美味しい 梅酒 の 作り方。 梅酒の美味しい作り方 時期はいつ?日本酒でもOK!?

ブランデー梅酒の作り方を紹介。おすすめの飲み頃と飲み方とは

美味しい 梅酒 の 作り方

漬け込む酒はアルコール度数20度以上の酒を使ってください。 梅酒を作る酒はホワイトリカー以外のお酒でもかまいません。 日本酒や焼酎、ブランデー、ウイスキーなどでも梅酒は作れます。 しかし、梅酒は果実酒なので酒税法によって アルコール度数が20度未満のお酒で作ることは法律で禁止されています。 家飲み用であっても、20度未満のお酒で梅酒を作るのは違法になるのでご注意下さい。 なぜアルコール度数の高いお酒を使う必要があるかというと、梅の水分によってアルコール度数が低くなることによって、雑菌により腐敗しやすくなります。 そのためにアルコール度数が35度などの高い度数のお酒を使っています。 アルコール度数が高いお酒を使うことで腐敗しにくくなり、梅酒を長期間保存できるようになります。 砂糖は溶けにくいものならば氷砂糖以外でもOK! 梅酒を作る場合は通常氷砂糖を使いますが、氷砂糖を使う理由は 溶けにくいから、という理由からです。 溶けにくいものであれば、黒糖でも蜂蜜でもOKです。 甘さによっては分量の調整が必要ですが、味や見た目に若干の変化があるかもしれないので試してみるのも面白いですね。 青梅は届いたらすぐに漬けてください。 2日後には熟してきます。 青梅で漬けたい人は青梅が届いたらすぐに漬けるようにしてください。 常温で置いておけば2日後には黄色くなり、甘い香りが漂ってきます。 完熟梅で漬けることもできますが、甘みが増し、酸味も失われてしまいます。 青梅を使った梅酒の作り方 STEP8ふたをして冷暗所に置きます これで梅酒の仕込みは完了です! きちんとふたをして、涼しくて温度変化の少ない場所で保存してください。 6ヵ月後からお飲みいただけます。 果肉やへたなどが混じっている場合は漉してから保存して下さい。 青梅の実は、軽めの風味が好みの方は早めに取り出してください。 深みのある青梅の風味を味わいたい方は1年ほどたってから取り出してください。 梅酒が濁ったり、青梅が崩れてこない限りは漬けたままでも大丈夫。 漬け込む期間は、 6ヶ月〜1年。 半年だと少し早いかな?と感じる方もいるようです。 1年経つ頃からが青梅のエキスが浸透し、味わい深い梅酒になってきます。 青梅を使った梅酒の作り方 梅酒完成漬けあがったらお好みの飲み方で 梅酒の飲み方は、最も梅酒の旨みとコクを味わうことが出来る「ストレート」、冷やしたグラスに大き目の氷を入れるだけの「ロック」、冷たい水で割る「水割り」、炭酸水(ソーダ水)で割る「ソーダ割り」、湯で温める「お湯割り」などがございます。 まずは、梅酒の出来を確かめるためにもストレートかロックで飲んでみてください。 漬け込んだ梅やお酒、砂糖、漬けた期間によって、その年の梅酒の性格が分かります。 梅の実を1粒入れるのも良いですね。 アルコール度数が強すぎたり、すぐに酔ってしまう場合は水割り、ソーダ割りを試してみてください。 就寝前ならお湯割りがおすすめです。 冷凍梅を使った、簡単でおいしい梅酒の作り方 漬け込む酒はアルコール度数20度以上の酒を使ってください 梅酒を作る酒はホワイトリカー以外のお酒でもかまいません。 日本酒や焼酎、ブランデー、ウイスキーなどでも梅酒は作れます。 しかし、梅酒は果実酒なので酒税法によって アルコール度数が20度未満のお酒で作ることは法律で禁止されています。 家飲み用であっても、20度未満のお酒で梅酒を作るのは違法になるのでご注意下さい。 なぜアルコール度数の高いお酒を使う必要があるかというと、梅の水分によってアルコール度数が低くなることによって、雑菌により腐敗しやすくなります。 そのためにアルコール度数が35度などの高い度数のお酒を使っています。 アルコール度数が高いお酒を使うことで腐敗しにくくなり、梅酒を長期間保存できるようになります。 砂糖は溶けにくいものなら氷砂糖以外でもOK! 梅酒を作る場合は通常氷砂糖を使いますが、氷砂糖を使う理由は溶けにくいから、という理由からです。 溶けにくいものであれば、黒糖でも蜂蜜でもOKです。 甘さによっては分量の調整が必要ですが、味や見た目に若干の変化があるかもしれないので試してみるのも面白いですね。 冷凍梅を使った梅酒の作り方 梅酒完成漬けあがったらお好みの飲み方で 梅酒の飲み方は、最も梅酒の旨みとコクを味わうことが出来る「ストレート」、冷やしたグラスに大き目の氷を入れるだけの「ロック」、冷たい水で割る「水割り」、炭酸水(ソーダ水)で割る「ソーダ割り」、湯で温める「お湯割り」などがございます。 まずは、梅酒の出来を確かめるためにもストレートかロックで飲んでみてください。 漬け込んだ梅やお酒、砂糖、漬けた期間によって、その年の梅酒の性格が分かります。 梅の実を1粒入れるのも良いですね。 アルコール度数が強すぎたり、すぐに酔ってしまう場合は水割り、ソーダ割りを試してみてください。 就寝前ならお湯割りがおすすめ。 ご注文方法について インターネットからのご注文 当ネットショップからご注文頂けます。 24時間受け付けております。 お電話でのご注文 お電話でご注文いただけます(0739-72-2846/受付日時:平日9時〜17時) FAXでのご注文 FAXで24時間ご注文いただけます(0739-72-4900/) メールについて 紀州梅苑では、お客様から頂いたメールへのお返事は、必ず3営業日以内に返信させていただいております。 万一、メールをお送りいただいたにも関わらず、当店より返信が届かない場合は、大変お手数をお掛け致しますが、再度ご連絡下さいます様、お願い致します。 土、日、祝祭日はメール返信、発送業務をお休みさせて頂きます。 お急ぎの場合は電話注文をご利用下さい。

