セキセイ インコ オスメス。 セキセイインコの寿命はメスが短い!原因や長生きさせるコツ│パピファ

セキセイインコの雛!性別の見分け方は?オスとメスの特徴まとめ

セキセイ インコ オスメス

セキセイインコのヒナの性別の見分け方 ヒナのオスの見分け方 すべてのヒナの「ろう膜」は全体がごく薄いピンク色でやや青みがかった色をしています。 オスはその「ろう膜」全体の色がすべて同じ色をしているのが特徴です。 ヒナのメスの見分け方 メスは、鼻孔の周りと鼻孔の奥(穴の中)がやや白い色をしているのが特徴です。 セキセイインコの成鳥の性別の見分け方 成鳥のオスの見分け方 成鳥のオスは、ヒナの時よりろう膜が濃く青くなります。 また発情期にはその青みが更に強くなる特徴があります。 また、尾羽を広げる、はき戻しをするなどの繁殖のディスプレイをするなら紛れもなくオスです。 成鳥のメスの見分け方 成鳥のメスは、ろう膜が青白または淡褐色になります。 発情期には茶色がでる特徴があります。 まれに薄青色で鼻孔のまわりだけが白色のものもいます。 また、当然ですが卵を産んだらメスですね。 セキセイインコの性別による特徴 言葉を覚えやすいのはオスです セキセイインコに限らず、犬や猫、その他の小動物においても、どちらかというとメスよりオスのほうがなつきやすい傾向にあります。 その理由の一つとして考えられているのが、パートナーの選択権は常にメスにあり、オスは相手に気に入られるため自身をアピールをする必要があるという事です。 そのため言葉や芸を覚えるのも、オスが早いようです。 メスは少し気は強めで、マイペースな子が多いです メスは、卵を産み、温め、ヒナを巣立ちまで育てるという重要な役割を担っているため、オスに比べると少し気は強めで、マイペースな傾向にあるようです。 人間と同様に、鳥たちの間でも、生まれながらにして役割分担が決まっているため、同じセキセイインコでもオスとメスでは性質に差があります。 オスとメス、それぞれの長所と短所 オスはメスよりもなつきやすいという傾向はたしかにありますが、その分、寂しがり屋さんが多い気もします。 飼い主に構ってもらえないとなると、いじけて羽根を抜きはじめたり、餌を食べなくなってしまうこともあります。 また過発情による病気も心配です。 マイペースで少しクールなくらいが飼いやすいと思う飼い主さんにとっては、メスのほうが合っているかもしれません。 (少々クールといっても、可愛がってあげればメスも充分なつきますのでご心配なく)家にいる時間が長く、インコさんと遊んであげる時間も豊富、ベタ馴れにしたいという飼い主さんはオス、仕事や趣味で家を空ける時間も少なくないという飼い主さんにはメスのほうが合っているのかもしれません。 まとめ セキセイインコの性別の見分け方をご紹介しましたが、ヒナの段階ではオス・メスを確実に判別するのは難しいです。 オスでもメスでも縁があった子を大切に育てよう!という気持ちで迎えてあげてくださいね。 良いインコLIFEを!.

