ボーム エ サン シエル 使い方。 【2019年冬新作ハイライト 】ボーム エサンシエル|CHANELの使い方を徹底解説「濡れたような艶を仕込むことのできるCHAN..」 by たそ(20代後半)

誰にも教えたくない!極上の美肌になれるレオスールデクラ

ボーム エ サン シエル 使い方

ボームエサンシエルは美肌効果が高いフェイスカラー ボームエサンシルはスティック状のフェイスカラーで、ファンデーションを塗った上から直接肌に塗ることができます。 肌に濡れたようなツヤがでるので、頬、まぶた、唇など、ツヤを出したいところに塗ると顔が立体的に見え、小顔効果もでます。 ボームエサンシエルを塗るとお肌にツヤがでてかなり美肌に見える!ということでインスタグラムで火が付き、売切れ続出のアイテムで、公式サイトでは常に「入荷待ち」状態になっています。 ボームエサンシエルの2つの違いはツヤ感 ボームエサンシエルはトランスパランとスカルプティングの2種類あります。 トランスパランは濡れたようなツヤ ほんのりローズ色のトランスパランは「Transparent」という意味のごとく、透き通った濡れたようなみずみずしいツヤがでます。 色も香りもないので使いやすいです。 スカルプティングはパールのツヤ スカルプティングはパール入りなので、繊細なパールがサテンのようなツヤを出し、顔色がぱあっと華やぐかんじです。 ボームエサンシエル どっちを選ぶ? 私のおススメはスカルプティングです。 使用する前は50代なのでナチュラルなツヤの方がいいかな・・・と思ったのですが、トランスパランはただ濡れているように見えるだけで(笑)、ツヤ・・・というより顔が皮脂でテカってるいるような、汗をかいてるような仕上がりになります。 でもナチュラル感はあるんですよね。 顔に皮脂がでない方はトランスパランの方が自然に仕上がるかもしれません。 一見、派手にみえるスカルプティングの方が、パールが肌にのってツヤがでるし、見た目ほどギラギラするわけではないので、40代以降ならこちらのスカルプティングをおススメします。 ボームエサンシエル 使い方と実際のレビュー スカルプティングを使用しています。 スティック状態で見ていると派手な印象でしたが、お肌にのせるとほどよいパール感がでて、きれいなツヤが出ます。 塗っている場所はこの赤い部分です。 リキッドファンデーションで仕上げたあとはスティックで直塗りできますが、パウダリーファンデーションを使っている方はよれるので、指の腹にとってポンポンとのせた方が良いかも。 塗るときの注意点は3つあります。 頬にちりめんジワができる場合、そのシワにも塗らないようにします。 ちなみに私は上まぶたが腫れぼったい奥二重の目なので、まぶたの上には塗りません。 ボームエサンシエル デメリット シワに塗らないで~と先ほど書きましたが、手の甲に塗ると顔よりもキメが荒いので、キメが目立ちます。 なので頬が乾燥気味な方はシワが悪目立ちする可能性もあります。 2つとも塗ってみたのですが、どちらもやっぱりキメが目立ちます。 でも手の甲とファンデーションを塗った頬とでは土台が違うので、そこまで気にしなくてもいいかなとも思います。 じつは最大のデメリットは「ベタベタする」ことなんです! ベタベタするので、髪の毛がくっつくんですね。 髪の毛もくっつきますが、ホコリとか糸くずとかもつきそうなイメージ。 でもベタベタするせいか、保湿力はけっこう高いです。 口コミサイトでは若い人からの大絶賛が多い 口コミで大絶賛されているので、私も購入してみましたが、これはシミやシワがない若い子向きのアイテムだなあと感じました。 顔がプリプリしてるからこそ、ボームエサンシルのツヤが最大限に生かされるんですね。 50代のシワっぽい肌には、正直むずかしいです。 私は同じツヤを出すアイテムなら、クレドポーのレオスールデクラの方がよっぽど使いやすいし、べたつかない分、仕上がりもキレイだと感じました。

