選挙 マッチング。 選挙投票日までに知っておきたい!おすすめの政党がわかるツール

各政党の選挙公約を比べる~2019参議院選挙~

選挙 マッチング

「毎日ボートマッチ(えらぼーと)」は、衆院選の争点に関する質問に答えてゆくと、自分と政党、候補者との考え方の「一致度」を数値で知ることができる仕組みです。 毎日新聞社が2007年の参院選で日本のメディアとして初めて「ボートマッチ」を実施し、約40万人が利用しました。 「争点がよくわかった」「投票の参考になった」と好評を得ました。 今回が4回目の提供となります。 毎日新聞社は衆院選の立候補予定者を対象に、「候補者アンケート」(全25問)を実施しています。 毎日ボートマッチは、この「候補者アンケート」結果を基礎データとして使っています。 利用者は、立候補者と同じアンケートに答えることで政党や立候補者との一致度を知ることができます。 また、候補者個人の全回答を見ることもできます。 16日の投開票後は、当選者だけを抽出して比較できるようデータを更新し、サービスを継続する予定です。 毎日ボートマッチでの比較の基になる候補者アンケートにどんな質問を盛り込むかは高い公平性が求められます。 実施に当たって毎日新聞は細心の注意を払って内容をまとめましたが、「第三者の目」を反映させるため、監修委員会を設置しています。 前回参院選に引き続き、片山善博・慶応大教授(地方自治=前鳥取県知事)、曽根泰教・慶応大教授(政治学・政策分析論)、松本正生・埼玉大教授(政治意識論・世論調査研究)に監修委員に就任していただいています。 発祥地はオランダで、心理テストの発想から生まれた。 中立の非政府組織(NGO)、「政治参加センター」(アムステルダム)が市民の政治への関心を高めるために開発し、89年に紹介。 当初は紙上で利用する二者択一回答の単純なものだったが、94年にデジタル化されてから回答の選択肢も増えた。 98年の同国総選挙でインターネット版が登場して注目を集め、広く普及。 02年、03年の総選挙ではそれぞれ200万人以上が利用した。 現在もっとも積極的に活用しているのはドイツ。 実施主体の「連邦政治教育センター」(ボン)が各メディアと連携し、公共第二テレビ(ZDF)や有力誌「シュピーゲル」など主要メディアが自社のウェブサイト上でボートマッチを展開。 02年の導入以降、国政選挙を中心にさまざまな選挙で毎回実施され、利用者は各メディアを合わせて延べ1000万人を超えている。

次の

「毎日忙しくて正直選挙どころじゃないんですが?」な皆さんに投票前の15分だけ見てほしいサイトがこちらです

選挙 マッチング

「毎日ボートマッチ(えらぼーと)」は、衆院選の争点に関する質問に答えてゆくと、自分と政党、候補者との考え方の「一致度」を数値で知ることができる仕組みです。 毎日新聞社が2007年の参院選で日本のメディアとして初めて「ボートマッチ」を実施し、約40万人が利用しました。 「争点がよくわかった」「投票の参考になった」と好評を得ました。 今回が4回目の提供となります。 毎日新聞社は衆院選の立候補予定者を対象に、「候補者アンケート」(全25問)を実施しています。 毎日ボートマッチは、この「候補者アンケート」結果を基礎データとして使っています。 利用者は、立候補者と同じアンケートに答えることで政党や立候補者との一致度を知ることができます。 また、候補者個人の全回答を見ることもできます。 16日の投開票後は、当選者だけを抽出して比較できるようデータを更新し、サービスを継続する予定です。 毎日ボートマッチでの比較の基になる候補者アンケートにどんな質問を盛り込むかは高い公平性が求められます。 実施に当たって毎日新聞は細心の注意を払って内容をまとめましたが、「第三者の目」を反映させるため、監修委員会を設置しています。 前回参院選に引き続き、片山善博・慶応大教授(地方自治=前鳥取県知事)、曽根泰教・慶応大教授(政治学・政策分析論)、松本正生・埼玉大教授(政治意識論・世論調査研究)に監修委員に就任していただいています。 発祥地はオランダで、心理テストの発想から生まれた。 中立の非政府組織(NGO)、「政治参加センター」(アムステルダム)が市民の政治への関心を高めるために開発し、89年に紹介。 当初は紙上で利用する二者択一回答の単純なものだったが、94年にデジタル化されてから回答の選択肢も増えた。 98年の同国総選挙でインターネット版が登場して注目を集め、広く普及。 02年、03年の総選挙ではそれぞれ200万人以上が利用した。 現在もっとも積極的に活用しているのはドイツ。 実施主体の「連邦政治教育センター」(ボン)が各メディアと連携し、公共第二テレビ(ZDF)や有力誌「シュピーゲル」など主要メディアが自社のウェブサイト上でボートマッチを展開。 02年の導入以降、国政選挙を中心にさまざまな選挙で毎回実施され、利用者は各メディアを合わせて延べ1000万人を超えている。

次の

【参院選】比例代表では「候補者個人名」を書く方が「政党名」より断然お得って知ってましたか?【2019年改訂版】

選挙 マッチング

選挙特設ページ• 2020年7月5日投開票 都知事選のニュースはこちら。 2019年7月21日投開票 ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的に• 2019年4月 亥年選挙がスタート。 候補者の顔ぶれや開票速報、企画連載も。 2017年10月22日投開票 自民、公明両党で定数の「3分の2」を維持し、与党が大勝。 2017年7月2日投開票 小池氏支持勢力が過半数、自民は過去最低を大きく下回る23• 2016年7月31日投開票 小池百合子氏が増田氏や鳥越氏ら破り、女性初の都知事に• 2016年7月10日投開票 憲法改正に前向きな「改憲勢力」、参院全体で3分の2を超す• 2015年11月22日投開票 大阪知事に松井氏、大阪市長は吉村氏。 ともに「大阪維新の会」公認• 2015年4月 投票率、各地で最低更新 無投票も増加、空洞化示す• 2014年12月14日投開票 自公大勝、3分の2維持 「アベノミクス」継続へ• 2014年2月9日 舛添要一氏が細川護熙元首相らを破る• 2013年7月21日 自公が圧勝、過半数を獲得。 衆参の多数派が異なる「ねじれ」状態が3年ぶりに解消• 2013年6月23日投開票 自公が全員当選、民主は第4党に転落• 2012年12月16日投開票 自公320議席超、民主は壊滅的敗北。 安倍政権が誕生• 2012年12月16日投開票 石原氏が突然の降板 都知事選に猪瀬直樹氏が初当選.

次の