じじ ばば の るつぼ。 手打ち蕎麦 井上

手打ち蕎麦 井上

じじ ばば の るつぼ

左がばば岩、右がじじ岩。 実際目の当たりにすると、想像以上に巨大で、しばし呆然となる 硬質化した巨人の様なばば岩 チンコが勃起したまま硬質化したじじ岩 狭いリッジを渡ってばば岩の袂まで行けるが、到底登れない じじ岩の袂にも行けるがとても登れない 妖怪百目の様なたんす岩。 昨日の雨で非常に滑るので登れない 一応訪れた御堂山山頂(標高878M) 御堂山(じじ岩ばば岩) 2016年8月4日(木曜日) 上信道を下仁田インターで降り、国道254号線を佐久方面に向かうと、和美峠への分岐の少し手前に西牧関所跡がある。 ここを登ると本日の目的地・御堂山(みどうやま/標高878M)である。 登山者用の駐車場はないので、和美峠入口のバス停の観光案内看板の前にクルマを停める。 この駐車スペースのすぐ下を覗くと鏑(かぶら)川が流れているが、前日の豪雨のため轟轟と渦巻く泥流と化しており、クルマの足許の川岸が今にも抉られそうな勢いだった。 これから向かう登山道もそうだろうし、この日の目的でもある奇岩・じじ岩ばば岩も、さぞ足許が滑るだろうなということは容易に想像できた。 この年の関東の梅雨明けは平年より遅い7月28日だったが、その後も『梅雨明け十日』とはいかず、依然不安定な状態が続いている。 駐車スペースから100メートルほど歩いて関所の脇の道を入り、70メートルほどで御堂山登山口の標識のある林道の入口に着く。 以前は林道の終点までマイカーが入れたらしいが、最近のネット情報では入口に猪避けの電気柵が設けられているため、クルマはバス停付近に置くのが賢明らしい。 この日は電気柵は外されていたが、代わりにユンボが道幅いっぱいにデンと置かれていた。 これでは流石にクルマは入れない。 人が通るのがやっとである。 林道を20分ほど歩くと終点となり登山道になる。 石がゴロゴロしている歩き難い道で、草木が左右から頭上に覆い被さり、屈んでも尚、リュックが木に引っ掛かるので這うように歩かねばならない。 林道終点から20分ほどで滝に着いた。 落差は5メートルほどで、前日の雨のため水量が多く見栄えがある。 滝の右横の岩にロープがぶら下がっているので、それを掴んで登るのだが、岩は非常に滑る。 滝から15分で御堂山山頂とじじ岩ばば岩分岐の稜線に到着した。 取りあえず、この日の目的は山頂よりもじじ岩ばば岩である。 山頂に背を向け分岐から尾根筋を歩くが、樹木が鬱蒼としていて一向にその奇岩の気配すら見えてこない。 突如木々の間に空を蔽うような巨大な影が立ちはだかり、これがそうかと一気に昂揚するが、どうやらまだ違うようだ。 一旦巨岩の根元の右側を巻くように降りると、岩の上に申し訳程度に張り付いた土は脆く崩落しやすいうえ非常に滑る。 