次の

【春新色2020 CHANEL】シャネルの人気アイテム、ボーム エサンシエルの限定色も!【スウォッチ付】|ウェブチーム|ビューティニュース|VOCE(ヴォーチェ)|美容雑誌『VOCE』公式サイト

ボーム エ サン シエル 使い方

極上の美肌ツール レオスールデクラ クレ・ド・ポー クレ・ド・ポーのフェースカラー、お色は14番です。 チークでもない、パウダーでもない、肌を美しく見せるアイテムです。 細かい粒子のパールが艶のある上品なお肌に仕上げてくれ、細かいシミが目立たなくなりますし、肌へのトリートメント効果もあるので乾燥もしません。 50代になって、ファンデーション選びに苦労するようになりました。 シミを隠したい、でも厚塗りすると小じわが目立つ、ツヤ系ファンデーションはカバー力がイマイチ、などなど。 私が使っているのは美容液が配合されているリキッドファンデーション(ディオールのカプチュールトータル)と大人気のルースパウダー、シャネルのプードルユニベルセルリーブルです。 カプチュールのリキッドファンデは美容液が入っているのでとてもうるおいがあり、夜になっても乾かないので気に入っています。 鼻はいつもテカってしまいますが、頬は乾燥気味になりました。 そこで! もうお粉は鼻の頭にはたく程度にして(皮脂を抑えるため)他はツヤツヤするパウダーを使おうかな・・・と思い、資生堂で探していました。 最初はマキアージュのチークを見ていたのですが、このレオスールデクラを見つけて、口コミを読んでいたらとにかく高評価なんですね。 みなさんこれをつけるとかなりキレイになると。 もっとも好印象をもった口コミが 「叶姉妹みたいになる!」です。 叶姉妹のようなツヤ肌になれるなら、もう絶対これを買おうと決めました(笑) 名前もミカですから^^ レオスールデクラの色は4つ 色は4色(11~14番)あるのですが、11番と14番でかなり悩みました。 (現在は11、12番は廃番になり、14、16、17、18番になっています) お値段が高いので失敗したくありません。 ワタシプラスの口コミを読み、@コスメの口コミを読み、やっと14番に決めてワタシプラスで買おうとしたら・・・なんとクレ・ド・ポーはワタシプラスでは買えないんですね。 クレ・ド・ポーは対面式のカウンセリング化粧品なので、カウンターに行かなければ買えません。 接客されなくてもいい!という方はこちらで。 11番 ちょっと白めにつくけど一番華やかになる(目の下~こめかみ) 廃番• 12番 小顔効果をだすシェーディングとして輪郭周りに塗ることもできる 廃番• 14番 一番ナチュラルに仕上がる(目の下~こめかみ)• 15番 オレンジ色が強いのでチーク効果もある(肌に赤みを出したい方) 廃番• 16番 12番と14番を合わせたような色• 17番 11番がリニューアルして新たな色に• 18番 15番がリニューアルしてやわらかな色味に いろいろアドバイスをもらいながら実際14番を塗っていただき、小顔効果のある12番もシェーディングで塗ってもらいました。 12と14を2つ購入しました。 そこでひらめきが! レオスールデクラはケース付き8800円(税込)ですが、レフィルは5,500円で買えます。 なのでポーチに入れる14番はケース付きで、自宅に置いておく12番はレフィル(プラスチックケースあり)で買いました。 ちなみに「ケースだけ」というのは売らないそうです。 一緒にいた友人も私の顔を見てたら欲しくなったのか、11番と12番を買っていました(笑) 私は顔に赤みがあるので15番は試さなかったのですが、15番は顔の血色がよくなりそうなお色でした。 レオスールデクラ ブルべとイエベ レオスールデクラを選ぶときにブルーベース(顔に赤みが出やすい)かイエローベース(顔に赤みがでない)で選ぶとしたら、• ブルベさん=14、17(ナチュラルな仕上がりは14)• イエベさん=16、18(ナチュラルな仕上がりは18) がおススメです。 