三井 住友 銀行 インターネット バンキング 申し込み。 ネットバンキングアプリ比較|各銀行でできること、できないことまとめ

ゆうちょ銀行(郵便局)のインターネットバンキングサービス概要

三井 住友 銀行 インターネット バンキング 申し込み

三井住友銀行カードローンはメガバンクという安心感と自動契約機を使ったスピーディなカード発行がメリットの銀行カードローンです。 メガバンクのカードローンと聞くと審査が厳しく融資までに時間がかかってしまうイメージもありますが、三井住友銀行カードローンは最短で申し込みの翌営業日に借り入れできます。 もちろん、消費者金融よりもずっと低い金利でお金を借りられるため、返済の負担も抑えられるでしょう。 この記事では、三井住友銀行カードローンの申し込みから契約までの流れ、借り入れや返済の方法について説明していきます。 申込方法、借入方法によって融資までにかかる時間が違うので、少しでも早く融資を受けたい人は利用方法を把握した上で、最適な申込方法・借入方法を選択してください。 三井住友銀行カードローンの申込方法• インターネット申し込み(パソコン・スマホ・アプリ)• ローン契約機からの申し込み• 電話申し込み 申込方法が複数あると迷うかもしれませんが、 基本的にはネット申し込みを選べば間違いありません。 パソコンだけでなく、スマホからの申し込みにも対応しており、24時間いつでもカードローンを申し込めます。 それでは、もう少し詳しくそれぞれの申込方法の特徴を見ていきましょう。 インターネット申し込み(パソコン・スマホ・アプリ) インターネット申し込みは、パソコン、スマホ、アプリのいずれかからできます。 アプリは 「三井住友銀行のカードローン」という名称で、各OSのアプリストアからダウンロード可能です。 これは三井住友銀行カードローンの専用アプリなので、口座の管理ができる「三井住友銀行アプリ」とは違うものになります。 申し込みをした結果、審査に落ちてしまうとアプリをダウンロードする意味がないので、パソコンもしくはスマホからの申し込みをして審査通過後にアプリをダウンロードすると良いでしょう。 スマホからなら外出先でも申し込めますし、大きな画面で入力したい方はパソコンを使用すると良いでしょう。 ネット申し込みなら、ローン契約機の営業時間や電話の受付時間を気にする必要はありません。 深夜や早朝の申し込みは、審査対応時間(9:00~21:00)になったらすぐ受け付けが行われ、審査が開始されます。 三井住友銀行内に設置されているローン契約機(ACM)からの申し込み 三井住友銀行は、銀行カードローンの中では珍しくローン契約機(略称:ACM)を完備しています。 大手の消費者金融では当たり前にある契約機ですが、大手銀行カードローンだと三井住友銀行とくらいです。 ローン契約機は三井住友銀行内に設置されているので、必要書類を持参すれば契約機で申し込み、その場でカード受け取りができます。 ただし、カード発行は即日でも、利用できるのは翌営業日以降の審査結果が回答されてからです。 そのため、ローン契約機で申し込みをするメリットは少なく、むしろ、来店の手間がかかったり、他人に契約機への出入りを見られる危険性があるなどのデメリットがあります。 カード発行したのに審査に落ちてしまい借り入れできないという可能性もあるので、ローン契約機は申し込みではなく、カードを受け取るときに利用するのがおすすめです。 ネット申し込みを行い審査に通過してから、ローン契約機へ足を運べば、カードを受け取った後、すぐローンカードで借り入れができます。 ローン契約機は原則土日・祝日も21時まで利用できるので、すぐローンカードが欲しい人は営業時間内にカード発行の手続きをしましょう。 正確な営業時間は三井住友銀行の公式サイトで確認してください。 電話による申し込み ローン契約機やパソコン・スマホの操作に自信がないという方は電話で申し込みをすることもできます。 三井住友銀行カードローンプラザへ電話をして、新規申込の旨をオペレーターに伝えましょう。 審査に必要な項目が聞かれるので、それに回答していけば申し込み完了です。 受付時間は9:00~21:00(1月1日は除く)ですが、申し込み後、必要書類をネット経由で提出しなくてはいけません。 電話だけですべての手続きができるわけではないので覚えておきましょう。 三井住友銀行カードローンの申込条件• 申し込み時の年齢が満20歳以上、69歳以下であること• 原則安定した収入があること• 保証会社の保証が受けられること 三井住友銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。 審査は仮審査と本審査の二段階で進み、仮審査では保証会社が申込内容、信用情報をもとに融資しても大丈夫かを判断します。 