男女 フリー画像。 性別だけでこんなに差が出る。画像で見る男女の違い16選

2020年最新!おすすめの無料(フリー)画像・写真素材サイト7選【商用利用OK】

男女 フリー画像

「Webサイトや記事、プレゼン資料などできれいな画像や写真を使用したい」 そんなときに便利なのがフリー画像・写真素材です。 画像や写真は見た人の印象にも残りやすく、デザインを洗練させる役割も大きいものです。 デザイナーやブロガーは、常にイメージに合った画像を探すことに時間をとられがちですよね。 しかし、フリー素材を使用するには、利用規約を読むのが難しかったり、商用利用は大丈夫なのか確認したりと大変な作業が多いです。 そこで今回は、国内外問わず、無料かつ商用利用も可能な写真&画像素材が見つかるフリー画像、素材サイトをまとめてみました。 多くのサイトがあるので、おすすめ順に並べています。 全て商用利用可能で、クレジット表記や改変が可能かも分かりやすく記載しています。 きっとイメージ通りのフリー画像素材が見つかるはずです。 この記事の内容• フリー 無料 の画像や素材を使用するときの注意点 フリー画像&写真素材は、無料でだれでも使用していい反面、 「なんでもOK」というわけではありません。 あなたのサイトで使用するときに気を付けていたほうがいい点があります。 利用規約をしっかり確認する 画像をダウンロードするときに、必ず目を通すべきなのが各サイトに記載されている 「利用規約」です。 「個人・商用利用OKと書いているし、どのサイトも一緒だろう」と思って、同じ基準で利用した場合、思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。 フリー画像サイトは、企業だけでなく個人運営の場合も多く、またすべての被写体に許可をとっているわけではないこともあります。 利用規約は、サイト毎に異なっており、無料で利用できる範囲も微妙に異なります。 例えば、一般的に規約で制限されているのは下記のようなパターン。 ・再配布は禁止 ・公序良俗に反しているサイトでの利用はNG ・被写体のイメージなどを著しく下げるような利用はNG ・画像や写真がメインの商品販売(ポスターなど)は許諾が必要 自身のサイトが利用規約に反していないかどうかは、はじめに必ず確認してください。 また、ライセンスについても知っておきましょう。 以下の記事が参考になるはずです。 参考: 商用利用の基準を知る 今回の記事で紹介しているのは、基本的に商用利用OKの画像サイトですが、一部商用利用NGの画像があったり、条件によっては禁止のものもあります。 商用利用の範囲を改めて確認しておきます。 簡単にいうと 個人だろうと企業だろうと「画像を引用したコンテンツやモノに対して金銭が発生する」時点で商用利用となります。 これは、金額は関係ありません。 例えば、Tシャツに画像をプリントして販売したら、それは商用利用だというのは一番わかりやすい事例です。 ただ、一番注意が必要なのはブログやサイトに画像を使用する場合です。 これは、ユーザーから直接金銭を受け取らない場合でも、広告(形式は関係ない)が設置されている時点で商用利用となります。 画像のクレジットを掲載する(推奨や必須の場合のみ) 多くのフリー画像、写真素材サイトでは、上記のような利用規約を厳守すればクレジット表記(画像下部に撮影者や提供者名を明記)は必須ではありません。 しかし、なかには表記が必須だったり、推奨しているサイトもあります。 無料で利用させてもらう関係上、可能であればクレジットをリンクとともにわかりやすく表記することで、感謝の意にもなります。 おすすめフリー 無料 画像&写真素材サイト それでは、国内外から厳選した、フリーの画像&写真素材サイトを紹介します。 サイトによって特徴や雰囲気が少し違うので、気に入ったサイトを利用しましょう。 ・商用利用:OK ・クレジット表記:不要 ・改変: OK ・会員登録: 不要 切り抜きの素材をダウンロードできるサイトです。 透過素材をダウンロードできることが嬉しいところでかなり凡庸性が高いです。 メインというよりも画像を加工する際に少し緑を添えたいなどする場合に使うことができます。 上記で紹介したサイトもいくつか含まれています。 大量の画像から一気に探したい場合はどうぞ。 O-DAN 国内外の複数サイトから検索できます。 検索結果をサイト毎にピックアップしてくれて、チェックしたサイトには罫線が入るため、迷わずに画像を探していくことができます。 サイトのデザインも良く、使いやすいです。 海外のサイトなのですが日本語で検索をすることができるので、かなり重宝します。 今回ご紹介したサイトも横断して検索をしてくれるのでここで検索すればほぼ全て事足りるかもしれません。 とにかくヒットする枚数が多いので、きっと欲しい画像が見つかるかと思います。 特にハイクオリティな画像であればあるほど利用者も多いのです。 個人ブログであればいいかもしれませんが、企業として画像や素材を利用する場合は、できれば有料素材を利用するほうがベターです。 