左を見上げれば大きな岩の壁で、迂回した道から再び岩の袂まで登ると、突然ふたつの岩塔が視界に飛び込んで来た。 鋭く天空を突く2本の槍を思わせるその異形は、写真で見るより圧倒的な大きさで、しばし呆然とする。 何だこれ? しばらくは未知との遭遇といった気分にさせられる。 行き止まりの展望台まで回り込むと、左のばば岩は人型にも見え、漫画『進撃の巨人』に登場する硬質化した巨人を彷彿させる。 右のじじ岩は人型とまでいかないが、頭があり、胴体の下の方には小さな突起物がある。 その反り具合から勃起した男根の様でもあり、勃起したまま硬質化したかと思うと何とも滑稽で物悲しい。 ふたつの岩の展望台となっているのが迂回してきたタンス岩である。 岩肌にいくつも開いた穴をタンスの引き出しに見立てているのだろうが、タンスというより妖怪百目と言った方がイメージが近い。 ばば岩じじ岩どちらもすぐ袂まで行けるが、特にばば岩は幅30センチ、長さ3メートルのナイフリッジ(刃の上を歩く様な狭い通路)を渡らねばならず、下を覗き込むと高さは50メートルほどもあり、濡れていてひどく滑るので、墜落死のリスクを鑑み、屈辱ではあるが、拷問具の三角木馬に跨るように股漕ぎで近づいた。 袂まで行っても到底これ以上登れないので、見上げるだけ見上げて、敗北の股漕ぎで引き返し、じじ岩の袂にも行ってみる。 これも登れない。 せめてタンス岩ならとも思ったが、非常に滑るのでこれも諦めた。 分岐まで引き返し、御堂山山頂へ向かう。 山頂は暗く鬱蒼として最早どうでもいいのだが、15分休憩して元来た道を引き返した。 クルマに戻って靴下を履き替えようとしたら両足が血まみれになっていた。 ギョッとして靴下を脱いでみると、アキレス腱のところに黒いアメーバ状のものがへばりついていた。 血だった。 血が固まり切らずゼリー状になっていた。 両足とも同様だった。 痛みはまったくなく、まったく気付かなかったが、これは山蛭の仕業である。 その姿は既になく、ゼリーを剥がすと左足にひとつ、右足には二つ穴が開いていた。 前回の蜂刺されに続いての遭難である。 拭いても拭いても血が止まらない。 山蛭は吸血の際、血液凝固を阻害するヒルジンと、血管を拡張するヒスタミンを注入するという。 ポイズンリムーバーでこれらを吸引除去すれば早く止血できるそうだが、生憎この時この知識を持ち合わせていなかった。 山蛭は人の歩く振動や体温を感知して足許から取憑くとされ、木の上から落ちてくるというのは都市伝説らしい。 雨上がりのビシャビシャした登山道は恰好の山蛭コースだった訳である。 藪歩きということで、ダニ避けのトマトスプレーは掛けたのだが、蛭にはまったく効果がなかった。 バンドエイドで止血し、止まったのは夜になってからだった。 しばらくは痛みも痒みもなかったが、一週間経つと突如痒くなり、遅ればせながらステロイド剤を塗った。 All Rights Reserved.