つまり、保証会社の保証が受けられるということは、カードローンの返済をしていくのに十分な能力があると認められたことになるのです。 保証が受けられるかどうかは申し込みをしてみないと分からず、最終的な判断は三井住友銀行が下すので、まずは、年齢と収入の2つの条件をクリアしているかを確認しておけば良いでしょう。 三井住友銀行カードローンの金利と利用限度額 三井住友銀行カードローンの金利は年4. 0%~14. 5%で、最大800万円までの借り入れができます。 カードローンの申し込みをするときには借入希望金額を申告しますが、希望がそのまま通るわけではありません。 利用限度額は希望を参考にしつつ、審査によって決まるため、希望よりも低くなることも、高くなることもあるのです。 そして、三井住友銀行カードローンは、利用限度額ごとに適用される利率が細かく決められています。 審査結果が良く、高い利用限度額で契約できる人ほど、低い金利が適用されやすくなるのです。 三井住友銀行カードローンの金利と利用限度額 利用限度額 金利(年率) 100万円以下 12. 0%~14. 5% 100万円超 200万円以下 10. 0%~12. 0% 200万円超 300万円以下 8. 0%~10. 0% 300万円超 400万円以下 7. 0%~8. 0% 400万円超 500万円以下 6. 0%~7. 0% 500万円超 600万円以下 5. 0%~6. 0% 600万円超 700万円以下 4. 5%~5. 0% 700万円超 800万円以下 4. 0%~4. 5% 以上のように利用限度額に応じて、適用される金利が段階的に引き下がっていく仕組みです。 例えば、利用限度額が100万円以下の場合、年12. 0%~14. 5%の間で適用される金利が決まります。 いきなり100万円を超える限度額で契約できる人は少数なので、まずはこの金利を目安として考えれば良いでしょう。 利用限度額100万円未満だと年18. 0%での借り入れになることが多い消費者金融と比較するとかなり低い金利水準です。 三井住友銀行カードローンの申し込み~契約までの流れ6ステップ 三井住友銀行カードローンを利用する流れを見ていきましょう。 記事の前半でも説明したように三井住友銀行カードローンはローン契約機や電話での申し込みも可能です。 ただ、時間や場所を問わずに行えるネット申し込みがもっとも便利なので、今回はネット申し込みから契約へ至る流れを説明していきます。 カードローンの申し込み まずは三井住友銀行カードローンのホームページから申し込みを行いましょう。 三井住友銀行に口座がなくても申し込めますが、すでに口座を持っている人はキャッシュカードでの借り入れができるため、郵送物が発生しないWEB完結で契約可能です。 「口座をお持ちの方はこちら」、 「口座をお持ちでない方はこちら」という2つの申し込みボタンがあるので該当する方を選択してください。 【PC】 【スマホ】 また、 「口座をお持ちでない方はこちら」を選択された場合には 「かんたんお申込」と 「通常お申込」という2つの申込方法があります。 「かんたんお申込」と「通常お申込」の違い かんたんお申込 通常お申込 金利(年率) 14. 5% 4. 0%~14. 5% 利用限度額 10万円~30万円 10万円~800万円 メリット 入力項目が少ない 適用金利が審査で決まる 高額借入も可能 デメリット 適用金利が固定 最大限度額が少額 入力項目がやや多い 通常お申込のデメリットを「入力項目がやや多い」としましたが、かんたんお申込と比べての話なので、特別入力しなくてはいけない項目が多いわけではありません。 利用限度額が最大800万円までで審査をするため、勤め先に関する入力内容がやや細かくなります。 その分、適用される金利は年14. 5%よりも低くなる可能性があるので、基本的には通常お申込みがおすすめです。 同じ30万円という限度額であっても、通常お申込なら年12. 0%で契約できるかもしれません。 ほんの少しの手間なので、ぜひ通常お申込を選んでください。 必要書類の提出 カードローンの申し込みが受け付けられると、三井住友銀行のカードローンプラザから書類提出の案内があります。 三井住友銀行カードローンの公式サイトに「三井住友銀行カードローン(目的別ローン)書類アップロードサービス」があるので、そこにアクセスして指示された書類を提出しましょう。 カナ氏名、生年月日、電話番号を入力した上で、本人確認書類、収入証明書類などの画像データをアップロードしてください。 