ポケモン剣盾 ウッウ ピカチュウ。 ポケモン剣盾、ピカチュウを丸呑みしようとするウッウやばすぎ│SWITCH速報

【ポケモン剣盾】新ポケモンの「ウッウ」、まさかすぎるものを発射してくることが判明wwwww(※画像あり)

ポケモン剣盾 ウッウ ピカチュウ

ウッウが強くて面白い!! ポケモン剣盾の新ポケモン「ウッウ」 今回はこのポケモンについて書いていきます。 から引用 川魚を捕まえて丸呑みにする鳥「鵜」をモチーフにしており、その特性も「鵜」をモチーフにした面白いものになっている モノホンの「鵜」 特性「うのミサイル」が面白い! ウッウの魅力はなんと言っても固有特性「うのミサイル」が強力です。 この強力な特性をいかに活かすかが、バトルでウッウを活躍させる鍵です。 ウッウの育成論はこの特性なしには語れませんし、この特性がないウッウは何の個性もないただの鳥です。 特性「うのミサイル」の効果 波乗り、ダイビングをした後、自らのHPが2分の1以上だと「サシカマス」を、2分の1以下だと「ピカチュウ」を咥えてくる。 攻撃を受けるとそれらを発射し反撃する。 反撃の効果 「サシカマス」 相手の最大HPの4分の1のダメージ。 相手の「ぼうぎょ」を1段階下げる 「ピカチュウ」 相手の最大HPの4分の1のダメージ。 相手を「まひ」状態にする。 地面タイプも「まひ」状態にできるが、電気タイプにはダメージのみ 「ピカチュウ」を咥えたウッウ ウッウの種族値 種族値 HP 70 攻撃 85 防御 55 特攻 85 特防 95 素早さ 85 合計種族値 475 攻撃方面も、防御方面も高い数値ではなく、特に物理防御方面は脆く、等倍でも一撃で落とされてしまうことも多いだろう。 ウッウの育成論 上述した通り、「いかに特性を発動出来るか」が鍵になる。 「とくぼう」方面に厚くして、「はねやすめ」「ドわすれ」を搭載した耐久型も考えられるが、 とくせいの性質上発動には必ず「なみのり」か「ダイビング」をする必要がある為と、現状環境に物理型が多い為、こちらに関してはまた後日考察したい。 「きあいのタスキ」型 体力MAXの状態であれば、1度は攻撃を確実に耐えてくれる為、ウッウより早く打点が高いポケモンにも必ず一定以上の活躍をしてくれる。 また「うのミサイル」はウッウが倒されたときも発動する。 ウッウの性格と努力値 努力値は、現状環境で多く使われている「ドラパルト」を麻痺込みですばやさが抜けるように調整するのが良いだろう。 また「ドラゴンアロー」で一撃で落とされないようなB調整を考えると ぼうぎょ:44 とくこう:208 素早さ:252 が良いとされる。 性格は「ひかえめ」か「おくびょう」 ウッウのすばやさ種族値85は 同速に「最速ゴリランダー」「最速ジャラランガ」 少し下に「準速ミミッキュ」「準速タチフサグマ」「最速ギャラドス」「最速トゲキッス」「最速マンムー」「最速シャンデラ」など 対戦環境でよく見るポケモンがひしめき合っているので、これらを抜く為には「おくびょう」での採用が必要だが、 先発採用としては、すばやさが後攻したとしてもそれなりの活躍をしてくれることを見込んで「ひかえめ」でもよいかもしれない。 連続で使った際の成功率は下がるが、うのミサイル搭載しないと堪える意味はないので連続で使うことは少ないと思われる。 状態異常や天候ダメージ「まとわりつく」などのスリップダメージは堪える事ができない。 威力120 命中70 期待値は高いが、命中不安定の為微妙かな… ダイマックスして打つと「こらえる」が機能しなくなるので、あまりよくないです。 ウッウの苦手な相手 ガラルマタドガス とくせい「かがくへんかガス」で特性を無効にしてきます。