次の

美味しい梅酒が作れる!『果実酒用ブランデー』おすすめランキング

美味しい 梅酒 の 作り方

手作り梅酒に使用するお酒の注意点 手作り梅酒のベースにおすすめのお酒ランキングに入る前に、作る上で 使用するお酒の注意点をご説明しておきます。 本来梅酒に限らず梅酒を作るには免許が必要です。 これは酒税法によって定められており、梅酒も含まれます。 それだけ聞くと作れないのでは、と思われるかもしれませんが、酒税法の中には梅酒を含む果樹酒に限り、以下の条件下であれば 自家製を認めている部分があります。 製造した本人が飲用することを目的として、販売や提供をしないこと• お酒は販売にも免許が必要なので、作ったものを販売、あるいは金銭を受け取らなくても提供すれば酒税法に抵触してしまいます。 上手くできたからと言って、 友人知人に提供しないように気を付けましょう。 さて、ベースのお酒については次が問題です。 これは製造上の問題で、 アルコール度数が低いものを使うと、次にのような問題が起こる可能性があるためです。 梅酒のアルコール度数が低くなり、殺菌能力が低下するため雑菌が沸く可能性が高くなる• 糖のアルコール発酵が進み、人体に有害なメタノールが生成される アルコールが低いとこのように体に悪影響を与える可能性が高まってしまうため、法律では禁止されているのです。 梅酒との相性や出来上がる梅酒の特徴、使用される頻度などを元に順位付けさせていただいていますので、 梅酒作りに使うベースのお酒選びの参考にしてください。 第1位:ホワイトリカー(焼酎甲類) ホワイトリカーをベースとした梅酒は一般家庭で作る梅酒の中でも最もポピュラーです。 元々酎ハイなどにも使われる 無味無臭の甲類焼酎であるため、梅酒にした場合も梅本来の香りや味を楽しめるのが特徴となっています。 そのため梅酒の中でも特に飲みやすく、お酒が苦手な方でもすんなりいけてしまう飲み口となっています。 梅が本来持つ香りや甘酸っぱさを活かした梅酒を作るのにもおすすめですし、そのすっきりした 飲みやすさからも相性は抜群、ベースとするお酒の中では一番扱いやすく、失敗しずらいお酒として第1位にランクインしました。 ブランデーは元々香り高いお酒なので、梅酒の香りと相まって普通の梅酒とは違った香りが楽しめます。 またホワイトリカーベースのものよりも まろやかで甘味があるのも特徴です。 ブランデー本来の刺激もなくなるので、飲みやすくなるのもポイントでしょう。 また他のお酒をベースにした場合、熟成期間に6カ月から1年かかるのに対し、ブランデーの場合は 最短で3カ月ほどで美味しい梅酒が出来上がります。 これはエキスの抽出が早いことが挙がりますが、もちろんブランデーも時間をかけただけ深い味わいの梅酒ができます。 ただ早く飲みたい方にとってはブランデーもおすすめです。 アルコール度数が高いので、 出来上がる梅酒も高めのアルコール度数になってしまうため、アルコールが苦手な方には飲みにくい梅酒になるかもしれません。 そのような点を踏まえた上でこの順位になりました。 この甘味が梅酒の甘酸っぱさとマッチすることで、自然な甘味がより引き立った仕上がりとなります。 そのため丸みのあるまろやかさと コクがある深い味わいと口当たりの梅酒が出来上がります。 しかし日本酒が使えれば、 焼酎よりも梅の香りや味を活かしつつ、飲み応えのある梅酒が出来上がります。 泡盛で梅酒を作ると、泡盛のコクと梅酒の甘酸っぱさが上手い具合でミックスされ、まろやかで味わい深いものとなります。 泡盛自体も甘味を持っているので、独特の甘味を持つ梅酒としても人気です。 ただ独特なだけに好みも分かれる部分があるので、第4位となっています。 しかし 泡盛が好きな方なら好みの梅酒ができる事請け合いです。 第5位:本格焼酎 本格焼酎で作っても美味しい梅酒ができます。 本格焼酎は元々ある独特の香りや味を持っているので、それを活かした梅酒が出来上がります。 麦や芋、玄米、米など高品質の焼酎を使うことで、梅の成分がしっかりと溶け出し混ざり合うので、本格焼酎で作ったとき 特有のコクやキレのあるまろやかさが生まれるのです。 焼酎の種類によって味わいも変わるので、ご自宅で作る際にもいろいろ試してみてもいいかもしれません。 ただ梅本来の香りを楽しみたいのであれば、こちらは 少し癖があることもあり第5位になりました。