三井住友銀行カードローンの必要書類 本人確認書類 ・運転免許証 ・パスポート ・マイナンバーカード ・住民基本台帳カード など 収入証明書類 ・給与明細書 ・源泉徴収票 ・税額通知書(納税証明書・所得証明書) ・確定申告書 利用限度額が50万円を超える場合には収入証明書類も必須になります。 50万円超の融資を考えている方は、上記のいずれかの書類を準備しましょう。 また、書類アップロード用ページには、書類を撮影するとき、画像をアップロードするときの注意点も書いてあるのでよく確認してください。 審査結果の連絡 審査終了後、メール、または電話で審査結果が回答されます。 メールで回答されるのはネット申し込みをした場合だけなので、その他の方法で申し込みをしていると電話での回答になります。 審査に通過したなら、メールに利用限度額や適用金利といった契約内容も記載されているので確認してください。 稀なケースですが契約内容に満足いかない場合には、審査通過後でも契約はキャンセル可能です。 三井住友銀行カードローンプラザに電話をして、契約を辞退する旨を伝えてください。 契約手続き 審査結果で提示された条件に問題がなければ、契約手続きをしていきます。 契約手続き用のURLが記載されたメールからホームページにアクセスしてネット上で契約を完了させるか、ローン契約機へ行き契約書類の記入とローン専用カードの発行を同時に行いましょう。 三井住友銀行に口座があり、キャッシュカードで借り入れをする人はローンカードの受け取りが不要なので、次の項目を飛ばして「6. 借り入れ」へと進んでください。 ローンカードの受け取り 三井住友銀行に口座を持っていない人、口座は持っているがローン専用カードの発行を希望する人はカードをローン契約機か郵送で受け取りましょう。 すぐATMで借り入れをしたいという場合には、ローン契約機まで足を運びカード発行した方が早いです。 郵送だと自宅にカードが届くまで数日かかるため、契約手続き後すぐの借り入れはできません。 借り入れ 契約手続きを完了して、ローンカードを受け取ったらお金を借りられます。 ローンカードは、三井住友銀行ATMだけでなく、コンビニATMでも使用可能です。 また、三井住友銀行に口座を持っている人は、インターネットバンキング(SMBCダイレクト)を利用することで振込融資も受けられます。 詳しくは、次の章で説明するので参考にしてください。 三井住友銀行カードローンの借入方法• ATMでの借り入れ• SMBCダイレクトを利用した振り込みでの借り入れ• ATMでの振り込みによる借り入れ SMBCダイレクトは三井住友銀行のインターネットバンキングサービスなので、三井住友銀行に口座がないと利用できません。 ATMでの借り入れだけでも不便ではありませんが、他行のネットバンキングを契約していても振込融資は受けられないので注意してください。 ATMでの借り入れ 三井住友銀行カードローンの契約後に受け取るカードをATMに挿入すれば、利用限度額の範囲内で自由に借り入れができます。 三井住友銀行ATMだけでなく、様々な金融機関のATMで借り入れできますが、ローン専用カードとキャッシュカード兼用カードでは使用できるATMが異なるので注意しましょう。 ここでは、ローン専用カードを想定して説明していきますが、キャッシュカード兼用カードについては、後ほど「」の中で詳しく説明するのでそちらを参考にしてください。 三井住友銀行ATMでお金を借りる 三井住友銀行ATMでは、無料で借り入れ・返済ができます。 平日、土日・祝日ともに8:00~23:00までが利用可能時間ですが、店舗によって営業時間が異なったり、店舗によってはATMを設置していなかったりすることもあるので注意してください。 基本的に三井住友銀行カードローンのATMでの借り入れは千円単位です。 ただ、三井住友銀行の本支店に併設されているATMであれば、平日8:45~18:00に限って硬貨の取り扱いができるため、千円未満の利用もできます。 コンビニATMでお金を借りる 三井住友銀行カードローンは以下のコンビニATMでも借り入れ・返済ができます。 セブン銀行ATM• ローソン銀行ATM• イーネットATM 三井住友銀行ATMと同じように手数料は無料です。 また、原則24時間営業なので、深夜や早朝の利用にも対応しています。 三井住友銀行ATMの営業が終了する23時以降は、コンビニATMを利用すると良いでしょう。 その他の提携金融機関ATMでお金を借りる 三井住友銀行カードローンは、その他の提携金融機関ATMでも利用できます。 ゆうちょ銀行ATMでは借り入れ・返済の両取引に対応しており、利用手数料も無料です。 しかし、それ以外のATMでは、各金融機関所定の手数料がかかる上に返済はできません。 その他の提携金融機関ATMを利用するなら、できるだけゆうちょ銀行ATM以外は使わない方が良いでしょう。 