ドラクエ 11 主人公 スキル。 【ドラクエ11S】「主人公」のスキルパネル・特技【DQ11S,PS4,3DS,スイッチ】

ドラクエ11主人公のおすすめスキルと武器。片手剣か両手剣っどちが強い?

ドラクエ 11 主人公 スキル

二刀の心得• はやぶさ切り• ギガスラッシュ• ギガブレイク• ギガデイン• ゾーン必中• ビッグバン• 渾身斬り• 「」では両手に剣を持つことが出来るようになり、「」では敵に二回攻撃を行えます。 また、ストーリー終盤で手に入る 主人公の最強武器は片手剣のため、最初から片手剣スキルを強化していて損はありません。 主人公のおすすめスキル振り分け 序盤に二刀の心得を必ず習得しよう• かえん斬り• ドラゴン斬り• はやぶさ斬り• また、主人公の強力な特技「」「」などは 片手剣を進めないと習得できないため、最初に片手剣スキルを進めるのがおすすめです。 ギガスラッシュ• ギガスラッシュなどは 全体攻撃で使い勝手がとても良いです。 「」や「」を修得するためには大量のスキルポイントが必要です。 終盤は勇者スキルがおすすめ• ゾーン突入率+5%• デイン• 常時きようさ+10• 常時ちから+10• アストロン• 常時こうげき魔力+50• ゾーン効果アップ• 常時最大MP+20• ギガデインを覚えた後はステータスUP系のパネルを開放しながら「」や「」を開放していきましょう。 未開放パネルを開けていこう• 全身全霊斬り• ガードカウンター• つるぎのまい• ギガブレード• ギガクラッシュ• 「」を習得すると二刀流ができるので、片手剣スキルはまずは二刀の心得を覚えることを目指していきましょう。 両手剣は盾を装備することが出来ませんが「」でその弱点を補えます。 また、強力な物理特技の「」や「」を覚えられるのが両手剣スキルの強みです。 剣神スキルは「」などの強力な 全体攻撃や敵単体に大ダメージを出せる「」や「」を覚えられるのが特徴です。 勇者スキルの呪文特技は装備に関係なく使うことが可能です。 ゆうしゃスキルはステータスの底上げや「」や「」などの強力な呪文を覚える事ができます。

次の

[DQ11] 主人公(あなた)の紹介 能力・スキルパネル

ドラクエ 11 主人公 スキル

ドラクエ11で全キャラのスキルパネルを全部取る方法 今回は全キャラのスキルを全て取る方法を解説していきます。 普通にレベル99にすると残念ながらスキルポイントが足りずに各キャラ1つくらスキルがとれないということになります。 各キャラのスキルポイント不足数 現状判明しているスキルポイントの不足分は 主人公:14ポイント シルビア:12ポイント ベロニカ:12ポイント セーニャ:12ポイント グレイグ:12ポイント ロウ:5ポイント カミュ:3ポイント マルティナ:3ポイント 合計不足スキルポイント73 =73ポイントあれば、全キャラが全てのスキルを取れる。 スキルポイントを簡単に入手する方法 ——sponsored link—— 【スキルの種使用】 フィールドやストーリーの進行で宝箱などから入手できるので実際はストーリークリア後に60個前後入手すればいいという計算になります。 スキルの種を落とすモンスター一覧 ひとくいばこ・ミミック・パンドラボックス=こちらは倒すとほぼ100%の確率でスキルの種を落とします。 しかしシンボルが宝箱なのであまり現実的ではありません。 ではどうやるのか。 5倍獲得出来る効果もついてきます。 レアドロップは「スキルのたね」 てんのもんばん・邪 天空魔城に出現 ドラクエ11のてんのもんばん・邪はてんのもんばんの邪モンスターで、ユグノア地方(昼の雨で確認)に出 ——sponsored link—— 【装備しておくと種集めにお得な装備】 うさぎのしっぽ=アイテムドロップ率が上がる装備 ラッキーベスト=攻略本付属のプレゼントコード メダ女の制服 上記の装備で「アイテムドロップ率上昇」の効果を得ることができます。 できる限りドロップ率を上げておくのがおすすめです。 これで各キャラスキルに悩まずにスキルポイントを振ることができますね。 ——sponsored link——.

