神村 学園 淡路島。 神戸新聞NEXT|総合|淡路の神村学園問題 市が学生寮に市住提供へ

神戸新聞NEXT|淡路|神村学園・淡路島学習センターに閉校校舎貸し出しへ 淡路市

神村 学園 淡路島

サッカーや野球など鹿児島県のスポーツ強豪校「神村学園」高等部が4月、兵庫県淡路市に開設した広域通信制の教育サポート施設「淡路島学習センター」で、サッカーの練習などに時間を費やし、適切な学習指導が放置されていた疑いのあることが26日、産経新聞の取材で分かった。 こうした状況を受け、新入生22人のうち10人が8月末までに自主退学。 学園側も運営上の問題があったと認めた。 元生徒の保護者らが27日にも、学園などに総額2千万円超の損害賠償を求める訴訟を松江地裁益田支部に起こす。 ただ、センター側が「ドイツ人監督によるサッカー指導」をうたって新入生22人を迎えながら招聘(しょうへい)を実現できないなど、サッカーの練習環境も思い描いた理想と違っていた。 元生徒や保護者らは「入学前の約束は守られなかった。 まるで詐欺だ」と一様に怒りをあらわにする。 元生徒らによると、センターが寮として借り上げた兵庫県淡路市内の民間施設で集団生活。 サッカーの練習は近隣の県立グラウンドや砂浜で実施していた。 センター側が設けたウェブサイトには、サッカーの最先端を学ぶため、指導者にドイツ人監督を招くと記載。 Jリーグで監督経験があり、来季は女子プレナスなでしこリーグのINAC神戸で監督を務めるドイツ出身の世界的指導者、ゲルト・エンゲルス氏を「育成アドバイザー」に据え、トレーナーを含むスタッフ数人で生徒らの技能向上を支えるとしていた。

次の

通信制でサッカー高校 大田原発世界のピッチへ 神村学園(鹿児島)が来春にも|地域の話題,県内主要,スポーツ|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)

神村 学園 淡路島

神村学園高等部が開設した広域通信制課程の「淡路島学習センター」で学習指導が放置されていた問題。 学園側とセンター側に総額2千万円超の損害賠償を求めて提訴した元生徒と保護者18人のうち、元生徒の父親が27日、島根県益田市内で報道陣の取材に応じ、後悔の念とともに怒りをあらわにした。 (神戸総局取材班) センターは学園側と提携した地元業者が運営する原則全寮制の教育サポート施設。 普段生徒らは午前中にサッカー練習、午後に「授業」を受けて最短3年間で高校卒業資格を得ることができると保護者らに説明していた。 訴状などによると、保護者らは4月の入学式まで、業者がセンターの運営に当たるとの認識はなかった。 この日取材に応じた元生徒の父親は「神村学園が運営していると思い、子供を入学させた。 よく分からない業者だと知っていたら、もっと慎重に決断していた」と後悔する。 センター側は開校前の昨年夏ごろから元生徒やその保護者らを勧誘。 この父親が他県の強豪校への入学に関心があることを伝えると、「ほかの誘いは断った方がいい。 1週間程度で決断してください」と入学を促されたという。 父親によると、元生徒はセンターに「特待生」として入学。 「自分の子供を高く評価してもらえたと感じた」が、入学後に新入生ほぼ全員が特待生だったことが判明した。 それでも学園側とセンター側に支払う費用は年間120万円以上とされ、「『特待生』という言葉で生徒や保護者をだまそうと思っていたのではないか」と憤る。 生活環境が入学前に聞いた説明とあまりにも違うことに我慢できず、夜間に寮を抜け出して親元へ帰った元生徒もいたという。 「親との連絡を絶つよう求められた元生徒もおり、まるで子供が監禁されているような気分だった」と話した。

