ファイアーエムブレム wiki。 ファイアーエムブレムエコーズ(FEエコーズ)

ファイアーエムブレムファン

ファイアーエムブレム wiki

ファイアーエムブレム風花雪月・最新情報 E3 2019で最新PV公開! 6月12日に行われたE3 2019でのニンテンドーダイレクトでファイアーエムブレム 風花雪月の 最新PVが公開されました。 動画の内容は、かつて学友だった3人が大人になってから国を分かれて対立し、剣を交えざるを得ない状況になっている、というもの。 ファイアーエムブレム風花雪月について ファイアーエムブレム風花雪月の物語 ストーリー 遥か太古より存在する大地・フォドラ。 フォドラの地は3つの勢力によって統治されていた。 父がリーダーを務める傭兵団に所属していた「主人公 あなた 」はあるきっかけにより、ガルグ=マク大修道院の教師として招かれることになる。 ガルグ=マク大修道院はフォドラでもっとも広く信仰されている宗教「セイロス教」の総本山であり、優秀な士官を育てるための士官学校でもある。 つまり3つの勢力の皇女や王子などが一堂に介する中立地なのだ。 あなたはそれらの勢力から1つを選んで担任となり、彼らを実戦に連れていくことで訓練していくことになる。 訓練といっても訪れる先は真の戦場。 生徒たちが生きるも死ぬもあなた次第だ。 また、頭の中に現れてあなたに話しかけてくる謎の少女「ソティス」とはいったい何者なのか。 物語を終えるときすべての秘密が明かされるだろう。 二部構成の物語 激動の時代を生きる若者たちの成長と共に、フォドラ全土を巻き込む戦乱のきっかけから結末までを、二部構成の物語として描かれる。 第一部 士官学校の教師として担任する学級を選び、生徒たちを育て、導いていく。 第二部 士官学校での日々から五年後、三国が相争う戦争を、三国それぞれの立場で描く。 クラスチェンジは試験に合格することが条件 これまでのファイアーエムブレム FE シリーズで、兵種をクラスチェンジさせるにはプルフ系アイテムを使用していたが、今作「ファイアーエムブレム風花雪月 FE風花雪月 」からは士官学校の資格試験に合格することで兵種をクラスチェンジさせられる。 戦闘の出撃前に兵種をクラスチェンジさせられるので、戦況に応じて使い分けることが可能。 士官学校 大修道院は、フォドラの未来を担う若者たちを育成する士官学校としての側面も持ち合わせている。 士官学校には、各国の出身者別に編成された三つの学級が存在し、さながらフォドラの縮図のような環境となっている。 主人公は、三つの学級の中から担当する学級を一つ選び、教師としての立場から生徒たちを導き、戦場では彼らの指揮官として采配を振ることとなる。 月末の実戦 課題出撃 に備え、限られた時間でどこまで成長できるかが重要となってくる。 成長への一歩は、兵種の「資格試験」に合格しクラスチェンジすることであり、平日は生徒たちへの教育に専念する。 休日には息抜きとして修道院で人々と交流することや、生徒たちと実戦に赴くもできる。 課題出撃までの準備期間をどのように過ごすかは、プレイヤー次第で変化する。 教育 教育の大きな目的は、生徒たちを多種多様な兵種の「資格試験」に合格させ、より強力な兵種にクラスチェンジさせられるようにすること。 剣術や馬術など、兵種によって必要となる技能はさまざまで、教師である主人公は、生徒一人ひとりの個性や才能を見極めながら教育方法で、彼らの成長を後押しする。 生徒のひとりひとりの得意な技能を伸ばしてあげられるように自習を設定しよう。 生徒自身の得意な技能であれば伸びやすく、苦手な技能は伸びにくい。 生徒それぞれの適正に合わせて個別指導することで、成長を伸ばしやすい。 生徒の中には、苦手な技能であっても新たな才能を開花させる生徒もいる。 自動で生徒を指導できる「おまかせ指導」機能も搭載される。 個性豊かな仲間の力をどう活かすかはプレイヤーの選択によって戦局を左右する。 自軍のターンで仲間(ユニット)を移動させ、敵を攻撃や仲間を回復するなどの行動を選ぶ。 自軍のターンが終了すると、敵軍のターンに移に移り、ターンを繰り返していく。 マス目状に区切られたマップで仲間を進軍させるが、移動可能な範囲はユニットによって異なる。 攻撃対象と攻撃手段を選択し、敵ユニットと戦闘開始。 敵の全滅、リーダーの撃破など、設定された条件を満たせば戦闘に勝利する。 あらゆる戦術を駆使し、仲間と連携して戦局をいかに有利に進めるかがポイントになる。 