らくらく スマートフォン me f 01l。 【ドコモ】 らくらくスマートフォン me(F

【レビュー】らくらくスマートフォンme f

らくらく スマートフォン me f 01l

Contents• ドコモ らくらくスマートフォン me(F-01L)の概要 10月17日、NTTドコモは、2018-2019冬春モデルスマートフォン「らくらくスマートフォン me(F-01L)」の発売を発表しました。 発売日は2019年を予定としていましたが、2月15日に決定しました。 「らくらくスマートフォン me(F-01L)」は、初めてでも使いやすいスマートフォンをコンセプトに、かんたん操作で文字が大きく、MIL規格で洗えるようになった、あんしんして長く使える機能が充実したシニア向けスマートフォンです。 docomo with対象モデルです。 画面や文字が大きく操作もかんたん。 写真や文字もくっきり見やすく、色鮮やかに表示。 長く使える電池持ちと防水。 シャープ独自の技術と省エネIGZOディスプレイで。 さらに長く使える電池持ち、水滴がついても快適に操作できる。 持ちやすいサイズ感と快適な操作性。 片手に収まるサイズ感と、丸みを帯びた持ちやすい形状。 充実の性能でサクサク快適に使える。 4mm 質量 約155g 電池容量 2700mAh CPU SDM450 SIM Cards nanoUIM 搭載OS Android 8. 1 発売日 2019年2月15日発売 ディスプレイ ディスプレイ 種類 有機EL サイズ 4. docomo with対象機種。 「らくらくスマートフォン me(F-01L)」の機種変更時、新規契約時、MNP時の実質価格は以下の通りです。 NTTドコモ取扱い店の価格とは異なる場合があります。 上記の価格は2019年2月現在のものです。 ドコモ らくらくスマートフォン me(F-01L) ネットでの評判・レビュー らくらくスマートフォン me(F-01L)に関するネット上でのユーザーからの口コミレビューを紹介しています。 ついにらくらくスマートフォンもソープスマホに…! Android 8. 1ベースになって薄型、画面も大型化。 Android端末は最初からこの方向性で開発してりゃよかったんだよなあ。 SD450になって、RAM3GBに増えて、USB Type-Cになってる!— おふがお OffGaopen.

次の

ドコモ らくらくスマートフォン me(F

らくらく スマートフォン me f 01l

らくらくスマートフォン me F-01L 本製品はシニアをはじめ、スマートフォン初心者に向けた機能を搭載。 画面を拡大できる「おまかせズーム」機能、タッチ操作のサポート機能を備える。 ブザー機能や迷惑電話・迷惑メール対策機能を用意。 ディスプレイは4. 有効約1310万画素のアウトカメラでは、ポートレート機能や撮影した花の情報が分かる「花ノート」を利用できる。 OSはAndroid 8. 1、プロセッサはQualcommのSnapdragon 450(1. 3(奥行き)mm、重量は約143gで、カラーはピンク、ブラック、ゴールドの3色。 「らくらくスマートフォン me F-01L」の主な仕様 機種名 らくらくスマートフォン me F-01L メーカー 富士通コネクテッドテクノロジーズ OS Android 8. 1 プロセッサ Qualcomm Snapdragon 450 MSM8937/1. 8GHz 8コア メインメモリ 3GB ストレージ 32GB 外部メモリ microSDXC(最大400GB) ディスプレイ 約4. 3(奥行き)mm 重量 約143g 【訂正:2019年2月16日22時35分 初出時のスペック表で、F-01Lのディスプレイサイズを5. 7型としていましたが、正しくは4. 7型です。 おわびして訂正致します。 】 関連記事• NTTドコモは、2月6日に富士通コネクテッドテクノロジーズ製の「らくらくスマートフォン me F-01L」の予約受付をスタート。 価格は4万3416円(税込)で、発売は2019年春を予定している。 月額1500円を半永久的に割り引く「docomo with」の対象機種となる。 NTTドコモが、月額1500円を半永久的に割り引く「docomo with」対象のスマートフォン3機種を発表した。 価格は3万〜4万円台で、3機種ともAndroid 8. 1をプリインストールしている。 NTTドコモが2018年冬〜2019年春商戦向けの新製品を発表した。 ハイエンドから個性派ケータイまでバラエティに富んでいる。 現時点で判明している、ドコモオンラインショップの一括価格と実質価格をまとめた。 NTTドコモが10月17日、2018年冬〜2019年春商戦向けの新商品を発表した。 スマートフォンは「Xperia XZ3」や「Galaxy Note9」など5機種。 薄くて小型のカード型ケータイも投入する。 NTTドコモは、2月28日に「らくらくスマートフォン me F-03K」を発売する。 関連リンク•

