ケネディ マリリン モンロー。 ケネディ大統領暗殺、マリリン・モンロー自殺の影にはFBIが暗躍か?

マリリン・モンロー、闇から浮上したSEXシンボル

ケネディ マリリン モンロー

経緯 [ ] モンローは「」の歌詞にある、祝う人の名前を入れる部分にケネディを意味する「ミスタープレジデント」を充て、艶めかしい声で歌い上げた。 なおケネディの実際の45回目の誕生日は5月29日であり、その10日前に歌われたことになる。 モンローは続けて名曲 ()の一部分を、ケネディを明確に指す新しい歌詞を書いた上で歌った(実際の歌詞は英語版 を参照されたい)。 その後、ケネディがステージに上がり、モンローの歌い方やきわどいドレス、彼女の一般的なとしてのイメージをほのめかしながら、歌について「このように甘く、すこやかに誕生日の歌を歌ってもらったので、私はもう政界から引退してもいい」と冗談を飛ばした。 この歌とモンローによる熱唱は多くの理由により記憶されることとなった。 まず最初に、これは彼女が重要な公の場に姿を表した最後の機会となった(モンローはこの2ヶ月半後の1962年8月5日に死去している。 睡眠薬の大量服用による自殺とされたが、その死には多くの疑惑が唱えられている)。 この日の司会はと親交が深かった俳優のだったのだが、モンローが数時間も遅れてきたのを捉えて Late Marilyn Monroe と紹介した。 Late には「遅刻した」だけではなくて「故〜」の意味もある。 加えて、ケネディとモンローは「浮気関係にあった」という根強い噂が存在しており 、モンローが歌ったことは、さらなる憶測を呼ぶこととなった。 また、翌1963年11月22日には「引退」の冗談を口にしたケネディ自身が暗殺によって世を去っている。 なお、このモンローのコンサートではジャズピアニストのが演奏している。 誕生祝賀会 [ ] ケネディの誕生祝賀会は以前のマディソン・スクエア・ガーデン(1925年にオープンし、1968年に閉鎖した三代目)において1962年5月19日に開催され 、多くのと共に1万5000人以上の人々が参加した。 そこにはマリリン・モンローも含まれているが、夫人のは出席しなかった。 モンローのドレスは薄手の、の生地が使われており、2,500個ものが縫い付けられていたことで有名である。 ドレスは非常にきつく作られていたため、モンローは文字通り服に縫い込まれることとなった。 なお彼女はその下に何も着ていなかった。 このドレスは ()によってデザインされたものである。 この祝賀会はミュージカル映画「 ()」で有名な ()によって演出された。 反響 [ ] モンローが着ていたドレスは歌のシンボルとして有名になり、1999年にで競売にかけられた際には126万で落札された。 出典 [ ].

次の

JFKと結婚したかったM・モンロー…ケネディ夫妻の愛つづる新著 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ケネディ マリリン モンロー

151 マリリン・モンロー暗殺疑惑 16歳の頃、モデルとしてデビューしたマリリン・モンローは、少しずつ映画にも出演するようになり、20歳でハリウッドの映画会社と契約したのをきっかけに、本名のノーマ・ジーン・ベイカーから「マリリン・モンロー」へと名前を変える。 1951年の「イヴの総(すべ)て」に出演したのをきっかけに、後(のち)にアメリカ映画界を代表する大スターとなった。 たが1962年、36歳の若さにして自宅で不審な死を遂げた。 睡眠薬の飲み過ぎによる自殺という結論となっているが、自殺にしては不審な点が多く、当初から他殺説が浮上しており、死の真相は依然はっきりしていない。 8月5日、午前3時30分、 家政婦がマリリンの部屋の灯りがまだついているのを見つけ、ドアをノックしてみた。 しかし返事がない。 マリリンはこの当時、精神的に不安定になっており、狂言自殺を行っては、誰かに電話で助けを求めたこともある。 精神科医に診察してもらっていたような時期だったので家政婦は心配になり、 家の外に出てマリリンの部屋を覗いてみた。 するとマリリンが全裸でベッドの上に横たわっている。 嫌な予感がした家政婦は、すぐにマリリンのかかりつけの精神分析医であるグリーンソン医師を呼んだ。 10分後の3時40分、 グリーンソン医師が到着して遺体を発見し、その後に同じくマリリンの主治医であるエンゲルバーグ医師が到着し、彼女の死亡を確認して警察に通報した。 前日の8月4日の夕方、マリリンの自宅には、友人である宣伝係の パトリシアが来ていた。 また、ロバート・ケネディ司法長官(ケネディ大統領の弟)も訪ねてきていた。 そして更に、17時ごろ精神分析医であるグリーンソン医師もマリリンの自宅を訪れている。 その後ロバート・ケネディ司法長官が帰り、18時ごろパトリシアが帰り、グリーンソン医師も18時30分ごろ帰り、来客は全て帰った。 マリリンは20時ごろ寝室に入った。 ここで一度電話をかけている。 マッサージを呼ぼうと、いつものマッサージ師のところへ電話したのだ。 しかし不在だったらしく受けたのは留守番の者だった。 