お金 借りる 学生 無職。 完全失業者の無職がお金を借りる方法

無職がお金を借りるなら?ニート・失業中でも100%借り入れできる方法

お金 借りる 学生 無職

無職の人は、買い物や外食はおろか、生活費のやりくりだけでも大変になります。 両親や知人からお金を借りられず、金融機関からの借入を検討しても「無職だから審査に通らない」と途方に暮れてしまう人も多いでしょう。 しかし、無職でもお金を借りる方法は存在します。 無職となっている状況にもよりますが、無収入でも金融機関や公的機関から融資を受ける方法があります。 当記事では、 「無職でもお金を借りる方法は存在する」というテーマで解説していきます。 無職でお金を借りたい人は、ぜひ参考にしてください。 ただし、カードローンやクレジットカードで借り入れする場合、借入金を返済する義務が発生します。 お金を借りる方法を探す無職の人は、必ず返済計画を立てたうえで、無理のない範囲内での利用を検討しましょう。 勤務先が無くても定期的な収入があればカードローンを利用できる 審査で重視されるのは返済能力なので、 現在勤務先が無くても定期的な収入のある人なら、アコムなどのカードローンを利用できる可能性があります。 勤務先が無くても返済能力があると判断されるのは、次のようなケースです。 【勤務先が無くても返済能力を認められるケース】• 不動産による収入がある• 転売やネットビジネスで収入がある 不動産収入のある人は、入居者や駐車場の利用者がいれば毎月収入が得られますので、返済能力があるとみなされます。 また、転売やネットビジネスで収入がある場合は、事業収入を年収としてカードローンの申し込みができます。 ただし、事業収入を申告する場合、 安定した収入があるのを証明するために、カードローン審査時に確定申告書の提出が必要になります。 そのため、確定申告をしていない人や、副業を始めて1年未満の人はカードローンを利用できません。 自分の状況でも金融機関からお金を借りられるか判断する 無職の人は、自分の状況でも金融機関からお金を借りられるのかを判断する必要があります。 まずは、無職の分類を表にしたので確認してみましょう。 【無職の種類と金融機関からの借入について】 無職の種類 金融機関からの借入 ニート 借入不可(金融機関・公的機関ともに借入不可) 学生 条件付きで借入可能(銀行・労働金庫から借入可能) 専業主婦 借入不可(金融機関・公的機関ともに借入不可) 年金受給者 借入不可(公的機関の制度であれば借入可能) 失業者 借入不可(公的機関の支援制度であれば可能性あり) 無職とされているのは、「ニート」「(アルバイトによる収入がない)学生」「(パートによる収入がない)専業主婦」「年金受給者」「失業者」です。 これらに当てはまる無職の人は、金融機関からお金を借りられるのかを判断した後、自分の条件に併せて借入先を決めましょう。 それでは、それぞれの項目について詳しく解説していきます。 無職のニートはクレジットカードを発行する 無職のニートでも、クレジットカードの発行が可能な場合があります。 クレジットカードを発行するだけではお金を借りられませんが、 ショッピング枠を利用して買い物は可能です。 ニートはもちろん、 学生や専業主婦の人は、自分自身に収入が無くても世帯年収で審査がされますので、クレジットカードを作れる可能性があります。 一方、一人暮らしの失業者の人は返済能力が無いとみなされるので、クレジットカード発行は不可能です。 家族カードならキャッシング機能を利用できる場合がある ご家族にクレジットカードをお持ちの方がいれば、そのクレジットカードの家族カードを発行し、キャッシング枠を付帯できる可能性があります。 家族カードとは、安定した収入のある本会員(最初にクレジットカードを契約した人)がいれば、その家族もクレジットカードを発行できるサービスのことです。 なお、家族カードの主契約者は本会員となるため、本会員がクレジットカード審査に通過していれば、本会員の家族の審査が行われない場合があります。 そのため、家族カードであれば、収入のないニートの人でも発行できる可能性があります。 そして、対応していたら ご家族の方に「キャッシング枠を付帯して家族カードを発行してほしい」という旨を正直に伝えてください。 ご家族の了承が得られれば、家族カードのキャッシング枠を利用できます。 ただし、 家族カードのキャッシング枠で借りたお金には返済義務があるため、必ずご家族と相談したうえで利用を検討してください。 なお、家族カードについては、で詳しく解説しています。 収入のない学生は内定者向けローンなら申し込める 銀行や労働金庫(通称:ろうきん)が取り扱っている内定者向けローンなら、就職先さえ決まっていれば、収入のない無職扱いの学生でもお金を借りられる可能性があります。 内定者向けローンとは、その名の通り、就職先が決まった人だけが利用できる内定者専用ローンのことです。 なお、銀行や労働金庫は、「就職内定者向けローン」や「新卒予定者応援ローン」といった名称で商品展開しています。 内定者向けローンを取り扱っている金融機関は、下記の通りです。 (1)お申込み時年齢が満20歳以上30歳未満の方。 (2)内定が証明できる書類(内定通知書等)をご提出いただける方。 (3)(株)セディナの保証が受けられる方。 新潟労働金庫「就職内定者向けローン」 新潟県内に居住し、企業等から就職内定を受けた新卒内定者で、新潟県内に勤務する見込みの18歳以上30歳未満の方。 静岡労働金庫「就職内定者向けローン」 静岡県内に居住、もしくは静岡県内の企業への内定が決まった、新卒内定者で、かつ満18歳以上30歳未満の方。 ・日信協保証の場合:親権者の同意が必要です。 ・セディナ保証の場合:連帯保証人が必要です。 東京信用金庫「しんきんカーライフプラン」 ・満20歳以上、完済時満70歳以下で安定継続した収入がある方。 ・一般社団法人しんきん保証基金の保証を受けられる方。 ・当金庫の会員、または会員資格を有する方。 (当金庫営業地区(東京都・埼玉県の一部)にお住まい、またはお勤めの方)。 武蔵野銀行「新卒予定者応援ローン ROOKIE」 ・ご融資時の年齢が満20歳以上満30歳以下、完済時の年齢が満35歳以下の方。 ・ご融資時の年齢が満20歳以上満30歳以下、完済時の年齢が満35歳以下の方。 ・大学・短期大学・大学院・専門学校等を卒業予定で、翌年4月の就職が内定している新卒者の方。 ・就職後、埼玉県内または東京都内に勤務先もしくは自宅がある方。 ・過去に延滞等の事故がなく、当行の指定する保証会社の保証が得られる方。 内定者向けローンは、生活費だけでなく、卒業旅行の資金や運転免許証の取得費用にも充てられます。 そのため、内定者向けローンはお金に困っている学生にとって、利便性の高いローン商品と言えるでしょう。 ただし、 申込者の居住地と勤務予定地によっては、内定者ローンを利用できないため注意が必要です。 なぜなら、内定者向けローンを取り扱っている金融機関は、地方に拠点を持っている場合が多いからです。 たとえば、静岡労働金庫の内定者向けローンには、「静岡県内に居住もしくは静岡県内の企業への内定が決まった新卒内定者」という貸付条件があります。 地域に密着している地方銀行や労働金庫は、その土地にゆかりのある申込者にのみ、融資を行う傾向があるのです。 そのため、 内定者向けローンを利用したい人は、まずは居住している地域(または就職先の地域)にある地方銀行や労働金庫の公式サイトにアクセスし、自分でも借入できるのかを確認しましょう。 収入のない学生は学生ローンを利用できない 収入のない学生のなかには、「学生ローンなら自分でもお金を借りられるのではないか」と考える人がいます。 しかし、 収入のない学生は無職扱いとなるため、残念ながら学生ローンでお金を借りることができません。 学生ローンとは、学生を対象に融資を行う貸金業者のことです。 そして、消費者金融などの貸金業者は、貸倒れのリスクを避けるために、安定した収入がある人にのみ融資を行っています。 つまり、学生ローンは学生を対象に融資を行っていますが、中身は貸金業務を行う消費者金融と変わらないため、 日本学生支援機構にある奨学金のように、無職・無収入でもお金を借りられるわけではないのです。 そのため、 就職先が決まっておらず、収入のない学生は、金融機関や公的機関ではなく、親や親族からお金を借りる方法を検討しましょう。 親や親族であれば、未成年者でもお金を借りられるだけでなく、親権者の同意書も必要ありません。 なお、収入のない学生がお金を借りる方法については、でも詳しく解説しているので参考にしてください。 収入のない専業主婦にはカードローンの利用をおすすめしない 収入のない専業主婦は、消費者金融や銀行のカードローンを探すのは止めましょう。 配偶者に安定した収入があっても、申込者本人に収入がない専業主婦がお金を借りられる大手のカードローンが存在しないからです。 たとえば、消費者金融では貸金業法で定められている総量規制の関係から、収入がない専業主婦は借入することができません。 一部の中小消費者金融では配偶者貸付を認めている場合がありますが、高金利であることから、利用すると借入後の返済に苦しむ可能性が高いです。 なお、銀行カードローンは銀行法が適用される関係上、法律的には専業主婦でもお金を借りることができます。 しかし、2018年に金融庁から過剰融資を指摘されたため、大手の銀行では収入がない専業主婦への融資を自主規制しています。 実際、大手の銀行カードローンでは、配偶者に安定継続した収入があったとしても、専業主婦を融資対象として認めていません。 【専業主婦を融資対象者として認めている銀行カードローン】 銀行カードローン名 専業主婦の借入 三井住友銀行カードローン 借入不可 三菱UFJ銀行カードローン 借入不可 みずほ銀行カードローン 借入不可 りそな銀行カードローン 借入不可 楽天銀行カードローン 借入不可 イオン銀行カードローン 借入不可 住信SBIネット銀行 MR. カードローン 借入不可 auじぶん銀行カードローン 借入不可 三大メガバンク(三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行)のカードローン商品は、専業主婦に融資を行っていません。 さらに、りそな銀行カードローンも融資を行っていないため、 専業主婦は都市銀行のカードローン商品からお金を借りることができないということになります。 また、 楽天銀行カードローンやイオン銀行カードローンなどのネット銀行でも、専業主婦は融資対象として認められていません。 そのため、収入のない専業主婦がお金を借りる場合は、カードローンではなく、質屋や生命保険契約者貸付制度の利用を検討してください。 収入のないシングルマザーは母子父子寡婦福祉資金貸付金制度を利用できる 収入のないシングルマザーは、各都道府県の指名都市や中核市の母子父子寡婦福祉資金貸付金制度を利用できます。 収入のないシングルマザーは無職となるため、銀行や消費者金融などの金融機関から借入ができず、公的機関の貸付制度を利用することになります。 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度とは、母子(父子)家庭や寡婦の方に対し、経済的自立や子どもの福祉向上を図るため、必要な資金を貸付けする制度のことです。 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度であれば、銀行や消費者金融よりも良い条件でお金を借りられます。 たとえば、各金融機関と母子父子寡婦福祉資金貸付金制度では、平均金利に大きな差があります。 【各金融機関と母子父子寡婦福祉資金貸付金制度の平均金利】 借入先 平均金利 銀行カードローン 年2. 0%~年14. 0%程度 消費者金融カードローン 年3. 