SMBCダイレクトを利用した振り込みでの借り入れ 三井住友銀行カードローンで振込融資を受けるためには、SMBCダイレクトの利用が必須です。 三井住友銀行に口座を持っていることと、インターネットバンキングのサービスであるSMBCダイレクトの利用登録も必要になります。 カードローン口座の契約ができたら、SMBCダイレクトの利用口座に登録すれば振込融資が受けられるようになるのです。 SMBCダイレクトにログイン後、メニューから「カードローン」を選択しましょう。 融資を受けたい金額を指定して、取り引きを確定させれば自身の三井住友銀行口座へと指定の金額が振り込まれます。 手数料は無料なので、SMBCダイレクトを利用できる人はぜひ活用してください。 ATMでの振り込みによる借り入れ あまり利用する機会はないでしょうが、ローンカードを使用して振り込みの手続きをすることもできます。 ローンカードをATMに挿入し、希望の取り引きで「カードによるお振込」を選択しましょう。 自身のカードローン口座から指定した金融機関への振り込みを借り入れによって行えます。 ただし、この方法で借り入れをするときは、いくつか注意点があります。 まず、ATMでの振り込みによる借り入れができるのは、ローン専用カードを三井住友銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATMで利用した場合だけです。 キャッシュカード兼用カード、その他の提携ATMだと手続きできません。 そして、振り込みにかかる手数料は利用者負担になります。 SMBCダイレクトでカードローン口座から普通預金口座へ振り込むのとは違い、取り引きのたびに手数料がかかるので注意してください。 ローンカードで現金を借り、振り込み手続きをするというのを1つの手続きで行えますが、利用するシチュエーションは限られてくるでしょう。 三井住友銀行カードローンの返済方法• ATM返済• 銀行振込• ネット返済• 口座振替 返済日は5日・15日・25日・末日から選ぶことができるので、給料日の直後などお金に余裕のあるタイミングを選択するのがおすすめです。 指定した日付が祝日などで銀行休業日だと、返済は翌営業日になります。 原則として返済期日の前日までに返済の手続きをしましょう。 ただし、ネット返済と口座振替はすべての人が利用できるわけではありません。 口座振替には三井住友銀行口座、ネット返済にはSMBCダイレクトの利用登録も必要です。 三井住友銀行に口座を持っていない方は、ATM返済か、銀行振込のどちらかになります。 銀行振込の手数料は利用者負担になるので、三井住友銀行ATMやコンビニATMからローンカードを使って返済してください。 三井住友銀行に口座を持っている場合に利用できるサービス 三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行に口座がなくても申し込めます。 ただ、口座を持っていることで、より便利に三井住友銀行カードローン利用できるのです。 ここでは、三井住友銀行に口座を持っている場合に利用できるサービス、メリットを紹介していきます。 三井住友銀行キャッシュカードでの借り入れ 三井住友銀行カードローンでは、ローン専用カードも発行できますが、三井住友銀行のキャッシュカードにローン機能を追加することも可能です。 ローンカードを郵送やローン契約機で受け取る手間がなく、お手持ちのキャッシュカードですぐ借り入れできます。 さらに、ローン専用カードを持たないので、カードが見つかって、家族に借り入れしていることがバレるという心配もありません。 ただし、ローン専用カードとキャッシュカード兼用カードでは、利用できるATMが異なるので注意してください。 利用手数料は無料ですし、コンビニATMも利用できるため不便ではないでしょうが、ローン専用カードとの違いを覚えておきましょう。 自動融資サービス 三井住友銀行カードローンの返済用口座に三井住友銀行の普通預金口座を設定した場合、自動融資(バックアップ)サービスが受けられます。 自動融資とは、残高不足によって引き落としができない場合、自動的に不足額をカードローン口座から借り入れてくれるサービスです。 クレジットカードや公共料金の引き落としで残高不足が起きたときに自動的に融資が実行されますが、以下のケースでは自動融資の対象外になるので注意しましょう。 自動融資サービスの対象外になるケース• カードローンの返済• 利用限度額を超える自動融資• 積立定期などの預金への自動融資• 投信自動積立への自動融資• 国際キャッシュカードの利用分• ジェイデビットの利用分 などなど 中でも、SMBCダイレクトを利用した振込融資やネット返済はとても便利です。 