「酔っぱらった感じの女性から電話がありました。 」と留守番の人は後にこのマッサージ師に報告している。 この電話を最後に、午前3時30分までの約7時間でマリリンに何かが起こり、マリリンは遺体となって発見された。 死因はバルビタール剤(睡眠薬の一種)の過剰摂取による急性中毒である。 彼女の血液100グラムの中から4.5ミリグラム、肝臓から13ミリグラムのバルビタールが検出された。 「自殺の可能性が高い」とも発表され、この結論が現在でも公式な見解となっている。 バルビタール自体はエンゲルバーグ医師から処方されたもので、エンゲルバーグ医師はマリリンに50錠入りのビンを与えたという。 だがマリリンの部屋にあったビンの中には3錠しか残っていなかった。 ここまでの事実であれば、マリリンが自分の意思でバルビタールを大量に飲んだ自殺と考えられる。 しかし後の調査によれば、エンゲルバーグ医師が50錠を渡したというのは間違いで、薬局の記録によると、25錠となっていることが判明した。 また、ロス検視局では、死因はバルビタールとなっているが、 その朝検視官が彼女の胃を調べたところ、バルビタール服用の際の屈折性結晶は検出されなかった。 また、消化器官や腎臓にも薬を飲んだ痕跡が残っていなかった。 バルビタールを飲んで死に至るには少なくとも52錠、多ければ89錠が必要で、 これだけの量を飲んで、胃や消化器官に何も残っていないということはあり得ないという。 それに、バルビタールの飲み過ぎ特有の症状である引きつけも起こしておらず、マリリンは身体をまっすぐにして横たわっていた。 つまりマリリンは、バルビタールを飲んだのではなく、別の手段で身体に入れたということになる。 考えられるのが注射であるが、注射器などは部屋からは発見されていない。 遺体にも注射の跡はなかった。 また、この他にも自殺にしては不審な点が多くある。 遺書が見つからなかったこと、寝る前には必ずカーテンを閉めて寝る習慣があったのに、その日に限ってカーテンが開いていたこと、裸で寝ることなどなかったマリリンが裸で横たわっていたこと、彼女の電話の通信記録が失われていること、日記の代わりに使っていた赤い手帳がなくなっていたこと、などである。 また、動機に関しても不明で、確かにこの時期、わがまま放題で精神的に不安定だった彼女は撮影中の映画の役を降ろされていたものの、監督が替わってから再び50万ドルで再契約が成立しており、数週間後には撮影が再開されることになっていた。 そのような時期に自殺に走るとは考えにくい。 その際に重要な要素となっているのは、ジョン・F・ケネディ大統領と、その弟ロバート・ケネディとの、2人との不倫関係が大きく関わってくる。 撮影の合間 いまだにファンの多いマリリン・モンロー マリリン・モンローは1950年代に「紳士は金髪がお好き」「億万長者と結婚する方法」などでトップスターとなった。 マリリンの輝きが絶頂を迎えていたこの時期、 マリリンは、後(のち)の大統領であるジョン・F・ケネディと知りあうこととなった。 紹介者は ピーター・ローフォード で、彼は ケネディの妹・パットの夫であり、また、俳優でもある。 彼が、ロサンゼルス・サンタモニカ海岸のビーチハウスで、ケネディとマリリンを引き合わせたのだ。 初めて出会った時から2人は一気に仲を深め、マリリンはたちまちケネディに夢中になっていった。 ただ、ケネディの方には妻がいたので、こちらは不倫ということになる。 もちろん、ケネディは、マリリンとの関係で刺激的な日々を送りながらも、妻と離婚までしてマリリンと結婚しようという気はなかった。 世間にバレないように、2人が合う場所としては、紹介者であるローフォードのビーチハウスを主に使った。 ケネディが大統領に就任した後は、ニューヨークのカーライルホテル内にある大統領専用のペントハウスで会うようになった。 このペントハウスは完全に外部の者をシャットアウト出来る理想的な場所であり、大統領の側近でさえ、ここに頻繁(ひんぱん)に出入りするのが誰なのか知らないような場所だった。 1960年の民主党大会の二日後、ケネディとマリリン、そしてローフォードは、レストランで食事をしていた。 会話の最中、ケネディはテーブルの下でマリリンの身体を触りまくり、スカートの中に手を突っ込んだ時、彼女がパンティをはいていないことに気づいた。 ローフォードは後でこういった話を聞かされて、ケネディとマリリンの関係がかなり進んでいることを知った。 また、2人で大統領専用機で旅行したこともあり、日が経つにつれ、マリリンはいつしか、ケネディと結婚したいと本気で思いつめるようになった。 頻繁に会っているにも関わらず、しばらくの間2人の関係がバレなかったのはマリリンの変装のおかげである。 顔の半分くらいを隠すようなサングラスに地味な服、カツラなどで完全に別人となっており、周りの人も彼女のことをローフォードの秘書くらいにしか思っていなかった。 両組織はマリリン本人の調査も進め、この頃マリリンが睡眠薬中毒とアルコール中毒で精神科の病院に入退院を繰り返していたことも調べ上げた。 