さんずい 漢字。 部首「氵(さんずい)」

部首「氵(さんずい)」

さんずい 漢字

氵(さんずい) スポンサードリンク 部首が 「さんずい」の漢字一覧です。 水部に属する部首で左側に位置するとき、「氵」の形になり、「さんずい」と呼びます。 水・河川などに関する漢字、「氵」を含む漢字などが集められています。 主にJIS第1水準・JIS第2水準の漢字を対象に記載しています。 +2画• +3画• +4画• +5画• +6画• +7画• +8画• +9画• +10画• +11画• +12画• +13画• +14画• +15画• +16画• +17画• +19画• +22画• 背景色の は常用漢字、 は人名用漢字(表一)、 は人名用漢字(表二)を示しています。 スポンサードリンク•

次の

さんずいに晃(滉)の意味、読み方、熟語、使い方

さんずい 漢字

さんずいに晃 さんずいに晃と書く漢字は「滉」になります。 「滉」は水部の漢字で画数は13画になります。 「水部」とは、水を部首にもつ漢字の集まりのことです。 水部には「水・河川・川の流れ・液体」などの意味があります。 水の画数と部首内画数の10画なので、総画数が13画で、水部10画の漢字です。 JIS漢字水準では、JIS第2水準になります。 漢字検定1級・日本語能力検定では「JLPTN1」になります。 「滉」の意味は、水が深く広いことです。 「滉」の漢字を電子計算機上で取り扱うために、各規格の固有の識別コードがついています。 文字についている固有の識別コードを「文字コード」と言います。 「滉」の文字コードには、「Unicode/UCS」・「JISX0213」・「戸籍統一文字番号」・「住基ネット統一文字」などがあります。 「Unicode/UCS」の文字コードは「U+6EC9」になります。 「JISX0213」の文字コードは、「1-62-70」になります。 「戸籍統一文字番号」の文字コードは、「203230」になります。 「住基ネット統一文字」の文字コードは、「J+6EC9」になります。 次に「滉」の熟語・「滉」の音読みや訓読みを紹介します。 「滉」の熟語 さんずいに晃と書く漢字は「滉」です。 「滉」は人名用漢字なので一般的な熟語はありません。 熟語とは、複数の語や形態素が比較的強く結びつき、独立したまとまりをなす表現を指す用語になります。 「滉」は人名用漢字なので、人名の参考例を紹介します。 「滉」を含む男の子の名前には、 ・滉一(こういち)・滉季(こうき)・滉生(こうき)・滉紀(こうき) ・滉規(こうき)・滉貴(こうき)・滉基(こうき)・滉二(こうじ) ・滉司(こうじ)・滉介(こうすけ)・滉佑(こうすけ)・滉晴(こうせい) ・滉誠(こうせい)・滉太(こうた)・滉汰(こうた)・滉太郎(こうたろう) ・滉平(こうへい)・滉明(こうめい)・滉也(こうや)・滉弥(こうや) ・貴滉(たかあき)・滉人(ひろと)・滉斗(ひろと)・滉歩(ひろと)などがあります。 「滉」を含む女の子の名前には、 ・滉花(こうか)・滉美(ひろみ)・万滉(まひろ)などがあります。 次に、「滉」の音読みや訓読みを紹介します。 「滉」の音読みと訓読み さんずいに晃と書く「滉」は水部10画の漢字です。 人名用漢字なので、一般的に「滉」の熟語はありません。 「滉」の音読みは、「コウ」になります。 訓読みは「ひろい」になります。

次の

12stroke 氵(さんずい) Chinese characters List|Japanese Kanji Dictionary

さんずい 漢字

さんずいに朱 「サンズイ」に「朱」と書く「洙」の部首は「水(すい)」になります。 総画数9画で、部首内画数は「水部6画」になります。 JIS漢字水準は「JIS第2水準」になります。 「洙」の部首は「水」で、「水」を部首に持つ漢字の集まりを「水部」といいます。 「水部」には、「水・河川・川の流れ・液体」という意味があります。 「洙」の漢字は、水の画数+6画で構成されるので「水部6画の漢字」と表現されます。 「洙」の意味には、川名・山東省中部を流れて、泗水に注ぐ・洙水(シュスイ)などがあります。 次に、「洙」の熟語・「洙」の音読み・訓読みを紹介します。 「洙」の熟語・音読み・訓読み さんずいに朱と書く「洙」の意味には、川名・山東省中部を流れて泗水に注ぐ・洙水(シュスイ)などがあります。 「洙」は漢姓のひとつなので熟語には人名があります。 「洙」の文字が入った人名には、「季光洙」・「山県洙川」・「半井宗洙」などがあります。 「洙」は、朝鮮に多い姓になります。 「洙」の音読みは「シュ」です。 「洙」には訓読みはありません。 「洙」の文字を含む姓は、韓国全土に約200名が存在しているようです(2000年調査によります) 「洙」を含む「洙泗」という文字があります。 「洙泗」の読みはシュシです。 「洙泗(シュシ)」は、中国の山東省西部を流れる泗水(しすい)とその支流の洙水(シュスイ)の併称になります。 「洙泗」の流域は、孔子の生地・没地・弟子に道を講じた場所になります。 孔子の学問に「洙泗学」があります。 「洙泗学」は儒学とも洙泗の学とも言われます。 「洙」と同じ読みの漢字 さんずいに朱と書く漢字の「洙」の音読みは「シュ」です。 熟語には、人名の「季光洙」・「山県洙川」・「半井宗洙」などがあります。 「洙」には訓読みはありません。 「洙」と同じ読みの漢字を紹介します。 ・殊・須・種・主・周・首・収・殳・手・收・舟・戍・朱・咒・枢 ・取・呪・侏・茱・洙・株・娶・娵・終・蛛・棕・痩・衆・腫・溲 ・椶・鄒・銖・聚・需・趣・撞・鋳・諏・銹・數・橦・樞・麈・鍾 ・趨・鬆・繻・鰌・鰍・鬚・鑄・珠・酒・修・狩・守などになります。

次の