騎士団を率いる 各ユニットに騎士団を配備し、共に戦うことができます。 絆が紡ぐ力 味方ユニット同士の絆が戦闘での力をより強く発揮する。 特別な技と力を駆使する 技能を極めた者だけが使える力や各々のキャラクターが持って生まれた力を利用する。 計略は反撃させない攻撃であるため、戦場での使用回数は限られる。 敵ユニットが計略を使用することもあり、味方ユニットが計略での攻撃を受けると、動揺状態に陥ってしまうので注意しよう。 計略は、相手に反撃させない攻撃のため、攻撃した側のユニットが圧倒的に有利。 雇った騎士団ごとに発動する計略が変わるので、どのユニットに、どんな騎士団を装備させるかによって、戦場でのプレイ幅が大きく変わってくる。 また、大修道院で共に生活する人々との交流を深めることで、主人公自身の技能を伸ばすことも可能。 設備によってできることは異なり、生徒や修道院の人々と仲を深めたり、アイテムを入手したりできる。 散策中に拾った落とし物を持ち主に返してたり、相手が好みそうなものをプレゼントしたりすれば、受け取った相手は喜び、交流を深めるきっかけになるだろう。 上流階級が集う大修道院ならではのアクティビティでは、ふたりきりでお茶と会話を楽しむ「お茶会」があり、会話が弾めば弾むほど、相手との距離も縮まる。 お茶会をすることで、相手の支援値が上昇する。 依頼に応えると、報酬がもらえるほか、大修道院内での主人公の名声も高まっていく。 中には、本編から派生した「外伝」として、特定のキャラクターたちに焦点を当てた戦場も存在する。 敵に有利を取られると、こちらの攻撃と命中が減少してしまう。 結婚システムは、これまでのシリーズを通して注目されているシステムのひとつである。 結婚のメリット 特定のキャラクター同士が結婚すると子供が生まれ、 親の性能が子供の性能に直結するため、これまでのシリーズでは親厳選が重要なファクターとなっている。 結婚するためには 結婚は キャラ同士の支援をSにすると可能になる。 特定のキャラクター同士が、戦場マップで近くにいたり、隣同士である場合、特定の支援会話が発生し、お互いのステータスに補正がかかる。 支援会話によって、支援値が上昇し、ステータスに影響する補正値も上昇する。 風花雪月も結婚があるかも…? 発売前の事前情報では、今作「ファイアーエムブレム風花雪月」で 結婚システムが存在するかは不明。 海外サイトの情報だと、支援値らしきものの存在が確認できるため、結婚システムあるいは、似たシステムが存在するかもしれない。 支援値をあげるには? 支援値を上げるには、 特定のキャラクター同士で支援会話をさせる。 戦場マップで、支援値を上げたいキャラ同士を隣接配置して戦闘すれば、お互いの支援値が上昇する。 今作「ファイアーエムブレム風花雪月」では、キャラクターとお茶会や食事できるシステムがあるので、より効率的に支援値を上げれられるだろう。 兵種 クラス 一覧 初期兵種 平民 フォドラ各地に住む一般的な民。 魔法が少し使える兵種。 貴族 王や領主など民を導く血筋。 十傑の子孫が多く、魔法が少し使える兵種。 初級職 レベル5以上で資格試験を受験可能。 剣士 剣の扱いが得意な者。 素早い動きで攻撃を当て、敵の攻撃をかわす。 兵士 槍の扱いが得意な者。 器用に武器を扱い攻撃を当てることにたける。 戦士 斧や弓、籠手の扱いが得意な者。 力に優れた者が多く、強力な一撃を繰り出す。 修道士 人々を癒したり、魔法で戦ったりする者。 魔法が使える兵種。 中級職 レベル10以上で資格試験を受験可能。 ロード 人の上に立つ者の称号。 剣と指揮に優れる。 傭兵 与えられた任務を果たす傭兵。 力と速さに優れる。 盗賊 鍵開けを得意とする盗賊。 技と速さに優れる。 アーマーナイト 高い守備力を持つ歩兵。 前線における頼もしい盾役。 ソシアルナイト 馬に乗って戦う騎兵。 戦闘後に再び移動できる。 ブリガンド 力に優れた斧戦士。 体力に優れ、前線で活躍する。 アーチャー 弓の扱いが得意な戦士。 技に優れ、運も良い。 拳闘士 籠手を使い、格闘で戦う近接型。 素早い攻撃が得意。 メイジ 黒魔法を使って戦う者。 守備の高い敵に対して強く、魔法が使える兵種。 ダークメイジ 闇魔法を使って戦う者。 守備の高い敵に対して強く、魔法が使える兵種。 プリースト 白魔法を使って戦う者。 攻撃と回復の両方を扱え、魔法が使える兵種。 ペガサスナイト ペガサスに乗り、空を飛ぶ騎士。 魔法に強いが、弓に弱い。 