江戸川 競艇。 【国内】競艇で職員が舟券を買い大事件に

江戸川競艇場

江戸川 競艇

淡水と海水が混じる全国唯一の河川コースで、潮の千満の差が大きいボートレース江戸川(江戸川競艇場)。 ボートレース江戸川(江戸川競艇場)の最大の水面特徴は日本一の難水面とも評される荒れた水面というのが特徴です。 ボートレース江戸川(江戸川競艇場)の舟券予想は、全国の他の競艇場とは違った予想の仕方をしないと難しい競艇場と言えます。 このボートレース江戸川(江戸川競艇場)独特の水面特徴を理解していないと、なかなか舟券を的中させることができません。 ここでは競艇(ボートレース)の舟券を購入する上で重要なボートレース江戸川(江戸川競艇場)の水面の特徴や攻略法、コース別データ、モーター情報を紹介させて頂きます。 江戸川競艇場の水面特徴 江戸川競艇場はスタート、旋回、どれを取っても全国屈指の難水面 江戸川競艇場は河口近くにあり、水質は海水になります。 河口に近い事から上げ潮や下げ潮による水位の影響が受けやすい水面でもあります。 また年中、風の影響も受けやすく競争(レース)中止という事が頻繁に発生します。 風、水位、河川の流れ等の影響から全国の全競艇場の中でも屈指の難水面として知られています。 特異質な水面である為、競艇界のトップレーサーでも旋回に苦労する場面が多々出てきます。 逆にボートレース江戸川(江戸川競艇場)を得意としている「江戸川巧者」と呼ばれる選手も実在していて、ボートレース江戸川(江戸川競艇場)では実力が逆転する事もあります。 (東京支部の石渡鉄兵選手は通称「江戸川鉄兵」と呼ばれており江戸川巧者として有名です。 ) 特に潮流と風向きがぶつかり合うと波長が、長いうねりを伴う波水面となり波乗り技術の差が大きく影響してきます。 ボートレース江戸川(江戸川競艇場)の場合は、水面状況よりも誰がどのコースで出場するかがかなり重要な要素になると思います。 江戸川巧者と言えるかは解りませんが、、、打越晶選手、飯島昌弘選手、鎌田義選手、横澤剛治選手、松江秀徳選手、山田竜一選手、渡邉英児選手、熊谷直樹選手、、飯山泰選手、、、北川幸典選手、烏野健太選手、、あたりは波に比較的強いと評判にはなります。 江戸川競艇場は、ほぼ枠なり進入 進入はアウト専門の選手等が大外に出る場合以外は、ほぼ全レースが3対3の枠なり進入になります。 これは潮の満ち引き、スローに入る艇は定められた時間までにホームストレッチに艇を入れる必要があること、内規により3コースまでに入る艇はスローに入れるという決まり(4コース以降はスロー、ダッシュは問わない)、前づけの反則を厳しく取ること、およびピットの位置などの問題もありますが、基本的にはボートレース江戸川(江戸川競艇場)の水面の特殊性ゆえに選手間に存在する暗黙の合意(ボートレース江戸川(江戸川競艇場)だから枠なり)に基づいている部分が大きいようです。 江戸川競艇場は意外とチャンスがある6コース 基本的には難水面なのでインコースが圧倒的に有利になります。 1コースのイン逃げVS2コースの差しの勝負という構想がボートレース江戸川(江戸川競艇場)の大半のレースになります。 更に以外と思うかもしれませんが、6コースの1着率も全国平均に比べれば非常に高くなっています。 これはボートレース江戸川(江戸川競艇場)が難水面なのでインコースが有利と言われている中でも旋回に苦戦する場面が数多くあるという点が考えられます。 1~5コースが旋回に苦戦する間に大外6コースから旋回半径は大きくなっても全速ターンまたは全速ターンに近いスピードターンをすればインコースに届いてしまうという事が考えられます。 なのでアウトコースに波に強い選手が登場した時には、万舟券のチャンスかもしれません。 引用元:BOAT RACE OFFICIAL HP 江戸川競艇場のコース別データ 引用元:BOAT RACE OFFICIAL HP ボートレース江戸川(江戸川競艇場)は難水面という点もあるからなのか真相はわかりませんが、5コース、6コースから差しでの1着が無い事が目を引きます。 一度スピードを緩める差しでは5コース、6コースからでは厳しいのでしょうね。 決まり手が「抜き」の割合が多い事もボートレース江戸川(江戸川競艇場)ならではなのではないでしょうか。 江戸川競艇場のモーター情報 直近のモーターランキングに関しては、モーター成績を参照ください。 ボートレース江戸川(江戸川競艇場)のモーター交換時期は4月になります。 4月よりも以前であれば、データはかなり重要度が高いですが、4月以降の5月や6月であれば、まだデータも定まっていませんので要注意です。 *上記リンクは外部リンクです。 まとめ ボートレース江戸川(江戸川競艇場)では難水面という事もあって、待機行動中に艇が転覆してしまったり、大波でレース挙行不能になってしまったりと他の競艇場では考えられないような事態も起こったりします。 あらゆる面で予測不能な競艇場なので予想や配当にもその点がおおいに関係してくる可能性を秘めています。 各レース展開や展示タイム、予想屋の予想などしっかりと判断して舟券が当たるようにがんばってみてください。 ボートレース江戸川(江戸川競艇場)で開催されるレースの舟券を購入される時の参考に是非してみてください。