マリリンはケネディに夢中になる一方であり、ホワイトハウスに電話をかけたり手紙を送ったり、果てはケネディ夫人にまで電話してケネディと離婚してと頼むほどだった。 そんなある日、FBIのフィーバー長官からケネディ大統領に対して警告が発せられた。 「 2人が会う時によく使っている、ローフォードのビーチハウスにマフィアが盗聴器をしかけ、2人のセックスを録音している」「マリリンとはもう会わない方がよい」、という情報だった。 マフィアたちがケネディ大統領の私生活や、マリリンとの不倫を調べていたのは、大統領を脅(おど)すネタを探していたためである。 ジョン・F・ケネディが大統領になり、そしてその弟のロバート・ケネディが司法長官という役職についてからは、彼らはマフィアの取り締まりをかなり強化した。 大統領の私生活での秘密を握り、これをネタに、取締りから逃(のが)れるような取引に持っていこうという意図があったらしい。 一方、ケネディの方は、マリリンに対する熱が冷(さ)めつつあった。 マリリンが精神科の病院にお世話になっていることや妻に電話をかけたこと、そしてこの情報も大きな要素を占め、ケネディはマリリンと別れることを決めた。 5月19日、ケネディはこれを最後と決めて、いつものカーライル・ホテルの部屋でマリリンと会った。 この日は日中、ニューヨークのマジソン・スクエアガーデンで、民主党員1万5000人が集まり、ケネディの45歳の誕生日パーティが開かれた日でもあった。 マリリンもこのパーティに招かれており、パーティの後、これが最後となるとも知らずにマリリンはケネディとの約束の部屋に入っていき、いつもの甘い時を楽しんだ。 態度を豹変(ひょうへん)させ、急に冷たくなったケネディに対してマリリンは怒りが爆発した。 何度もホワイトハウスに電話をかけ、手紙も何通も出したが、ほとんど無視のような状態である。 怒りが頂点に達したマリリンは、「これまでの2人の関係をマスコミにばらすわ!」と言い始めた。 脅しにかかったマリリンに対し、ケネディは弟のロバートをマリリンの元へ差し向けた。 もちろんマリリンの説得のためであるが、結果は説得とはまるで違う方向へと向いてしまった。 ロバートとマリリンはそれまでは挨拶をする程度の仲でしかなかったが、ロバートがマリリンの家を訪れた時、彼女は嘆(なげ)き悲しみ、その姿は本当にかわいそうで、ロバートは同情してしまい、翌日もマリリンと会い、その日の夕方にはすでにかなりの仲となり、そのまま夜を一緒に過ごして体の関係となってしまった。 ロバートとも関係を持ったマリリンは、今度はロバートのいる司法省に電話をかけるようになった。 そして相手かまわず「ロバートは私と結婚の約束をした。 」と口走るようになった。 それは、元々の相手である大統領ジョン・F・ケネディと、その弟ロバート・ケネディとの区別さえつかなくなってしまったかのようだった。 行き過ぎの行動に、だんだんとロバートもマリリンを避けるようになっていった。 ロバートにも敬遠され始めたマリリンは、再び不安定な精神状態となっていき、孤独感と悲しみ、寂しさの中で日々を過ごすようになった。 「ひどい人たち・・人を利用するだけ利用しておいて、後はゴミのように捨てるなんて・・。 」そう言いながら絶望状態となったマリリンは更に睡眠薬に頼るようになってしまった。 失恋の悲しみと酒、睡眠薬が度を過ぎるほどになってしまい、仕事においてもこの時には自分の出演映画「女房は生きていた」の撮影は始まっていたのだが、自分の出番になってもセリフもろくに覚えておらず、しゃべってもろれつがまわらず何を言っているのか聞き取れないような状態となってしまった。 心配したローフォードは「このままでは女優生命が終ってしまう。 」と警告したのだが、マリリンの状態は変わらなかった。 そして間もなく決定的なことが起こった。 あまりの彼女の態度に腹を立てた製作会社が彼女を役からはずし、この映画は撮影中止となったのだ。 ケネディ兄弟たちとの関係だけではなく、仕事までも失ってしまい、精神的にボロボロとなったマリリンは、家にこもって酒を浴びるように飲むようになり、ひたすら泣いて過ごす日々となった。 2回ほど行った旅行の最中でもマリリンは酒を大量に飲み、睡眠薬も多用した。 マリリンの気晴らしに、と思って計画した旅行だったが、結局マリリンの身体のことを心配して旅行は途中で中止せざるを得なかった。 ローフォード夫妻との 2回目の旅行が終わって数日後、 マリリンが死亡する2日前のことであるが、 マリリンは、ケネディの弟ロバート・ケネディがサンフランシスコの近くに来ていることを知った。 すぐにロバートに電話し、「今すぐ会いに来て!」と電話口で狂ったように叫んだ。 だがロバートも予定は詰まっており、家族と来ているのにそのようなことが出来るはずがない。 相手にせずに断ったがマリリンは食い下がり、どうしても会いたいと言う。 強引に口説き落とされて、ロバートは結局会いに行くことになった。 ロサンゼルスまで飛び、そこからはヘリコプターで映画製作会社の広場まで飛び、ローフォードに迎えに来てもらって2人でマリリンの自宅を訪れた。 2人が家に到着したのはマリリンが電話をかけた翌日・8月4日の14時ごろだった。 