戦闘後に再び移動できる。 上級職 レベル20以上で資格試験を受験可能。 勇者 優れた力と速さを持つ戦闘の達人。 ソードマスター 剣の道を極めた達人。 素早い剣技で敵を斬る。 アサシン 影の世界で生きる暗殺者。 技と速さにたけている。 フォートレス 圧倒的な守備を誇る重装兵。 速さを代償に得た高い守備で味方を守る。 パラディン 経験を積んだ熟練の騎士。 力と守備と魔防が全体的に高い。 戦闘後に再度移動できる。 ドラゴンナイト ドラゴンに乗り、空を飛ぶ騎士。 能力が高いが、弓と魔法に弱い。 戦闘後、再び移動できる。 ウォーリアー 比類なき力を誇る戦士。 体力も高く、多くの戦場で活躍する。 スナイパー 弓の扱いを極めた達人。 技が高く、遠方より攻撃を当てることにたけている。 グラップラー 格闘を極めた達人。 素早く繰り出す拳で敵をなぎ倒す。 ウォーロック 黒魔法を極めた者。 守備の高い敵に対して強い。 魔法が使える兵種。 ダークビショップ 闇魔法を極めた者。 守備の高い敵に対して強い。 魔法が使える兵種。 ビショップ 白魔法を極めた者。 攻撃と回復の両方を扱える魔法が得意な兵種。 フォドラを治める3つの勢力について アドラステア帝国 フォドラ南部を治めており、3つの勢力の中でもっとも広大な支配領域を持つ。 修道院での学級名は「 黒鷲の学級 アドラークラッセ 」。 級長は次期皇帝でもある皇女エーデルガルトが務める。 【生徒の特徴】 剣士と魔道士が多い ファーガス神聖王国 フォドラ北西部を治める。 修道院での学級名は「 青獅子の学級 ルーヴェンクラッセ 」。 級長は王国の王子ディミトリ。 【生徒の特徴】 ナイトとアーマーが多い レスター諸侯同盟 フォドラ北東部を治める。 修道院での学級名は「 金鹿の学級 ヒルシュクラッセ 」。 級長は諸侯同盟のリーダー格である名家の子息クロード。 【生徒の特徴】 弓と格闘と斧が多い ファイアーエムブレム風花雪月・製品情報.

次の

ファイアーエムブレムサイファ Wiki

ファイアーエムブレム wiki

FEH攻略Wikiの最新情報 FEH最新情報• 7月の武器錬成対象キャラ• ネフェニーの専用武器は重装特効が付与されており、特殊タイプで錬成すると敵から攻撃された時に速さと守備にバフが乗ります。 アメリアは「重装の行軍」の継承素材として重宝するので、1人は所持しておきたいキャラです。 歴戦の英雄たちの力を借り得る「召喚師」として特別な力を持つあなたは、滅亡の危機に瀕するアスク王国を救うため、特務機関「ヴァイス・ブレイヴ」の一員となり、果てない戦いに挑みます。 対立していた両国だったが、炎の王「スルト」が率いるムスペル王国の圧倒的な力によって戦いは終焉を迎えようとしていた。 ニフルの王女「フィヨルム」は滅亡した祖国から逃れ、アスク王国で「ヴァイス・ブレイヴ」のメンバーに出逢う。 そこへ、死の王国「ヘル」の不気味な兵士たちが突如襲いかかる。 苦しみながらも敵兵を撃退するアルフォンスらは、歴史に残る伝説の王「リーヴ」「スラシル」を名乗る死の王国の将たちと遭遇する。 一方死の王国では、女王「ヘル」が王女「エイル」へ恐ろしい指示を下していた。 『生者どもの軍に入り、生者どもに尽くせ。 身も心も服従せよ。 そして十分に信用を得た後…私が命じたその時、 生者どもを殺せ。 』母の命を受けヴァイス・ブレイヴと行動を共にするエイル。 しかし、アルフォンスらも現場近くで強い眠気にとらわれ、意識を失ってしまう。 夢うつつで目覚めた彼らが出会ったのは、人に夢を見せる美しい妖精だった。 悪夢の妖精との戦いと、夢の中から現実世界に戻るための旅が始まる。 味方をスワイプして敵に重ね攻撃するなど、手軽な操作で楽しめます。 英雄召喚 バトルで共に戦う英雄は、オーブと呼ばれるアイテムで召喚します。 ランダムで登場する5つの召喚石から、手に入れたい英雄の属性の色を選びます。 オーブはストーリーで入手したり、ショップで購入したりすることもできます。 仲間 共に戦う部隊の編成やカスタマイズができます。 スキルの習得や装備の変更、英雄の能力をさらに引き出す特別な強化なども行えます。 闘技場 世界中のライバルと戦い、一定期間のスコアを競います。 ランキングに応じて英雄の能力を高める報酬が手に入ります。 公式プロモーション映像 攻略ライター募集• 掲示板• 最新情報• 人気の記事 ピックアップ記事• ツール• 最新追加キャラ情報 ガチャ排出キャラ• 配布・報酬キャラ• ガチャ・イベント情報 最新のガチャ情報• イベント攻略情報• ランキング情報• クエスト攻略 常設マップ• 対人マップ• スペシャルマップ(期間限定)• 攻略お役立ち情報 キャラ育成関連• 闘技場関連• ゲームシステム関連• 初心者向け攻略情報• 登場キャラクター 属性別• 種類別• 武器種別• 移動タイプ別• 排出時のレア度別• スキル• 英語版Wiki English•