次の

【ポケモン剣盾】育成論一覧【ソードシールド】

ポケモン剣盾 ウッウ ピカチュウ

ウッウ!!言いずらい!! 斬新な名前だけど今までに無い名前ですね。 うのミサイル・・・ホントに強いの!?疑問に思った方もいるでしょう! 今回はそんなウッウの記事です。 かわいい・・・きんのおうかん使っちゃいました。 (笑) 種族値を見ていきましょう。 HP 70 攻撃 85 防御 55 特攻 85 特防 95 素早 85 合計 475 今回は、特攻と素早さだけに注目していきましょう。 特性 うのミサイル なみのりorダイビングを行なうと獲物をくわえた姿に変化します。 攻撃を受けると獲物で反撃します。 HP半分以上でサシカマスをくわえてきます。 (笑) ウッウは倒されても反撃をします。 後続にも繋げられるのが強みでもありますね! 持ち物はきあいのタスキで、ピカチュウで効率よく反撃していきます。 技構成はこの通り。 この後エアスラッシュを使用し、まひ+ひるみでジワジワ攻めるのもあり。 交代読みでなみのりもあり。 上手に立ち廻りましょう。 努力値は特攻252 素早さ252 HP4です。 それではいざランクバトル!! ゲンガー戦。 相手の方が素早さが早いのでタスキなみのりでピカチュウ反撃致しました。 エアスラッシュとまひのコンボで難なく突破。 ピカチュウをくわえたまま、次の相手へ・・!!余裕を持って動けました。 win. ウッウ カビゴン戦。 先ほどのゲンガーの後ですね。 こちらはもうピカチュウをくわえているのでこらえる一択です。 今回は引っ込めてきましたが、まひは確実に与えることができそうですね。 カビゴンは関係ありませんが、反撃はおにびやどくどく等には反応しませんので、そちらには注意しましょう。 ウッウ(逃げられたし・・勝ちだよね?(笑)) サーナイト戦。 カビゴンを引っ込めてのサーナイト。 こらえるでまひさせます。 ここで降参でした。 ウッウ強い・・・ サーナイトの場合、多くはこだわりスカーフ型。 まひの時点で明らかに有利に試合を運べますね。 その他のこだわりスカーフ型にまひはホントに強いです。 さて、次々いきますよー!! win. ウッウ ドラパルト戦。 ダイマックスされましたが、こちらはなみのりを使いたい為、ダイマックスしていません。 結論から言うと、勝ちました。 (笑) まひにエアスラッシュのひるみが効率よく入ってくれて、最後はダイマックスからのダイアイスでトドメでした! 実際はまひやひるみが入らないと負けてしまいますが・・・ひるめ!!しびれろ!! ある意味これがウッウの楽しみ方でもあるんでしょうね。 (笑) win. ウッウ(運が良ければ勝てます。 まひを入れるだけでも良いです、後続が有利に戦えます) ミミッキュ戦。 ばけのかわ?反撃には関係ありません。 HP1の場合、かげうちに警戒しましょう。 対面でも普通に倒せると思います!! win. ウッウ リザードン戦。 はい、負けません。 (笑) ダイジェットで素早さ上げてきて、まひでも相手の方が早い場合があります。 注意しましょう。 win. ウッウ ラスト、ヌメルゴン戦。 この特防耐久力・・・参りました。 汗 れいとうビームでもあまり期待できません。 とつげきチョッキ持ちでした。 ここで初めてウッウの敗北を知りましたね。 (笑) いずれもまひを残せるのは強いです。 win. ヌメルゴン 以上、ウッウのレビューでした。 実際に使ってみるとかなり強いです。 ただ、特性ちょすい持ち相手だと弱体化ギャラドスです。 (笑) その辺は臨機応変に・・・ それでは!!! カテゴリー.