個人でWebサイトを立ち上げる方も多いことからユーザーも最近は「この画像どこかで見た事ある・・・」 と思うことも増えています。 有料画像サイトを利用するメリットは、 ・とにかくハイクオリティな画像が多い ・ジャンルが豊富で数も多いのでニーズに合った画像が見つかる ・他のサイトと被りにくい それでは紹介します。 PIXTA ピクスタ PIXTAは国内最大級の画像素材サービスです。 人物から景色、食べ物、テクスチャなど3570万点以上のなかから選ぶことができます。 とてもありがたいポイントは、人物画像のバリエーションが豊富なこと。 日本人モデルで、多くの年齢層、ポージング、シチュエーションが用意されています。 広告やチラシ、ポスター、記事など、一度購入した画像はさまざまな用途で使い放題なのもポイント。 単品購入もできますが、便利なのは定額プランですね。 キュレーションメディアやオウンドメディアでもよく利用されています。 こちらは、海外のサービスなので、数も圧倒的ですし、クリエイティブでおしゃれな画像が豊富です。 実際に、ハリウッド映画作品の宣伝素材や海外企業のPR・広告などでも頻繁に利用されているのもすごいところ。 どれもおしゃれなんですが、さすがに数が多すぎるので被ることはほとんどありません。 もちろん、常に新しい素材が追加されていきます。 高画質な画像はもとより、ロイヤリティフリーで使用できるイラストや動画、効果音などもサービスプランに含まれています。 また、アマナイメージズに画像を提供しているカメラマンの写真にはかなり厳しい審査が設けてあり、そう言ったところもサイトで提供されているフリー画像の質の高さが伺えますね。 ただアマナイメージズの写真利用料金は、画像のクオリティが高い分、他と比べてかなり料金も高めです。 ゲッティイメージズ 世界中で利用されている有料画像サイト「ゲッティイメージズ」。 特に報道関係のメディアで多く利用されている画像サイトで、今は約43万以上の画像が取り揃えてあります。 取り扱っている画像の特徴的には、歴史的に有名な場所や人物その他、とてもアーティスティックなイラストなども多数取り扱っている有料画像サイトです。 また、グローバルに展開している画像サービスサイトなので、他の画像サイトにはないとてもクオリティが高いレアな画像も使えるようになっていますね。 余談ですが本社はイギリスのロンドンにあり、日本語版のウェブサイトを運営している会社は、東京に拠点を構えています。 Fotolia by adobe 他の有料画像サイトと比較するととてもコスパ良く利用できる「Fotolia by adobe」。 サービスの特徴としては、海外のフォトストックサイトであり、日本人モデルの画像も12万枚以上と、数多く扱っていること路でしょうか。 その他、医療系やビジネス系、美容系のものが豊富に取り揃えてある他、料金は定額制となっており利用しなかった時は次の月に繰り越すことができるようになっています。 安価に使えて画像のクオリティも悪くないので、大変コストパフォーマンスは高めだと言えますね。 カテゴリー別に探してみる• 2つのキーワードを組み合わせてみる• 英語やカタカナで検索してみる• 検索するキーワードを言い換えてみる 特にフリー画像サイトを使い慣れていない方は、ご自身が利用したいフリー画像を探す時に効率よく探せない方が多いです。 より時間を掛けずに効率よくご自身の好みのフリー画像を探せるように以下からそれぞれの検索方法を詳しくご紹介して行きますね。 あなたが利用したいフリー画像がどのようなジャンルなのか、判断してそのジャンルが含まれるカテゴリーを選んで探してみましょう。 そんな時はキーワードを2つ組み合わせて検索窓で検索してみましょう。 フリー画像サイトには好みのフリー画像が簡単に探せるように、検索窓が設けてあります。 そこに例えば、「夏 風景」「ダイエット 女性」「野球 大会」と 2つのキーワードを入れることにより、よりあなたが探しているフリー画像にヒットしやすくなります。 また、キーワードによっては2つよりも3つ組み合わせた方が良い場合もあるので、色々試してみてくださいね。 例えば「スポーツ(sport)」だとカタカナで探した場合と英語で探した場合では、フリー画像サイトによっては検索結果が変わってきます。 また、海外のフリー画像サイトを利用される場合は、英語で検索した方がより質の高い画像が見つかりやすい場合が多いので是非とも使い分けて利用してみてくださいね。 )と思った時は、他のキーワードに言い換えて再度検索してみてください。 例えば、「ダイエット」だったら• 食事制限• 減食 と言い換えることができます。 その他、前述したように英語やカタカナに置き換えて検索するのも良い方法ですね。 利用の際は、必ずサイトの利用規約を読んで、規約に則った使い方をしてくださいね。 ちなみに、デザインを含めたプログラミングを学ぶなら がおすすめ。 学習の目的に合わせてオーダーメイドでカリキュラムを組んでくれます。 無料カウンセリングを行っているので是非チェックしてみてください。