0%~年18. 0%程度 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度 無利子または年1. あくまでも目安程度にお考えください。 保証人の有無によっても異なりますが、 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度であれば、お住まいの地域によっては無利子でお金を借りることが可能です。 さらに、返済のペースを担当者に相談しながら決められるため、無理のない返済計画を立てられます。 ただし、母子父子寡婦福祉資金貸付金制度を利用するには、指名都市や中核市が定める貸付条件を満たしている必要があります。 また、各市児童福祉所管課や保健福祉事務所にある相談窓口に出向き、担当者との対面による審査に通らなければなりません。 そのため、 まずは「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度 〇〇(地域名)」でインターネット検索を行い、市役所や区役所の公式サイトにアクセスしましょう。 公式サイトから担当者に連絡すれば、母子父子寡婦福祉資金貸付金制度の詳細を教えてもらえます。 年金受給者は金融機関からの借入はできない 年金受給者の人も、カードローンなど金融機関からの借入はできません。 なぜなら、銀行や消費者金融の多くは、年金を収入として認めていないからです。 たとえば、銀行カードローンや消費者金融カードローンの貸付条件には、貸倒れのリスクを避けるために「安定した収入がある方」と記載されています。 つまり、銀行や消費者金融の多くは、年金収入のみの年金受給者を安定した収入がある方とは認めておらず、貸付けを行わない傾向があるのです。 とくにカードローン会社は、年金生活者に対し、無職と同等の返済能力であると判断してしまいます。 年金担保融資も利用はしない 収入が年金のみである年金受給者は、独立行政法人福祉医療機構や日本政策金融公庫が行っている年金担保貸付制度(通称:年金担保融資)ならば利用は可能です。 wam. jfc. 年金担保融資を利用するには、独立行政法人福祉医療機構や日本政策金融公庫がそれぞれ定める申込条件を満たしている必要があります。 さらに、独立行政法人福祉医療機構と日本政策金融公庫の年金担保融資では、申込時に必要となる書類が異なります。 とはいえ、年金受給者の人が年金担保融資を使うのは推奨できません。 なぜならば、 年金を担保にして借り入れをしてしまうと、将来的に生活が破城する恐れがあるからです。 年金のみを生活費にしてお金が足りていないということは、その上で借入をしても返済が不可能ということになります。 そのため、年金担保融資をしても返済と利息負担がかかっていくため、借り入れした後は生活がより苦しくなります。 もし年金生活でお金が足らないようでしたら、まずは家族や親せきに相談をしてみてください。 年金以外の収入がある人ならカードローンに申し込める 年金以外に収入を得ている人であれば、年金受給者であってもお金を借りられる可能性があります。 年金は収入として認められませんが、 年金以外の収入を得ている人であれば返済能力を認められ、銀行や消費者金融の融資対象になるからです。 たとえば、三大メガバンク(三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行)のカードローン商品であっても、年金以外に安定した収入がある人なら融資対象者として認められる可能性があります。 なお、年金担保融資と銀行カードローンのどちらを利用するか迷っている年金生活者は、それぞれの特徴から判断し、選択することをおすすめします。 【銀行カードローンと年金担保融資の特徴】 借入先 金利 融資を受けるまでの時間 銀行カードローン 年2. 0%~年14. 0%程度 1週間程度 年金担保融資 年2. あくまでも目安程度にお考えください。 年金担保融資は低金利でお金を借りられますが、融資を受けるまでに1か月程度かかる傾向があります。 また、銀行カードローンは1週間程度でお金を借りられますが、年14. 0%の金利に設定される可能性が高いです。 そのため、年金以外に収入を得ている人は、 「金利を重視するなら年金担保融資」「融資速度を重視するなら銀行カードローン」というように、申込者の条件に併せて選択すると良いでしょう。 ただし、カードローンには申込資格に年齢制限があります。 多くの場合は65歳までが申し込み可能で、それを越すと利用できないので注意が必要です。 収入のない失業者は生活福祉資金貸付制度を利用する 失業者は銀行や消費者金融などの金融機関ではなく、厚生労働省が管轄している生活福祉資金貸付制度を利用しましょう。 なぜなら、失業者は申込者本人に収入がない無職となるため、銀行や大手消費者金融のカードローン審査に通らないからです。 生活福祉資金貸付制度とは、所得の少ない世帯や障害者・介護を要する高齢者のいる世帯に対し、その世帯の生活の安定と経済的自立を図ることを目的としており、無利子また低利子で資金の貸付けを行う制度のことです。 また、生活福祉資金貸付制度は申請者の状況によって、以下の種類に振り分けられます。 【生活福祉資金貸付制度の種類】 名称 利用対象 総合支援資金 失業などが原因となり、日常生活全般に困難を抱えた世帯の生活の立て直しのために、継続的な相談支援と生活費および一時的な資金が必要である低所得の世帯。 福祉資金・教育支援資金 進学のための資金など、具体的な資金の工面が困難である低所得の世帯。 緊急小口資金 医療費の支払いや給与の盗難・紛失など、緊急かつ一時的に生計の維持が困難となっている低所得の世帯。 不動産担保型生活資金 現在お住まいの自己所有の不動産(土地・建物)に、将来に渡って住み続けることを希望する低所得の高齢者世帯。 生活福祉資金貸付制度は、申請者の状況によって利用する種類が異なり、それに応じて借入できる金額や必要書類なども違ってきます。 