履歴書送付状書き方。 ハローワークインターネットサービス

履歴書の送付状はこれで完璧!基本のマナーと書き方

履歴書送付状書き方

(1)送付状ってどんなもの? 送付状とは、同封している中身を記載した書類のこと。 送付状、添え状、カバーレターなどさまざまな呼び方をしますが、いずれも誰が何を何のために送ったのか相手にひと目でわかるようにするためのものです。 持参する場合でない限り、送付状は同封した方がよいでしょう。 送付状には、「(1)日付、(2)宛名、(3)自分の名前と連絡先、(4)件名、(5)本文、(6)同封書類についての箇条書き」(以下、図を参照)の6点を記入します。 (2)送付状の書き方には、一般的なフォーマットがある 送付状は、簡潔でわかりやすいことが大切です。 そのために、相手先の名前は左上にするなど、一般的なフォーマットを覚えておきましょう。 (1)日付 提出日の日付を右上に記入します。 西暦でも和暦でも構いませんが、 中のエントリーシートや履歴書の日付と合わせ、表記を統一するようにしましょう。 (2)宛名 株式会社まで略さず書き、行を変えて「部署名」「相手の氏名」に敬称をつけて左上に書きます。 宛先が部署名の場合は「御中」とし、個人名のときには「様」をつけます。 「御中」と「様」は併用しないものです。 注意しましょう。 (3)自分の名前と連絡先 大学・学部・学科、自分の名前をフルネームで書き、連絡先を書きます。 万が一、送付状に記載しながら同封し忘れた書類があったときや、問い合わせがあるときなど、提出先の企業から連絡が入る可能性があるので、 連絡が取りやすい電話番号やメールアドレスも記入しておきましょう。 (4)件名 件名は見やすいように中央に配置します。 (5)本文 「拝啓」や「謹啓」などの頭語を書き、文末を「敬具」、「敬白」などの結語で結びます。 目上の人に対して前略は使わないのが一般的です。 頭語の後には、一般的な手紙であれば時候のあいさつを入れますが、送付状のように用件を簡潔に伝えるための文書の場合、なくても問題ありません。 時候のあいさつの代わりとして季節にかかわらず使えるのが、「時下」という表現です。 続けて「ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」など相手を祝福する一文をつけます。 続けて、 「何の目的で」「何を送るか」を簡潔に書いておきましょう。 (6)同封書類についての箇条書き 本文の結語の後1行空けて、中央ぞろえで「記」と一文字記入し、その下に同封した書類の名称と枚数を箇条書きにします。 これは記書きとも呼ばれ、本文中の「下記の通り」という表現に呼応しているものです。 「記」と入れた場合、最後は「以上」で結びます。 「これより下には何も書かれていません」という意味ですので、以上の後には何も書きません。 (3)テンプレートを作って効率化を図ろう 送付状の自分の連絡先やあいさつ文は毎回使うものなので、テンプレートを作っておけば効率的です。 「拝啓」と「敬具」、「記」と「以上」はセットで使われるもので、文書ソフトによっては、頭語を入力すると自動的に結語が出ますので上手に利用しましょう。 テンプレートを作るときに気をつけたいのが、宛名の変更漏れです。 宛名を間違えると提出先の企業に対して大変失礼なことになります。 テンプレートを作るときは、ダミーの社名を入れるのではなく、空欄にアンダーラインを引いておくなどして、うっかり社名を差し替え忘れるミスを防ぎましょう。