次の

ファイアーエムブレム無双 攻略 【FE無双】

ファイアーエムブレム wiki

エムブレマーの噂 [ ]• 「エ ムブレム」の発音に悩む。 Emublemならそれでよかったんだけどね。 Emblemだしやっぱ発音はエンブレム• 「どっちも商標登録されている」ことはファンならば知っていて当然。 ボスとは、いじめて経験値を稼ぐものだと思っている。 闘技場を利用するためクリアは遅い。 闘技場で勝てそうも無いキャラは地形効果を利用して敵の攻撃をよけまくる。 先ず勝てないから利用しない…。 アルゴリズムを理解すると、闘技場に行く順番を変えたりして何とか勝てないか工夫してみる(順番を変えると乱数のパターンが変わるため、当たらなかった攻撃が当たることがある)。 クラスチェンジした僧侶が闘技場に行って、追い返されなかったときちょっと感動する。 2週目以降は根性で戦士とかコマンドとかシューター(ファミコンのみ)を使ってみる。 その戦士が意外と強く成長して驚く。 最初から上級職のユニットを用いない…。 クラス・チェンジ出来ないユニットは出撃させない。 スーファミ版の二部でこれは辛かった…。 ボスたたきや闘技場で長時間レベルアップに励んでいるので戦闘評価はかなり低い。 主人公のみとかの制限プレイとかは基本。 『封印の剣』など主人公が一人だけだとだと厳しすぎる。 『封印の剣』『聖魔の光石』で、パラメーターマックスは1回は行う。 初代からのファンである人々と、『スマブラDX』でロイ(『封印の剣』の主人公である赤い髪の剣士。 本編発売前に参加という異色のキャラ。 「エクスプロージョン」<爆発 OTZ>や、「カウンター」<1. 5倍ダメージで返す。 マルスは一定値>と、何気にパワーっぽい。 )に影響され『封印の剣』をやってファンになった人々に大別される。 スマブラDXに出てきた2人が、次の『スマブラX』でクビにならないかどうかマヂで心配している。 スマブラDXでロイを担当した声優は2007年の第1回声優アワード主演男優賞受賞。 そんなことよりも『スマブラX』にアイクが出てくることを喜んでいる。 --とりあえずマルスは無事でよかった…• しかしロイはクビになってしまった…• でもそんなの関係ねぇと思っている方は封印の剣をやっていない。 セリスの参加を期待したい……• そして最新作に向けて「アイクは首になるだろう」「ロイが復帰したらマルスは首になるかもしれない」と予想する人がいるのか?• マルスは参戦決定。 ほかにだれが出るのか?• アイクも残留決定。 しかし新作枠はクロムがまさかの敗退。 ただし出番は 「なくはないです」 「覚醒」勢からはマイユニことルフレ、そしてルキナが参戦。 そしてしれっとロイが課金キャラで復活している件について。 VCで普通に配信されている。 というか、加賀氏は他所で勝手にエムブレムの続編を作ろうとしたのが問題なだけで、クリエイターとして名前出せないとかいうのではない。 「ファイアーエムブレムのテーマ」は、各バージョン毎で好みが分かれる。 そんな自分は紋章の謎バージョンが一番お気に入り。 ティアリングサーガに関しては複雑な心境。 赤と相対を成すものは青ではなく緑である。 キャラクターデザインに関して。 FC版からのファンは、紋章の謎~蒼炎の奇跡のアニメ顔に嘆いた。 にわかファンはスマブラに出演したマルス、ロイ、アイクだけは知っているが、実際FEシリーズで登場した作品名すら知らない。 使うキャラは素早さの成長度の高さで決める(聖戦以外)。 作品別の噂 [ ] 暗黒竜と光の剣 [ ]• 僧侶リフの供養は欠かせない• 第一作がスーパーファミコンに移植される際にその存在を消された• 彼は傷薬(3回分の回復)に生まれ変わったらしい• だがしかしDS版で復活した。 そして初代からのファンは彼をソシアルナイトにしたりペガサスナイトにしたりして楽しむ• ペガサスナイトは無理っしょw• FE最初の作品というだけに難易度は結構高め。 ちなみにキャラクターはある程度死ぬ想定で作られている。 