また、生活福祉資金貸付制度を利用するには、市区町村の社会福祉協議会が定める審査に通る必要があります。 そのため、 生活福祉資金貸付制度を利用したい失業者は、まずはお住まいにある市区町村の社会福祉協議会に連絡しましょう。 インターネット上から 「社会福祉協議会 〇〇(地域名)」と検索することで、お住まいにある社会福祉協議会の公式サイトにアクセスできます。 社会福祉協議会の公式サイトには、生活福祉資金貸付制度に関する問い合わせ先が用意されています。 問い合わせ先から担当者に連絡すれば、利用する生活福祉資金貸付制度の種類や必要書類、審査についての詳細を尋ねることができます。 なお、生活福祉資金貸付制度については、でも詳しく解説しているので参考にしてください。 生活福祉資金貸付制度を利用できない人 その他の公的制度を利用できる人は、生活福祉資金貸付制度を利用できない可能性があります。 【生活福祉資金貸付制度よりも優先される公的制度】 公的制度 概要 申請先 生活保護制度 貧しく生活が苦しい家庭に対し、必要最低限の生活を保障する制度 市区町村の福祉課・福祉事務所 失業保険(雇用保険の基本手当) 失業者に対し、一定のお金を支給する制度 ハローワーク 傷病手当金 病気や怪我で働くのが難しい人に対し、一定の手当金を支給する制度 加入している保険の窓口 高額療養費制度 ひと月に支払った医療費が一定額を超えた人に対し、超えた分を返還してもらえる制度 加入している保険の窓口 住宅支援給付金 失業者に対し、家賃補助のお金を貸付けする制度 市区町村の福祉課・福祉事務所 奨学金制度 経済的な理由で進学が難しい学生に対し、無利息または低利息で学費を貸付けする制度 ・日本学生支援機構(JASSO) ・奨学金制度がある学校法人 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度 母子家庭や父子家庭に対し、無利息または低利息でお金を貸付けする制度 市区町村の福祉課・福祉事務所 「生活保護制度」「失業保険」「傷病手当金」「高額療養費制度」「住宅支援給付金」「奨学金制度」「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」を受けられる人は、担当者から「生活福祉資金貸付制度よりもそちらを優先してください」と促される場合があります。 たとえば、失業保険を受けられる失業者が、給付金を受けずに生活福祉資金貸付制度に申請した場合、社会福祉協議会の職員から「まずはハローワークで失業保険の手続きを行ってください」と言われるため、利用できない可能性が高いです。 生活福祉資金貸付制度以外の公的支援制度を利用していない人は、まずはお住まいにある市役所(区役所)の福祉課や福祉事務所に問い合わせを行い、自身が利用できる公的制度を確認しましょう。 なお、インターネット上から「福祉課(または福祉事務所) 〇〇(地域名)」と検索すれば、各市区町村にある役場の公式サイトにアクセスし、問い合わせ先を確認することができます。 臨時特例つなぎ資金貸付制度を併用すれば生活費を工面できる 生活福祉資金貸付制度を利用したい失業者は、併せて臨時特例つなぎ資金貸付制度も申請しましょう。 というのも、 生活福祉資金貸付制度の貸付金の交付を受けるには、最短でも1か月程度かかります。 失業者のなかには、明日の生活費もままならない方が多く、お金を借りるまでに1か月もかかってしまっては遅いのです。 しかし、臨時特例つなぎ資金貸付制度を利用すれば、生活福祉資金貸付制度の貸付金の交付を受ける前にお金を借りられるため、携帯代などの支払いが遅れることもありません。 なお、臨時特例つなぎ資金貸付制度の概要は、下記の通りです。 【臨時特例つなぎ資金貸付制度の概要】 臨時特例つなぎ資金貸付制度 概要 貸付対象者 住居のない離職者で、次のいずれかにも該当する方 ・離職者を支援するための公的給付制度又は公的貸付制度の申請を受理されている者であり、かつ当該給付等開始までの生活に困窮していること。 ・貸付けを受けようとする者の名義の金融機関の口座を有していること。 貸付限度額 10万円以内(一括で銀行口座に振り込みます) 貸付利子 無利子 償還方法 月賦(貸付金交付月の3か月後から10回以内) 「住居のない離職者である」「離職者を支援するための公的給付制度または公的貸付制度の申請を受理されている」という条件を満たしていない人は、臨時特例つなぎ資金貸付制度を利用できないため注意が必要です。 なお、「住居のない離職者である」「離職者を支援するための公的給付制度または公的貸付制度の申請を受理されている」という条件を満たしている人は、 生活福祉資金貸付制度の申請時に、担当者に臨時特例つなぎ資金貸付制度を受けたい旨を伝えましょう。 担当者に臨時特例つなぎ資金貸付制度を受けたい旨を伝えれば、利用の可否や手続きに関する説明があります。 なお、現在の日本には、 引きこもりやニートの方を対象にしている「生活困窮者自立支援制度」という公的支援制度があります。 生活困窮者自立支援制度とは、厚生労働省が管轄している自立に向けた支援を受けることができる制度のことです。 なお、生活困窮者自立支援制度では、次のような支援を受けられます。 生活困窮者自立支援制度 支援内容 自立相談支援事業 支援員と相談しながら支援プランを作成し、自立に向けた支援を受けられる。 就労準備支援事業 「社会との関わりに不安がある」「他の人とコミュニケーションが取れない」など、直ちに就労が困難な方に対し、一般就労に向けた基礎能力を養いながら就労に向けた支援や就労機会の提供を受けられる。 就労訓練事業 直ちに一般就労することが難しい方に対し、その方に合った作業機会を提供しながら、個別の就労支援プログラムに基づき、一般就労に向けた支援を中・長期的に受けられる。 