家にはマリリンの他に、友人である宣伝係のパトリシアも来ていた。 2人で彼女の家に入ったが、ローフォードは気を使って一人だけすぐに外に出た。 しかしローフォードが外で立って待っていると、中からケンカをする声が聞こえてきた。 ローフォードはすぐにまた家の中へと入ってみた。 ロバート・ケネデイが「すぐに帰らないといけない。 」と言ったことから「午後いっぱい私といると約束したくせに!」とマリリンが逆上している。 ヒステリーはどんどんひどくなり、 「明日の朝一番に記者会見を開いて、ケネディ兄弟にもてあそばれて紙クズみたいに捨てられたことを世間にバラしてやる!」 と叫んだ。 ロバートもこれには頭にきて 「俺たち兄弟に指一本でも触れてみろ!タダじゃおかない!」と言い返した。 マリリンは叫びながらロバートに殴りかかり、近くにあったナイフを持ってロバートに切りつけようとした。 ロバートはローフォードと一緒にマリリンに組み付き、床に押しつけてナイフを奪った。 その後ロバートは、電話でマリリンのかかりつけの精神科医であるグリーンソン医師を呼んだ。 グリーンソンはすぐに駆けつけ、マリリンに鎮静剤を注射した。 時間は17時ごろになっていた。 それからロバートとローフォードは帰り、グリーンソン医師も18時30ごろ帰っていった。 この時点で友人のパトリシアも帰っており、マリリンの家には来客は誰もいなくなった。 そしてここからが謎に包まれた時間帯であり、そのまま夜がふけ、午前3時30分、マリリンは全裸で遺体となって発見された。 「ダブル・クロス」 というタイトルのこの本は、アメリカマフィアのボスであるサム・ジアンカーナ(故人)の弟・チャックと、その息子サム(故人と同じ名)が書いたものである。 この本によれば、マリリンは自殺ではなく、CIAの依頼によってマフィアに殺されたというのが真相となっている。 アメリカの情報機関であり、裏の仕事を手がけることから「もう一つのアメリカ政府」との呼び名もある。 警察や軍隊とは全く異なる組織で、国民に知られてまずいような情報の隠滅や証拠物件の抹消、敵国の要人の暗殺、スパイ行為、脅迫、戦時中の捕虜の拷問、情報操作など、闇の活動が多い。 政府からは莫大(ばくだい)な予算と権限を与えられている。 存在目的はアメリカの外交や国防のためであるが、秘密の部分が多く、詳細は明らかにされていない。 アメリカの裏の部分担当とも言える組織。 2人の政界の大物の愛人となったマリリンは、外部に漏れてはまずいような政界内部のトップシークレットまでも色々と知ることとなり、危険な女となっていた。 例えばマリリンが死ぬ1ヶ月くらい前に、スラッツァーという男がマリリンから以下のような話を聞いている。 「CIAが、キューバの独裁者・カストロを暗殺しようと計画を立てているらしいわ。 マフィアの力を借りるみたい。 」 現在でこそ、CIAがマフィアにカストロの暗殺を15万ドルで依頼したことが2007年の文書公開で分かっているが、この当時ではトップシークレットだった。 これは一例として、こういった情報を色々と知ってしまったマリリンは、CIAや政界の者にとっては非常に脅威を感じる女となっていた。 その上で、7月ごろ(死の1ヶ月くらい前)からケネディ兄弟と不仲になり、 「何もかもバラす」と脅しをかけ始めた。 この「何もかも」に、政界の情報も含まれていたとすれば、それはCIAにとってもケネディにとっても非常にまずいことになる。 CIAは、彼女を始末することに決めた。 そしてそれをマフィアのボスである サム・ジアンカーナに依頼した。 ジアンカーナは、マリリンとケネディ兄弟との関係も知っていた。 元々ケネディ兄弟の父親は、このジアンカーナと親密な関係にあり、自分の息子であるジョン(後のケネディ大統領)が大統領に立候補した時も、ジアンカーナから50万ドルの援助金を受け取っている。 また、この父親が何物かに命を狙われた時に助けたのもジアンカーナである。 ケネディの父親は、ジアンカーナに対して、「いずれジョンの側近として、ジアンカーナの子供も政界に入れてやる」という約束をしていた。 しかしこの約束は実行されることはなかった。 その上、ケネディ大統領の弟であるロバートは司法長官になると、 ジアンカーナを犯罪者リストのトップに上げ、厳しいマフィア弾圧を行った。 ケネディ家とジアンカーナの親密だった関係は崩れ、ジアンカーナは、ケネディ家に対して激しい憎しみを持つようになっていった。 その上でこの依頼だったので、ジアンカーナはこれを機会にマリリンとケネディ兄弟の関係を世間に暴露(ばくろ)し、あわよくばロバート・ケネディ司法長官をマリリン殺害の犯人に仕立てあげようと画策した。 ジアンカーナはマリリン暗殺をOKした。 手下に命じ、マリリンの自宅に盗聴器を仕掛けて機会をうかがった。 理想的な日はロバートがマリリンと会うか、家に来た日である。 「ロバートがマリリンの家に8月4日に行くことになった」という情報がCIAからジアンカーナへもたらされた。 これを受けてジアンカーナの組織の殺し屋であるニードルズ・ジアノーラとマグシー・トルトレーラ、それに他2名を加えた、4名の殺し屋チームも現地に到着した。 