時間や場所を問わず借り入れや返済の手続きができるだけでなく、どちらの取り引きも手数料がかかりません。 「急いで口座にお金を用意したい」「返済日なのに残業でATMへ立ち寄る時間がない」というときでも、SMBCダイレクトとカードローン口座を紐づけておけば、スマホからでも手続きができ安心です。 また、様々な登録情報の変更や、取引状況の確認もできます。 SMBCダイレクトを利用できる方は、ATMでの取り引きだけでなく、ネットバンキングでの取り引きも併用すると便利です。 【まとめ】三井住友銀行カードローンはネット申し込み+ローン契約機が便利!SMBCダイレクトを併用すれば振込融資にも対応 三井住友銀行カードローンの申し込み~契約までの流れを紹介してきましたが、お金を借りるイメージはできたでしょうか? 銀行からお金を借りると聞くと手続きが面倒な印象を持つかもしれませんが、そんなことはありません。 三井住友銀行カードローンは24時間いつでもネット申し込みできますし、ローンカードの受け取りもローン契約機で行えます。 三井住友銀行カードローンは、銀行の中では比較的、融資スピードの早いカードローンです。 銀行カードローンなので即日融資を受けることはできませんが、スムーズに手続きが進めば、最短翌営業日、遅くても1週間くらいで融資が受けられるでしょう。 また、三井住友銀行に口座を持っている人はキャッシュカード兼用カードを選択できる、SMBCダイレクトの利用登録もしているなら振込融資も受けられるといったメリットもあります。 三井住友銀行カードローンの申し込みや契約には口座不要ですが、口座があればもっと便利に借り入れや返済ができるのです。 この記事を参考にしながら、あなたにあった申込方法、借入方法を選んでください。

次の

クレジットカード申込はインターネットで|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井 住友 銀行 インターネット バンキング 申し込み

5円)がかかります。 また、SMBCダイレクトでは外国為替相場や適用金利も店頭でのお預け入れと異なるため、お申込時の状況によっては本商品よりも有利になる場合があります。 金利情勢等により、今後、予告なく改定する場合があります。 また、上記税引後の利率や利息額は、20. 本商品の条件・ご留意点等 商品名 外貨の扉〈トビラ〉 対象となるお客さま 個人のお客さま(屋号付口座でのお申込はできません) ご利用条件 円資金からのお預け入れによる外貨定期預金に、初回特別金利と為替手数料の優遇をご提供します。 さらに、外貨定期預金と同時に円定期預金をお申込の場合、円定期預金に初回特別金利をご提供します。 ただし、円定期預金のみのお申込はできません。 外貨定期預金をお申し込みされ、後日、円定期預金をお申し込みいただくことはできません。 お申込方法 当行の店頭窓口でのお申込に限ります。 なお、SMBCダイレクト(インターネット・モバイルバンキング)の外貨預金のお取引の場合、為替手数料は店頭の半額となります。 また、SMBCダイレクトでは外国為替相場や適用金利も店頭でのお預け入れと異なるため、お申込時の状況によっては本商品よりも有利になる場合があります。 外貨定期預金 対象商品 パーソナル外貨定期預金 お預入期間 2ヵ月 対象となる資金 円資金からのお預け入れ• 対象通貨 米ドル・豪ドル お預入金額 ・3万米ドル以上(1補助通貨単位) ・3万豪ドル以上(1補助通貨単位)• 適用金利 米ドル 初回特別金利 2ヵ月もの 年3. ・やむを得ず中途解約する場合は、上記金利は適用されず、解約日の当該外国通貨の普通預金利率を適用します。 ・上記の初回特別金利は当初お預入期間2ヵ月のみの適用となります。 パーソナル外貨定期預金の自動継続時は、満期日当日の2ヵ月ものの店頭金利で自動継続されます。 為替手数料 1米ドルあたり:片道0. 5円 1豪ドルあたり:片道1. 25円• 5円です。 満期日の取扱 自動継続・自動解約• 円定期預金 対象商品 スーパー定期・大口定期 お預入期間 2ヵ月 お預入金額 スーパー定期:1円以上1円単位(総合口座でご利用の場合は、1万円以上1円単位) 大口定期:1,000万円以上1円単位• お預入上限金額は、当行所定のレートにて判定します。 実際に外貨定期預金をお預け入れいただくレートとは異なる場合がございます。 適用金利 2ヵ月もの 年0. 満期日の取扱 自動継続型(元利継続型、利払式)• ご留意点• 確認後、お口座に入金いたします。 お手続方法や、書類の記入方法はお手続きされる金融機関により異なります。 くわしくは、お手続きされる金融機関にご確認ください。 顔写真付の書類をお持ちでない場合には、あわせて公共料金領収書等の書類をご提示いただく等、当行所定の方法により、ご本人さまの確認をさせていただきます。 