感染 防止 協力 金。 静岡市の休業要請に基づく「新型コロナウイルス感染拡大防止協力金」のご案内について:静岡市

桐生市新型コロナウイルス感染拡大防止協力金|桐生市ホームページ

感染 防止 協力 金

更新日:令和2年6月19日 静岡県新型コロナウイルス感染拡大防止協力金のご案内 一番最初に確認してください!「県の協力金の申請窓口」について 静岡県新型コロナウイルス感染拡大防止協力金 申請要項 内容については、こちらのファイルで確認できます。 (以下「休業要請」といいます。 ) この依頼に応じて、休業の対象となる施設(以下「対象施設」といいます。 )を運営されている方で、休業にご協力いただけた中小企業及び個人事業主の皆様に対して、「静岡県新型コロナウイルス感染拡大防止協力金」(以下「協力金」といいます。 )を支給いたします。 )です。 1 令和2年4月26日時点で、対象施設を運営していること。 2 休業要請の対象期間(令和2年4月25日から令和2年5月6日まで)の内、少なくとも令和2年4月27日から令和2年5月6日までの全ての期間において、静岡県の要請に応じ、休業を行うこと。 3 静岡県内に対象施設を有し、かつ中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に規定する中小企業及び個人事業主であること。 <静岡県新型コロナウイルス感染拡大防止協力金 相談センター> 2 申請書類 以下の書類を提出してください。 必要に応じて追加書類の提出及び説明を求めることがあります。 また申請書類の返却は致しません。 1 静岡県新型コロナウイルス感染拡大防止協力金交付申請書について ・手書きの場合は、全てペン又はボールペン(黒・青色)で記載してください。 ・オンライン申請の場合は、添付資料をスキャナ又は写真で取り込み送信してください。 2 誓約書について ・誓約書の最下部にある所在地、名称及び代表者氏名等の欄は、自署又は押印をお願いします。 ・オンライン申請の場合は、誓約書全体をスキャナ又は写真で取り込み送信してください。 3 営業活動を行っていることがわかる書類 次の 1 、 2 及び 3 の書類が必要となります。 1 営業活動を行っていることがわかる書類(写しで可) 法人、個人ともに直近の確定申告書〔控え〕(税務署の受付印又は電子申告の受信通知のあるもの)を提出してください。 税務署の受付印がない確定申告書〔控え〕しかない場合は、その確定申告書〔控え〕と、併せて直近の月末締め帳簿等営業実態がわかるものを提出してください。 直近の確定申告書が1年以上前のものとなってしまう場合は、その確定申告書〔控え〕と、併せて直近の月末締め帳簿等営業実態がわかるものを提出してください。 設立後決算期や申告時期を迎えていない場合は、個人事業の開業・廃業等届出書 (写し)及び直近の月末締め帳簿を提出してください。 2 申請者本人確認書類(写し) 個人事業主の場合は、申請者本人確認のために、次の書類等のいずれかを提出してください。 ・運転免許証、パスポート、保険証等の書類(写し) 3 営業に必要な許可等を取得している場合は、そのことがわかる書類(写し) 対象施設の運営にあたり、法令等が求める営業に必要な許可等を取得していることがわかる書類等を提出してください。 4 休業の状況がわかる書類(写しで可) (例)事業収入額を示した帳簿の写し、休業を告知するホームページ、店頭ポスター、チラシ、ダイレクトメール 等 ・休業する施設等の名称や休業の状況(休業期間等)がわかるものとしてください。 5 振込先口座がわかる通帳等の写し ・振込口座は申請者ご本人の口座(法人の場合は当該法人の口座)に限ります。 なお、5月29日(金曜日)23時59分までに送信を完了してください。 なお、郵送方法は簡易書留に限ります。 【注意】持参による申請はできませんので、あらかじめ御了承ください。 4 支給の決定 申請書類を受理した後、その内容を審査の上、適正と認められるときは協力金を支給します。 5 通知等 1 県からの休業要請にご協力いただいた事業者については、協力金のポータルサイトにおいて、対象施設名(屋号等)をご紹介します。 2 申請書類を審査した結果、協力金の支給を決定したときは、後日、支給に関する通知を送付いたします。 (6月以降を予定) 3 一方、申請書類の審査の結果、協力金を支給しない決定をしたときは、後日、不支給に関する通知を送付いたします。 6 支給の時期 協力金の支給開始は本年6月以降を予定しています。

次の

東京都感染拡大防止協力金について問い合わせしたら、モヤモヤした件

感染 防止 協力 金

事業主の皆様 行政書士の髙橋です。 東京都のコロナ感染拡大防止協力金の第2回の申請受付がスタートしました。 第1回協力金を申請されている方も申請可能です。 <申請受付期間> 2020年6月17日~同年7月17日 (郵送の場合、当日消印有効) 協力金について概要は以下のとおりです。 (詳細は、をご確認ください)。 この手続きの事前確認として認められている専門家は、 税理士、中小企業診断士、行政書士等です。 申請の際には、専門家による事前確認が推奨されております。 微力ながら行政書士としてお客様をサポートできたら幸いです。 ご相談・依頼希望の方は、 よりご連絡ください。 お打ち合わせは、メール、zoom、お電話等オンライン上でもご対応いたします。 また、司法書士による無料zoom相談も受け付けておりますので、 事業に関して何かご不安なことやお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

次の

東京都 感染拡大防止協力金

感染 防止 協力 金

申請される方は、必ずご確認ください。 協力金の宿泊事業者の追加について(4月24日更新) 1 交付対象の追加 愛知県・市町村新型コロナウイルス感染症対策協力金の交付対象に、宿泊事業者を追加します。 これをふまえ、ホテル又は旅館について、集会の用に供する部分を休業した場合だけではなく、4月26日(日曜日)から5月6日(水曜日)まで、ホテル又は旅館を休業した場合にも、協力金の対象とするものです。 これらの施設の休業期間については、4月21日に解釈を統一したことから、期間は弾力的に対応することとします。 少なくとも23日から休業をお願いします。 また、農業法人、NPO法人、社会福祉法人等も対象となります。 また、農業法人、NPO法人、社会福祉法人等も対象となります。 ・休業要請等の対象となる施設については、次のとおりです。 ・今回の協力金は、県の要請の対象となる施設について、その運営を行う事業者を対象としています。 ・緊急事態措置以前に、開業しており、営業の実態がある事業者が対象となります。 ・県内の事業所の休業等を行った場合が対象となります。 この場合、県外に本社がある事業者も対象になります。 〇 休業協力要請期間中(2020年4月17日から5月6日までの期間)に休業等の要請に全面的にご協力いただいた中小企業及び個人事業主が対象となります。 ・飲食店等の食事提供施設における営業時間短縮とは、夜20時から翌朝5時までの夜間時間帯の営業自粛に向け、営業時間を短縮することをいいます。 (終日休業を含む。 ) ・全面的な協力とは、休業協力要請の全期間(4月17日から5月6日までの期間)、要請に応じて休業等を行っていただくことが基本です。 ただし、4月17日は調整等を念頭に置いて弾力的に対応することとし、営業の実績があっても構いません。 御承知おきください。

次の