剤交付時 PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。 [PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。 ] 腎障害患者では、血中濃度半減期の延長が認められ、血中濃度が増大するため、クレアチニンクリアランスに応じて、下表のとおり投与量の調節が必要である(「薬物動態」の項参照)。 5mgを1日に1回 2. 5mgを2日に1回 2. 5mgを週に2回(3~4日に1回) 腎障害を有する小児患者では、各患者の腎クリアランスと体重を考慮して、個別に用量を調整すること。 本剤は、主として腎臓から排泄されるが、高齢者では腎機能が低下していることが多く、高い血中濃度が持続するおそれがあるので、低用量(例えば2. 5mg)から投与を開始するなど慎重に投与すること。 異常が認められた場合は減量又は休薬するなど適切な処置を行うこと(「薬物動態」の項参照)。 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 [動物実験(ラット)で胎盤を通過することが報告されている。 ] 授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせること。 [セチリジン 注1)塩酸塩において、ヒト乳汁中へ移行することが報告されている。 ] 注1)ラセミ体であるセチリジンの R-エナンチオマーがレボセチリジンである。 低出生体重児、新生児、乳児又は7歳未満の小児に対する安全性は確立していない(国内における使用経験はない)。 血中濃度 単回投与 健康成人男性20例にレボセチリジン塩酸塩5mgを空腹時単回経口投与したとき、血漿中レボセチリジン濃度は投与後1時間には最高血漿中濃度232. 血漿中濃度の消失半減期は約7. 3時間であった。 また、10mgを単回経口投与したとき、投与量増量に伴うCmaxの上昇及びAUCの増加が認められた。 セチリジン塩酸塩10mgを空腹時単回経口投与したとき、血漿中レボセチリジン濃度は投与後1時間には最高血漿中濃度228. 3時間であった。 00(0. 25-4. 00) 232. 49 7. 98 1814. 49 10mg 0. 75(0. 50-2. 00) 480. 01 7. 89 3546. 14 セチリジン 10mg 1. 00(0. 50-2. 00) 228. 67 7. 78 1875. 08であった。 食事の影響(外国人データ) 健康成人20例にレボセチリジン塩酸塩5mgを食後(高脂肪食)又は空腹時に単回経口投与したとき、空腹時投与と比べ、食後投与の血漿中レボセチリジン塩酸塩のtmaxは約1. 3時間遅延し、Cmaxが約35%低下したが、AUCに顕著な差はみられなかった。 分布 健康成人男性20例にレボセチリジン塩酸塩5mgを空腹時単回経口投与したとき、レボセチリジンの見かけの分布容積は25. 14Lであった。 血漿蛋白結合率 [ 14C]-レボセチリジン(0. 代謝 レボセチリジンの代謝経路はフェニル基の水酸化、 N-及び O-脱アルキル化並びにタウリン抱合体の生成である。 また、レボセチリジンは主にCYP3A4で脱アルキル体に、複数のCYP分子種(未同定)でフェニル基の水酸化体に代謝される( In vitro試験)。 レボセチリジンは臨床用量のCmax付近の濃度でCYP1A2、2C9、2C19、2D6、2E1及び3A4を阻害せず、UGT1A並びにCYP1A2、2C9及び3A4を誘導しない( In vitro試験)。 排泄 健康成人男性20例にレボセチリジン塩酸塩5mg及び10mgを空腹時単回経口投与したときの見かけの全身クリアランスは、それぞれ2. 健康成人20例にレボセチリジン塩酸塩5mgを空腹時単回経口投与したときの投与後48時間までのレボセチリジン塩酸塩の累積尿中排泄率は約73%であった(外国人データ)。 健康成人男性4例に[ 14C]-レボセチリジン塩酸塩溶液5mgを空腹時単回経口投与したときの投与後168時間までの尿及び糞中の放射能回収率はそれぞれ85. 4%及び12. 9%であった。 8~5. 4~3. 9倍に延長した。 73m 2) 98. 2 62. 8 26. 78 295. 76 320. 06 358. 60 3884. 85 8290. 76 14. 12 25. 73 41. 73m 2) 25. 64 14. 13 4. 27 1. 25 0. 22 0. なお、原発性胆汁性肝硬変患者にセチリジン塩酸塩10mgを単回経口投与した場合、肝機能正常成人に比べ、血清中濃度消失半減期の延長、Cmaxの上昇、AUCの増大が認められた(外国人データ)。 6 3. 9 原発性胆汁性肝硬変患者(n=6) 1. 8 6. 58(0. 58-2. 08(0. 58-2. グラクソ・スミスクライン株式会社 薬剤一覧•