次の

ブランデー梅酒の作り方を紹介。おすすめの飲み頃と飲み方とは

美味しい 梅酒 の 作り方

ご家庭で簡単に作れる手作り自家製梅酒 梅酒は、多くの人に愛されるお酒のひとつ。 緑茶梅酒や黒糖梅酒など、バリエーションも豊富になってきています。 しかしなんと言ってもこの梅酒、 はじめての方でもチャレンジしやすい人気の自家製果実酒でもあります。 味わいはもちろん、手作りの梅酒が熟成していく過程も同時に楽しむことができます。 梅酒をはじめ、 梅にはクエン酸などの有機酸が含まれており、疲労回復などの効果があるとされています。 梅酒って食前酒としてよく見かけますよね。 これは梅酒に食欲を増進させる効果があるためです。 本ページでは、梅の郷、紀州和歌山の梅農家が教える紀州南高梅の青梅を使ったおいしい梅酒の作り方(レシピ)をご紹介いたします。 梅酒を作る時期は6月頃。 梅酒作りに必要な生の梅(青梅)は5月末~6月下旬頃にしか手に入りません。 その頃に購入しておいて冷凍しておくのもオススメです。 材料と用意するもの 青梅(南高梅) 1kg はちみつ 500~800g ブランデー 1. 8リットル 果実酒用の容器 4リットル容器 はちみつならではの口当たりとコクが味わえます。 氷砂糖をハチミツに替えるだけ、手順はまったく同じです。 はちみつの量はお好みで調整してください。 はちみつは溶けにくいので、漬け込み後2週間は毎日一回、容器をよく揺すり糖分を均等にします。 その後も1カ月に数回この作業を繰り返します。 梅酒作りの豆知識(氷砂糖と浸透圧) 梅酒作りでは氷砂糖を使います。 実は、美味しい梅酒を作るには氷砂糖が不可欠なんです。 それは、お酒 ホワイトリカー と氷砂糖が美味しい梅酒を作りだす浸透圧を絶妙なバランスに調整してくれるためです。 梅酒に限らず、漬け物は浸透圧という現象を利用して作ります。 梅酒の場合、氷砂糖がその性質を十分に発揮することで、浸透圧によって梅のおいしいエキスをホワイトリカーに抽出することができます。 その仕組みは、ゆっくりと溶けていく氷砂糖の性質を活かすことにあります。 まず最初に、氷砂糖を入れてすぐの状態では梅の方が糖分が高いため、梅がその実の中へホワイトリカー 水分 を含んでいきます。 この時、梅は膨らんでいきます。 そして、その取り込んだホワイトリカーに梅のエキスや香りが溶けだしていくのです。 氷砂糖が溶けて周りのホワイトリカーの糖度が上がってくると、今度は逆に梅の実の中に入ったホワイトリカーが梅から出てきます。 この浸透圧のバランスが落ち着くのが3ヶ月~半年とされているので、いわゆる飲み頃とされています。 また、粉砂糖を使うとホワイトリカーの糖度が一気に上がり、梅のエキスが抽出されにくいうえ、一部は溶けずに底に溜まってしまうこともありますので、梅酒にはあまり適していません。 よくある質問(FAQ) キズのある青梅で漬けても大丈夫ですか? 小さいキズ程度なら漬けても問題ありませんが、大きいキズのあるものや、傷んでいるものは取り除いてください。 大きいキズの場合は梅酒がにごることがあります。 アク抜きは必要ですか? 新鮮な南高梅を使う場合はアク抜きの必要はありませんが、青くて硬い青梅(品種:古城など)は、2~4時間程度アク抜きしてください。 