イラナイツと呼ばれる連中が定期的に補充されるのも、戦死者の穴を埋めていく前提で設計されているため。 死亡0は言ってみれば極めプレイの類なので、それが当たり前というバランスにはなっていない。 杖キャラは殴られないと経験値が貰えないというマゾゲー。 当初マルスを育てておかず、「輸送隊長」等と言って揶揄していたが、終盤になってマルスが強くなっていないとクリアできないことに気づく……• そしてシーダにデビルソードなんか持たせて・・・• モブは徹頭徹尾モブで育てても強くならないというある意味リアルな世界。 リメイク版 DS版 [ ]• SFC版は下記「紋章の謎」へ• 味方が沢山死なないと外伝に行けない・・・。 死亡0をテーマにしてきたエムブレマーには辛い。 新キャラのうちノルンだけはオームで死亡0が可能だが、ハードモードでは彼女を仲間にすることができない 血涙• 兵種変更は便利だけど何か違うと思っていたり。 しかし、ウェンデル先生やクラスチェンジ後のリンダが「賢者」なのは落ち着かず、「司祭」に変更していたりする。 ウェンデル先生が「賢者」のままだと使えないマジックシールドを持って登場するのは、明らかにバグだと思っている。 斧キャラがクラスチェンジできるようになった!• かといってバーツ以外は使っていなかったりする。 メディウス戦はマルスの重要度が下がり、チキがアンパイになってみんな不満。 ウルフとザガロの成長率は異常。 まあ初期値が低いしね。 でも兵種変更でジェネラルとかにすると凶悪的な強さになる。 木彫りの人形みたいな顔グラにちと引いた。 とりあえずドーガを使っとけ。 外伝 [ ]• 基本村人マンセー。 気がつけば体力が足りなくて、魔法が打てない魔法系ユニット。 基本装備の弓に特効がなくなったと喜んで飛行系ユニットを弓兵に突撃させる。 油断していると名前付きの弓(特効あり)を持つ敵将に射落とされる。 ひとりしかいないのが不幸中の幸いだが……。 魔法防御0のガチムチアーマーが足を引っ張る。 序盤のボスが持っている最強の盾を手に入れるため、多くの時間と労力を強キャラ育成に費やす。 そのアイテムが再び現れるのは終盤近く(こちらの方が手に入りやすい)。 シリーズで唯一「店」「お金」「武器使用回数」「傷薬」が無い。 ほかのシリーズだと弓の射程は2 たまに3 なのに対して、これだけ1-3、さらにアイテムの弓を装備すると1-5という脅威の射程を誇り、かつ接近戦までできてしまう。 さらにボウナイトが移動8あるので射程が実に1-13というわけわからんくらい広くなる。 リメイク版 3DS [ ]• フルボイスだったり3DダンジョンだったりSaGaっぽい戦技がついたりと、外伝の異端児的側面を現代的に強化した作風。 主人公を盲信する負け確幼馴染という強烈なキャラが追加• ナレーションのでむせる。 オリジナルとのキャラの変化には賛否両論ある。 とくにレオ。 そしてクレーベがやっぱり使えないのに涙する。 紋章の謎 [ ]• FEで一番売れた作品であり、FE唯一ハーフ超えした作品。 未だにその人気は衰えない。 OVAが発売されたが、忘れたい。 みんなから愛されている傭兵といえばオグマだ。 味方に斧キャラ0・・・。 使われるキャラがいたとしても大抵バーツ。 紋章の謎 第2部 については文字通り 誰も使えない。 wkbの意味が分からない奴はモグリ。 チキ・マリア・ユミナをその年恰好と階級から「三幼姫」と呼ぶ者もいる• 終盤になって騎兵連中の使えなさっぷりは・・・• 騎乗ユニットは城内進入禁止という仕様さえなければ・・・ リメイク版 DS版 [ ]• カジュアルモードのおかげでライトユーザが入りやすくなったとは思うが、複雑な気分だ。 前作リメイクといい今作といい「倒れた仲間は二度と出会えない」の概念を否定しているような。 でも事故死して今までの苦労がふいになるという悲劇は減ったね。 SFC版で仲間にできなかった人を仲間にできるのはいいが、こんなにいらないと思っている。 ウルフ、ザガロやビラク、それにミシェイルまで・・・• 闘技場が激減したので資金繰りに困っている。 訓練場はお金がもらえないのであんまり使わない。 いきなりルナティックモードに挑んで挫折した。 トラ7や蒼炎マニアックをクリアしたからって調子に乗ってルナティックをやると………• マイユニットが後のシリーズに導入されてしまうのだろうかという微妙な思い。 最新作「覚醒」での導入が決定。 しかも専用職らしい。 とりあえず僧侶リフは健在。 