次の

徳之島じじとばばのホームページ

じじ ばば の るつぼ

6月2日 火 小雨後曇り 午後から降水確率60%とか言っていたので 「洗濯は止めようかな・・・」と迷って、10時過ぎまで他の仕事をしていた。 おっ!陽ざしが出てきたぞ! やはり洗濯しよう!とスイッチオン! 洗い終わって軒下に干してあったけど、お昼過ぎてから庭に出した。 庭に出るとクチナシが,今を盛りとばかりに数十輪も咲いていて 近づくと,芳香が・・・花って良いなぁ。 我が家のじじ、体調崩して今日で8日目。 ほぼ、ほぼ回復。 でも、やはりまだ肉とかは食べたくないらしい。 お粥、梅干し、昆布などの佃煮・・・それに半熟卵・・・ワカメと豆腐のお汁 ベーコン、ピーマン、小松菜、人参をサッと炒め、卵を入れ半熟に・・・ キュウリをスティック状に切り,金山寺味噌を,ほんのちょっぴり付ける・・・・ 等々、少量ずつメニューを増やしている。 食事量も元気100%の頃にはほど遠いけれど、無理をせず 少しずつ少しずつ慣らしていこうと思っている。 元気になるにつれ,冗談も言えるようになったので、又、夫婦漫才も再開。 我が家では良く出る会話。 ばばが食事の準備を全て整え,じじを呼ぶ。 じじが食卓の前に座ると「毎食、毎食,栄養のこととか色々考えて食事を作る。 有難いっち思いなさいよ!」とばば。 「偉っそう〜〜〜に」とじじ。 褒められたら頑張るタイプですから、ばばは。 笑 さて、我が家では、週に何回か同じ会話をしては,ふたりして爆笑している。 本当におバカな会話だけど、笑えるって,元気な証拠。 じじの体調が悪い時なんか、じじは痛みに耐え、ばばは心配で心配で ふたりとも笑う余裕なんか全然無かった。 じじの回復と共に、食事時は,女弁士こと、ばばが独演会をしたり ふたりで漫才したり。。。。。。 そんなことが当たり前だと思っていてはいけないんだよね。 家族の誰かが体調を崩したりしたら、あらためて健康であることのありがたさを痛感する。 もっと、もっと、自分の健康に気をつけ、更には,じじの健康管理のサポートもしなくちゃ! 平々凡々な日々に感謝しつつ。 そうそう、数日前、「捕り物?」のことを書いた。 夜のうちに、何者かが台所周辺や、ゴミ袋など荒らした跡があって 「ヤモリかなぁ?」と思っていたんだけど,一応罠を仕掛けたら 翌朝子ネズミが1匹かかっていて、「もう大丈夫」と思っていたんだけど じじが「ネズミ取り用の罠を仕掛けた後ろ辺りでゴソガサ音がしてたから もう1匹位いるかも」と言って,気にしつつ過ごしている。 2日前かな?たまたま米櫃を出してみたら、蓋の周辺が2箇所 見事に食いちぎられていた。 昨日、夕方になって、最初に仕掛けた罠を見たら、今度はヤモリが1匹かかっていた。 ヤモリは「家守」とも言うし、害虫とか食べてくれるから 罠にかからないで欲しかったのに・・・・ そして、今、ブログを書いているばばの頭の上辺りで ヤモリが「キッキッキッ・・・・」と鳴いている。 罠にかかったヤモリの家族かも知れないなぁ・・と思うと,胸が痛む。 まるで、ばばに抗議しているみたい。 まだ、何もかかっていない罠に餌だけ置いて、階段の下に仕掛けてあるが もし、明後日のゴミ出しまで何もかからなかったら 罠を廃棄しようと,じじと話している。 ネズミもまだ我が家の屋内にいるのかなぁ?とても気になる。 無駄な殺生はしたく無いんだよなぁ・・・・例え、ネズミでも。 ヤモリは、まだ天井裏にいるみたいだけど、仕方ないか、共存していこう。 トラックバック 0• 閲覧 407 トラックバック トラックバックpingアドレス• babachan 2020-5-30 15:10• 宝 2020-5-30 11:35• babachan 2020-5-29 15:36• 宝 2020-5-29 10:14• babachan 2020-5-28 15:00• 宝 2020-5-28 11:12• babachan 2020-5-27 19:38• 宝 2020-5-23 12:20• 岡崎眸 2019-1-15 21:12• 宝 2018-12-31 12:33• babachan 2018-12-30 20:48• 宝 2018-12-30 17:34• babachan 2018-8-5 14:35• 宝 2018-8-5 13:14• babachan 2018-8-4 21:04.

次の

PMP登山/御堂山(じじ岩ばば岩)