そして8月4日、殺し屋たちが盗聴器を通じてマリリンの家の様子を探っていると、ロバート・ケネディが到着したようだった。 激しい口論をしており、間もなく精神科医が来て、ロバート・ケネディが 「注射を打って彼女を落ち着かせてくれ。 」 と頼んだ。 注射をしてしばらくしてマリリンのヒステリーがおさまったのか、ロバートも医者も帰って行った。 そしてマリリンが寝付いたであろう午前0時ごろ、 殺し屋たちはマリリンの部屋に侵入した。 マリリンは最初こそ少し抵抗したものの、医者が打った鎮静剤が効いており、思い通りにするのは簡単だった。 手際よく口をテープでふさぎ、裸にしてベッドに横たえ、バルビタール剤と包水クロラールを調合した 強力な座薬を肛門に突っ込んだ。 口から無理矢理飲ませるのは、顔や身体に揉みあった証拠を残す恐れがある上に吐く可能性があるため、肛門から入れたのだ。 ほどなくして入れられた座薬は血管から体内に入っていき、マリリンは意識を失った。 殺し屋たちはマリリンの口のテープをはがし、身体を拭き、室内の侵入の痕跡を消し去った後、静かに立ち去った。 マリリンの殺害自体は成功したものの、ロバート・ケネディを犯人に仕立て上げるという計画までは実行出来なかった。 ロバートが、警察が来る前にマリリンの死を知ってしまい、すぐにローフォードと探偵オタッシュに指示して、マリリンの部屋から電話番号簿や日記など、自分との関係を示すようなものを総て奪い去ってしまったからだ。 もちろんこの時点ではロバートは、マリリンの部屋に殺し屋たちが来たなどとは知らず、自殺か医者の過剰投与による死亡だと思っていた。 この「ダブル・クロス」に書かれた内容は、事実として公式に認められたものではない。 マリリンの死は自殺というのが公式見解となっている。 しかし不自然な点の多い自殺説よりも、この他殺説の方が説得力を持っているのは確かである。 真相は依然闇の中であり、今後もおそらくはっきりと判明することはない。

次の

マリリンモンローケネディ兄弟の愛人破局も死因は座薬の毒殺悲劇の女

ケネディ マリリン モンロー

概要 [ ] で生まれ育ったモンローは、幼少期のほとんどをとで過ごし、16歳でした。 戦時中、に工場で働いていたが、の写真家に紹介され、 ()としてキャリアを積み始めた。 その後、( - )、()と短期間の映画契約を結ぶ。 マイナー映画への出演後、からのフォックスとの新たな契約の元で2年間、彼女は『 ()』と『』を含むいくつかの、そして『 ()』『』といったドラマ映画に出演。 モンローは、スターになる前にヌード写真を撮っていたことが判明したが、彼女の経歴にダメージを与えることはなく、むしろ彼女の映画に対する関心が高まった。 までに、モンローは、彼女の性的魅力に焦点を当てた『』と、コメディ『』、『』の3つの映画で主役を演じ、「 ()」("Dumb blonde")というスターイメージを確立。 ハリウッドの最も有名なスターの1人となった。 モンローはキャリアを通じて、スタジオが彼女のの創造と管理をしつつも ()十分な賃金を支払わないことに不満を抱いていた。 彼女は映画プロジェクトを拒否してに一時的に休業したが、彼女のキャリア最大の興行収入を上げた映画の1つ『』でスターの地位を取り戻した。 スタジオが依然として契約変更を嫌がっていたとき、モンローは1954年後半に映画制作会社を設立した。 彼女はそれをマリリン・モンロー・プロダクション(MMP)と名付けた。 彼女は1955年に、でを学び始めた。 1955年後半、フォックスは彼女と新しい契約を結び、彼女に多くの支配権とより多くの給料を与えた。 、『』は批評家に称賛され、MMP最初の独立企画である『』の演技で主演女優賞の候補となった。 公開の『』が遺作となった。 モンローの悩ましい私生活は大きな注目を集め、ハリウッド女優になってから野球のスター選手だった、劇作家のとをしている。 一方で、彼女は、、に悩まされていた。 、彼女はロサンゼルスの自宅での過剰投与により36歳で死亡。 モンローの死には、が提唱されている。 ブロンディ、マドンナらは「第二のマリリン・モンロー」と称されたことがある。 淀川長治によれば、モンローは「シェークスピアのような文芸作品に出たかった」という気持ちを持っており、生涯それが実現しなかったことが不憫であると語っていた。 経歴 [ ] 生い立ち [ ] モンローはに生まれた。 にはがないので、出産直後に医師が書く出生証明書が法的な意味をもつことになっている。 彼女の出生証明書には、父:エドワード・モーテンソン、母:グラディス・モンロー、氏名:ノーマ・ジーン・モーテンソンと記載されており、彼女の実の父親については議論があるとされる。 両親は1928年に離婚している。 後年大人になったノーマがギフォードに電話したことがあるが、会うことは拒否されている。 なお、母グラディスはノーマが出生後ほどなくして、ノーマの姓をモーテンソンからベイカーへ届出変更をしており 、モンローは自己紹介するときは自分の名はノーマ・ジーン・ベイカーだと名乗っている。 またモンローは、1956年2月23日ニューヨーク州裁判所から、本名をマリリン・モンローへ変えてよいとの決定を得た。 