す な かき ドリュウズ 育成 論。 【ポケモン剣盾】ドリュウズの育成論!「かたやぶり」「すなかき」どっちがいいの!??

ドリュウズ育成論 : 【砂パ入門】ドリルすな【すなかきドリュ】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

す な かき ドリュウズ 育成 論

砂パの強さは、大きく分けて三点挙げられます。 まず一点目、 砂パ不動のエースであるが驚異的な性能を有するということ。 は攻撃種族値135・使い勝手のいい一致技・その一致技の範囲の補完となる岩技を全て兼ね備える為、突破力に長けたポケモンであると言えます。 しかしは耐久力・素早さが共に中途半端であり、高速ポケモンに先手を取られて撃沈しやすい為、自慢の突破力を十全に発揮する為には、何らかの追加要素が必要であるという問題があります。 この問題を解決するのが特性砂掻き。 最速殻破すら余裕を持って抜き去る程の素早さから、自身の突破力を押し付けることが可能になります。 頭のドリルは飾りではないようですね。 次に二点目、 砂パの始動役であるが強力であるということ。 の論である為がどのように強力なのかは砂始動バンギの論【 】に解説を委ねます。 短く申しますと、格闘タイプを除いたほぼ全てのポケモンに対して起点作りという仕事をこなせること、さらに最低限やるべき天候変化は場に登場するだけでこなせること、などがの強さの理由です。 最後に三点目、 天候砂嵐の効果範囲が広いということ。 晴れや雨が炎水タイプの火力変化や乾燥肌持ちへの定数ダメージ程度の効果しか発生させないのに対し、砂嵐の効果は岩鋼地面のいずれも持たないポケモン全ての体力を毎ターン削るというものです。 適用範囲が非常に広い為、の火力サポートとして地味ながら優秀です。 「エースが強い」「お膳立ても強い」「利用するフィールド自体まで強い」 強さの三拍子が揃っている構築、それが砂パであるのです。 吉野家のようですね。 現環境の砂パ では、そんな砂パが今世代ではどのような立ち位置にいるのかを見ていきます。 悪い点1:天候の書き換えが容易になった 先ほど砂パの勝ち筋は一本であると申しました。 ならば、を潰されることは敗北を意味します。 この点地面無効・鋼半減・岩等倍・高耐久・格闘技持ちという、まるでを潰す為だけに存在するようなの登場は、砂パ界隈を震撼させました。 また、砂掻き発動時のをスカーフ持つだけで抜いてくるや、ダイジェットで素早さの補強が非常に簡単になったことも、の性能を相対的に低下させる要因となっています。 とはいえ、これらは相方のがある程度軽減できます。 やはり悪い点1の天候を奪われやすいことが最も困難な課題です。 特に砂パの並びにはダイストリームが一貫しがちであり、水タイプは砂パを動かす上で特に注意すべき存在となるでしょう。 良い点1:とダイマックスの相性が非常に良好である ダイマックスは逆風ばかりをもたらしたわけではありません。 前の項目での欠点として耐久力の欠如を挙げました。 ダイマックスによるHP2倍効果は、この欠点を解消します。 また、のタイプ一致技のうち、ダイアースは特防・ダイスチルは防御をそれぞれ上昇させる効果を持ちます。 ダイマックス中も特性砂掻きは発動する為、これらを先行して撃つことで自身の耐久力を高めておき、相手に弱点技を返されても、耐久上昇とHP2倍によって無理やり耐えるという戦術が可能となったわけです。 また、技威力の上昇もシンプルに強力です。 特に鋼打点は80から130という1. 5倍以上の強化を得ており、地面無効・鋼等倍勢 一般飛行タイプ等 でを止めることは不可能になりました。 ダイマックスは使用者の攻撃性能・防御性能を高めるものですが、はその性質による恩恵をこれ以上ないほど受けられるのです。 あとダイマックスの演出の赤黒い光がに似合っていてカッコいいのでそこもダイマックス適性ですね。 良い点2:を縛れるポケモンが少なくなった 「縛る」とは、あるポケモンに対し、特定のポケモンが先に行動して撃破できる状態のことを言います。 