次の

【ポケモン剣盾】ウッウの育成論と弱点・対策まとめ【タスキこらえる型】

ポケモン剣盾 ウッウ ピカチュウ

ピカチュウを咥える条件について ウッウがピカチュウを咥えてくる条件とは、なみのり、ダイビングをする前のウッウのHPが半分以下であることです。 そのHPであれば、必ずピカチュウを咥えてきます。 逆に、半分以上のHPが残っている場合には、必ずサシカマスという水タイプのポケモンを咥えてきます。 技の追加効果についても差異があります。 ピカチュウをぶつけられた相手は麻痺して、サシカマスをぶつけられると防御力を一段階下げる効果です。 もちろん、相手が電気タイプであれば麻痺状態にはなりません。 図鑑説明は以下の通りです。 前者がサシカマス、後者がピカチュウを咥えている時の説明です。 うのみのすがた 喉に 詰まらせた サシカマスを すこしの 衝撃で 勢いよく 吐き出して しまうことも あるのだ。 まるのみのすがた 飲み込まれかけている ピカチュウは びっくりして おとなしく しているが 反撃する 隙を 狙っている。 なお、それぞれドット絵も用意されています。 公式は丁寧な仕事をしますね。 なぜピカチュウ? なぜピカチュウを咥えてくるかと言えば、「 なみのりピカチュウ」が元ネタだからでしょう。 なみのりピカチュウ、有名ですよね。 初代ポケモンのピカチュウバージョンでは、オープニングにサーフボードに乗ってなみのりをするピカチュウの姿が映し出されます。 前作のUSUMでは、マンタインサーフで一定の条件を満たせば、本来覚えないはずの、なみのりを習得したピカチュウ、通称「なみのりピカチュウ」を貰えます。 つまり、ウッウがピカチュウを咥えている理由は、なみのりをしていたピカチュウを、獲物と勘違いして口に放り込んだという、そんな笑い話にもなるアクシデントだということです。 ウッウ、あんまり頭が良さそうには見えませんよね。 気持ち悪い。 悪ふざけが過ぎる。 ピカチュウがかわいそう。 などのように、笑い話で終わるこの話について、どうしてなのか嫌悪感を募らせ批判をしている人が一定数存在しています。 サシカマス君はどうでも良いってことですかね?これがコイキングやプルリルなどであっても騒ぐのでしょうかね? 投稿者の主観ですが、腹を抱えて笑えるほどに面白いと感じました。 大人気ポケモンが飲み込まれようとしている物珍しさや、なみのりピカチュウという過去のネタとの繋がりという2つの意味でも楽しませてもらえましたし、公式の遊び心も感じ取れました。 だから、ピカチュウを咥えるウッウを初めて見たときは、面白さと同時に納得もしたものです。 ちなみに、咥えられているピカチュウは、ビックリしつつも大して苦しんでいないそうですよ。 本当にピンチを感じたら放電するはずですからね。 それをしないで手足をバタつかせているということは、案外余裕なのかもしれません。 パニックになってもがいているわけではなく、反撃の隙を窺っていると図鑑に記載されています。 だから、かわいそうと感じたり批判したりするのは筋違いです。 それに、ポケモン界の代表たるピカチュウが、新ポケモンと共に全力で笑いを取りに来ているのです。 面白さを感じて笑うことはあれど、苛立ちをぶつけるというのは間違っていると投稿者は思います。 今の世の中は、笑いを取ることさえ許してもらえないのですかね。 笑うことよりも、苛立ちをぶつけて発散することが優先されてしまうのですかね? また、Twitterには、ピカチュウが水中にいる理由がわからないと困惑し、怒りのツイートをしている方が多く見受けられました。 なみのりピカチュウをご存知ない!? と、声を大にして尋ねたい衝動に駆られました。 不思議に思ったならば、まずは調べて、その上で自分の意見を発信するべきでしょう。 知らないくせに、不快、可哀想という旨のツイートにて意思表示して、楽しんでいる多くのプレイヤーを暗い気持ちにさせるというのは自己本意が過ぎます。

次の