立川 市 コロナ。 特別定額給付金

コロナ市通知

立川 市 コロナ

新着・更新情報 8月12日 水曜日• 8月11日 火曜日• 8月7日 金曜日• 8月4日 火曜日• 8月3日 (月曜日)• 7月31日 (金曜日)• 7月28日 (火曜日)• 市長からのメッセージ• 特別定額給付金• 新型コロナウイルス感染症患者の発生状況• 新型コロナウイルス感染症に関する相談• 相談・受診など• 市の対応• 外部サイトへリンクします 【市立小・中学校、学童クラブ、保育施設などについて】• 生活や事業者・労働者への相談・支援• よくある質問と回答• お知らせ・お願い• 感染拡大を防止するためにご協力ください• 手を洗う際は手首まで丁寧に洗い、清潔なタオルやペーパータオルでよくふき取りましょう。 咳をするときには、マスクを着用する、ティッシュやハンカチで口・鼻を覆う、袖で口・鼻を覆うなどを心がけましょう。 クリックすると大きく表示されます。 (PDF:272KB) 世界保健機構(WHO)の緊急事態宣言• 関連リンク 外部サイトにリンクします 東京都のホームページ 政策企画局 生活文化局 福祉保健局 東京都感染症情報センターホームページ 厚生労働省ホームページ 内閣官房ホームページ 東日本旅客鉄道株式会社ホームページ 立川バス株式会社 (PDF:601KB) (PDF:124KB) その他.

次の

【事業者向け】中小事業者緊急家賃支援金

立川 市 コロナ

立川市新型コロナウイルス感染症にかかる緊急対応方針 新型コロナウイルス感染症対策をめぐっては、医療従事者等の皆様には医療の最前線でご尽力され、また市民・事業者の皆様には徹底した行動変容や様々なご負担の中、感染拡大防止の取り組みにご協力いただいています。 また、国からは新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例が示されています。 このような状況下において、立川市では、緊急対応策として4つの柱を軸に方針をまとめました。 4つの柱を着実に実行するために、速やかに補正予算案を提出し取り組んでまいります。 緊急対応策としての4つの柱 地域医療にかかわる支援 医療の最前線でご尽力されている医療従事者等の皆様への支援と、今後の感染拡大への備えを行います。 地域医療体制にかかる支援• 第2波以降の感染拡大に備えPCR検査センター設置に向けた準備協議 地域住民・児童生徒にかかわる支援 市民の皆様への生活支援・お見舞いと子育て世帯、児童生徒にかかわる皆様への支援を行います。 立川市市民生活支援給付金• 立川市ひとり親世帯等への臨時給付金• 児童・生徒の1人1台パソコンの整備• 児童・生徒のオンライン学習支援• 地域経済にかかわる支援 市内の事業者の皆様への支援を行います。 商店街所有の装飾灯電気料の全額助成• 新型コロナウイルス感染症対策特別資金• 立川の食・盛り上げプロジェクト 公衆衛生・その他行政の主な取り組み• 図書館全館(9館)への図書消毒機導入• 新型コロナウイルス感染症対策基金の創設 各項目の概要については、下記関連ファイルをご参照ください。

次の

【事業者向け】中小事業者緊急家賃支援金

立川 市 コロナ

突然ですが私は立川市に住んでいます。 立川市は現在コロナ感染者が5人出ています。 毎日不安になり夕方になると立川市のホームページを開きコロナ感染者の更新が無いか確認します。 言いたい事はわかります。 しかし、こんなにも東京で感染者が出ていてそれなりに端の立川市にも出ているのに…と思ってしまいます。 年齢や性別はともかく地域は言ってくれた方が少なくとも私は安心します。 もしかしてこの町?隣町?と毎日とても不安で買い物もすごく躊躇しています。 それに立川市はいくつかの町があります。 私がせめて感染者の地域だけでも!って思ってしまうのは自分勝手なのでしょうか? お気持ちは良く分かります。 本当に大変ですね。 但し、個人情報の壁は厚いようです。 どうしてもという方は、ツイッターの炎上しているところで探しているようです。 保健所が消毒に来ると、近所の人が、ツイッターに挙げるそうです。 但し、変に参加すると、あとから、法的な責任が出てくることもあるようで、要注意です。 コロナ騒動の収束の見通しが立っていないため、いろいろと報道はされていますが、本当のところは、現時点では誰も、何事も予測は出来ず未定です。 少なくとも、非常事態宣言が終わるまでは最大限に要注意でしょう。 感染を防ぐため、一番、良くないのは、外出中に指で自分の鼻や口や目を触ることです。 手の指の先にはコロナが付くことがありますので、自分でコロナを大事なところにくっつけているわけです。 もちろん、コロナは大喜びしますが、あなたはどうなるでしょうか?? 手を石鹸で洗うと、コロナの膜が溶けていなくなるので、最高の防御方法です。 コロナ対応は、現在、目の前の対応・対処に追われており、実はコロナウイルスの正体がまだ殆んど分かっていません。 30才代の女性の体験談として、「肺にガラスのかけらを吸い込むようで、とても苦して悲惨で辛かった」と聞いたことがあります。 また、検査、検査、と言われていますが、この検査も精度のあまり高くない現段階のものを使わざるを得ない状況です。 精度に問題があると文句を言っていると、何もできないからです。 しかも、その検査で陽性だとはわかりますが、たまたま1回の検査で陰性の検査結果が出たとしても「絶対に陽性ではないという」証明にはならないでしょう。 精度に問題があるからです。 とにかく今は、無理しない方が良いと思います。 今、日本では生活への支障も大きくて大変と思います。 あとは、どの程度の対策で我慢するか、国民全体の考え方のバランスになるでしょう。 なかなか難しい問題だと思います。

次の