聖戦の系譜 [ ]• 『聖戦の系譜』において• 第一段階:自由に恋愛させて子供ユニットを決める。 キャラ同士の会話も楽しみ。 第二段階:能力重視で子供ユニットを決める。 シルヴィアの子供は恋愛無しのほうが使いやすいので、恋愛関係になった男ユニットが次々に殺されるという恐ろしい事態に。 エリートが欲しければレックスでもくっつければ。 白状します。 実はリーンよりレイリア(恋愛無しの場合のシルヴィアの子供)が好みだったんです。 第三段階:キワモノ、もしくは恋愛無し。 毎ターンセーブ可能という黒歴史システムで何でもやり放題。 だがマップが異様に広かったり1つのマップに制圧しなければならない城が複数あったりで、セーブが初ターンだけだとそれはそれで死ぬ。 妙にアーダンが優遇されていた気がする。 FEでは極めて珍しい非美形の味方ユニットだが、ゲーム冒頭でいきなり「固い、強い、おそい」などと言われていたり、追撃リングの固有イベントがあったり、スタッフには愛されている模様。 ツンデレが今ほど認知されていなかったこの頃、ラケの高飛車な態度を皮肉ってアーダンとくっつける奴が少なからずいた。 ミストルティン2撃食らって死なないのはクラスチェンジしたアーダンだけだからという説も。 プレイ当初、シグルドの強さに違和感を感じる。 子世代になって、セリスの初期性能に「ああ、FEはこうだよなぁ……」とつぶやく。 明らかに子供にしか見えないキャラまで子作りに参加。 ベオウルフ「ラケシス、短い間だったが、楽しかったぜ」。 その短い間に年の違う子供を2人作っているわけだが。 カップリング相手として人気なフィンの場合、もっと短いわけだが…• 上にあるように特異なセーブシステムといい武器修理・成長システムといいユニットの二世代構成といい、とにかくシリーズ中でも異端的存在。 ファンも多いがアンチも多い。 子ユニットが母親によって固定になるので、父親に全く似ていない子供が大量発生。 不倫疑惑も大量発生。 特にどう見てもレックスそっくりなレスター。 4コマアンソロジーですらネタにされてるが。 攻略本・4コマ・アンソロジーの類がシリーズ中群を抜いて大量に発売されている。 時期的に、任天堂系ゲームパロディ本が最盛期だった頃と一致する。 子供編でのオイフェとシャナンの成長した姿に絶句する。 殆ど変わっていないレヴィンには噴く。 あれは半分死んでるような物だから。 そしてそこまで老けていないのに苦労が滲み出てるフィンに涙する。 おかげで、第二部のレンスター王家=貧乏というイメージが定着してしまった。 後のトラキア776でさらにこのイメージが補強されている。 トラバントとアルヴィスの老け方がまともなだけに尚更。 コープルの年齢が一番の謎なのではなかろうか。 公式には13歳 って何かで読んだ だけど、バーハラの戦いは17年前。 仮にシルヴィアが生きててその後に彼を出産したとしても16歳になる計算。 特に父親がバーハラで戦死した人ならば尚更。 失われた人の命が3万Gで買える。 トラキア776 [ ]• 難易度の高さは想像を絶する。 歴代で1番売れなかったソフト。 だって書換え用なんだもん。 ROMカートリッジでも発売されてます。 外伝というよりスピンオフやパラレルワールドな作品。 糞システムが多すぎて一部のファンは黒歴史扱いにしている。 独特すぎた「聖戦の系譜」に比べれば遥かに普通のFEのシステムに近い。 トラバントといえば旧東独の段ボール製乗用車ではない。 正統派な性格の主人公が強盗をはたらくことに抵抗など感じるはずもない。 封印の剣 [ ]• ここから支援会話が導入された。 ウォルトは使えないキャラの代名詞。 お母さんは使えるキャラだったのに・・・• しかし「ウォルト」と聞いてまず最初に思いつくのは「あのネズミの生みの親」ではなく、弓使いのウォルト。 へたをすると「ロイ」の方も(ry• この作品から入った人も多い。 多分スマブラのおかげ。 "多分"じゃねーw、確実にそうだろ。 けど、こうなったのはFE封印が発売延期になってスマブラが先に発射されたってのが原因らしいが。 中には漫画からという人も居るかも。 主人公ハーレム。 これなんてエロゲ?• FE系ネタスレでよく話題になる。 まさかの親の代の話。 王子系と豪快系の主人公がいたが、豪快系が人気になる。 てめぇリンディス様を忘れるんじゃねぇ。 リンディス様が遠坂凛に見えて仕方ねぇ。 ロウエンが典型的ギャルゲー主人公に見えて仕方がない。 ロリコン扱いされる死神がいる。 