例えばHPが半分になったはの影撃ちを耐えないので、対面したら絶対に倒されてしまいます。 この状態をがに縛られている、あるいは逆にがを縛っている、と表現します。 砂掻き発動時のはかなりの機動力ですが、ダイマックスを切らなければ耐久力に乏しい為、に効果抜群の先制技持ちに縛られやすいです。 しかし、現環境でを縛れるほどの先制技の持ち主は精々程度であり、また先制技に頼らずを縛れるほどの超高速ポケモンも多くはないので、従ってが先手を取って何かしらの行動を取れる機会が多い、という理屈です。 良い点3:が自分で砂嵐を撒けるようになった 悪い点は全て環境的要因であり、砂パ自体が絶対的に性能を低下させたわけではありません。 また、良い点は全ての性能が高まったということを表しています。 それを踏まえて現環境の砂パについて一言で申すならば、 「 砂パは、勝ち筋を通すのはやや困難だけれども、砂の単体性能が大幅に向上している為、通せれば圧倒的に強い構築である」 とまとめられるでしょう。 以上より、まず砂パの採用理由は「通れば強い構築だから」、そしての採用理由は「特性砂掻き持ちの中で最も制圧力が高いポケモンだから」となります。 砂掻きパッチやウオノラが解禁されたらまた話は変わってくるのでしょうか。 楽しみですが素早さ倍加からエラがみでんくちを撃たれるのは少し恐ろしいですね。 0-95. 1-65. 3-114. 9-70. 1-222. 6-120. 3-65. 8-107. 8-156. 2-250. 2-114. 0-133. 7-74. 4-86. 5-120. 0-107. 2-178. 4-91. 4-102. 2-77. 9-156. 2-45. 3-210. 7-102. 2-114. 6-66. 6-57. 4-49. 3-116. 2-103. 5-88. 5-67. 2-130. 2-198. 3-99. 2-127. 8-124. 9-241. 0-142. 1-111. 6-72. 3-71. 9-140. 2-198. 4-211. 8-212. 9-77. 4-25. バンギラス 必須の存在です。 も同じ特性ですが、数値・耐性が優秀で、の地震が通らない飛行タイプへ一致技で弱点を突け、さらに挑発や広い技範囲などで器用な動きが可能ながやはり最有力です。 ただ自体は別にタイプ相性補完に優れるわけではなく、水・格闘・地面等で一貫を取られがちです。 そこを三枠目で補完する必要があります。 エルフーン 補完枠の一例です。 たださすがにに殴り勝てるほどではないので、最低でももう一枚に有利な駒をパーティに採用しましょう。 ギャラドス これも補完枠の一例です。 ただしの並びはが鬼のようにきついので注意が必要です。 また、がダイマックスするのではダイマックスせずともある程度戦える型にしておく必要があります。 ヒートロトム 補完枠というより、現環境はこのポケモンをパーティに採用しない意味が無いと断言していいと思います。 強すぎます。 レンジが強すぎたら食材丸焦げです。 ではが無理なので、砂パを組むなら一層入れたいポケモンです。 運用 最後に実際の運用について軽く触れておきます。 選出基準 砂選出をするということはに加えても選出するということになります。 とは苦手ポケモンがある程度共通している為、そのポケモンが出てきた場合の処理が課題となります。 処理に困りそうな場合は、砂パ選出自体を諦める方が賢明でしょう。 相手パーティにいる時点で砂選出を諦めた方が良いポケモン 最も危険なポケモン としては、 相当立ち回りを工夫できる自信がない限り砂選出を諦めた方がいいポケモン かなり危険なポケモン としてはなどが挙げられます。 実際に砂選出をする場合、先発選びも慎重に行う必要があります。 思考停止先発も雑に強いですが、の並びには「絶対によりもが先に出てくる」という法則がある為、相手がに有利なポケモンを先発登板させる場合が多いからです。 