次の

me(F

らくらく スマートフォン me f 01l

らくらくスマートフォン meのデザインと色 カラーはレッド、ブラック、ゴールドの3色から。 スマホ初心者やずっとガラケーを使っていて機械類が苦手なシニア層向けモデルということで、女性向け・男性向けのほか、金運が上がりそうな金色もラインナップされ、若者からお年寄りまで幅広い需要に対応しています。 デザインに関しては、2018年度のグッドデザイン賞を受賞していることもあって、見た目と使いやすさが両立している初心者にも最適なスマホに仕上がっています。 (発売は2019年2月ですが) サイズはディスプレイが4. 7インチとスマホの中では小ぶり。 5インチ以上の大型モデルが多い中で、日本人の手に馴染みやすいサイズ感なのも魅力です。 スマホセールスデータを集計しているBCNランキングによると、AQUOSやXperiaシリーズなど人気スマホを上回るトップ20以内に入ることが多く、非常に売れているのがわかります。 らくらくスマートフォン meの性能 スペック表 サイズ 高さ 143mm 幅 70mm 厚み 9. 3mm 重さ 約143g OS Android 8. 1 CPU クアルコム SDM450 メモリ 3ギガバイト ストレージ 32ギガバイト 外部メモリ 最大400ギガバイト (microSDXC) バッテリー容量 2110mAh ディスプレイ 約4. まあこれだけあれば十分ですね。 でも最近のスマホでは3000mAh以上のバッテリーを搭載している端末も増えているため見劣りしてしまうのは仕方ないでしょう。 連続待受時間(静止時)の目安は通信モードによりますが、370~450時間ほど。 連続通話時間は330~850分ほどとなっています。 電池持ち時間は約100時間なので、何も使わなければ4日ほど充電無しでいられる計算ですね。 大雑把に、ですが2日に一度くらい充電するペースで使っていけそうです。 カメラ性能は? スマホ選びに大事なポイントでもあるカメラ性能。 らくらくスマートフォン me F-01Lでは1310万画素(自撮り500万画素)と十分な性能を備えています。 夜景にはあまり強くないみたいですが、風景からグルメまで高精細な写真を撮れるので、自分のSNSに自信をもってアップできるでしょう。 また最近流行りの背景をぼかせる「ポートレートモード」も搭載。 撮影するときにディスプレイに表示されているバーでぼかし具合を簡単に操作できるのも便利です。 ほかにも花を写すと名前を調べられる変わった機能もついてます。 嬉しい人にはいい機能なんじゃないでしょうか。 SNSアプリ「LINE」は使える? 使えます。 家族や友達、恋人とのやりとりにいまでは欠かせないツールとなっているスマホアプリ「LINE」が使えないようではスマホの価値がなくなってしまうでしょう。 「らくらくスマートフォン me F-01L」では使えるのは当然として、さらに一歩踏み込んでダウンローダー機能も付いています。 もう最初からインストールしておいてくれてもいい気がするんですが、そこはそれ。 メーカーが他の企業のサービスを無償でつけてあげる義理もないはずなので、自分でダウンロードしましょう。 おサイフケータイは使える? FeliCa対応で使えます。 Suicaなど交通系のICカードをすでに利用している人は多いと思いますし、それらの代わりにこのスマホを決済利用する人はそんなにいないかもしれませんが、必要な人はいるはず。 そんな人でも安心して契約できます。 防水・防塵性能は? らくらくスマートフォン me F-01Lは泡タイプのハンドソープでそのまま洗える防水性能を備えています。 そのため、ゲリラ豪雨でずぶ濡れになるくらいなら余裕ですね。 また米国国防総省の調達基準であるMIL規格23項目準拠のため、• 急激な温度変化• 直射日光• 防塵 など非日常的な環境下にも耐えうるタフさも備えています。 大谷翔平に投げられる・打たれる、本田圭佑に蹴られるくらい激しいダメージがないなら問題ないでしょう。 日常生活で使っているだけで壊れる可能性は低いですね。 充電器は必要? 残念ながら本体に付属していないため、持っていない人は別途購入することになります。 とくにケータイから「らくらくスマートフォン me F-01L」に乗り換えるパターンだと買うことになるでしょうね。 充電器はアマゾンなどでも買えるんですが、ドコモオンラインショップでの購入が安心です。 価格は「ACアダプタ07」が2592円(税込)。 机の上にセットできる「卓上ホルダF53」も3024円で売ってますが、買う価値があるのか?といわれると微妙なラインですね。 卓上ホルダだけでは充電できないので余裕のある人はどうぞ。 らくらくスマートフォン meの口コミ評判 ツイッターでは口コミを見つけられず。。。 SNSに積極的にアップする層には需要がないのかもしれません汗。 iPhoneなら大量に見つかるんですけどね。 comにあったレビューから一部引用させてもらうと• 老人用に文字サイズが大きいのは良い• 高齢者にはこれで良いと思う などお年寄りにはいいよ、といった評判ですね。 でも絶賛している人はいませんでした。 みなさんなにかしら不満を感じるポイントがあるようで、ここはこうだったらなお良かった、あそこはあーだったらいいのに、と煮え切らないレビューでした。 ただしスマホに慣れている人にとって物足りないのは仕方ないでしょう。 あくまでもスマホデビューする人、ガラケーから乗り換えるシニアをターゲットにした端末ですね。 専用ケースはどれくらいある? Amazonで検索してみると4万件以上ヒット。 さすがにすべてらくらくスマートフォン me F-01L用のケースではありませんが、手帳型・ケース型・バンパー型、無地・柄あり、レザー・キャンパス地など多種多様なケースがヒットします。 そこまで市場シェアのあるモデルではないため、正直こんなに充実しているとは思いませんでした。 これだけあれば何かしらお気に入りにケースが見つかるはず。 好きなケースがないかも?と思っている人は安心してください。 まとめ ドコモで契約できる富士通製のシニア向けスマートフォン「らくらくスマートフォン me F-01L」についてまとめました。 端末価格は4万円少々で、価格に見合った性能を備えています。 シンプルでわかりやすい操作性もありつつ、防水・防塵・耐衝撃性能の高さも十分と安心して使えるスマホです。 もともとタフなモデルですが、それだけでは不安な人も専用ケースが充実しているので購入すればさらに安心です。 スマホデビューする人や、おじいちゃんおばあちゃんに持たせるスマホとしてもおすすめできる端末です。

次の