でも、チークではないのでそこまで色はつきませんし、どれを選んでも失敗はないと思います。 14と18に関しては、どなたでもよく合う、万人向けのお色だと感じました。 実際カウンターで試してみたのですが、かなり強く塗らないとそれぞれの色の差が感じられないので、どちらかというと色白の方は14、18番、お肌の色が黒めな方は16でいいと思います。 50代のお肌には14、18がススメ 友人が持っている17番を試させてもらったら、ラメのキラキラ感が強く、ハイライト効果がかなり高いです。 お顔がとても華やぐのですが、ちょっとパーティにいくようなキラキラ感なので、50代の普段使いにするなら、やはり14、18あたりが自然なツヤがでるので レオスールデクラ14 効果 レオスールデクラの効果はナチュラルなツヤが1日中ずっと持続することです。 この写真、夜メイクを落とす前の写真です。 夜になってもこんなにもうるおいがありツヤツヤが持続していました。 私は細かいシミがたくさんあるのですが、光の加減でシミも目立たなくなります。 毛穴も目立たなくなります。 ほんと素晴らしい! 12番も塗っているのですが、小顔効果はこの画像ではよくわかりませんね。 レオスールデクラ 使い方の注意点 レオスールデクラの使い方ですが、メイクの一番最後に塗ります。 ハイライト効果が高いので、たくさん塗らなくても2~4ハケで自然なツヤ感が出ます。 14番はニコって笑って頬の高い部分あたりからこめかみ、目の下に塗ります。 ツヤが出るからといってあまり塗りすぎると、叶姉妹のようなパーティに行くときのようなお顔になってしまうので、ほどほどに塗ってくださいね。 12番で小顔効果のためにシェーディングをするときは、輪郭に沿って顔周りに塗ります。 頬にシャープ感を出したいときは、頬骨の下も一ハケ塗ってくださいね。 そして最後にあご(盛り上がってる部分)と、おでこの真ん中に一ハケ塗ると、顔にメリハリがでるので、小顔効果も上がります。 クレ・ド・ポーのカウンターで買うメリット クレドポーのカウンターで購入すると試供品がいただけます。 BAさんがスキンケアの試供品をくださるというので「ラ・クレーム」をおねだりしてきました。 「ラ・クレーム」ご存知ですか? 2016年2月に新発売になり、塗ってすぐにリフトアップするという、とても即効性の高い評判の良いクリームなんです。 以前から使ってみたかったのですが、なんとお値段6万円! そのラ・クレームの試供品を3ついただけました。 ヤフオクでも3つで1000円前後で出品されていますね~。 高~い。 クレ・ド・ポー店舗で買うとこんなお得がありますが、レオスールデクラはアマゾンや楽天の方がお値段がちょっと安いです。 でも色も4色あるし、やはりBAさんに相談しながら自分に合ったお色を選んだ方がいいと思いますので、購入予定の方はぜひクレ・ド・ポーのカウンターに足を運んでみてください。 レオスールデクラは最強の美肌ツール 夜になってもツヤ感が消えませんでした。 化粧なおしもしなかったです。 こんな素晴らしいフェースカラーをなぜ今まで知らなかったんでしょうか。 ブラシも柔らかくて使いやすいです。 クレ・ド・ポーは名前だけは知っていましたが、実際使ったのは初めてでした。 これからは要チェックですね。 それから、2~4ハケくらいしか使わないため、量がまったく減りません。 3年後の現在もまだ残っています。 私は毎日お化粧はしないので、余計に残があると思うのですが、かなり コスパが良いです。 それからこちらの記事にも書きましたが、クレ・ド・ポー会員になるとワタシプラスポイントがつきます(ポイントのつけ方はこちらの記事をごらんください) 50代のお肌は、とにかくツヤにこだわると、マイナス5歳になれます。 シミもシワもお肌のツヤでごまかしましょう!.