次の

ボートレース江戸川競艇場攻略!特徴や傾向まとめ

江戸川 競艇

江戸川競艇場はその名前の通り、全国で唯一の河川を利用したコースなのです。 そのため、川の流れがあります。 また、河口も近いことから水質は海水で、潮の満ち引きによる水位の変化もあります。 さらに年中、風の影響を受けやすくなっており、レースの中止もよく発生するほどです。 様々な特徴のある江戸川競艇場の水面ですが、最もレースに関わってくるのは潮の満ち引きと風の影響でしょう。 満潮に向かうときを「上げ潮」(追い潮)と言います。 この時には潮の流れは2マークから1マークへ流れます。 逆に干潮に向かうときには「下げ潮」(向かい潮)と言います。 この時には潮の流れは1マークから2マークの方向へと流れるのです。 潮の流れと風の向きが同じ場合には、水面は比較的穏やかなものの、ボートはその方向に流されやすくなります。 逆に、潮の流れと風向きが逆になってしまった場合、水面は波立ちやすくなります。 このように江戸川競艇場の水面の特徴は、潮の流れがあり波立ちやすく、その時々で表情を大きく変えていくことです。 そのため、江戸川競艇場で前づけをする選手はほとんどいません。 コース別の成績としては、他の競艇場と比べると1コースの1着率はやや低めです。 その代わり2コースや6コースが強いのが特徴的です。 これはコースが狭く、潮流もあることから、スタートが難しいこと、ターンが流されやすいことなどが理由にあります。 そのため、2コースからの差しや、6コースからのまくりが決まりやすいのです。 しかし、江戸川競艇場に慣れていない選手にとって、この競艇場でスタートやターンを決めることは困難です。 そのため、選手の組み合わせによってレース展開が変わりやすい競艇場とも言えるでしょう。 江戸川競艇場で予想的中させるためには? 江戸川競艇場で予想するためには、まず 「江戸川巧者」や「波乗り巧者」と言われる選手を把握する必要があります。 なぜなら、江戸川競艇場は全国屈指の難水面と言われており、トップクラスの選手でもスタートやターンに苦戦するからです。 過去には江戸川競艇場でのレース出場を拒否(斡旋拒否)する選手もいたほどなのです。 (2001年より原則として斡旋拒否は出来なくなりました。 ) しかし、それほどまでに江戸川競艇場を苦手とする選手が多い一方で、江戸川競艇場の難水面を乗りこなす選手がいるのです。 この選手達は、江戸川競艇場において圧倒的な強さを持ちます。 そのため、「江戸川巧者」や「波乗り巧者」と呼ばれるのです。 その選手達は全国勝率で格上となる選手にも、江戸川競艇場では勝利するのです。 そのため、江戸川競艇場での予想では「全国勝率よりも江戸川勝率」を優先して予想することが重要です。 江戸川競艇場での勝率が高い選手には、.