何故か専用グラを持つ半裸の狂戦士がいる。 軍師(=プレイヤー)に積極的に関わってくるキャラクターたち。 しかし終盤になるにつれ軍師は空気化する。 CMではいつものテーマソングではなく平井堅の楽曲を使用していた。 当然シリーズファンには賛否両論。 支援会話で百合や薔薇な雰囲気をかもし出し、そのまま後日談で結ばれるという展開もある。 前作以上に戦場でやる会話じゃ無い会話が増えた。 聖魔の光石 [ ]• ハードでも難易度が歴代FEノーマル以下というゆとり仕様。 そうは言っても、SRPG初心者にこれを勧めても「難しすぎてクリアできねーよ」となるオチ。 なんでもかんでも「ゆとり」とか言うの止めませんか。 構図がロックマンシリーズにおけるロックマン5に似ている。 上記に書かれているように、難易度が簡単設計であるため「このノーマルがクリアーできない」となると他のファイアーエムブレムは目もあてられないことになる。 前作の影響で、エフラムは見た目は王子系なのに性格は豪快系。 おまけに異性の支援キャラも実妹・幼馴染・ツンデレ・幼女とスキがない。 ラスボスの技名が中学生レベル。 大陸の全体図が愛知県。 蒼炎の軌跡 [ ]• ここから闘技場がなくなる。 剣士の扱いの酷さには泣けてくる。 シリーズで初めて猫耳キャラ(男含む)が出てくる。 序盤に存在する普通の民家から最強クラスのキャラがひょっこり出てくる。 その民家の通称は「しっこくハウス」• エリンシアの通称は「アミーテ」• 輝かんばかりの「美の化身」がいる。 ユリシーズが、お笑いコンビ「笑い飯」の西田にクリソツ• シリーズ初の敵に寝返る味方キャラ でもやり方によって味方に戻る• まさかジェイガンポジションがパラディンじゃなくてスナイパーだったとは・・・ 暁の女神 [ ]• ロードが存在しない。 ムービーが凄い。 フリーダの育てにくさは尋常ではない。 筋肉団長マンセーw• その体格の変化から「ゴリラのラグズではないか」とファンから噂される。 蒼炎から化けたエリンシアのチートさ。 蒼炎から変わらないサザの弱さ。 シリーズ初のぽっちゃり系女性キャラがいる。 これまでのものと比べ、支援会話がかなり味気ないものになった。 ヒラコーに思いっきりdisられた。 海外版ではイベントが追加されるわ一枚絵が増えるわ専用武器も増えるわで実質の「完全版」。 国内でも出して欲しいと望む人が多い。 主人公 笑 覚醒 [ ]• クロムの台詞の「 俺は負けん! 」がどうしても「 俺は魔剣! 」に空自する人多し。 フレデリクが何故か執事キャラになってるとの事。 繋がりですかねぇ…。 シリーズ伝統の闘技場が廃止になったとの事。 あのスリルが良かったのに…。 武器・アイテム等は拾える物があるとの事。 但し出る物はランダムである。 過去シリーズのキャラの登場に、過去シリーズのネタや武器と、FEの集大成的な内容である。 ひょっとしてFEシリーズ終わっちゃうのだろうか。 実際売上がやばくて終わる覚悟で作ったようだが、本作がヒットしたためめでたく継続。 ダウンロードコンテンツでは高難易度の配信MAPや配信専用のアイテムとかがあるが、それ以外には水着や浴衣姿のキャラが拝めるシナリオとかもある。 前者はともかく後者は媚売りすぎ…。 if [ ]• タイトルの「if」が示す通り、最新作では「もしも」のシナリオになっていくとのことらしい。 対立する二つの国のどちらについて戦うかが話の軸となる。 今までのシリーズにはなかった完全和風な世界観である。 白夜側に進むと忍者や侍・巫女など和風テイストなユニットが仲間に入り、暗夜側に進むとシリーズお馴染みのユニットが仲間に入る。 おなじみのユニットもある中、メイドがクラスとして初登場。 史上初、パッケージ版が2バージョン同時発売。 どこぞのポケモンだよ。 配信版1バージョンのみで途中で分岐していくとのこと。 倒れた仲間が 次のターンに復活する「フェニックスモード」には目を疑った。 スパロボですらそんな生ぬるいシステム無いのに・・・。 覚醒に続きDLC路線継続。 2000円で選ばなかったシナリオをDLできたり、第三の物語が遊べるという。 ならぬ「イフパルレ」がある。 CEROが上昇したのはもっぱらこいつの功績と言われている。 結婚するとキスシーンまで………。 それなんてエロg ry• 史上初、男性のペガサスナイトが登場。 前作「覚醒」をやっていると思わずニヤリと来るキャラが登場している。 妙に列車名っぽいキャラが多いように思える。 