じじ ばば の るつぼ

左がばば岩、右がじじ岩。 実際目の当たりにすると、想像以上に巨大で、しばし呆然となる 硬質化した巨人の様なばば岩 チンコが勃起したまま硬質化したじじ岩 狭いリッジを渡ってばば岩の袂まで行けるが、到底登れない じじ岩の袂にも行けるがとても登れない 妖怪百目の様なたんす岩。 昨日の雨で非常に滑るので登れない 一応訪れた御堂山山頂(標高878M) 御堂山(じじ岩ばば岩) 2016年8月4日(木曜日) 上信道を下仁田インターで降り、国道254号線を佐久方面に向かうと、和美峠への分岐の少し手前に西牧関所跡がある。 ここを登ると本日の目的地・御堂山(みどうやま/標高878M)である。 登山者用の駐車場はないので、和美峠入口のバス停の観光案内看板の前にクルマを停める。 この駐車スペースのすぐ下を覗くと鏑(かぶら)川が流れているが、前日の豪雨のため轟轟と渦巻く泥流と化しており、クルマの足許の川岸が今にも抉られそうな勢いだった。 これから向かう登山道もそうだろうし、この日の目的でもある奇岩・じじ岩ばば岩も、さぞ足許が滑るだろうなということは容易に想像できた。 この年の関東の梅雨明けは平年より遅い7月28日だったが、その後も『梅雨明け十日』とはいかず、依然不安定な状態が続いている。 駐車スペースから100メートルほど歩いて関所の脇の道を入り、70メートルほどで御堂山登山口の標識のある林道の入口に着く。 以前は林道の終点までマイカーが入れたらしいが、最近のネット情報では入口に猪避けの電気柵が設けられているため、クルマはバス停付近に置くのが賢明らしい。 この日は電気柵は外されていたが、代わりにユンボが道幅いっぱいにデンと置かれていた。 これでは流石にクルマは入れない。 人が通るのがやっとである。 林道を20分ほど歩くと終点となり登山道になる。 石がゴロゴロしている歩き難い道で、草木が左右から頭上に覆い被さり、屈んでも尚、リュックが木に引っ掛かるので這うように歩かねばならない。 林道終点から20分ほどで滝に着いた。 落差は5メートルほどで、前日の雨のため水量が多く見栄えがある。 滝の右横の岩にロープがぶら下がっているので、それを掴んで登るのだが、岩は非常に滑る。 滝から15分で御堂山山頂とじじ岩ばば岩分岐の稜線に到着した。 取りあえず、この日の目的は山頂よりもじじ岩ばば岩である。 山頂に背を向け分岐から尾根筋を歩くが、樹木が鬱蒼としていて一向にその奇岩の気配すら見えてこない。 突如木々の間に空を蔽うような巨大な影が立ちはだかり、これがそうかと一気に昂揚するが、どうやらまだ違うようだ。 一旦巨岩の根元の右側を巻くように降りると、岩の上に申し訳程度に張り付いた土は脆く崩落しやすいうえ非常に滑る。 左を見上げれば大きな岩の壁で、迂回した道から再び岩の袂まで登ると、突然ふたつの岩塔が視界に飛び込んで来た。 鋭く天空を突く2本の槍を思わせるその異形は、写真で見るより圧倒的な大きさで、しばし呆然とする。 何だこれ? しばらくは未知との遭遇といった気分にさせられる。 行き止まりの展望台まで回り込むと、左のばば岩は人型にも見え、漫画『進撃の巨人』に登場する硬質化した巨人を彷彿させる。 右のじじ岩は人型とまでいかないが、頭があり、胴体の下の方には小さな突起物がある。 その反り具合から勃起した男根の様でもあり、勃起したまま硬質化したかと思うと何とも滑稽で物悲しい。 ふたつの岩の展望台となっているのが迂回してきたタンス岩である。 岩肌にいくつも開いた穴をタンスの引き出しに見立てているのだろうが、タンスというより妖怪百目と言った方がイメージが近い。 ばば岩じじ岩どちらもすぐ袂まで行けるが、特にばば岩は幅30センチ、長さ3メートルのナイフリッジ(刃の上を歩く様な狭い通路)を渡らねばならず、下を覗き込むと高さは50メートルほどもあり、濡れていてひどく滑るので、墜落死のリスクを鑑み、屈辱ではあるが、拷問具の三角木馬に跨るように股漕ぎで近づいた。 袂まで行っても到底これ以上登れないので、見上げるだけ見上げて、敗北の股漕ぎで引き返し、じじ岩の袂にも行ってみる。 これも登れない。 せめてタンス岩ならとも思ったが、非常に滑るのでこれも諦めた。 分岐まで引き返し、御堂山山頂へ向かう。 山頂は暗く鬱蒼として最早どうでもいいのだが、15分休憩して元来た道を引き返した。 クルマに戻って靴下を履き替えようとしたら両足が血まみれになっていた。 ギョッとして靴下を脱いでみると、アキレス腱のところに黒いアメーバ状のものがへばりついていた。 血だった。 血が固まり切らずゼリー状になっていた。 両足とも同様だった。 痛みはまったくなく、まったく気付かなかったが、これは山蛭の仕業である。 その姿は既になく、ゼリーを剥がすと左足にひとつ、右足には二つ穴が開いていた。 前回の蜂刺されに続いての遭難である。 拭いても拭いても血が止まらない。 山蛭は吸血の際、血液凝固を阻害するヒルジンと、血管を拡張するヒスタミンを注入するという。 ポイズンリムーバーでこれらを吸引除去すれば早く止血できるそうだが、生憎この時この知識を持ち合わせていなかった。 山蛭は人の歩く振動や体温を感知して足許から取憑くとされ、木の上から落ちてくるというのは都市伝説らしい。 雨上がりのビシャビシャした登山道は恰好の山蛭コースだった訳である。 藪歩きということで、ダニ避けのトマトスプレーは掛けたのだが、蛭にはまったく効果がなかった。 バンドエイドで止血し、止まったのは夜になってからだった。 しばらくは痛みも痒みもなかったが、一週間経つと突如痒くなり、遅ればせながらステロイド剤を塗った。 All Rights Reserved.

次の