立ち回り 〇砂ターンを意識する どのような勝ち筋を追うかにもよりますが、一番わかりやすいのは相手全員をの圏内まで削ったり、が剣の舞を使用できる対面を作ったりという状況を目指すことでしょう。 その場合、が相手全員を倒すのに何ターンかかるかを逆算し、計画的に砂嵐のターンを残さなければなりません。 と何かでサイクルを回す際も、有利対面を作ることに固執しすぎて砂嵐が足りなくならないよう立ち回りましょう。 〇を容易に切らない にはサイクル参加できるほどの耐久力が無い為、基本的にを温存しながら立ち回ることになりますが、これは一時的に2vs3の状況になることを意味します。 起点作り要員だからといってを安直に切る動きは、さらなる数的不利を背負うことになりかねません。 また、万が一砂嵐が切れた際にがダイマックスターンを1回ダイロックに費やす必要性が生じてしまいます。 要は、を一般的な起点作りよりも丁寧に扱うことが重要になってくるのです。 〇相手のダイマックスには慎重に対処する ダイマックスで天候を変えてくる炎水氷タイプと戦う際は、相手のダイマックスが切れればもはや相手に天候を変える手段が残らないということを意識しましょう。 例えばに対してが出てきた場合、にダイマックス権を行使したい関係上がダイマックスできない為、相手のダイストリームに対する動きが課題となります。 ここでを繰り出して身代わりを続け、相手のダイマックスが切れたところで再度を繰り出せば、相手は天候を奪い返すことができなくなる、といった具合です。 時間制限があり、さらに構築の根幹である砂嵐も奪われる可能性がある以上、立ち回りにはある程度の慣れが要ります。 論を読んだだけでは到底理解しきれないと思いますので、興味を持ってくださった方はまず触ってみることをお勧めします。 以上です。 砂パについて詳しく書かれていていい育成論だと思いました。 ご意見ありがとうございます。 2-113. 4-102. 4-50. 4〜49. 7% 確定3発です。 2-103. その他 ・は威嚇を想定しても良いかもしれません。 ・は鉄の拳と根性を想定しても良いかもしれません。 ・は馬鹿なので、つらら落としでも乱数でやられます。 マジモンの馬鹿やん。 ・H4と無振りが混ざっています。 このコメントも間違っている可能性があるので、再度そちらでご確認下さい。 長文失礼いたしました。 今一度ダメージ計算を一通り確認して正しい値にしておきました。 ただ、ギャラの威嚇や武神の鉄拳についてですが、ダメージ計算はあくまで指標に過ぎない程度のものですので、実際のバトル中にわざわざこの育成論を開いてダメージ計算見てる人は多分いないです。 ですので、特性が分かれている場合や努力値の振り方が異なる場合まで詳細に想定して論中に記載することは、恐らく意味が無いでしょう。 ダメージ計算を増やすことで論が冗長になり読者の方に余計な手間を取らせたくないので、特性分岐は記載しない姿勢で参ります。 コメントありがとうございます。 僕から一つ言わせてもらっても良いでしょうか。 今作から登場したドラパルドがきついと冒頭で書いてありましたが、それなら シャドークローを入れてもよいのではと思います。 ダイマックスすれば防御が下がるのでドリュウズとも相性抜群です。 また貴重な砂ターンをつぶしてしまうという意味では剣の舞は個人的に良くないかと思います。 砂ターンは5ターン。 バンギを出して、ドリュウズにすぐ引いても砂ターンは3ターンしかありません。 相手のポケモンは自主退場技を使用していない限り3匹いるので、剣の舞をしていると、砂ターンが切れてしまいます。 長文になってしまいすみませんでした。 また剣の舞ですが、砂パの始動役はほぼさらさら岩一択ですからターン数的に不要という理屈も成り立ちませんし、何より選出時点でドリュの剣の舞を前提に試合を組み立てることができなくなる 例えばナットレイに対し誰かで削ってドリュで処理するみたいな流れを最初から考えることができなくなる ので、これも確定技からは落としません。 ご意見ありがとうございます。 現状の素早さラインで抜けず準速で抜ける素早さを持つポケモンは環境にほぼいません パッと思いつく限りでは鎧ダストダス・ギアチェンストリンダー・軽業サワムラーペロリーム程度 ので、これ以上素早さを上げるより多少なり耐久に振った方が無駄にならないと判断しました。 もちろんこれが絶対に正しいとは言いません。 ラス1で天気もDMもない時に最速珠パッチラゴンと対面する場合もなくはないでしょう。 ですので、素早さに振ってはいけないと解釈されるようなら文面を変更します。