次の

ザイザル 薬物動態|医療関係者向け情報 GSKpro

ザイザル 5mg

人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 1.成人:レボセチリジン塩酸塩として1回5mgを1日1回、就寝前に経口投与する• なお、年齢、症状により適宜増減するが、最高投与量は1日10mgとする• 2.小児:7歳以上15歳未満の小児にはレボセチリジン塩酸塩として1回2. 5mgを1日2回、朝食後及び就寝前に経口投与する ザイザル錠5mgの使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• 重度腎障害• 肝障害• 痙攣性疾患• 腎障害• てんかん• 腎障害を有する小児 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 高齢者• 幼児・小児 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 腎障害を有する小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 高齢者 65歳〜• 腎障害を有する小児 0歳〜14歳 ザイザル錠5mgの注意が必要な飲み合わせ.

次の

医療用医薬品 : ザイザル

ザイザル 5mg

ザイザル錠の小児用量は2. 5㎎ ザイザル錠5㎎は小児に対して、半錠の処方が出ることがあります。 実際、添付文書の用法用量の欄に、小児に対する用法の項があります。 〔小児〕 通常、7 歳以上15歳未満の小児にはレボセチリジン塩酸塩 として1 回2. 5mgを1 日2 回、朝食後及び就寝前に経口投 与する。 この用法によると、小児に対しては1回2. 5mgを使用する必要があります。 つまり、5㎎錠0. 5錠です。 半錠にすることを想定した用法というわけです。 腎機能低下患者も1回2. 5㎎となっている そもそも、ザイザルは重度の腎障害患者に 禁忌となっています。 8~5. 4~3. 9倍に延長しています。 つまり、腎機能の低下で、血中濃度が増加します。 そのため、腎機能が低下した患者に投与する場合は、用量を調節する必要があります。 用法・用量に関連する使用上の注意の記載が以下の通り 腎障害患者では、血中濃度半減期の延長が認められ、血中濃度が増大するため、クレアチニンクリアランスに応じて、下表のとおり投与量の調節が必要である(「薬物動態」の項参照)。 5mg を1 日に1 回2. 5mg を2 日に1 回2. 5mgを週に2 回( 3 ~ 4 日に1 回)腎障害を有する小児患者では、各患者の腎クリアランスと体重を考慮して、個別に用量を調整すること。 重度の腎機能低下の場合は禁忌ですが、そうでない場合は、クレアチニンクリアランスに応じて微調節するという事です。 僕はそこまでして、ザイザルを服用する患者さんに遭遇したことはありません。 でも、院内調剤ではそういうケースがあるんでしょうか。 ザイザル錠5㎎は半錠で使用することを想定した薬 このように、小児や腎機能低下患者には2. 5㎎を使用する必要があります。 でも、ザイザルには2. 5㎎錠はありませんでした。 明らかに5㎎錠を半錠に分割することを想定した薬でした。 では、ザイザル錠5㎎を半錠に分割すると自家製剤加算はとれるのでしょうか。 ザイザル錠5㎎を半錠に分割で自家製剤加算は取れた 錠剤を半錠にして、自家製剤加算の算定するには以下の要件を満たす必要があります。 錠剤に割線がある• 分割した規格のものが既製品では存在しない ザイザル錠5mgには割線があります。 添付文書には以下の記載があります。 本剤は、白色の両面に割線のある楕円形のフィルムコーティング錠であり、識別コード及び形状は下記のとおりである。 「割線のある」とはっきり記載されています。 また、2. 5㎎錠という規格も存在しません でした。 ザイザルOD錠2. 5㎎の発売 ザイザルOD錠2. 5mgが発売されることになり、ザイザル錠5㎎を半錠にしても自家製剤加算は取れなくなります。 今後は、ザイザル錠5mgは半錠に分割しても自家製剤加算を取れなくなります。 まとめ ザイザル錠5mgは半錠に分割した際には、自家製剤加算を取れました。 ところが、ザイザルOD錠2. 5mgが発売されることになり、ザイザル錠5㎎を半錠に分割しても自家製剤加算は取れなくなります。 *ザイザルOD錠2. 5mgが発売されることになったため、2020年2月に記事の内容を更新しています。

次の