次の

これが無料?優秀なフリーイラスト素材サイト30(商用利用可)

男女 フリー画像

「Webサイトや記事、プレゼン資料などできれいな画像や写真を使用したい」 そんなときに便利なのがフリー画像・写真素材です。 画像や写真は見た人の印象にも残りやすく、デザインを洗練させる役割も大きいものです。 デザイナーやブロガーは、常にイメージに合った画像を探すことに時間をとられがちですよね。 しかし、フリー素材を使用するには、利用規約を読むのが難しかったり、商用利用は大丈夫なのか確認したりと大変な作業が多いです。 そこで今回は、国内外問わず、無料かつ商用利用も可能な写真&画像素材が見つかるフリー画像、素材サイトをまとめてみました。 多くのサイトがあるので、おすすめ順に並べています。 全て商用利用可能で、クレジット表記や改変が可能かも分かりやすく記載しています。 きっとイメージ通りのフリー画像素材が見つかるはずです。 この記事の内容• フリー 無料 の画像や素材を使用するときの注意点 フリー画像&写真素材は、無料でだれでも使用していい反面、 「なんでもOK」というわけではありません。 あなたのサイトで使用するときに気を付けていたほうがいい点があります。 利用規約をしっかり確認する 画像をダウンロードするときに、必ず目を通すべきなのが各サイトに記載されている 「利用規約」です。 「個人・商用利用OKと書いているし、どのサイトも一緒だろう」と思って、同じ基準で利用した場合、思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。 フリー画像サイトは、企業だけでなく個人運営の場合も多く、またすべての被写体に許可をとっているわけではないこともあります。 利用規約は、サイト毎に異なっており、無料で利用できる範囲も微妙に異なります。 例えば、一般的に規約で制限されているのは下記のようなパターン。 ・再配布は禁止 ・公序良俗に反しているサイトでの利用はNG ・被写体のイメージなどを著しく下げるような利用はNG ・画像や写真がメインの商品販売(ポスターなど)は許諾が必要 自身のサイトが利用規約に反していないかどうかは、はじめに必ず確認してください。 また、ライセンスについても知っておきましょう。 以下の記事が参考になるはずです。 参考: 商用利用の基準を知る 今回の記事で紹介しているのは、基本的に商用利用OKの画像サイトですが、一部商用利用NGの画像があったり、条件によっては禁止のものもあります。 商用利用の範囲を改めて確認しておきます。 簡単にいうと 個人だろうと企業だろうと「画像を引用したコンテンツやモノに対して金銭が発生する」時点で商用利用となります。 これは、金額は関係ありません。 例えば、Tシャツに画像をプリントして販売したら、それは商用利用だというのは一番わかりやすい事例です。 ただ、一番注意が必要なのはブログやサイトに画像を使用する場合です。 これは、ユーザーから直接金銭を受け取らない場合でも、広告(形式は関係ない)が設置されている時点で商用利用となります。 画像のクレジットを掲載する(推奨や必須の場合のみ) 多くのフリー画像、写真素材サイトでは、上記のような利用規約を厳守すればクレジット表記(画像下部に撮影者や提供者名を明記)は必須ではありません。 しかし、なかには表記が必須だったり、推奨しているサイトもあります。 無料で利用させてもらう関係上、可能であればクレジットをリンクとともにわかりやすく表記することで、感謝の意にもなります。 おすすめフリー 無料 画像&写真素材サイト それでは、国内外から厳選した、フリーの画像&写真素材サイトを紹介します。 サイトによって特徴や雰囲気が少し違うので、気に入ったサイトを利用しましょう。 ・商用利用:OK ・クレジット表記:不要 ・改変: OK ・会員登録: 不要 切り抜きの素材をダウンロードできるサイトです。 透過素材をダウンロードできることが嬉しいところでかなり凡庸性が高いです。 メインというよりも画像を加工する際に少し緑を添えたいなどする場合に使うことができます。 上記で紹介したサイトもいくつか含まれています。 大量の画像から一気に探したい場合はどうぞ。 O-DAN 国内外の複数サイトから検索できます。 検索結果をサイト毎にピックアップしてくれて、チェックしたサイトには罫線が入るため、迷わずに画像を探していくことができます。 サイトのデザインも良く、使いやすいです。 海外のサイトなのですが日本語で検索をすることができるので、かなり重宝します。 今回ご紹介したサイトも横断して検索をしてくれるのでここで検索すればほぼ全て事足りるかもしれません。 とにかくヒットする枚数が多いので、きっと欲しい画像が見つかるかと思います。 特にハイクオリティな画像であればあるほど利用者も多いのです。 個人ブログであればいいかもしれませんが、企業として画像や素材を利用する場合は、できれば有料素材を利用するほうがベターです。 