次の

【ダブル】ドリュウズの育成論と対策【ポケモン剣盾】

す な かき ドリュウズ 育成 論

【ポケモン最強の並びの1つ】カバギャラドリュ構築について【初心者にもおすすめ】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回は最強の並びの1つであるカバルドン・ギャラドス・ドリュウズについて考えていきたいと思います。 育成論もどうぞ カバギャラドリュの何が強いのか カバギャラドリュは非常に強い並びの1つですが、具体的にどう強いのか見ていきましょう。 弱点補完性能 全18タイプについて見ていくと• ノーマル:ドリュウズが半減• 炎:ドリュウズが弱点、ギャラドスが半減• 水:ドリュウズとカバルドン弱点、ギャラドスが半減• 電気:ギャラドスが弱点、ドリュウズとカバルドンが無効• 草:カバルドンが弱点• 氷:カバルドンが弱点• 格闘:ドリュウズが弱点、ギャラドスが半減• 毒:カバルドンが半減、ドリュウズが無効• 地面:ドリュウズが弱点、ギャラドスが無効• 飛行:ドリュウズが半減• エスパー:ドリュウズが半減• 虫:ギャラドスとドリュウズが半減• ゴースト:全員等倍• ドラゴン:ドリュウズが半減• 悪:全員等倍• 鋼:ギャラドスとドリュウズが半減• フェアリー:ドリュウズが半減 となっており、全員に等倍で入るのがゴーストと悪のみです。 弱点をつこうとしても、相手に交代されると1ターンを無駄にして相手に有利対面を作られ有利不利が逆転しますし、ギャラドスにダイサンダーをうったタイミングで交代されたときにはダイマックスターンを1ターン無駄に消費して一気に形勢不利になります。 今作ではダイマックスの使い方が非常に重要なのでダイマックスターンを無駄に消費することは負けに直結します。 ではゴーストと悪を打てばいいかというと実際はこれらを半減以下に抑えるポケモン(タチフサグマやカビゴン、トゲキッス、ミミッキュなど)が6体の中に選出されていることが多く、実質的にすべてのタイプの技を安易にうつことができなくなっています。 (当たり前ですがカバギャラドリュという並びで選出されるとは限りません。 ) 突破性能 この3体は突破性能も非常に高いです。 ギャラドスはダイジェットによるS上昇、ドリュウズはすなかきによるS上昇もしくはかたやぶりによる化けの皮無視があり、どちらもかなりの高火力ポケモンかつギャラドスの水+飛行の技範囲とドリュウズの鋼・地面の技範囲が、多くのパーティに刺さるためです。 素早さもギャラドスは81族、ドリュウズは88族のやや速めの素早さを持っているので、Sを積まなくても上から殴れる相手が多いのも強みです。 そして、いずれのポケモンも型が豊富でかつ展開方法も複数あるため実際のランクバトルでは対応が難しい並びの1つになっています。 基本的な展開方法 基本の動きとしてはカバルドンはあくび+ステロで起点作成し、襷を潰すことができるため自信過剰ギャラドスのダイジェット、すなかきドリュウズのダイロックでSを上げて全抜きしていきます。 マイナーな展開方法その1 初手カバルドンがアタッカーカバルドンで、初手ダイマックスして相手を1. 5体以上持っていくパターンの展開も可能です。 カバルドンが倒し損ねた相手も、後続にすなかきドリュウズをおいておくとほぼすべての相手の上から高火力で殴れるため、ドリュウズは無傷で2体目まで倒すことができて相手のラスト1体をドリュウズとギャラドスで見れる状況になります。 マイナーな展開方法その2 初手ギャラドスのダイジェットで1. 