一時生活支援事業 住居を持たない方またはネットカフェなどの不安定な住居形態にある方に対し、一定期間、宿泊場所や衣食の提供を受けられる。 働く意欲が沸かない引きこもりやニートの人は、無職でもお金を借りられる方法を探すのではなく、将来のことを考えて一歩を踏み出しましょう。 生活困窮者自立支援制度を受けたい人は、お住まいにある市区町村の相談窓口に相談してください。 なお、インターネット上から「生活困窮者自立支援制度 〇〇(地域名)」と検索すれば、お住まいにある生活困窮者自立支援制度についての詳細を知ることが可能です。 無職が金融機関以外からお金を借りる方法がある 「金融機関のローン審査が通らない」「生活が苦しいのに公的支援も受けられない」という無職の人は、金融機関以外でお金を借りる方法を選択しましょう。 金融機関以外の借入方法であれば、貸し手側が借り手側の返済能力を確認することがないため、無職の人でもお金を借りられます。 なお、無職が無審査でお金を借りる方法は、下記の通りです。 生命保険契約者貸付制度• 質屋 「生命保険契約者貸付制度」と「質屋」は、貸し手側が借り手側の返済能力を確かめることがないため、無職でもお金を借りることが可能です。 それでは、それぞれの項目について解説していきましょう。 生命保険契約者貸付制度 生命保険契約者貸付制度を利用すれば、無職の人でもお金を借りることができます。 なぜなら、 生命保険契約者貸付制度は生命保険という担保があるため、審査や信用情報の照会を受けずにお金を借りられるからです。 積立型の生命保険には「解約払戻金(解約返戻金)」というものがあり、この解約払戻金の範囲内であれば、お金を借りることが可能です。 さらに、生命保険契約者貸付制度は2. 5%~6. 0%という金利で、解約払戻金の7割~8割程度の融資を受けることができます。 また、生命保険契約者貸付制度では、返済期日が決まっておらず、最終的には死亡保険金額と相殺されます。 ただし、生活福祉資金貸付制度の借入額を長期間返済しない場合、利息が増えていくことで貸出限度額を超えてしまいます。 貸出限度額を超えた場合には、保険会社から返済案内が届き、そのまま放置していると生命保険の契約を解除されてしまうため注意が必要です。 なお、生命保険契約者貸付制度は生命保険を担保に融資を受ける方法となるため、積立型の生命保険に加入していない人は利用できません。 生命保険に加入している人は、自身が加入している保険会社に問い合わせを行い、生活福祉資金貸付制度の有無を確認しましょう。 質屋 質屋を利用すれば、無職の人でも質に入れるものがあればでお金を借りることができます。 なぜなら、金融機関や公的機関とは違い、質屋は品物を担保にお金を借りることになるからです。 質屋とは、品物を預ける代わりにお金を貸してくれる貸金業者のことです。 品物という担保があるため、万が一、借入額が返済できなかったとしても、預けていた品物を回収されるだけで済みます。 質屋は品物の価値や状態から融資の可否を判断しており、金融機関のようなキャッシング審査を行いません。 具体的には、 信用情報の確認を行わず、給与明細書などの収入証明書類の提出が不要であり、職場への電話連絡である在籍確認も行いません。 そのため、 質屋は返済能力のない無職の人だけでなく、金融事故を起こしたブラックの人でも利用できる借入手段となります。 なお、質屋からお金を借りるのに必要なものは、下記の通りです。 【質屋を利用するのに必要なもの】 必要なもの 詳細 身分証明書(本人確認書類) ・運転免許証 ・パスポート ・各種健康保険証 など 質入れする品物 ・グッチやアルマーニなどの財布 ・フランクミュラーやカルティエなどの腕時計 ・ソニー製品のヘッドフォンやパソコン など 質屋に質入れする品物は、価値が高いものであればあるほど、借入できる金額も高くなります。 また、箱付きや保証書付きの品物は保存状態が良好とされるため、高値で貸付けを行ってくれる可能性があります。 なお、 質屋でおすすめなのは、業界最大手の大黒屋です。 大黒屋は「メール査定」や「LINE査定」に対応しており、自宅にいながら査定額の目安を知ることが可能です。 無職でお金を借りたい人は、自宅にある不要なものを探し、大黒屋の公式サイトから品物の査定を行いましょう。 また、自宅に不要なものがない人は、親や友人から不要なものを譲り受けるのも方法のひとつなので覚えておきましょう。 FP監修者コメント 無職でどうしてもお金が必要な場合は、まずは働くことを考えてください。 働く=会社勤務ではなく、今は多様な働き方がありますので、ハンディがある方でも新しい働き方があるかもしれません。 また、60代前半の方は年金を繰り上げ受給するのも1つの方法です。 繰上げた期間に応じ年金額は減額され、その減額割合と一生付き合うことになりますので、事前にしっかり試算してください。

次の

お金借りる方法まとめ!即日・審査なし・どうしても借りたい人が絶対知っておくべき選択肢

お金 借りる 学生 無職

無職だけど即日でお金を借りたい!方法はある? 「お金を借りたい!無職でもお金を借りれる所はないの?」 無職でもお金を借りる方法があるのか。 さすがに無職ではお金を貸してくれないのではないか、と考えるのが普通です。 でもちょっと待ってみてください。 無職と言ってもいろいろタイプがありますよね。 この条件によっては 無職でもお金を借りることができるのです。 無職の人がお金を借りることはできるのか解説しています。 無職とはどういう状況を指すのか。 またそれぞれの無職の状況によってお金を借りる方法が違ってきます。 一緒に見ていきましょう。 — 銭ラボ お金を借りるラボ okanekarirulob 無職の状況によってはお金借りることが可能 先に確認しておきますが、 無職にはパートやアルバイト収入のある人は該当しません。 しかし収入があっても継続安定していなければ定職についていないことになりますから、無職のカテゴリに含まれることになります。 