次の

ボート競輪オート : 日刊スポーツ

江戸川 競艇

淡水と海水が混じる全国唯一の河川コースで、潮の千満の差が大きいボートレース江戸川(江戸川競艇場)。 ボートレース江戸川(江戸川競艇場)の最大の水面特徴は日本一の難水面とも評される荒れた水面というのが特徴です。 ボートレース江戸川(江戸川競艇場)の舟券予想は、全国の他の競艇場とは違った予想の仕方をしないと難しい競艇場と言えます。 このボートレース江戸川(江戸川競艇場)独特の水面特徴を理解していないと、なかなか舟券を的中させることができません。 ここでは競艇(ボートレース)の舟券を購入する上で重要なボートレース江戸川(江戸川競艇場)の水面の特徴や攻略法、コース別データ、モーター情報を紹介させて頂きます。 江戸川競艇場の水面特徴 江戸川競艇場はスタート、旋回、どれを取っても全国屈指の難水面 江戸川競艇場は河口近くにあり、水質は海水になります。 河口に近い事から上げ潮や下げ潮による水位の影響が受けやすい水面でもあります。 また年中、風の影響も受けやすく競争(レース)中止という事が頻繁に発生します。 風、水位、河川の流れ等の影響から全国の全競艇場の中でも屈指の難水面として知られています。 特異質な水面である為、競艇界のトップレーサーでも旋回に苦労する場面が多々出てきます。 逆にボートレース江戸川(江戸川競艇場)を得意としている「江戸川巧者」と呼ばれる選手も実在していて、ボートレース江戸川(江戸川競艇場)では実力が逆転する事もあります。 (東京支部の石渡鉄兵選手は通称「江戸川鉄兵」と呼ばれており江戸川巧者として有名です。 ) 特に潮流と風向きがぶつかり合うと波長が、長いうねりを伴う波水面となり波乗り技術の差が大きく影響してきます。 ボートレース江戸川(江戸川競艇場)の場合は、水面状況よりも誰がどのコースで出場するかがかなり重要な要素になると思います。 江戸川巧者と言えるかは解りませんが、、、打越晶選手、飯島昌弘選手、鎌田義選手、横澤剛治選手、松江秀徳選手、山田竜一選手、渡邉英児選手、熊谷直樹選手、、飯山泰選手、、、北川幸典選手、烏野健太選手、、あたりは波に比較的強いと評判にはなります。 江戸川競艇場は、ほぼ枠なり進入 進入はアウト専門の選手等が大外に出る場合以外は、ほぼ全レースが3対3の枠なり進入になります。 これは潮の満ち引き、スローに入る艇は定められた時間までにホームストレッチに艇を入れる必要があること、内規により3コースまでに入る艇はスローに入れるという決まり(4コース以降はスロー、ダッシュは問わない)、前づけの反則を厳しく取ること、およびピットの位置などの問題もありますが、基本的にはボートレース江戸川(江戸川競艇場)の水面の特殊性ゆえに選手間に存在する暗黙の合意(ボートレース江戸川(江戸川競艇場)だから枠なり)に基づいている部分が大きいようです。 江戸川競艇場は意外とチャンスがある6コース 基本的には難水面なのでインコースが圧倒的に有利になります。 1コースのイン逃げVS2コースの差しの勝負という構想がボートレース江戸川(江戸川競艇場)の大半のレースになります。 更に以外と思うかもしれませんが、6コースの1着率も全国平均に比べれば非常に高くなっています。 これはボートレース江戸川(江戸川競艇場)が難水面なのでインコースが有利と言われている中でも旋回に苦戦する場面が数多くあるという点が考えられます。 1~5コースが旋回に苦戦する間に大外6コースから旋回半径は大きくなっても全速ターンまたは全速ターンに近いスピードターンをすればインコースに届いてしまうという事が考えられます。 なのでアウトコースに波に強い選手が登場した時には、万舟券のチャンスかもしれません。 引用元:BOAT RACE OFFICIAL HP 江戸川競艇場のコース別データ 引用元:BOAT RACE OFFICIAL HP ボートレース江戸川(江戸川競艇場)は難水面という点もあるからなのか真相はわかりませんが、5コース、6コースから差しでの1着が無い事が目を引きます。 一度スピードを緩める差しでは5コース、6コースからでは厳しいのでしょうね。 決まり手が「抜き」の割合が多い事もボートレース江戸川(江戸川競艇場)ならではなのではないでしょうか。 江戸川競艇場のモーター情報 直近のモーターランキングに関しては、モーター成績を参照ください。 ボートレース江戸川(江戸川競艇場)のモーター交換時期は4月になります。 4月よりも以前であれば、データはかなり重要度が高いですが、4月以降の5月や6月であれば、まだデータも定まっていませんので要注意です。 *上記リンクは外部リンクです。 まとめ ボートレース江戸川(江戸川競艇場)では難水面という事もあって、待機行動中に艇が転覆してしまったり、大波でレース挙行不能になってしまったりと他の競艇場では考えられないような事態も起こったりします。 あらゆる面で予測不能な競艇場なので予想や配当にもその点がおおいに関係してくる可能性を秘めています。 各レース展開や展示タイム、予想屋の予想などしっかりと判断して舟券が当たるようにがんばってみてください。 ボートレース江戸川(江戸川競艇場)で開催されるレースの舟券を購入される時の参考に是非してみてください。

次の