5体以上もっていってからの2番手カバルドンで砂嵐をまきつつ地震で2体目まで持っていき、3体目にできればあくびを入れてから3番手すなかきドリュウズでフィニッシュという流れです。 マイナーな展開方法その3 威嚇ギャラドスと起点作成カバルドンでサイクルしつつ相手を削って、最後にドリュウズのダイマックスで全抜きする流れも取れます。 特性の相性 この3体は特性の相性も非常にいい組み合わせです。 カバルドンの砂嵐+ドリュウズのすなかき:ドリュウズがダイロックをうたなくてもS上昇することができます。 つまり、ギャラドスやカバルドンにダイマックスを切ることが可能になります。 カバルドンの起点作成能力とギャラドスの威嚇:カバルドンのステロがまかれていて、ギャラドスが威嚇を入れてから倒れると、最後に出てきたドリュウズが剣の舞を舞う余裕ができます。 こうなったドリュウズは相手のエースアタッカーをすべてなぎ倒せるほどの火力を持ちます。 カバギャラの紹介をしているトレーナーがいたので参考にはっておきますね。 カバギャラドリュの対策ポケモン カバギャラドリュは強力な並びなので対策も難しいですが一応考えてみましょう。 ただし安心はできず、剣の舞読みのふきとばしを使われて2番目のポケモンに交代させられる可能性も(特に「読み」ができる上位帯では)非常に高くなっています。 ギャラドスをかみなりパンチダイサンダーで、ドリュウズをじしんダイアースで突破できるポケモンなので、いずれがきても対応できます。 ただし初手がアタッカーカバルドンの場合、命の珠地震ダイアースの一撃で吹き飛ばされる可能性があるのと、初手ギャラドスの場合もS78族のホルードはS81族のギャラドスに上を取られてタイプ一致弱点のたきのぼりで落とされてしまいます。 ダイマックスを切ればギャラドスのたきのぼりを耐えて返り討ちにできますが、電気技読みでカバルドンドリュウズに交代されるとまずいのと、相手が命の珠もちギャラドスの場合はダイストリーム一撃なのでダイマックスターンを無駄にしてやられます。 相手より先にホルードを展開させられるかどうかが鍵になりそうです。 ただ、ギャラドスには草技のパワーウィップで弱点をつかれ、ドリュウズはかたやぶりの場合に地面で弱点をつかれてしまいます。 初手カバルドンの場合はカバルドン側に打点がなくダイマックスしてきても有利でハイドロポンプ一撃ですが、ハイドロポンプを外す可能性が20%もあります。 5試合に1試合は外しますね。 初手ドリュウズの場合はステロ起点作成型かたやぶりきあいのタスキ型の可能性が高く、素早さも88族のドリュウズに86族のロトムは抜かれるので基本的に負けてしまいます。 スカーフロトムなら上を取れるものの、ほぼHBぶっぱしないかぎり陽気ドリュウズの地震すら耐えられないので勝てる可能性は低いです。 一方ですなかきドリュウズ相手であれば鋼・地面を両方無効化できるためハイドロポンプで非常に強く出られます。 初手ギャラドスの場合、素早さ86族のロトムは上から電気技をうてるので非常に有利です。 ただしダイマックスギャラドスを一撃で落とす調整をしていない場合、パワーウィップダイソウゲンで返り討ちにあってしまう可能性はあります。 ドリュウズ相手にはカットロトム側の打点のリーフストームも等倍なので普通は一撃では落とせませんが、こだわりメガネをもたせることで一撃で落とせるようになります。 メガネリーフストームはカバルドン・ドリュウズを一撃で倒せて、しかももし相手がダイマックスしてきても2番手のポケモンが一撃で倒せる圏内まで削ることができる火力を持っていますが、命中率が90%で10試合に1試合は外して負けることと、一回うったら特攻が2段階下がってしまうためカバギャラドリュの3体が並んでいた場合に全抜きする性能は持っていません。 カバギャラドリュには強いもののこの並びはロトムをめちゃくちゃ呼ぶため、ロトム対策のサザンドラが相手にいる可能性があり、その場合カバギャラドリュではなくサザンドラが選出されて不利対面になりやすいです。 そのためあくのはどう連打で怯み狙いで削るほうがいいかもしれません。 