よって 気が向いた時に短期アルバイトをする人や、日雇いのアルバイトをする人は無職と見なされます。 他にも無職のカテゴリを以下のように分類してみました。 余計なお世話かもしれませんが親はいつまでも生きているわけではありません。 将来が全く見えない、いつどうなるかわからない不安定な無職です。 無職だが株式投資やFXで収入を得ている人 開業届を出さずに株式投資やFXで収入を得ている人も、投資は職業には該当しませんのでやはり無職とカテゴライズされます。 カリスマ的な才能があって順調に収入を得ることができるのであれば、 とりあえずお金に困るということはない無職です。 しかし投資才能がなければ日々の生活さえ稼ぐことは難しいのが現状。 株価の変動や為替の変動についていけないと、あっという間に無一文になってしまう人が多いので注意しましょう。 無職で転職中の人 ただし失業中でも安定したアルバイト収入があれば、その勤務先と収入を記載して申込できるカードローンがあります。 例を挙げれば「みずほ銀行」のカードローンや「アコム」「プロミス」の消費者金融系カードローンはアルバイトでも申し込みができます。 無職でも借入できる生活福祉資金貸付制度とは また、 無職でもお金を借りる方法として、 「生活福祉資金貸付制度」があります。 これは各都道府県にある「社会福祉協議会」という公共機関が 「低所得で民間のカードローンも申込できない人」を対象に、低金利で融資をする制度です。 融資の種類は 「医療費」「教育費」等色々ありますが、求職中の方でしたら以下の制度が使えます。 支援金を受け取るためには失業給付金の受給資格があって、失業給付金の支給が終わり、なおかつ求職活動を続けている人に対して職業訓練などを受けさせ、はじめて生活していくための資金を受給できるのです。 引きこもりやニートではそもそも失業給付金の受給資格を持っていません。 また、ハローワークに泣きついてもお金の支援を受けることは不可能です。 失業給付金の受給資格を得るためには引きこもりやニートから脱却し、パートやアルバイトで稼ぐことが必要になります。 株式投資やFXをしている無職がお金を借りる方法は? 個人投資家と言えば聞こえがいいですが、 現実的に投資活動だけで生活をしているというのはほんのひと握りの人だけです。 ほとんどの人は勝ったり負けたりの連続で、トータルすれば負けていることの方が多いのではありませんか?• 専業主婦(主夫)で、銀行からお金は借りたいけど家族にばれたくないという人もいるかと思いますが、結論から言うと、家族にはばれずに借入もできます。 主婦の人がカードローンを申込む時に、配偶者の収入と勤務先を記載する欄はありますが、借入金額が30万円程度までなら配偶者を保証人にする必要もありません。 また、配偶者の勤務先に在籍確認の連絡をすることもありません。 なお、可能であれば返済明細等の郵便物は実家に郵送してもらうようにしましょう。 また、セールスの電話は必要ないと初めから言っておくことも大事です。 万が一もし返済が滞ったら、自宅に電話される可能性もあります。 最悪回収係が訪問するといったこともありえますので注意しましょう。 学生さんは無職でもお金を借りることは可能 消費者金融業者は 総量規制に基づいて利用限度額を決めているので、収入がない人にはお金を貸すことができないからです。 銀行カードローンなら収入がなくてもお金を借りることは可能ですが、親権者の同意が必要となることが一般的です。 その時は、親の自署・捺印が必要となりますので、親にバレないで借りることはできないでしょう。 年金収入だけの無職が即日でお金借りる方法は 貸金業法的には年金収入は継続安定した収入として認められているのですが、なぜか年金収入だけではカードローン契約をしてくれる金融機関は少ないです。 消費者金融業者をはじめ、 銀行でも無職の年金受給者に対する貸付を積極的に行っているところは少ないです。 確かに年金収入しかない方には貸付を行っていない金融機関が多いのですが、 いくつかの銀行では年金収入だけで借り入れが可能なのです。 ただし、 将来の生活費を削るだけなので、本当に緊急の場合や末期医療費等のみに利用される事をお勧めします。 また、多くのカードローンは申込可能年齢が65歳(一般的な定年)までですが、自営業なら70歳近くまで申込できるものもあります。 少額でしたら確定申告の控えは提出しなくてよいので、事業者カードローンを検討してみてはいかがでしょうか。 無職が、キャッシング・カードローンを利用する方法は? 無職だとキャッシング・カードローンの申し込みはできませんが、パート、アルバイト、契約社員なら、申し込みは可能です。 ただし、審査通過できるかどうか、通過したとしても希望する借入額を借りられるかどうかは、収入状態や他社借入状況など 個人の属性情報、信用情報によります。 自分は無職と人のなかに、実際はアルバイトをして生計を立てているフリーターの人もいるかもしれません。 そのような人は、フリーターとして、アルバイト先を勤務先として消費者金融に申し込みをしましょう。 実際に収入源があるというだけでも、申し込みは可能になります。 パートやアルバイトもまったくしていないという無職の人は、本末転倒な解決策かもしれませんが、パートやアルバイトを始めることや、派遣会社へ登録することをおすすめします。 お金貸します掲示板は無職にも即日融資してくれる? 要注意!極甘審査や無職でも即日融資可能という貸金業者には気をつけよう 無職でもお金を借りることができる、 即日融資可能とうたっている金融業者が多数存在していますが、本当に無職でも即日審査でお金を借りることができるのでしょうか。 インターネットでお金借りるところを探していると 「お金貸します」という人が多く集まる掲示板や 「極甘審査」なる言葉を見るかもしれません。

次の

無職でもお金を借りる7つの方法

お金 借りる 学生 無職