次の

神村学園高等部(鹿児島県)の評判

神村 学園 淡路島

「日本サッカーを変えます!教育の在り方を変えるために、淡路島に高校作ります。 」 昨年の夏、初めてお会いした時に、そう話していたのはファーダンサッカースクールの代表、上船利徳だ。 その宣言通り、2019年4月に神村学園淡路島を開校した。 開校してから3ヶ月経った頃、久しぶりに上船氏に近況を聞く機会を得た。 高校一年生だけでスタートした神村学園淡路島サッカー部。 上級生はいない。 一年生だけでトレーニングし、試合をする。 相手は関西の強豪大学サッカー部や地元の強豪社会人チームがメインなのだそうだ。 格上相手と日常的にプレーすることでレベルアップをはかっている。 普通の高校サッカー部では、こんな環境は用意できないだろう。 まだスタートして間もないが、この環境で選手たちはどんな変化があったのだろうか。 上船氏はこう語る。 まだスタートしたばかりですが、すでに成長が目に見えてわかりますよ。 全員です。 レベルアップするしかない環境ですからね。 現役のJリーガーが一緒にトレーニングしてくれたり、強豪の大学サッカー部や社会人チームを相手にしてますから。 まだ中学卒業したばかりの高一なのでフィジカル的にかなり差はありますけど、それなりに戦えるようになってきてますね。 やはり環境で人は大きく変わるということか。 生徒たちはこの環境で何を学び、何を感じているのだろうか。 生徒に話を聞くことは可能かどうか、上船氏にかけ合ったところ、一人の生徒にオンラインで話を聞けることになった。 「某Jクラブの練習参加も決まってる高校一年です」と。 16歳でJクラブへ練習参加が決まっている日高選手 日高光揮(ひだか みつき)16歳 出身:大阪府 堺市 中学の所属クラブ:ガンバ堺ジュニアユース ポジション:ボランチ 今井:ご自身のプレーの特徴を教えてください。 また、どんな選手を目指してますか? 日高:自分の武器がボール奪取力なので、カゼミロ、カンテ、ビダルのような選手を目指してます。 日本人では井手口選手や山口蛍選手ですね。 球際に強い選手になりたいです。 今年の目標はJクラブと契約することです。 3年後に海外のビッグクラブを目指してます。 今井:良い挑戦ですね!神村学園淡路島に入学する決め手は? 日高:チームにスカウトが来て、パンフレットを見て直感で決めました。 ここなら自分の目標に向かって走る上で、環境がよさそうだと思いました。 今井:なるほど。 入学してからこれまでの話を聞かせてください。 どんな経験をして、何を学んでますか? 日高:日々、色んな人が来てくれます。 食育アドバイザーや、プロサッカー選手が来てくれてます。 実際にプロのプレーを体感できてとても学びが多いです。 他の高校だと経験できないことができていると思います。 現役のJリーガーとも、大学生ともガンガンやれるので成長が早いと感じています。 短期間ですが、やれるプレーが増えました。 今井:プロサッカー選手とプレーしてみてどうでしたか? 日高:実際やってみると、やっぱり最初は全然通用しなかったんですが、マッチアップしていくうちに速さと強さに慣れて、対応できるようになってきたと思います。 今井:大学生とも練習してるそうですね。 日高:はい。 阪南大学の練習にも参加させてもらいました。 今井:良い環境ですね。 それではトレーニング以外ではどんなことをしてるんですか? 日高:個人面談は2週に1回。 多い時は、2、3回あります。 スタッフからの全体ミーティングも、週に1回 戦術理解や、成長する為のマインドセットを目的に行います。 選手のみで行う、学生ミーティングは毎日やっています。 もっと成長する為に、 環境面を話し合ったり、トレーニングの強度の基準を話し合ったり、 選手それぞれの良いところと、改善した方が良いところを、仲間同士、本音でぶつかっています。 今井:最後に神村学園淡路島に入ってよかったですか? 日高:はい。 まだ始まったばかりですが、すでにすごく成長してると思います。 サッカー以外にも人生に役立つ学びが多いです。 これから楽しみにしててください。 上船氏は以前からこう言っていた。 成長せざるを得ない環境を作りたいんです。 サッカーも一流から学ぶことが大事ですし、人生も一流の人から学ぶことが大事なので、常に本気でチャレンジしている人との接点を増やすことで一流に近づけます。 その環境を用意したいんです。 次々と想いをカタチに変えていく上船センター長。 圧倒的なスピードで成長する神村学園淡路島サッカー部の今後が楽しみです。 創部1年目で、日本一の青森山田と真剣勝負ができるチームまで作り上げました。 でも、勝つ為にやる。 青森山田さんと真剣勝負する事で、勝っても負けても自分達の今の立ち位置が分かる。 という意味ですごく意味のある試合になる事は想像できますが、小学生や、中学生達に夢や希望を与える為にも、何としても勝たなければいけないと思っています。 Jリーグ下部組織チームに所属した選手、全国高校選手権常連校の選手を高校年代の1流にするならば、神村学園淡路島に創部1年目(4ヶ月前)に入学した選手達は2流3流の選手がほとんど。 日々、当たり前の基準を高くして、彼らがしてきた、志を高く、毎日1分1秒人生かける事を意識すれば、一流に並べる、むしろ超一流に変われるという事を証明し、未来の子供達に勇気を与えなければいけないという使命感があります。

次の