次の

田中みな実のベストコスメ♡【シャネル ボームエサンシエル】失敗しない使い方は?口コミは?|COSMEFREAK

ボーム エ サン シエル 使い方

極上の美肌ツール レオスールデクラ クレ・ド・ポー クレ・ド・ポーのフェースカラー、お色は14番です。 チークでもない、パウダーでもない、肌を美しく見せるアイテムです。 細かい粒子のパールが艶のある上品なお肌に仕上げてくれ、細かいシミが目立たなくなりますし、肌へのトリートメント効果もあるので乾燥もしません。 50代になって、ファンデーション選びに苦労するようになりました。 シミを隠したい、でも厚塗りすると小じわが目立つ、ツヤ系ファンデーションはカバー力がイマイチ、などなど。 私が使っているのは美容液が配合されているリキッドファンデーション(ディオールのカプチュールトータル)と大人気のルースパウダー、シャネルのプードルユニベルセルリーブルです。 カプチュールのリキッドファンデは美容液が入っているのでとてもうるおいがあり、夜になっても乾かないので気に入っています。 鼻はいつもテカってしまいますが、頬は乾燥気味になりました。 そこで! もうお粉は鼻の頭にはたく程度にして(皮脂を抑えるため)他はツヤツヤするパウダーを使おうかな・・・と思い、資生堂で探していました。 最初はマキアージュのチークを見ていたのですが、このレオスールデクラを見つけて、口コミを読んでいたらとにかく高評価なんですね。 みなさんこれをつけるとかなりキレイになると。 もっとも好印象をもった口コミが 「叶姉妹みたいになる!」です。 叶姉妹のようなツヤ肌になれるなら、もう絶対これを買おうと決めました(笑) 名前もミカですから^^ レオスールデクラの色は4つ 色は4色(11~14番)あるのですが、11番と14番でかなり悩みました。 (現在は11、12番は廃番になり、14、16、17、18番になっています) お値段が高いので失敗したくありません。 ワタシプラスの口コミを読み、@コスメの口コミを読み、やっと14番に決めてワタシプラスで買おうとしたら・・・なんとクレ・ド・ポーはワタシプラスでは買えないんですね。 クレ・ド・ポーは対面式のカウンセリング化粧品なので、カウンターに行かなければ買えません。 接客されなくてもいい!という方はこちらで。 11番 ちょっと白めにつくけど一番華やかになる(目の下~こめかみ) 廃番• 12番 小顔効果をだすシェーディングとして輪郭周りに塗ることもできる 廃番• 14番 一番ナチュラルに仕上がる(目の下~こめかみ)• 15番 オレンジ色が強いのでチーク効果もある(肌に赤みを出したい方) 廃番• 16番 12番と14番を合わせたような色• 17番 11番がリニューアルして新たな色に• 18番 15番がリニューアルしてやわらかな色味に いろいろアドバイスをもらいながら実際14番を塗っていただき、小顔効果のある12番もシェーディングで塗ってもらいました。 12と14を2つ購入しました。 そこでひらめきが! レオスールデクラはケース付き8800円(税込)ですが、レフィルは5,500円で買えます。 なのでポーチに入れる14番はケース付きで、自宅に置いておく12番はレフィル(プラスチックケースあり)で買いました。 ちなみに「ケースだけ」というのは売らないそうです。 一緒にいた友人も私の顔を見てたら欲しくなったのか、11番と12番を買っていました(笑) 私は顔に赤みがあるので15番は試さなかったのですが、15番は顔の血色がよくなりそうなお色でした。 レオスールデクラ ブルべとイエベ レオスールデクラを選ぶときにブルーベース(顔に赤みが出やすい)かイエローベース(顔に赤みがでない)で選ぶとしたら、• ブルベさん=14、17(ナチュラルな仕上がりは14)• イエベさん=16、18(ナチュラルな仕上がりは18) がおススメです。 