個人でWebサイトを立ち上げる方も多いことからユーザーも最近は「この画像どこかで見た事ある・・・」 と思うことも増えています。 有料画像サイトを利用するメリットは、 ・とにかくハイクオリティな画像が多い ・ジャンルが豊富で数も多いのでニーズに合った画像が見つかる ・他のサイトと被りにくい それでは紹介します。 PIXTA ピクスタ PIXTAは国内最大級の画像素材サービスです。 人物から景色、食べ物、テクスチャなど3570万点以上のなかから選ぶことができます。 とてもありがたいポイントは、人物画像のバリエーションが豊富なこと。 日本人モデルで、多くの年齢層、ポージング、シチュエーションが用意されています。 広告やチラシ、ポスター、記事など、一度購入した画像はさまざまな用途で使い放題なのもポイント。 単品購入もできますが、便利なのは定額プランですね。 キュレーションメディアやオウンドメディアでもよく利用されています。 こちらは、海外のサービスなので、数も圧倒的ですし、クリエイティブでおしゃれな画像が豊富です。 実際に、ハリウッド映画作品の宣伝素材や海外企業のPR・広告などでも頻繁に利用されているのもすごいところ。 どれもおしゃれなんですが、さすがに数が多すぎるので被ることはほとんどありません。 もちろん、常に新しい素材が追加されていきます。 高画質な画像はもとより、ロイヤリティフリーで使用できるイラストや動画、効果音などもサービスプランに含まれています。 また、アマナイメージズに画像を提供しているカメラマンの写真にはかなり厳しい審査が設けてあり、そう言ったところもサイトで提供されているフリー画像の質の高さが伺えますね。 ただアマナイメージズの写真利用料金は、画像のクオリティが高い分、他と比べてかなり料金も高めです。 ゲッティイメージズ 世界中で利用されている有料画像サイト「ゲッティイメージズ」。 特に報道関係のメディアで多く利用されている画像サイトで、今は約43万以上の画像が取り揃えてあります。 取り扱っている画像の特徴的には、歴史的に有名な場所や人物その他、とてもアーティスティックなイラストなども多数取り扱っている有料画像サイトです。 また、グローバルに展開している画像サービスサイトなので、他の画像サイトにはないとてもクオリティが高いレアな画像も使えるようになっていますね。 余談ですが本社はイギリスのロンドンにあり、日本語版のウェブサイトを運営している会社は、東京に拠点を構えています。 Fotolia by adobe 他の有料画像サイトと比較するととてもコスパ良く利用できる「Fotolia by adobe」。 サービスの特徴としては、海外のフォトストックサイトであり、日本人モデルの画像も12万枚以上と、数多く扱っていること路でしょうか。 その他、医療系やビジネス系、美容系のものが豊富に取り揃えてある他、料金は定額制となっており利用しなかった時は次の月に繰り越すことができるようになっています。 安価に使えて画像のクオリティも悪くないので、大変コストパフォーマンスは高めだと言えますね。 カテゴリー別に探してみる• 2つのキーワードを組み合わせてみる• 英語やカタカナで検索してみる• 検索するキーワードを言い換えてみる 特にフリー画像サイトを使い慣れていない方は、ご自身が利用したいフリー画像を探す時に効率よく探せない方が多いです。 より時間を掛けずに効率よくご自身の好みのフリー画像を探せるように以下からそれぞれの検索方法を詳しくご紹介して行きますね。 あなたが利用したいフリー画像がどのようなジャンルなのか、判断してそのジャンルが含まれるカテゴリーを選んで探してみましょう。 そんな時はキーワードを2つ組み合わせて検索窓で検索してみましょう。 フリー画像サイトには好みのフリー画像が簡単に探せるように、検索窓が設けてあります。 そこに例えば、「夏 風景」「ダイエット 女性」「野球 大会」と 2つのキーワードを入れることにより、よりあなたが探しているフリー画像にヒットしやすくなります。 また、キーワードによっては2つよりも3つ組み合わせた方が良い場合もあるので、色々試してみてくださいね。 例えば「スポーツ(sport)」だとカタカナで探した場合と英語で探した場合では、フリー画像サイトによっては検索結果が変わってきます。 また、海外のフリー画像サイトを利用される場合は、英語で検索した方がより質の高い画像が見つかりやすい場合が多いので是非とも使い分けて利用してみてくださいね。 )と思った時は、他のキーワードに言い換えて再度検索してみてください。 例えば、「ダイエット」だったら• 食事制限• 減食 と言い換えることができます。 その他、前述したように英語やカタカナに置き換えて検索するのも良い方法ですね。 利用の際は、必ずサイトの利用規約を読んで、規約に則った使い方をしてくださいね。 ちなみに、デザインを含めたプログラミングを学ぶなら がおすすめ。 学習の目的に合わせてオーダーメイドでカリキュラムを組んでくれます。 無料カウンセリングを行っているので是非チェックしてみてください。