次の

【履歴書の送付状・添え状】書き方見本と郵送マナー(ダウンロードテンプレート付)│#タウンワークマガジン

履歴書送付状書き方

送付状・添え状は「誰が」「何を」「どれくらい」送ったかを示すためのもの 履歴書を郵送するときは、送付状・添え状を同封するのがマナーです。 その最大の理由は、「誰が」「何を」「どのくらい」送ったのかを採用担当者に示すため。 採用担当者は日々たくさんの履歴書を受け取っています。 その際、送付状があれば、採用担当者は差出人と中身の概要を把握しやすくなり、中身をひとつひとつ確認する手間を省くことができます。 さらに、送付状・添え状は「あいさつ」の役割を果たす書類でもあります。 ビジネスでは、本題に入る前に季節や時事の話題を振り、場を和ませることがあります。 履歴書を送る場合も同様で、送付状が本題に入る前のワンクッションとして働き、採用担当者にスムーズに履歴書を確認してもらえるようになるのです。 とはいえ、送付状・添え状をつけ忘れたとしても、面接まで到達すれば評価に直接影響することはありませんが、書類選考という序盤の選考プロセスでは「当たり前のことができる人か否か」をチェックされます。 特に応募が多い人気企業では、担当者の裁量によって書類選考で相当数が落とされることになります。 送付状・添え状を同封することはマナーであり、書類選考突破のセオリーです。 必ず送りましょう。 日付 ビジネス文書を作る際に共通するルールですが、日付は必ず右上に書きます。 ここでいう日付とは、記入日ではなく履歴書をポストに投函する日のこと。 「年」は省略せずに必ず記載してください。 西暦・和暦どちらを使っても問題ありませんが、同封する履歴書の記載方法と統一しましょう。 宛名 日付から一段下げ、左上に宛名を書きます。 省略せずに正確に書きましょう。 株式会社を「(株)」と省略するのもNGです。 採用担当者の氏名が分かっている場合は、「様」をつけて記入してください。 担当者の氏名が分からない場合は、「採用ご担当者様」もしくは「人事部御中」と書くのが正解です。 宛先が長くなる場合は見やすさを考慮し、改行してバランスをとりましょう。 自分の連絡先・氏名 宛先の下段、右に寄せて自分の連絡先と氏名を書きます。 「郵便番号」「住所」「電話番号」「氏名」の順番で書きましょう。 電話番号のあとに「メールアドレス」を記載してもOKです。 住所は都道府県名も省略せずに書きます。 電話番号は、最も連絡のとりやすい番号にしましょう。 携帯電話の番号でも問題ありません。 「氏名」はフルネームで記載しましょう。 前文(頭語・時候のあいさつ・相手の発展を喜ぶ言葉) 本題の前置きとして入れる文章です。 気をつけたいポイントは、「頭語として『拝啓』と文頭に入れること」「『時候のあいさつ』を入れること」「相手の発展を喜ぶ言葉を入れること」の3点です。 頭語のあとには1文字分のスペースを空けます。 「、」は使用しないので注意しましょう。 時候のあいさつは省いても問題ありません。 時候のあいさつを入れる場合は、月によって言葉が変わります。 以下の表を参考に、履歴書を提出するの時期に合わせた言葉を使ってください。 応募の経緯 求人の募集を知った媒体の名前を記載し、中途採用への応募の書類であることを記載する一文です。 募集職種が複数ある場合は営業職、事務職など、自分が応募する職種を書いておくといいでしょう。 志望動機・自己PR 送付状・添え状の中であなたの熱意を伝えられ、かつほかの応募者との差が出やすい部分が、応募の経緯に続けるひと言です。 あなたの経験やスキル、思いなどを、応募先の事業内容・仕事内容とうまくつなげて、端的にまとめましょう。 共感・納得が得られるようにまとまっていればベスト。 目安は3~4行です。 面接の申し込み 文章の結びとして、書類選考を受け、面接を希望していることを明記しましょう。 ビジネスマナーとして「何卒よろしくお願い申し上げます」というひと言で閉めるのが一般的です。 結語 結語も時候のあいさつと同様、ビジネス文書を書くときのマナーのひとつと捉えてください。 頭語を「拝啓」とした場合は、「敬具」で終わります。 略式のビジネス文書では「前略」で始め「草々(早々)」で閉じることもありますが、履歴書を送る際の送付状・添え状では略式にせず、一般的な「拝啓」と「敬具」を使いましょう。 書く位置は右寄せです。 同封書類の一覧 結語も時候のあいさつと同様、ビジネス文書を書くときのマナーのひとつと捉えてください。 頭語を「拝啓」とした場合は、「敬具」で終わります。 略式のビジネス文書では「前略」で始め「草々(早々)」で閉じることもありますが、履歴書を送る際の送付状・添え状では略式にせず、一般的な「拝啓」と「敬具」を使いましょう。 書く位置は右寄せです。 