でも、チークではないのでそこまで色はつきませんし、どれを選んでも失敗はないと思います。 14と18に関しては、どなたでもよく合う、万人向けのお色だと感じました。 実際カウンターで試してみたのですが、かなり強く塗らないとそれぞれの色の差が感じられないので、どちらかというと色白の方は14、18番、お肌の色が黒めな方は16でいいと思います。 50代のお肌には14、18がススメ 友人が持っている17番を試させてもらったら、ラメのキラキラ感が強く、ハイライト効果がかなり高いです。 お顔がとても華やぐのですが、ちょっとパーティにいくようなキラキラ感なので、50代の普段使いにするなら、やはり14、18あたりが自然なツヤがでるので レオスールデクラ14 効果 レオスールデクラの効果はナチュラルなツヤが1日中ずっと持続することです。 この写真、夜メイクを落とす前の写真です。 夜になってもこんなにもうるおいがありツヤツヤが持続していました。 私は細かいシミがたくさんあるのですが、光の加減でシミも目立たなくなります。 毛穴も目立たなくなります。 ほんと素晴らしい! 12番も塗っているのですが、小顔効果はこの画像ではよくわかりませんね。 レオスールデクラ 使い方の注意点 レオスールデクラの使い方ですが、メイクの一番最後に塗ります。 ハイライト効果が高いので、たくさん塗らなくても2~4ハケで自然なツヤ感が出ます。 14番はニコって笑って頬の高い部分あたりからこめかみ、目の下に塗ります。 ツヤが出るからといってあまり塗りすぎると、叶姉妹のようなパーティに行くときのようなお顔になってしまうので、ほどほどに塗ってくださいね。 12番で小顔効果のためにシェーディングをするときは、輪郭に沿って顔周りに塗ります。 頬にシャープ感を出したいときは、頬骨の下も一ハケ塗ってくださいね。 そして最後にあご(盛り上がってる部分)と、おでこの真ん中に一ハケ塗ると、顔にメリハリがでるので、小顔効果も上がります。 クレ・ド・ポーのカウンターで買うメリット クレドポーのカウンターで購入すると試供品がいただけます。 BAさんがスキンケアの試供品をくださるというので「ラ・クレーム」をおねだりしてきました。 「ラ・クレーム」ご存知ですか? 2016年2月に新発売になり、塗ってすぐにリフトアップするという、とても即効性の高い評判の良いクリームなんです。 以前から使ってみたかったのですが、なんとお値段6万円! そのラ・クレームの試供品を3ついただけました。 ヤフオクでも3つで1000円前後で出品されていますね~。 高~い。 クレ・ド・ポー店舗で買うとこんなお得がありますが、レオスールデクラはアマゾンや楽天の方がお値段がちょっと安いです。 でも色も4色あるし、やはりBAさんに相談しながら自分に合ったお色を選んだ方がいいと思いますので、購入予定の方はぜひクレ・ド・ポーのカウンターに足を運んでみてください。 レオスールデクラは最強の美肌ツール 夜になってもツヤ感が消えませんでした。 化粧なおしもしなかったです。 こんな素晴らしいフェースカラーをなぜ今まで知らなかったんでしょうか。 ブラシも柔らかくて使いやすいです。 クレ・ド・ポーは名前だけは知っていましたが、実際使ったのは初めてでした。 これからは要チェックですね。 それから、2~4ハケくらいしか使わないため、量がまったく減りません。 3年後の現在もまだ残っています。 私は毎日お化粧はしないので、余計に残があると思うのですが、かなり コスパが良いです。 それからこちらの記事にも書きましたが、クレ・ド・ポー会員になるとワタシプラスポイントがつきます(ポイントのつけ方はこちらの記事をごらんください) 50代のお肌は、とにかくツヤにこだわると、マイナス5歳になれます。 シミもシワもお肌のツヤでごまかしましょう!.

次の