次の

ドラクエ11 主人公のおすすめスキル振りや育成ルート

ドラクエ 11 主人公 スキル

使用できるスキル 片手剣・両手剣・ゆうしゃ・剣神 おすすめスキル振り• 序盤 渾身斬り、ぶんまわし• 復帰後 ベホマ、ベホマズン、アルテマソード もっとも優先してあげたいのは両手剣スキルです。 両手剣スキルの攻撃性能は片手剣に比べて、断然優れているためアタッカーとして頼れる存在になります。 ただし、伝説の武器「勇者のつるぎ」は片手剣になるので、高レベル帯になれば片手剣にも適度に振っていき剣神スキルを強化していくと良いです。 パワーアップ後には、優秀な呪文を多く覚える勇者スキルに目を向けていきましょう。 序盤 ぬすむ、スリープダガー• 復帰後 二刀の極意、 メタル狩り限定:会心必中 状態異常を引き起こす短剣はボス戦向き、全体攻撃が得意なブーメランは雑魚戦向きのスキルです。 かみわざスキルの「ぶんしん」は優秀なので、短剣スキルとかみわざスキルを並行して伸ばしていくのがいいでしょう。 ぶんしんを覚えたら、短剣スキルを伸ばしつつ、片手剣スキルも少しずつ育てておきます。 パワーアップ後は、二刀の極意を目指します。 ぶんしんと心眼一閃を組み合わせた時のダメージはケタ外れなので、ここからカミュの真の力が発揮されると言っても過言ではありません。 レベル上げをしたいときだけスキルを振りなおして、会心必中を覚えさせましょう。 序盤 戦闘勝利時MP小回復、聖女の守り、キラキラポーン• 中盤 光の旋律• 復帰後 女神の祝福、ホーリーライト 回復メインで使うことが多くなるので、スティックがおすすめです。 パワーアップ後は、女神の祝福とホーリーライトを優先して覚えさせます。 追加で覚えさせたいスキルはその2つくらいなので、あとはステータスアップのパネルを開けていきましょう。 序盤 戦闘勝利時MP小回復• 中盤 魔力かくせい 魔力の息吹経由 、暴走魔法陣 しゅくふくの杖経由• 復帰後 メラガイアー、イオグランデ ベロニカは呪文をより強力にするために、両手杖とまどうしょにスキルポイントを振っていきましょう。 先にまどうしょを、そのあとに両手杖の順番で育てていきましょう。 パワーアップ後は、メラガイアーやイオグランデといった強力な攻撃呪文を習得させ、強敵戦に備えて復活の杖も覚えさせておきましょう。 序盤 ツッコミ、ハッスルダンス• まずは最優先でハッスルダンス習得に向かいましょう。 攻撃性能では、ほかのキャラクターに劣るため、サポートを重視してきょくげいやおとめにスキルポイントを使っていきたいところです。 武器を1つ選ぶなら、グループ攻撃と状態異常こうげきが可能なムチ、状態異常特化の短剣などがおすすめですが、基本的にはシルビアは「バイシオン」や「ハッスルダンス」などを使ってサポート・回復の立ち回りに徹底することが重要になるでしょう。 復帰後 サイクロンアッパー、ばくれつきゃく マルティナの武器は、かくとうとツメがおすすめです。 ヤリはバランスに優れますが、一対一の戦いに特化するツメの方が有能で、雑魚戦は「しんくうげり」ですべてフォローできます。 スキルポイントも6しか消費しないので、ツメメインで育てる場合でも、コストパフォーマンスが良くおすすめです。 おいろけスキルは魅力的ですが、効率プレイを目指す場合SPを振っていく余裕はありません。 復帰後 零の洗礼、マヒャデドス、ステータス強化 ロウは賢者ポジションなため、さとりスキルで呪文面を強化していきたいところです。 ロウのMPは他のキャラクターと比べて抜群に高いです。 また、ロウはスキルパネルがなくても呪文・とくぎ共に優秀なため、ステータス強化中心にスキルパネルを開けていきましょう。 「マヒャドデス」と「ドルマドン」の両獲りについては、効率プレイをする場合には現実的ではありません。 ツメスキルを経由するのはプレイ効率を落とすので、両手杖スキルを経由してのマヒャドデス習得が既定路線でしょう。 終盤 天下無双、会心完全ガード えいゆうスキルと盾スキルが優秀です。 武器は盾が使えるように片手剣かオノがおすすめです。 オノは攻撃力が高く、相手の守備力を下げる「かぶとわり」や「鉄甲斬」はボス戦に、グループ攻撃できる「オノむそう」は雑魚戦に有効なためバランスがとれています。 片手剣はほかのキャラと武器の共有ができるので節約プレイという意味では優秀です。 両手剣は盾スキルを使えなくなるので、攻撃特化にする場合は検討しましょう。 特技はえいゆうスキルで補って、盾スキルを伸ばしていく方針がもっとも合理的でしょう。

次の