送付状・添え状を使うときのマナー 送付状・添え状には、書き方以外にもマナーがあります。 注意すべきポイントは、受け取り手である採用担当者に配慮し、管理しやすいよう工夫をすること。 相手の立場に立って考えるのが大切です。 どれほど立派な内容でも、マナーを守れていなければマイナスの印象を持たれることがあるので注意してください。 1枚以内に収め、サイズはA4が基本 送付状・添え状は1枚にまとめるのが鉄則です。 志望度の高さや熱意を伝えたいからといって、2枚、3枚と書き連ねることは、送付状の目的を考えたときにふさわしいとはいえません。 用紙にはA4サイズを使いましょう。 ほとんどのビジネス文書がA4サイズで作成されるため、採用担当者にとって確認・管理のしやすいサイズだからです。 また、ビジネス文書なので、手書きではなくパソコンで作成することをおすすめします。 Wordを使い横書きで作りましょう。 フォントはWordに入っている一般的な書体(明朝体やゴシック体)がよいでしょう。 奇抜な書体や色を使って、送付状を採用担当者へのアピール材料にするのは得策ではありません。 ビジネスマナーを守ることを優先してください。 応募書類の一番上になるよう重ねて提出する 送付状・添え状は応募書類の一番上に重ねてください。 目的である「誰が」「何を」「どれくらい」送ったかを伝えるということを考えると、採用担当者が封筒から書類を出して、最初に目にする書類でなければいけません。 送付状、履歴書、職務経歴書などの応募書類という順番になるよう重ねて提出しましょう。 上下を他の書類と合わせ、逆さまにならないように注意してください。 送付状・添え状のNG例 送付状・添え状でよくあるNG例が、定型文だけで味気ないもの、自己PRや志望動機が長すぎて送付状・添え状としてふさわしくないもの、希望条件など書くべきではない内容を書いてしまっているものです。 以下の例文を確認しながらNG理由を理解し、注意して作成しましょう。 定型文だけのもの 「送付状」「添え状」などという言葉を使ってインターネットで検索すると、たくさんのテンプレートが出てきます。 しかし、そのテンプレートをアレンジせずにそのまま使用するのはやめたほうがいいでしょう。 インターネットから入手できるテンプレートは、たくさんの人が使いやすいように定型文だけが記載されたものになっているのが通常です。 定型文だけの送付状・添え状を送ってしまうと、応募に対する熱意が伝わりづらく、最悪の場合、「使い回している」「手を抜いている」などといったとネガティブな印象を与えてしまいかねません。 「志望動機・自己PR」には、自分の経歴・スキルやその企業でなければならない理由などを盛り込み、しっかりと「その企業に入りたい」という思いを伝えましょう。 その条件がたとえあなたにとって絶対に譲れないものであったとしてもです。 繰り返しになりますが、送付状・添え状は「誰が」「何を」「どれくらい」送ったのかを伝えるのが本来の目的です。 それ以外の重要な伝達事項を書くものではありません。 さらにここに記載すると、主張が強すぎると捉えられ、入社してからも要求が多そうという懸念を抱かせてしまう可能性も。 就業上の希望条件は、履歴書の「本人希望欄」にのみ記載しましょう。 また、退職予定時期など、送付状・添え状で伝える必要のないことも書かないよう注意してください。 履歴書を持参するときは送付状・添え状は不要 履歴書を企業に持参したり、面接官に手渡ししたりする場合は、送付状・添え状をつける必要はありません。 送付状・添え状は、書類を対面で渡せないときに、受け取る人が中身を把握しやすいようにするための書類だからです。 履歴書を手渡す場合は、口頭で中身の概要を簡単に説明するのがベター。 「履歴書と職務経歴書をお持ちしました。 よろしくお願いいたします」などと声をかけながら渡すといいでしょう。 しかし、持参する際に送付状・添え状をつけたからといって評価が下がるということもありません。 大切なのは、直接渡せない場合に、正しく記入された送付状・添え状をつけることです。 それ以外の場合は、大きな影響はないと考えてよいでしょう。 松永 玲湖 米国CCE,Inc. 認定 GCDF-Japanキャリアカウンセラー 【経歴】 dodaで約12年間キャリアアドバイザーと人材紹介の法人営業に携わり、九州・中部・関東での勤務経験があります。 現在は営業職の方を中心に転職支援を行っており、U・Iターン転職など地域をまたいだ転職のサポートもしています。 【メッセージ】 仕事とプライベートは密接に関連しているので、働く場所や働き方など、考えることがたくさんあると思います。 また、自分の強みは何か?得意なことは何か?と迷いを感じていらっしゃることもあると思います。 そのような悩みや迷いが解決できるような情報を提供させていただきます。 履歴書・職歴書.