もしくは吹き飛ばされてもいいように2番目にロトムをおいておくか。 ギャラドス相手には基本は上から殴れるので強いですが、3番目にギャラドスがいる場合1.2番目のカバルドン・ドリュウズ対面で先にダイマックスを切ってしまうと、ラストギャラドス対面でダイドラグーンを入れて攻撃ダウンさせられないため、自信過剰ダイジェットで全抜きされることがあります。 ドリュウズ対面ではだいもんじでダイマックスドリュウズを中乱数2発圏内に捉えられるものの、相手がすなかきドリュウズの場合はサザンドラもダイマックスをあわせないと負けます。 うまく決まればサザンドラ一体でカバギャラドリュを3タテできるものの、ダイマックスのタイミングは非常に重要になります。 また、カバギャラドリュの並びはロトムを選出させやすいためロトム対策のスカーフサザンドラが相手にも採用されていることがあり、その場合ラムサザンドラはダイマックスしない限りスカーフサザンドラに勝てないので実践では選出しにくい場面もあるでしょう。 育成論もどうぞ 「」 実際はこちらの動画のように相手も初手サザンドラ読みの選出をしてきます。 ダイマックスしてきてもカバルドン+1体くらいは突破する性能がありますが、すなかきドリュウズがいる場合カバルドンのまいた砂でドリュウズがミミッキュの上を取ってアイアンヘッドをうってくるので止まります。 初手ギャラドス対面は威嚇ギャラドスでなければ有利ですが、ダイジェットだと起点化されて相手に展開されてしまいます。 ドリュウズ対面は初手で出てくる場合襷かたやぶり型のことが多く、その場合勝てません。 育成論もどうぞ 「」 まとめ:【ポケモン最強の並びの1つ】カバギャラドリュ構築について【初心者にもおすすめ】 いかがでしたでしょうか。 カバギャラドリュは非常に強い並びの1つなので、初心者も使いやすいと思います。 これにナットレイを添えるとギャラナットというこれまた強力な並びも使えるようになります。 最初のうちはこの並びに対策で飛んでくるポケモンがわからずにうまく勝てないかもしれませんが、負けを重ねてこの並びが出せるパーティ、この並びが対策されてて負けそうなポケモンを見分けられるようになりトレーナースキルが上がって使いこなせるようになると勝率アップは間違いないでしょう。 まだこの並びで遊んだことがない人は育ててみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】ドリュウズの育成論!調整と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

す な かき ドリュウズ 育成 論

ページ:• 投稿者:錯誤• コメント 18 みんなの評価 :• 投稿者:774ぽ• コメント 2 みんなの評価 :• 投稿者:ムーラン堂• コメント 25 みんなの評価 :• 投稿者:夜田• コメント 15 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:有谷• コメント 34 みんなの評価 :• 投稿者:ジャコランタン• コメント 26 みんなの評価 :• 投稿者:えくれあ• コメント 15 みんなの評価 :• 投稿者:むすたんぐ• コメント 8 みんなの評価 :• 投稿者:鯱• コメント 65 みんなの評価 :• 投稿者:鯱• コメント 84 みんなの評価 :• 投稿者:ぺそ• コメント 54 みんなの評価 :• 投稿者:vejc• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:カバドリガチ勢• コメント 26 みんなの評価 :• 投稿者:貝になりたい• コメント 12 みんなの評価 :• 投稿者:KOULY• コメント 12 みんなの評価 :• 投稿者:As• コメント 7 みんなの評価 :• 投稿者:る• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:ちーく• コメント 18 みんなの評価 :.

次の