リストラや退職などで収入が途絶えると、生活をしていくだけでも精一杯になりますよね。 そういうときにはお金を借りたいところですが、一般的には収入のない人にお金を貸してくれる金融業者はありません。 無職はみんなお金を借りられないの?• どうしてもお金が必要になったらどうすればいい?• 働いていることにして借りることは出来ない?• これから無職になるけど準備しておいたほうがいいことはある? 金融業者が簡単には貸してくれないとなると、いろいろと不安になってくるかと思います。 ここではそんな不安を解消するために、上記のような疑問を一つひとつ解消していきます。 無職でもお金を借りる方法を分かりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。 無職の定義と分類 無職でもお金を借りる方法を紹介する前に、そもそも無職というのがどういう状態なのかについて、その定義付けをすることから始めましょう。 基本的な考え方としては「定職や仕事がない状態」のことを示します。 学生の場合は大きな枠ではこれに含まれますが、職に就く前の準備期間だと考えると、通常は除外されます。 は、判断が難しいところで、金融業者によって判断が違います。 正確な定義はありませんが、下記のように呼ばれている人が無職に分類されます。 失業者:リストラや自主退社によって仕事を失った人• 求職者:仕事に就くための活動をしている人• 内定者:就職先は決まったけど、まだ働き始めていない人• 年金受給者:仕事をせずに年金と貯蓄だけで生活している人、定年退職者とも呼ばれる• 専業主婦:結婚して家事に専念している人• ニート:就職もせず教育も受けていない15~34歳までの若年無業者• プー太郎:働かず遊び回っている人 いずれも共通しているのが、労働による収入がないということです。 年金受給者はまとまった額の収入がありますが、それでも労働収入ではありません。 このため、無職として分類されることもあります。 カードローン契約ができる無職とできない無職 無職はカードローンの利用ができないとされています。 それでも仕事をしていない人すべて、融資を断られるかというとそうではありません。 例えば年金受給者や専業主婦、内定者であれば利用できるカードローン商品もあります。 代表的なカードローン商品で、それらの立場の人が利用できるかどうか見ていきましょう。 最新の情報は各銀行の公式ページでご確認ください。 どの金融業者も年金受給者に対しては、収入がある人だとみなしてもらえるようです。 ただし、カードローンを契約できる年齢があります。 例えばみずほ銀行カードローンは、年金収入があっても66歳未満までしか利用できないように設定されていますので、実際に年金受給者で利用できるのはかなり限られた人だけです。 専業主婦に関しては、金融業者によって判断が違います。 配偶者に安定収入がある場合には融資可能とする金融業者がある一方で、無収入には変わりないとして融資対象としていない金融業者もあります。 内定者はとても判断が難しいところです。 専業主婦と同様に、金融業者によってはお金を貸してくれることもありますが、ホームページなどに明記されていません。 公務員や一部上場企業に内定しているなら借りられる可能性がありますが、中小企業なら審査を通過しないかもしれません。 ケースバイケースで違うと考えておきましょう。 また、東京都民銀行のように「大学卒業予定者ローン」が用意されていることもあります。 種類はそれほど多くありませんが、ということだけでも覚えておきましょう。 無職がお金を借りる方法 上記のような立場でないかぎり、無職の人はカードローンの申し込みをすることができません。 でも収入がないからこそお金が必要ですよね。 そんなときに、どこからどうやって借りればいいのかについて説明します。 親や知人から借りる 最もシンプルな考え方としては、親や家族を頼るという方法です。 困ったときに支え合えるのが家族です。 親子の関係があまりよくない場合はなかなか切り出しにくいかもしれませんが、金融業者から借りられないなら、背に腹は代えられません。 思い切って相談してみましょう。 親や家族から借りられない場合は、友人という選択肢もあります。 ただし、これは人間関係が悪化するリスクもありますので、本当に信頼できる人にお願いするか、どこからも借りられなくなったときの最後の手段としてお願いするようにしましょう。 クレジットカードのキャッシング 無職になるとカードローンもクレジットカードも審査落ちしますが、これまで持っていたクレジットカードが没収されることはありません。 もしすでに持っているクレジットカードにキャッシング枠があるなら、そちらを利用しましょう。 借りられる額はあまり多くはありませんが、審査もなくすぐにお金を借りることができます。 ただし、金利は高めですので繰り上げ返済などを使ってすぐに完済するように心がけてください。 意外と知られていませんが、生命保険の多くが「契約者貸付制度」というものを利用できます。 これはお金が必要になったときに、生命保険を解約することなく、解約返戻金の範囲内でお金を借りることができる制度です。 少し複雑な制度ですので、もう少し噛み砕いて説明します。 生命保険のうち、満期になると返金が発生する商品があります。 終身保険や養老保険、個人年金保険などがこれにあたります。 この返金は満期でなくても、契約中の解約でも解約返戻金として積み立てた額を返金してもらえます。 このため、お金に困った人は保険を解約して、解約返戻金を使って借金の返済などに充てます。 ところが、保険は解約していますので、また保険に加入しようとすると年齢の関係で月々の支払額が大きくなってしまいます。 それはもったいないということで、保険会社は解約をせずに解約返戻金分までの融資をしてくれます。 そもそも契約者に返すお金ですので、保険会社にしてみればリスクはまったくありません。 このため契約者は低金利で保険会社からお金を貸してもらえます。 