本商品のご利用にあたっては余裕を持ったお手続をお願いいたします。 外貨預金の魅力は、為替による差益(為替が円安に動いた場合に発生)と金利といった2つのメリットが期待できることです。 日本では円定期預金の低金利が続いていますが、外貨預金は相対的に円預金よりも金利が高い通貨が多くあります。 窓口でのご相談・お申込をご希望の方• 「商品説明書」は当行本支店等にご用意しています。 外国為替相場の動向等によっては、払戻時の円貨額がお預入時の円貨額を下回る等、「元本割れ」が生じるリスクがあります。 外貨現金の場合、たとえば米ドルであれば1米ドルあたり2円かかります。 送金等その他の手数料については、お取引内容により異なりますので、あらかじめ表示することができません。 預金保険については窓口までお問い合わせください。 預入・解約等はご利用いただけません。

次の

三井住友銀行カードローンの申込み・審査・返済までの流れと利用者の口コミ・体験談【キャッシング大全】

三井 住友 銀行 インターネット バンキング 申し込み

三井住友銀行の法人口座に必要なもの まず、法人口座を開設するにあたって必要なものを確認しておきましょう。 法人口座ですので、まず法人の実在を証明する書類が求められます。 法人の履歴事項全部証明書(いわゆる法人登記簿謄本)、法人の代表印の印鑑登録証明書は必須です。 これらは法務局で取得することができます。 次に、手続きを行う人の本人確認資料もしくは委任状が必要です。 窓口で実際に手続きを行う人の身元を確認できる書類が求められます。 法人の代表者であれば、自分の運転免許証やパスポートなどが使えます。 法人の代表者であることは法人の履歴事項全部証明書に記載されているので、関係性についての書類は必要ありません。 定款に記載されている法人の目的事業が許認可が必要な事業の場合は、許認可証も必要です。 さらに、法人の本店所在地として登記簿に登録されている住所や建物についての書類が必要です。 所有権を有する建物であれば建物登記簿謄本を、事務所等を借りている場合は賃貸借契約書を用意します。 また、法人口座開設を申請する者が日本人以外の場合は、英字名の名前がわかる書類も求められます。 三井住友銀行の法人口座の開設の流れ 三井住友銀行で法人口座を開設する流れは、次のようになっています。 まず、三井住友銀行のHPから法人口座の申し込みページを開きます。 最初のページで登録用電子メールアドレスの入力が求められるので、入力して送信します。 すると、入力したメールアドレスに三井住友銀行からメールが返信されてくるので、届いたURLをクリックし、開いたページからインネーネット上で必要事項を入力していきます。 このとき、法人関係の情報を入力することが求められるので、手元に法人関係書類を用意しておくとスムーズです。 必要事項をすべて入力した後、必要書類の写しを郵送します。 何を送ればいいのかが指示されるので、その書類のコピーを銀行所定のあて先に郵送します。 インターネット上で申し込みをするだけでなく、必要書類が銀行に到着してはじめて受付が完了するので注意しましょう。 書類が銀行に到着すると書類・内容の審査が行われます。 この時点で書類に不備等があれば、電話で連絡が来ます。 電話だけで確認できず、書類の再提出が必要になるとそれだけ余計に時間がかかるので要注意です。 内容の確認が終わると、郵送または電話で連絡がきます。 この間、およそ1~2週間程度です。 繁忙期は2週間以上かかることもあります。 書類に不備がなければ、口座を開設したい店舗に来店して手続きを行います。 この際必要になるのは、必要書類の原本と登録済みの法人の代表印です。 書類をチェックしたのちに、法人によっては追加書類の提出を求められることがあります。 追加書類が特になければ、提出された書類等を銀行側がいま一度チェックし、開設できるとなればそのまま手続きをして口座開設は完了です。 三井住友銀行の法人口座のネット申し込みができない人 三井住友銀行の法人口座は、インターネットからの申し込みができる人とできない人がいるので注意が必要です。 まず、法人格が必要なため、個人事業主は法人口座は開設できません。 代表者個人名での口座なら開設可能です。 三井住友銀行の普通法人口座をすでに開設して持っている人も、同じ法人名義で同じ種別で新たに別口座を開設することはできません。 法人口座を開設するには法人格が必要なので、法人格の無い社団・財団等に該当する場合も開設できません。 当座預金など普通預金口座以外の口座開設を希望する場合は、インターネットからの口座開設はできないようになっています。 外国法人、海外の金融機関もインターネットからの口座開設はできません。 