次の

セキセイインコの雛!性別の見分け方は?オスとメスの特徴まとめ

セキセイ インコ オスメス

セキセイインコの性別の見分け方は、鼻の「ろう膜」の色を見ることで、オスとメスの判別ができます。 インコの種類の中では一番性別が分かりやすいセキセイですが、生後間もない雛のうちから性別を確実に見分けることは、ベテランでも間違えることもあるくらいですから素人にはとても難しいことです。 とくに、ノーマル種以外の品種改良によって色素が抜けているセキセイインコは鼻の「ろう膜」の色のみで見分けることは容易ではありません。 これからセキセイインコを飼ってみたいとお考えの方で「オスとメス」の判別を自分でチャレンジして、自分の判別が間違っていたとしても最後まで育てることをお約束してください。 また、飼い始めたセキセイインコの性別が数ヶ月経過したのに、オスとメスの見分けがつかない方のために、我が家で飼っているセキセインコの画像も掲載していきます。 我が家では、アルビノ・ルチノー・ハルクインも飼育していますが、比較的簡単にヒナの時から雌雄の判別がつきやすいオパーリンやレインボーのオスを飼育しておりませんことを予めご了承ください。 それでは、セキセイインコのオスとメス 性別 の見分け方についてご紹介します。 スポンサードリンク セキセイインコのヒナの雌雄の見分け方 上記の参考画像をご覧になってください。 ヒナの雄は「ろう膜」が全体的にピンク 赤紫 の色をしています。 一方メスの雛は穴の周りが白っぽくなっています。 オスかメスのどちらだか分かりますか? すでに全体的に「ろう膜」が白っぽくなってきてますよね。 オパーリングリーンのメロン。 正解は・・・ すべてメスの雛でした! 我が家ではオスを飼育してないと先に述べたので分かっちゃったかな 笑 オスの雛の写真はありませんが、メス雛と違うところは、鼻の穴の周りが白くなっていなくて全体的にピンク 赤紫 一色です。 セキセイインコはヒナであろうと、成鳥であろうと、性別の見分け方は「ろう膜」が基本です。 数ヶ月経つことで性格や行動など「ろう膜」以外の部分からも見分けることも可能になります。 セキセイインコの成鳥のオスとメスの見分け方 生後8ヶ月頃には性別もはっきりと分かるようになります。 下記の写真はメスのオパーリンブルーのピースケです。 「ろう膜」はピンクの上に薄紫がかかったような色です。 アルビノのオス成鳥 「ろう膜」の色はほとんど変わってないです。 ピンクと薄紫が濃くなったかな。 ルチノーの雛:メス 名前はゆず。 雛の時はオスもメスも鼻の色はほとんど同じです。 写真が分かりにくいですね・・・すみません。 ルチノーのメス成鳥 「ろう膜」の色がピンクから白色に変わりました。 ルチノーの雄:成鳥「ろう膜」の色 名前はバナナ。 雛の頃の写真はありません。 アルビノの雄と同じ「ピンク色」をしてますね。 アルビノ・ルチノー・ハルクインの3種は、性別の見分け方は同じです。 ・オスは薄紫とピンク色のろう膜 ・メスは白色のろう膜 成鳥したセキセイインコを飼いたいなと思われたら参考にしてください。 性格や行動でセキセイインコの性別を見分けるには ろう膜だけではオスかメスの判別がつかなかった場合には、性格や行動を観察するのも良い方法です。 この隙間に入る行動は、発情中によくあることで攻撃的になります。

次の

セキセイインコの性別の見分け方は?オスかメスかはここを見よう!!

セキセイ インコ オスメス

セキセイインコのアルビノとは まず、セキセイインコと聞いてどのような鳥を思い浮かべるでしょうか。 黄色や青、グリーンなどカラフルな色の鳥を想像する人が多いと思います。 セキセイインコには様々な品種がありますが、その中のひとつにアルビノと呼ばれる品種があります。 アルビノの特徴は 全身が真っ白で目が赤いことです。 人が交配させた結果による、 色素の異常によってこのような姿になったそうです。 ちなみに、 目が黒いセキセイインコは体が真っ白でもアルビノとは呼ばないそうです。 スポンサードリンク アルビノのオスとメスの見分け方は 鳥のオスとメスを見分けるのってとても難しいと思いませんか? 犬や猫のように、すぐにわかる特徴が体にあるわけではないのです。 そんな鳥の性別を見分ける方法として一番確実だといわれているのは「鼻のろう膜」をみる方法だそうです。 ろう膜とは、くちばしの上の鼻の部分に有るのですが、この色を見る方法が性別の見分け方です。 セキセイインコのヒナは、オスもメスも同じ色をしているので見分けることができないと思います。 この時はピンクや薄紫色をしているのです。 生後2ヶ月を過ぎるくらいになってくると、オスとメスでは色が違ってきます。 成鳥になればなるほど、はっきりとした違いが出てくるのです。 オスの場合は、青色~紺色のツルツルしているろう膜になってくるのに対し、メスの場合は白か白に近いピンク~茶色です。 オスとは違ってザラザラしており光沢のないろう膜となります。 まれにメスでも水色になるそうですが、ろう膜の表面がザラザラしていればメスだそうです。 このように見分けるのが一般的なのですが、アルビノのような品種については見分けることが難しいと言われています。 一般的なセキセイインコよりも色素が薄いため、オスもメスも成鳥になってもアルビノの場合は、ろう膜がピンク色だからです。 わかりにくいですが、 オスの特徴は全体が同じピンクでツルツルしている感じと表現できるのに対して、メスは鼻の穴の周りが部分的に白い輪になっているろう膜だと言えるそうです。 こんなにも見分けるのが大変な理由としては、アルビノが野生には存在しない品種だからかもしれません。 まとめ セキセイインコの性別が見分けられるのは、成鳥になってからが確実だということに驚きました。 しかし、セキセイインコがオスなのかメスなのかを気にしたことは無いかもしれません。 一般のセキセイインコでもなかなか見分けられないので、判別するのが難しいアルビノは見分け方を知ってとしても間違えてしまいそうです。 今すぐチェック スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の