そのため、アーサー・ミラーと結婚したときの本名はマリリン・モンロー・ミラーであった。 ノーマという本名の由来は、映画好きな母グラディスが当時好きだった女優からとったとされる。 ジーンは1930年代のセックス・シンボル、に由来する。 母グラディス・ベイカー(旧姓モンロー)は「」で知られる大統領が先祖であると周囲にもらしていたが、娘のモンロー自身は一笑に付したとされる。 日本語訳されている評伝のなかには、マリリンはだったと記されているが、母親がいたのだから日本語では孤児と呼ぶことは出来ない。 これは彼女が孤児院(orphanage)や養子として育てられたために受けた誤解である。 またマリリンには父親違いの7つ年上の姉が居る。 姉とは女優になってからも気にかけていて、手紙をやりとりし互いに訪ね合うほど親交があった。 その姉はマリリンの葬儀に参列している。 ジョー・ディマジオと共に葬儀の準備にあたり、マリリンの死装束を選んだのも他ならぬこの姉であった。 マリリンの母親は大手映画製作会社のでフィルムカッターの仕事をしていたが、を患ったため、母親の親友であったグレース・マッキー(後に結婚してGoddard「ゴダード」)がマリリンの保護者になった。 マッキーがに結婚した後、モンローはのへ、その後伝えられるところでは及びで支配された養家へ連続して送られ、そのせいかを患うようになってしまった。 当時の大統領の政策で、里親には支給された援助金目当てで子供を引き取る家もあったとされ、モンローもいくつもの家をたらい回しにされるなど大事に扱われたとは言えなかった。 最初の結婚 [ ] 下の、16歳のときに半年で高校を中退しグレース・ゴダードの叔母で母の友人アナ・ロウアーのすすめで、母の家の近所に住むと最初の結婚をする。 ジムはロッキード航空機製造会社に整備工として勤務していたが、その後に徴兵され輸送船団に乗り組むことになった。 独りになったノーマは航空機部品工場レイディオ・プレーン社に就職し、自活の道を歩き始めた。 ハリウッドへ [ ] 19歳の頃の雑誌『YANK』に掲載されたもの 第二次世界大戦のの19歳の誕生日を迎えて間もなくのこと、工場で働いていた時に陸軍から取材に派遣された報道部員デビッド・コノバー一等兵に見出され、写真を撮られる。 この写真が陸軍の機関誌『ヤンク』に掲載されたことを機にハリウッドへの道をたどることになる。 コノバーにそのネガを見せられた商業写真家のポッター・ヒューズにカバーガールになることをすすめられ、モンローは工場を辞めてハリウッドのモデルクラブ「ブルーブックス・モデルズ・エージェンシー」の専属モデルに応募した。 モデルの基礎教程を終えたノーマの初仕事は、ロサンゼルス博覧会場でのであった。 やがて新進の写真家と知り合い、モデルとしての才能を発見される。 この年、二人で長い撮影旅行に出かけている。 ド・ディーンズはマリリン・モンローになる前のノーマ・ジーンの初々しい姿をカメラに収めた。 その後、髪をゴールデン・ブロンドに染めたセクシーなが売りものの雑誌に写真が掲載されるようになる。 女優になる [ ] 、のスクリーン・テストに合格し「マリリン・モンロー」という芸名で契約を結んだ。 マリリンの名は1920年代のの美貌の舞台女優に由来している。 なお夫のジムはモデル業に理解を示さず結婚から4年で離婚。 に20世紀フォックスの『』という映画に端役で初出演するが、あまりぱっとせずに契約を切られてしまった。 しかし、彼女は女優への夢を諦めきれずに移籍、『』で準主役となる。 とはその映画一本のみで終わってしまったために、その後は再びヌードモデルなどをしながら演技の勉強をし、エージェント(交渉代理業者)を探し続けた。 生活が苦しく家賃や車の月賦が払えなかったためにカレンダーのヌードモデルになった(写真家 ()撮影の『ゴールデン・ドリーム』と呼ばれる作品で有名)。 しかしこのことが後にスキャンダルを巻き起こすことになる。 トップスターに [ ] ケネディ大統領の誕生日祝賀会の後にケネディ兄弟と話すモンロー(1962年5月19日) 右奥は歌手の夫妻。 話しているのはコメディアンの。 右最手前は大統領補佐官 にエージェントのジョニー・ハイドの尽力で『』、『』に出演、注目される。 以後、数本の映画に脇役で出、の『』で準主役。 『』では不倫相手と夫の殺害を計画する悪女を主演し、腰を振って歩く仕草()で世の男性の注目を集める。 続く『』、『』や『』が大ヒットして一躍トップスターとなった。 、かつてのに所属し、最も知名度の高いだったと市庁舎で結婚。 同年2月1日、の招きもあり、を兼ねてのでを訪れ、で大歓迎を受けた。 夫妻は3週間日本に滞在。 、、、、とまわり、ディマジオが福岡でとの選抜選手 、広島で、大阪での野球指導を行った。 福岡までは二人は仲睦まじかったが、でディマジオがカープ選手に打撃指導を行った際、球場には絶対に来てはいけないと念を押していたモンローが同球場を訪れ、ディマジオそっちのけでファンが殺到した。 ディマジオがモンローを叱責したことが離婚の原因ともいわれる。 