スーパー カムイ、アサマ 新幹線あさま 、キヌ 東武特急「きぬ」 、サクラ…• 妙に軍艦名っぽいキャラも多いように思える。 前作はヒットしたが「シナリオがもう少し・・・」ということで、テコ入れとして呼ばれたのがキバヤシだったんだよ!な、なんだってー! おまけにやたらイロモノが多い。 特に暗夜王国は女装男子、腐女子、中二病(遺伝)、ナンパ師(遺伝)…… キャラクター毎のファンの噂 [ ] マチュア(トラキア776)ファン [ ]• 徒歩兵系で初めて斧を使うことのできる女性キャラ。 ただしクラスチェンジ後。 それ以前にもシーマ(紋章の謎)、クラスチェンジ後のラケシス(聖戦の系譜)と希少。 紋章のシーマ ジェネラル は槍だけだったような 紋章までは3すくみが無くて斧=雑魚の武器、という冷遇っぷり。 攻略本でそのことを知り、貴重な勇者の剣を持たせ、もともとたいした性能のキャラでもないのに限られたナイトプルフを惜しげもなく与える。 あんまりな影の薄さに涙。 要素(黒髪のソードファイター)がキーキャラのマリータと同じだったのが痛かった。 しかしその希少種であるファンは、第1作で根性で サジ、 マジ、 バーツを最後まで使っていたマッチョフェチ。 ニノ(烈火の剣)ファン [ ]• 健気な妹系キャラなので、ファンを公言するとロリコン認定される。 でも、人気キャラ投票では常に上位。 結局みんなロリじゃん・・・• 育てると最強クラスだが、早解きの場合は即二軍行き。 ラクチェ(聖戦の系譜)ファン [ ]• かなりの確率で母アイラのファンでもある。 というか「アイラの子」というだけでもう強い。 もちろんラクチェの為に、100人斬りの妖刀を作成した。 ラクチェの為に父親を誰にするか真剣に考えてしまう。 ホリン、レックス、デューが王道。 フィンの相手の候補としても有力。 誰が父親でも強いのにわざわざ一番いい種馬を投入する。 ホリンが父親の場合、一度は「シャナンじゃなくてラクチェにバルムンクを使わせろ!」と思ったことがある。 シャナンを殺してバグを利用してまでラクチェにバルムンクを装備させてしまう。 たまには双子の兄のスカサハも使ってあげてください・・・。 スカサハもたいていはそれなりに使われている。 てか、スカサハは子世代ユニットの中では間違いなく優秀な部類に入る。 ラクチェより目立っていないのはCC後の職業やスキルの問題もあるが、一番問題なのは六章の最初以外 セリフがほとんどないことである。 父親によってはorシャナン死亡ならエンディングで王になるけどね。 てか、スカサハを「使ってあげてください」なんて、本当に聖戦やったことあるのか疑ってしまう文言である。 ここはやはりスカサハではなくラドネイの名前を出して欲しかった。 アベル(暗黒竜と光の剣)ファン [ ]• 紋章から入った人は暗黒竜のアベルの顔を見てショックを受ける。 これはチキファン以外全員。 FC版から入ったがEDの意外な充実ぶりに驚いた。 ただ紋章のEDでは・・・。 ある意味紋章からのキャラデザの路線転換の象徴だと思っている。 緑騎士のキャラをアベル系と呼ぶ。 某古参SCPを聞くとぎょっとなる。 オグマ(暗黒竜と光の剣)ファン [ ]• 裕木奈江がオグマ好きらしい。 とよく間違えられる。 こっちの方が先なのに。 傭兵系のキャラをオグマ系と呼ぶ。 ナバール(暗黒竜と光の剣)ファン [ ]• 桜井政博(星のカービィ、スマッシュブラザーズの生みの親)がナバール好きらしい。 ナバールがスマブラXにシールで出ている。 剣士系のキャラをナバール系と呼ぶ。 特に長髪か寡黙系。 流星剣が使えたらなあ・・・• 女を斬る剣は持っていない。 カチュア(暗黒竜と光の剣)ファン [ ]• シーダさえいなければ……と思っている。 「シーダ死亡エンドが欲しい」とか言ってより大多数のシーダファンを敵に回す。 ポジション的に時点はマリアだと思うのだがマリアを攻撃する輩は少ない。 パオラファン共々、いい加減あきらめろよあんな奴・・・と思っている。 パオラの方はヒーローズではその設定はオミットされた。 逆にエコーズの方では大々的にクローズアップされた。 紋章二部で活躍の機会が増えたことに狂喜した。 フィン(聖戦の系譜)ファン [ ]• 大体、ラケシスファンも兼任している。 キュアンから貰った勇者の槍はもちろん彼専用。 が、子供がいる場合、勇者の槍がなくなってしまうため、大抵フュリー辺りに貸し出してフィーから回収する。 関連項目 [ ]•

次の