次の

ハローワークインターネットサービス

履歴書送付状書き方

送付状・添え状は「誰が」「何を」「どれくらい」送ったかを示すためのもの 履歴書を郵送するときは、送付状・添え状を同封するのがマナーです。 その最大の理由は、「誰が」「何を」「どのくらい」送ったのかを採用担当者に示すため。 採用担当者は日々たくさんの履歴書を受け取っています。 その際、送付状があれば、採用担当者は差出人と中身の概要を把握しやすくなり、中身をひとつひとつ確認する手間を省くことができます。 さらに、送付状・添え状は「あいさつ」の役割を果たす書類でもあります。 ビジネスでは、本題に入る前に季節や時事の話題を振り、場を和ませることがあります。 履歴書を送る場合も同様で、送付状が本題に入る前のワンクッションとして働き、採用担当者にスムーズに履歴書を確認してもらえるようになるのです。 とはいえ、送付状・添え状をつけ忘れたとしても、面接まで到達すれば評価に直接影響することはありませんが、書類選考という序盤の選考プロセスでは「当たり前のことができる人か否か」をチェックされます。 特に応募が多い人気企業では、担当者の裁量によって書類選考で相当数が落とされることになります。 送付状・添え状を同封することはマナーであり、書類選考突破のセオリーです。 必ず送りましょう。 日付 ビジネス文書を作る際に共通するルールですが、日付は必ず右上に書きます。 ここでいう日付とは、記入日ではなく履歴書をポストに投函する日のこと。 「年」は省略せずに必ず記載してください。 西暦・和暦どちらを使っても問題ありませんが、同封する履歴書の記載方法と統一しましょう。 宛名 日付から一段下げ、左上に宛名を書きます。 省略せずに正確に書きましょう。 株式会社を「(株)」と省略するのもNGです。 採用担当者の氏名が分かっている場合は、「様」をつけて記入してください。 担当者の氏名が分からない場合は、「採用ご担当者様」もしくは「人事部御中」と書くのが正解です。 宛先が長くなる場合は見やすさを考慮し、改行してバランスをとりましょう。 自分の連絡先・氏名 宛先の下段、右に寄せて自分の連絡先と氏名を書きます。 「郵便番号」「住所」「電話番号」「氏名」の順番で書きましょう。 電話番号のあとに「メールアドレス」を記載してもOKです。 住所は都道府県名も省略せずに書きます。 電話番号は、最も連絡のとりやすい番号にしましょう。 携帯電話の番号でも問題ありません。 「氏名」はフルネームで記載しましょう。 前文(頭語・時候のあいさつ・相手の発展を喜ぶ言葉) 本題の前置きとして入れる文章です。 気をつけたいポイントは、「頭語として『拝啓』と文頭に入れること」「『時候のあいさつ』を入れること」「相手の発展を喜ぶ言葉を入れること」の3点です。 頭語のあとには1文字分のスペースを空けます。 「、」は使用しないので注意しましょう。 時候のあいさつは省いても問題ありません。 時候のあいさつを入れる場合は、月によって言葉が変わります。 以下の表を参考に、履歴書を提出するの時期に合わせた言葉を使ってください。 応募の経緯 求人の募集を知った媒体の名前を記載し、中途採用への応募の書類であることを記載する一文です。 募集職種が複数ある場合は営業職、事務職など、自分が応募する職種を書いておくといいでしょう。 志望動機・自己PR 送付状・添え状の中であなたの熱意を伝えられ、かつほかの応募者との差が出やすい部分が、応募の経緯に続けるひと言です。 あなたの経験やスキル、思いなどを、応募先の事業内容・仕事内容とうまくつなげて、端的にまとめましょう。 共感・納得が得られるようにまとまっていればベスト。 目安は3~4行です。 面接の申し込み 文章の結びとして、書類選考を受け、面接を希望していることを明記しましょう。 ビジネスマナーとして「何卒よろしくお願い申し上げます」というひと言で閉めるのが一般的です。 結語 結語も時候のあいさつと同様、ビジネス文書を書くときのマナーのひとつと捉えてください。 頭語を「拝啓」とした場合は、「敬具」で終わります。 略式のビジネス文書では「前略」で始め「草々(早々)」で閉じることもありますが、履歴書を送る際の送付状・添え状では略式にせず、一般的な「拝啓」と「敬具」を使いましょう。 書く位置は右寄せです。 同封書類の一覧 結語も時候のあいさつと同様、ビジネス文書を書くときのマナーのひとつと捉えてください。 頭語を「拝啓」とした場合は、「敬具」で終わります。 略式のビジネス文書では「前略」で始め「草々(早々)」で閉じることもありますが、履歴書を送る際の送付状・添え状では略式にせず、一般的な「拝啓」と「敬具」を使いましょう。 書く位置は右寄せです。 送付状・添え状を使うときのマナー 送付状・添え状には、書き方以外にもマナーがあります。 