次の

これが無料?優秀なフリーイラスト素材サイト30(商用利用可)

男女 フリー画像

カッコよくてオシャレなフリー画像を無料で使いたい!• でも日本の無料画像サイトはちょっとイマイチ…• 海外のオシャレな写真素材を探したいけど見つけ方がわからない! この記事では、そんなフリー画像に関するお悩みを解決していきます。 最近ではブログやSNSなどで画像素材を必要とする人が増えていますが、自分で写真の撮影や編集をするのは技術的に難しく、 日本でよく使用されているフリー素材(画像 or イラスト)の配布サイトの場合は、そもそもあまりオシャレな画像がないし他の人とも被ってしまう可能性が高いです。 僕が普段ブログ運営やWEBサイト制作をする中で使っている、オシャレな画像素材を無料でダウンロードできるサイトの中から厳選して10サイトを紹介いたします。 そのサイトでダウンロード可能な画像や、各サイトの特徴も合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね! 目次• IM FREE:印象的な人物画像が豊富! 当サイトで一時期愛用していたサイトです。 (最近は更新が少ないのであまり使ってませんが…) 画像の数も結構多く、貼り付けるだけで絵になるようなハイセンスな画像ばかりなので、非常にお世話になってます。 『PEOPLE』、『BUSINESS』、『NATURE』、『SPORTS&FITNESS』など、18ものジャンルに分かれていて、それぞれのジャンルの中でも更に細かくジャンル分けされているので、使いたい画像のイメージからスムーズに画像を探すことができます。 UNSPLASH:風景や海外の街並み画像が魅力的! とにかくハイセンスで芸術的な画像が詰まったおすすめサイトです。 一枚の写真の中でストーリーを感じさせるような、アーティスティックな画像が揃っています。 10日ごとに10枚の画像が追加される点も魅力的。 人物画像は少ないですが、雰囲気のある風景や小物画像を見つけたい時には常にチェックしています。 サイトの雰囲気を一気に格上げしてくれる画像を使いたいなら、間違いなくコレ! picjumbo:色鮮やかで洗練された画像が多数! 個性的でインパクトのある画像が無料で配布されているおすすめサイトです。 『UNSPLASH』は結構有名なサイトですし二次配布も多いので、取り扱っている画像もどこかで見たことのあるものがあったりしますが、picjumboは珍しい画像、他サイトとかぶらない画像が多い印象を受けます。 『PEOPLE』、『Technology』、『Architecture』などカテゴリーで画像を探せるので、使いやすさもGoodです。 Gratisography:超個性的でエッジが効いた画像ばかり! とにかく癖が強くてインパクトのある画像をお求めならここ! 他のサイトではなかなかお目にかかれないような、ファニーな画像が揃っていますが、単なる風景写真では演出できないような、ポップでアートな世界観の画像を見つけることができます。 好き嫌いは分かれるかもしれませんが、印象に残る画像が多いという点では、このサイトに勝るものはないと言っても過言ではないはず…! FindA. Photo:ナチュラルなイメージの画像素材が多数! こちらもナチュラルかつエモーショナルな画像がたくさんある優良サイト。 キーワードやカテゴリーだけでなく、色からも画像が選べる点も、サイトの雰囲気に合った画像を探しやすいです。 Unsplashなどいくつかのフリー素材サイトのセレクトメディアではありますが(実際に画像を探すときもソースから探せる)、だからこそ『イメージに合う画像がない!』とイライラするリスクも軽減できるかも。 テイストが近い画像が揃っているので、こういう雰囲気の画像が好き(使いたい)人なら、かなりオススメです。 