長時間浸けると傷む原因になりますのでご注意ください。 氷砂糖以外でも作れますか? 可能です。 氷砂糖は純度が高く雑味が少ないので梅本来の風味を味わうことができます。 また、ゆっくりと溶けるため梅のエキスがじっくりと抽出され、美味しく出来上がるといわれています。 梅の実を取り出すタイミングは? 1年程度で梅のエキスが液に浸透しますので、それ以後ならいつでもかまいません。 取り出さずにそのままにしておく方が風味・色・香り・コクが増します。 ただし梅の実を入れっぱなしにしておくと、にごりや苦味がでる場合がありますので注意が必要です。 取り出した梅の実は食べられますか? そのまま食べることもできますが、ジャムなどもよく使われます。 (果肉を細かく刻んで砂糖と一緒に煮れば完成です)。 ゼリーなどに入れるのもおすすめです。 完熟梅で梅酒を作ることはできますか? 可能です。 皮がやわらかくなっていますので、つぶれないように取扱いに注意してください。 基本的には青くて硬い梅で作る方が梅のエキスが出やすいといわれていますので、青梅で作ることをおすすめいたします。 しかし、フルーティーな香りが良いということで敢えて完熟梅を好んで作られる方もいます。 アルコール度数35度以上のお酒が基本です。 焼酎以外ですとブランデー、ウイスキー、ウォッカなどが一般的です。 出来上がりの味がお酒の味に左右されますのでご注意ください。 日本酒などで梅酒を作られる方がおられますが最低でも20度以上のお酒で漬けてください。 青梅の保存方法を教えてほしい 青梅は鮮度が落ちやすいので、購入後は必ず冷蔵保管し、できる限り早めに漬けましょう。 (3日以内程度)また青梅は冷凍保存が可能です。 使いきれなかった場合は冷凍しておきましょう。 漬ける際は凍ったまますぐに利用できます。 冷凍青梅で漬けても大丈夫ですか? 大丈夫です。 むしろ冷凍梅で作る方が梅のエキスがでやすいといわれています。 冷凍する前に梅をよく洗いヘタを取っておくと便利です。 その場合は解凍せずに凍った状態のまま漬けることができます。 中の梅がしわしわにならない 基本的には問題ありません。 梅にも個体差があります。 浸透圧の関係で砂糖の分量が多いほどしわしわになりやすくなります。 梅からエキスが出たあとにホワイトリカーが梅の中に入ることがありますので、しわしわになっていないからといって必ずしもエキスがでていないわけではありません。 梅酒が濁った場合の対処方法は? まずは梅の実を全て取り出してください。 残った梅酒はガーゼなどで漉してください。 出来上がりの量を教えてほしい 梅1kg、氷砂糖500g、ホワイトリカー1. 8Lの場合は、約2. 2~2. 4L程度が目安となります。 容器はどれくらいの容量を購入したらよいですか? 漬ける梅の約4倍の容量が目安となります。 1kgの場合は4リットル容器、2kgの場合は8リットル容器がおすすめです。 賞味期限はどれくらいですか? 度数の高いアルコールで漬けていますので賞味期限はありません。 年月を重ねるごとに熟成し深いコクがでてくるのが梅酒の楽しみのひとつです。 梅酒の飲み方を教えてほしい ロックはもちろん、水割り、お湯割り、ソーダ割りなどでお楽しみいただけます。 料理やデザートのアクセントにも使うことができます。

次の