注意すべきポイントは、受け取り手である採用担当者に配慮し、管理しやすいよう工夫をすること。 相手の立場に立って考えるのが大切です。 どれほど立派な内容でも、マナーを守れていなければマイナスの印象を持たれることがあるので注意してください。 1枚以内に収め、サイズはA4が基本 送付状・添え状は1枚にまとめるのが鉄則です。 志望度の高さや熱意を伝えたいからといって、2枚、3枚と書き連ねることは、送付状の目的を考えたときにふさわしいとはいえません。 用紙にはA4サイズを使いましょう。 ほとんどのビジネス文書がA4サイズで作成されるため、採用担当者にとって確認・管理のしやすいサイズだからです。 また、ビジネス文書なので、手書きではなくパソコンで作成することをおすすめします。 Wordを使い横書きで作りましょう。 フォントはWordに入っている一般的な書体(明朝体やゴシック体)がよいでしょう。 奇抜な書体や色を使って、送付状を採用担当者へのアピール材料にするのは得策ではありません。 ビジネスマナーを守ることを優先してください。 応募書類の一番上になるよう重ねて提出する 送付状・添え状は応募書類の一番上に重ねてください。 目的である「誰が」「何を」「どれくらい」送ったかを伝えるということを考えると、採用担当者が封筒から書類を出して、最初に目にする書類でなければいけません。 送付状、履歴書、職務経歴書などの応募書類という順番になるよう重ねて提出しましょう。 上下を他の書類と合わせ、逆さまにならないように注意してください。 送付状・添え状のNG例 送付状・添え状でよくあるNG例が、定型文だけで味気ないもの、自己PRや志望動機が長すぎて送付状・添え状としてふさわしくないもの、希望条件など書くべきではない内容を書いてしまっているものです。 以下の例文を確認しながらNG理由を理解し、注意して作成しましょう。 定型文だけのもの 「送付状」「添え状」などという言葉を使ってインターネットで検索すると、たくさんのテンプレートが出てきます。 しかし、そのテンプレートをアレンジせずにそのまま使用するのはやめたほうがいいでしょう。 インターネットから入手できるテンプレートは、たくさんの人が使いやすいように定型文だけが記載されたものになっているのが通常です。 定型文だけの送付状・添え状を送ってしまうと、応募に対する熱意が伝わりづらく、最悪の場合、「使い回している」「手を抜いている」などといったとネガティブな印象を与えてしまいかねません。 「志望動機・自己PR」には、自分の経歴・スキルやその企業でなければならない理由などを盛り込み、しっかりと「その企業に入りたい」という思いを伝えましょう。 その条件がたとえあなたにとって絶対に譲れないものであったとしてもです。 繰り返しになりますが、送付状・添え状は「誰が」「何を」「どれくらい」送ったのかを伝えるのが本来の目的です。 それ以外の重要な伝達事項を書くものではありません。 さらにここに記載すると、主張が強すぎると捉えられ、入社してからも要求が多そうという懸念を抱かせてしまう可能性も。 就業上の希望条件は、履歴書の「本人希望欄」にのみ記載しましょう。 また、退職予定時期など、送付状・添え状で伝える必要のないことも書かないよう注意してください。 履歴書を持参するときは送付状・添え状は不要 履歴書を企業に持参したり、面接官に手渡ししたりする場合は、送付状・添え状をつける必要はありません。 送付状・添え状は、書類を対面で渡せないときに、受け取る人が中身を把握しやすいようにするための書類だからです。 履歴書を手渡す場合は、口頭で中身の概要を簡単に説明するのがベター。 「履歴書と職務経歴書をお持ちしました。 よろしくお願いいたします」などと声をかけながら渡すといいでしょう。 しかし、持参する際に送付状・添え状をつけたからといって評価が下がるということもありません。 大切なのは、直接渡せない場合に、正しく記入された送付状・添え状をつけることです。 それ以外の場合は、大きな影響はないと考えてよいでしょう。 松永 玲湖 米国CCE,Inc. 認定 GCDF-Japanキャリアカウンセラー 【経歴】 dodaで約12年間キャリアアドバイザーと人材紹介の法人営業に携わり、九州・中部・関東での勤務経験があります。 現在は営業職の方を中心に転職支援を行っており、U・Iターン転職など地域をまたいだ転職のサポートもしています。 【メッセージ】 仕事とプライベートは密接に関連しているので、働く場所や働き方など、考えることがたくさんあると思います。 また、自分の強みは何か?得意なことは何か?と迷いを感じていらっしゃることもあると思います。 そのような悩みや迷いが解決できるような情報を提供させていただきます。 履歴書・職歴書.

次の