東京の滞在中、2月5日に米軍高官から兵士慰問の依頼があり、帰国日の2月25日までの間、モンローは日本国内の米軍基地や負傷兵の収容施設・病院などを折に触れて訪問した。 また、滞在中の2月16日からの3日間は、の休戦協定後も駐留する兵士の慰問として訪韓している。 モンローは米軍関係者とともにヘリコプターやジープなどを乗り継いで、内の国連軍駐屯地の慰問を行った。 脱セックスシンボル [ ] に、関係が悪化していたディマジオと離婚した。 結婚生活は9か月しか続かなかった。 その後、セックスシンボルを脱したかった彼女は、に移りが主催するで演技の指導を受けている。 『』、『』を演じ好評を博したことは彼女に自信を取り戻させた。 には劇作家のと結婚するが、頃から不安定な状態が続き、を飲み過ぎたりして、に入ったりもした。 教授のによる精神分析を受け続けた。 また、(の娘)にはと診断されたが、正確なところは分からない。 この頃流産を経験した。 ケネディ兄弟との不倫 [ ] にミラーと離婚したが、この離婚に先立つ頃から、ケネディの妹の夫で俳優のやの紹介で、前年に大統領となったと肉体関係にあったことが、ローフォードやモンローの家の家政婦のレナ・ペピートーンなどの多数の証言により明らかにされている。 また、ジョンの弟で司法長官を務めていたとも関係があったとも囁かれたことがある。 同年に封切られた映画『』の評判が悪く、また共演したが撮影終了後に急死したことも重なり、不安定になり再び精神病院に入院。 この時、よりを戻した元夫ディマジオが彼女を支えた。 翌に、映画『』の主演になるが、たびたび撮影をすっぽかすため制作はほとんど進まなかった。 『女房は生きていた』の主役は結局降ろされた(『』は、翌に主演で公開された)。 なおジョン・F・ケネディとモンローとの関係は、最初はケネディがらマフィアと関係の深いシナトラを介してモンローと知り合った。 さらに、ジアンカーナが2人の関係を知っており、このことをマフィアの取り締まりを強化しようとしていたケネディ政権に対する取引に使おうとしていたことを憂慮した、の長官が、ロバートに忠告したことでこの年に終焉を迎えた。 しかしながらモンローは、その関係が終焉を迎えた直後の1962年に、ので行われたケネディの45歳の誕生日パーティ(司会はローフォード)に、体の線が露わになったドレス姿で赴き、「」を歌い、「いつ引退しても悔いはない」とケネディに言わしめた(も参照)。 なお、この際にケネディとモンローの性的関係を快く思っていなかった夫人は、誕生日パーティーにモンローが来ると知ってあえて欠席した。 なお、ケネディはモンローの死の1年3ヶ月後の翌年11月に凶弾に倒れている。 死と波紋 [ ] 遺体が発見されたモンローの家(1992年) 、郊外のブレントウッドにある自宅の寝室で全裸で死亡している所をが発見した。 36歳だった。 死の直後、マスコミでは「死因は睡眠薬の大量服用による急性中毒で、の模様」と大々的に報道され、世界に多大な衝撃・悲嘆が駆け巡った。 であるとの声もある 上、「『女房は生きていた』の主役を降ろされたことを悲観して」との根拠に欠ける仮説も唱えられたが、に入りが20世紀フォックスの倉庫から発見した資料によると、FOX首脳部との会談で、モンローとそりの合わなかった監督を降板させ、モンローを復帰させる契約が交わされていたことが分かった。 さらに、「何という行き方! 」というミュージカル大作への出演も決まっており、「モンローが配給会社から見捨てられ、失意の中で死んでいった」という仮説は成立しなくなることが分かった。 前後以降は自殺説は影を潜め、モンローの死後間もない時期から存在していた何者かによる謀殺説が根強く叫ばれ続けている。 現場からは自殺に使うはずのコップは発見されておらず、またモンローが遺体で発見されたとき、手には受話器が握られていたものの、FBIが押収したモンローが死亡した前日と死亡した夜の電話の通話記録 には電話局からは同時刻の通話記録はなく、部屋からはモンローの日記(赤い手帳)が消えていた。 そのため電話の通話記録の改ざん・隠蔽を行うことができる政治力の持ち主がモンローの死に関わっていたとする主張がある。 「急性バルビツール中毒による体の不調を受けて救急車を自ら呼ぶために受話器を取ったものの、ダイヤルする前にこと切れた」という説もある。 なお、ケネディ大統領と1950年代より不倫関係にあったこと、さらにケネディ大統領の弟であり当時のだったロバートとも不倫関係にあったことが上記のように死後複数の証言から暴露された 上に、お互いを紹介したのが、ケネディの大統領選挙の際の支援者での大ボスのと関係の深いシナトラであったことや、これらの関係を知ったFBIのジョン・エドガー・フーヴァー長官が、ケネディとモンローのみならず、ケネディとマフィアの関係についても度々忠告していたことが、この謀殺説を後押ししている。 またこれらの不倫の事実が死後に公にならないように、モンローが常に会話の内容をメモしていた赤い手帳が表に出るのを避けるために謀殺後に密かに処分したという説もある。 葬儀 [ ] 葬儀はモンローの死の3日後、にハリウッドにあるウエストウッド教会にて執り行われた。 