カードローンと違って、満期までに返済をすればいいため、返済に追われることもありません。 審査もなく、確実に借りることができるというのも大きなメリットです。 最短当日でお金を借りることができますので、保険に加入している人は契約者貸付制度も検討してください。 総合支援資金貸付制度で借りる 家族も友人も頼れず、クレジットカードもない。 さらには保険にも加入していないという場合には、総合支援資金貸付制度の利用相談をしてみましょう。 総合支援資金貸付制度は、失業によって日常生活が難しくなった人を支えるための制度です。 ハローワークを通じて求職活動を行うことを前提に、単身世帯は月15万円、2人世帯以上で20万円まで借りることができます。 この他に、住宅入居費として40万円、教育支援費や一時生活再建費などでもお金を貸してもらえます。 同じようなにがありますが、生活保護との違いは、借りたお金を返さなくてはいけないということと、あくまでも自立することが前提だということです。 どこからも借りることができない人は、地域の市町村社会福祉協議会で相談してみましょう。 どこが該当するのか分からない場合は、市役所に問い合わせてみてください。 実際には働いていないのに、適当に企業名や情報を入れておけば、審査で有利になるかもしれない。 そんな期待があるかもしれませんが、これは絶対にやめてください。 カードローンの審査には原則として在籍確認というものがあります。 これは申告された勤務先に電話をかけて、本当に在籍しているのかどうかをチェックするものです。 記載した場所に電話がかかりますので、。 これならば大丈夫と思うかもしれませんが、金融業者はアリバイ会社の存在を把握しています。 名前と電話番号だけでバレてしまう可能性があります。 そのときバレなくても、後々発覚してしまうと強制解約をされて一括返済を求められます。 とてもリスクが高い方法ですので、アリバイ会社の利用は避けるようにしましょう。 派遣登録だけする、開業届だけ出す手法は有効? 上記のような虚偽の申告はリスクも高く、成功する可能性もほとんどありません。 それでは、派遣会社に登録したり、として開業届を出したりするというのはどうでしょう? まず派遣会社ですが、派遣会社に登録しただけでは契約にならないため社員という扱いにはなりません。 派遣先で働いて、初めて派遣会社の社員ということになりますので、登録だけしたのでは意味がないと考えてください。 また、開業届を出して個人事業主になるというのも、立場としては若干有利になりますが、そもそも個人事業主というのはカードローンなどの審査に通りにくい属性ですので、あまり効果は期待できません。 いずれの場合にも、金融業者によっては収入証明書類の提出を求められることもありますので、そうなると、どちらも確実に審査落ちとなります。 むしろ悪質と判断されて二度と融資を受けられなくなる可能性もあります。 形だけ働いている状態を作り出すという方法に対しては、すでに金融業者が対策をしていますので、無駄なことはしないようにしましょう。 職を失う前にしておくべきこと どんな立場でも無職になるとお金を借りるのは簡単ではありません。 このため、離職する前にお金に困らないようにするための準備をしておきましょう。 仕事を失う前にしておくことは次の2点です。 半年分の年収額を貯金しておく• カードローンの契約をしておく まず、何と言っても重要なのがお金を貯めておくということです。 どれくらい貯めなくてはいけないのかは、退職後の生活にもよりますが、少なくとも年収の半分くらいは貯めておきたいところです。 それくらいないと、思わぬ出費に対応することができません。 失業保険や退職金などもあると思いますが、それらは別に考えておきましょう。 特に退職金は思ったよりももらえないということも考えられます。 あてにせずに、きちんと自分で貯金をしておいてください。 また、カードローンの契約をしておくというのもリスク管理のひとつです。 無職だから契約できないのであって、会社員時代に契約しておくことには何の問題もありません。 しかも契約するだけであればお金もかかりません。 いざというときにお金を借りられる状態にあるというだけでも、精神的にゆとりができます。 仕事を辞めると決めたときに、低金利で使い勝手のいいカードローン商品を契約しておくことをおすすめします。 まとめ ここまで無職でもお金を借りる方法について説明してきましたが、内容を理解できたでしょうか。 なんとなく「難しいな」ということくらいは感じてもらえたのではないかと思います。 最後に復習の意味も込めて、重要なポイントだけまとめておきます。 専業主婦や年金受給者は借りられることもある• 内定者は金融業者によって判断が違う• 金融業者から借りられない場合には家族を頼る• 契約者貸付制度や総合支援資金貸付制度なら無職でも借りることができる• 虚偽の申告は絶対にNG• 仕事を失ってから行動するのではなく在職中に環境を整えておく 専業主婦や年金受給者、内定者といった立場であれば、カードローンを利用できる可能性がありますが、リストラや倒産などで職を失った人の場合は無収入の無職ということでカードローンの利用はできません。 この場合には金融業者ではなく保険の契約者貸付制度や、国のセーフティーネットである総合支援資金貸付制度を利用して生活を整えるようにしてください。 また、審査に通過させるための虚偽の申告は、どういう形でも行わないようにしてください。 お金の貸し借りは信用をベースに行います。 虚偽の申告は信用をゼロにする行為ですので、バレてしまうと自分自身をかなり不利な立場に追い込むことになります。 そして、もっとも重要なことは、収入を得るための活動を行うということです。 求職活動や独立してのになるための準備も必ず行ってください。 仮に融資を受けられても、返済するあてがなければ詰んでしまいます。 どこから借りるにしても、必ず返済までの計画を立てた上で依頼するようにしましょう。

次の