同様に、登記上の住所・主たる事業所の所在地に「米国」の記載がある場合もインターネット申し込みはできなくなっています。 三井住友銀行の審査は厳しい?ゆるい? 近年、法人口座を悪用するケースが増えてきていることから、法人口座の開設は難しい傾向にあります。 三井住友銀行はメガバンクであることもあり、口座開設はそこそこ厳しいと考えておくべきです。 安全性を保つために、口座開設に際してはある程度厳しい審査が行われます。 どの銀行も開設にあたって提出すべき書類が決まっていますが、法人の履歴事項全部証明書と法人の代表印の印鑑登録証明書以外は、銀行によってばらつきがあります。 三井住友銀行は、りそな銀行と比較すると書類の数や申し込み基準が丁寧に設けられている点を見ると、メガバンクの中では比較的やさしいといえるかもしれません。 ただし、さまざまな審査基準があるため、必ずしも法人口座が開設しやすいとは言い切れないことに注意が必要です。 手数料などの費用について 法人口座は無料で開設することができますが、実際のサービス利用には一定の手数料がかかります。 為替手数料(振込手数料)は、三井住友銀行の同行宛やATM手数料はリーズナブルな手数料に設定されています。 たとえば、給与振込は同一店宛(EB)なら3万円以上でも無料ですが、他支店宛だと110円、他行宛だと330円かかります。 毎月のことなので、手数料の差は無視できません。 インターネットバンキングサービスであるパソコンバンクWeb21に関しては、デビュープランとライトプランなら契約料は無料です。 ライトプランなら月額費用もかかりません。 ライトプラン利用で同一店宛なら、振込回数制限はありますが、1日あたり振込上限金額300万円の範囲で、手数料無料で振込ができることになります。 申込から開設までにどれくらいの期間がかかる? 三井住友銀行の法人口座を開設するには各種審査があるため、最短でも2週間程度かかります。 どの銀行でも審査に時間を要するので、2週間程度かかるのは標準的です。 金融犯罪を未然に防止するために、新規口座の開設は法人の本店所在地の最寄りにある支店で行うのが一般的です。 これも店舗のある銀行の場合はどの銀行でも同じです。 必要に応じて、一般的な必要書類以外に、追加の確認書類の提出を求められることがあります。 たとえば、新設法人で会社HPがない場合は、事業内容がわかる説明書の提出が必要になるケースも見受けられます。 追加書類については、銀行側から指示があるので提出を求められた場合には従いましょう。 審査が行われるということは、当然審査に通らないこともあるということです。 新設法人の場合で、それまで三井住友銀行との取引実績がまったくない場合などは、取引実績がある場合と比べると、審査は一般的に厳しくなる傾向があります。 個人口座でもよいので、三井住友銀行と取引実績があると開設しやすいでしょう。 パソコンバンクWeb21について 三井住友銀行には、パソコンバンクWeb21というサービスがあります。 ここでは、サービスについての説明と、プランと金額について紹介します。 7-1. どのようなサービス? パソコンバンクWeb21は、EB(エレクトロニックバンキング)サービスであり、一般的にはインターネットバンキングサービスと呼ばれるものです。 EBは銀行やATMまで出向かなくても、さまざまな手続きをインターネットを介して端末からできるサービスです。 振込や振替、残高や取引明細の照会、給与や賞与の振り込みなどの業務から、各種税金や料金の振り込みがインターネットでパソコンやスマホ等の端末を使って銀行に行かなくても可能となり便利です。 7-2. プランは4つ!料金は? パソコンバンクWeb21には、法人のニーズに応えるためにサービス内容や料金が異なる4つのプランが用意されています。 基本的なサービスだけを含んだ「ライトプラン」は初期費用無料、月額無料で使えるプランです。 当日振込や振替、ペイジー等が可能です。 1カ月の振込件数が1~10件程度の法人であれば「ライトプラン」で十分対応できるでしょう。 もう少し件数が多い法人であれば、1つ上の「デビュープラン」が便利です。 初期費用は無料ですが、月額料金が2,200円かかります。 ライトプランに加え各種オプションが利用可能になり、総合振込ができるプランです。 1カ月あたりの振込件数が10~50件の法人に向いています。 さらに件数が多い法人は、本格的なサービスを受けられる「スタンダードプラン」が良いでしょう。 契約料55,000円が初期費用としてかかるほか、月額料金も5,500円となります。 こちらは、デビュープランに加えて給与・賞与の振込や個人地方税納付にもインターネットで対応できます。 