Stockpic:夏っぽくてエモい画像ならここ! どちらかというと、自然の中でのバケーション感の強い写真が多い印象。 海とか水着とかね。 扱っている画像の種類は多いですが、色鮮やかで季節感のあるものも多いので、使い勝手が良くお気に入りの写真に出会いやすいサイトです。 秋冬系、山や森系の画像も多いけど、ここはとにかく夏っぽい鮮やかな写真が充実してる印象です。 Pixaboy:幅広いバリエーションの画像が揃う便利サイト 本記事で紹介しているサイトは、美しい写真を紹介している、いわゆるポートフォリオ的なサイトが主なのですが、Pixaboyはビジネスシーンで使いやすいような作り込まれた作品が多いサイトです。 また、配布画像数がとにかく多く、カテゴリーや検索窓も使いやすく、色んなテイストの画像を探すのに便利です。 紹介している画像の統一感はないため、人によっては探しにくいと感じるかもしれませんが、クリエイティブで広告的な画像も多いので、画像そのものでメッセージを伝えたい人向けの作品が多く紹介されています。 オーソドックスな画像から人工的でファンタジーな画像まで幅広く揃ってますね。 一言で言うと『何でもありの総合デパート』みたいな感じなので、実際にサイトを見て、お気に入りの画像を探してみてください。 PEXELS:画像の数ならピカイチ! 『海外のフリー画像ってここで全部探せちゃうんじゃないの?』って思えちゃうくらい、画像の数がとにかく多い。 その割にサイトがすごいサクサク動くし、カテゴリーの数も多くて、『BBQ』とか『iPhone』とか『Lion』とか、痒い所に手が届くようになってるから、とても使いやすいです。 (ライオンのカテゴリーがいるかはさておき、BBQとか案外使いそう) 画像数が多いサイトって、質の低い画像も多かったり探しにくかったりで、利便性が悪いサイトも多いんだけど、ここは全くそんなことがない。 とりあえずブックマークしとく分には損しないサイトです。 kaboompics:女性に人気の画像が揃う優良サイト もうトップページのオシャレさならダントツでナンバーワンなこちらのサイト。 『DISCOVER IMAGES』をクリックすると、さらにまたカッコいい感じ。 検索窓の他にも色やカテゴリーからも画像を探せます。 並び順もこの画面で選択可能。 心なしか他のサイトに比べてもエレガントでフォトジェニックな画像が多い印象です。 1つの画像に設定されているカテゴリーの重複が気になる(カテゴリー検索の時に『またこれか!』ってなる)のが玉に瑕ですが、扱っている画像のクオリティはかなり良い感じです。 まとめ 海外のフリー素材は画像そのものがカッコよく存在感のあるものが多いので、適材適所で使っていけばサイトの雰囲気をオシャレにすることが可能です。 (しかも簡単に!) もちろん、ブログ運営において最も重要なのは記事本文の内容ですが、• 最後まで読まれる記事を作る• 信頼してもらえる記事に仕上げる ためには、画像の使い方はとても重要になっていきます。 ぜひ、当記事で紹介しているフリー画像の配布サイトをご活用いただき、あなたのブログをどんどん魅力的なものに変えていってくださいね! 慶應義塾大学卒業後、一部上場のインフラ企業にて総合職として就職するも、このままの人生をあと40年続けることに疑問を感じ、PC1台で起業。 やりたいことも人に誇れる実績や強みもない状態から、ブログ集客やリストマーケティングを実践しながら学び、現在は個人法人問わず500名以上の方にコンサルティングをしたり、オンラインサロンを作って起業家志望の方向けの学び場を運営したりしています。 トレンド性の高いブログ集客や、個人ブランディングに重きを置いたリストマーケティング、コミュニティ運営全般が得意です。 このサイトを通じて、1人でも多くの人が自分らしい働き方を考えるキッカケを掴んでいただき、そして実際に行動を起こしていただけたら嬉しいです。

次の