1カ月の振込件数が50件以上の法人に向いているプランです。 パソコンバンクWeb21の最上位プランは「エキスパートプラン」です。 契約料が55,000円、月額料金は22,000円となります。 スタンダードプランに加えて照会結果のダウンロードも可能となります。 振込件数50件以上の法人なら、用途に合わせてこのプランを検討してもよいでしょう。 三井住友銀行のメリット・デメリット ここでは、三井住友銀行で法人口座を開設するメリット・デメリットについて説明します。 8-1. 三井住友銀行のメリット 三井住友銀行は、テレビCMやその他メディアでの広告の露出度が高いこともあり3大メガバンクの1つとして知名度が高く、全国に支店があるのが大きなメリットです。 東京都などの都市圏であれば支店やATMがたくさんあるので、便利に利用することができます。 三井住友銀行の同行内での振り込み手数料が安いきのもメリットです。 取引先のメインバンクが三井住友銀行であれば、毎月の振込費用などを定額に抑えることができます。 また、メガバンクとして、法人向けの金融サービスやEBのプランなどが豊富に用意されているのも利便性が高いポイントです。 8-2. 三井住友銀行のデメリット 三井住友銀行を利用するデメリットは、インターネットバンキングを利用する場合は他行と比較して料金が高い点です。 三井住友銀行同士であれば安いですが、他行宛の振込手数料が割高になっています。 また、海外送金手数料が比較的高いので、海外送金が多い場合は注意した方がよいでしょう。 8-3. こんな人におすすめ メガバンクの信用に付加価値を感じる場合や、お金や決済に関するサポートをトータル的に受けたい場合であれば、三井住友銀行に法人口座を作るのがおすすめです。 メインの取引先も三井住友銀行をメインバンクにしている場合には、何かと便利に活用できるでしょう。 法人の経理に必要なサービスが豊富に揃っていますし、小規模な会社から大規模な会社まで対応できる各種プランがあるので、自社のニーズに合わせた利用が可能です。 特に、多くの法人との取引がある場合、振り込み等の業務が多い場合はメガバンクに口座を持っていると安心できます。 三井住友銀行との併用をおすすめしたい銀行 三井住友銀行は知名度・信頼度は高いのでメインバンクにするメリットは十分あります。 ただし、手数料が比較的高額になる場合もあるので、用途に合わせて別の銀行も併せて使うのがおすすめです。 たとえば、GMOあおぞらネット銀行はネットバンクの利用料が無料、他行宛の振り込み手数料も166円からと使いやすくなっています。 また、楽天銀行は海外送金手数料が1000円と安いのがメリットです。 海外送金にかかる諸費用が抑えられるので、海外送金が比較的多い法人であれば楽天銀行も検討するとよいでしょう。 三井住友銀行のその他のビジネスサポート 三井住友銀行の法人アカウント向けのサポートに関して説明します。 法人キャッシュカードとビジネスカードfor Ownersについても紹介します。 10-1. 法人キャッシュカード(普通預金) 三井住友銀行では、法人向けキャッシュカードが初回無料で発行できます。 キャシュカードの利用限度額を設定することも可能です。 支店のATMで引き出す場合は、平日8:45~18:00であれば無料、それ以外の時間帯は110円の手数料がかかります。 コンビニに設置されているATMでも引き出し可能ですが、利用手数料はかかるので注意が必要です。 10-2. 三井住友ビジネスカード for Owners 法人カードとしては、法人の代表者向けに「三井住友ビジネスカードビジネスカード for Owners」が用意されています。 これは、法人の代表者や個人事業主向けのカードで、引き落とし口座は法人名義口座と個人名義口座のいずれにも設定できます。 登記簿謄本や決算書等が不要で申し込めるので一枚持っていると便利です。 当カードを利用するメリットは、仮払いや振込手数料を減らすことができることや、経費精算が簡単にできることです。 1カ月分まとめて利用明細が出るので、領収書やレシートを取っておいていちいち経費精算する必要がないので、スピーディに経費処理ができます。 クラシックカードとゴールドカードは初年度会費が無料というのも魅力です。 支店が多い&信頼の厚いメガバンク!三井住友銀行を検討しよう 三井住友銀行は3大メガバンクの1つで銀行としての信用度が高いことと、日本全国で利用できることが大きなメリットです。 法人サポートが手厚く、法人向けEBサービスが充実しているので、利便性が高いのも魅力です。 振り込み・振替の多い法人向けの口座といえるでしょう。 振込手数料が他行と比較すると比較的高めですが、インターネットバンク等と併用することで有効利用できます。

次の