式はディマジオが取り仕切り、参列者は生前にモンローの世話などをしていたごく一部の関係者など約30名の小規模な葬儀であった。 マスコミは一切シャットアウトされ、ハリウッドの映画関係者は1名も呼出しはなかった。 その後、モンローの遺体は故郷へ搬送された。 墓所は故郷ロサンゼルスのにある。 モンローの墓 モンローをしたは、こと野口恒富である。 ディマジオは離婚後もモンローを一途に愛し、変わらぬ友情で彼女を支え続けた。 モンローの晩年は2人は多くの時間を過ごし、亡くなる数日前には2人が再婚の約束をしていたという双方の関係者からの複数証言が残っている。 そして、モンローの葬儀時には彼女の遺体を前に「愛している」と声をかけ続け、涙を流したと伝えられている。 ディマジオは自身が亡くなるまでモンローについてのコメントは控えた。 「ある女性誌が、貴方が話してくれたら5万ドル払うと言っているが」と尋ねられた時も「世の中には金にかえられないものがある。 それは愛の思い出だ」と即座に答えた。 また、モンローの死後20年にわたって週3回、彼女の墓に赤いバラ(品種:)を送り続けた。 これはディマジオの亡き後もファンクラブなどのボランティアの手で続けられている。 の日本向け衛星中継で一緒にマイクの前に並んだは「マリリンほど素晴らしい女性はいなかった…」とディマジオがポツリと漏らしていたのを耳にしている。 にで亡くなる数日前に友人に語った最期の言葉は「死んだら、マリリンのところへいける」だった。 ゴールデングローブ賞 [ ] 受賞 : :『』 ヘンリエッタ賞: ノミネート 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門):『』 エピソード [ ] 『』(1957年)の一場面• 記者の「夜は何を着て寝るのか」との質問に「よ」(裸で寝るの意)と答えたエピソードはあまりにも有名である。 最初の夫ジム・ドハティが、航空の製造会社で整備工をしていたとき、同僚に、後に俳優になったがいた。 ミッチャムは映画『帰らざる河』でモンローと共演。 陸軍報道部員デビッド・コノバーを取材に派遣した当時の上司は、後にB級俳優から右派の大統領となったであった。 後年モンローは、ディナーの席でたまたま隣に座った俳優レーガンと言葉を交わしている。 の前庭に、『』で共演したと共に、手型・靴型・サインを残したのは、1953年6月26日のことであった。 ジェーンがうつぶせになって胸を、モンローが座ってお尻の跡をつけようとのモンローの提案は受け入れられなかった。 サインの「Marilyn」の「i」の点にダイヤモンドを使ったらどうかとの提案には、結局模造ダイヤを使うことになったが、観光客が削っていってしまった。 1954年2月1日、新婚旅行で来日したモンローであったが、体調をくずしてしまう。 予定されていた記者会見も顔見せ程度でキャンセルされ(翌日に延期された)、早々と2階244号室にひきこもった。 長旅で疲労困憊、胃痙攣もおこしていた。 医者が呼ばれ、痛み止めの注射をしようとしたがモンローはこれを拒否。 それではと治療のために呼ばれたのが、「指圧の心は母心」で有名なであった。 浪越は全裸のモンローに指圧を施した。 指圧のおかげで生気を取り戻したモンローは、ホテルの外で、待っている群衆の期待にこたえ、バルコニーから手を振った。 モンローにをつけた人がいる。 1973年8月5日にの大吉寺本堂でモンロー13の法要が営まれ、住職での(ボクシング、キックボクシングの評論家)が経をあげ、モンローに「鞠利院不滅美色悶浪大姉(まりりいんふめつびしょくもんろうだいし)」という戒名を捧げた。 1985年9月23日ロサンゼルス市警は、当時の捜査資料を公表した。 この中で、他殺説を裏付ける証拠はなく、ダリル・ゲイツ署長も記者会見で「明らかに自殺といえる」と述べた。 この日、公表された捜査資料は全132ページ、厚さにして1cm強。 モンローの関係捜査資料は死亡時から約10年間、非公開書類として保管された後、1973年に廃棄されたが、当時の捜査担当官故タッド・ブラウンが個人的にその写しを保管していた。 今回の公表資料はそれをコピーしたものという。 資料はトーマス・ノグチ・ロサンゼルス郡検視局検視官(当時)による解剖所見のほか、関係者の事情聴取記録やモンローの死亡前後の電話通話記録など。 モンローの死については一時、他殺説が流れたことから、同市警も再捜査した。 この再捜査記録も今回含まれているが、他殺説を証拠立てる資料は見当たらない、と結論づけた。 イギリスの大衆紙『』は、1990年7月2日の紙面で、モンローに隠し子がいたと報じた。 同紙は1面に「マリリン・モンローに英国育ちの隠された子がいた! 」と大見出し、中面の1ページ全体を使ってこの情報を伝えた。 同紙によれば、モンローの元恋人で米国人作家のテッド・ジョーダンが出版する著書『マリリン・モンローの秘められた生活』の中で記しているもので、モンローが1947年、21歳のときに生んだ子で、相手は当時交際のあったミュージシャンとのこと。 子どもの名はナンシーといい、すぐ養女にだされ、養父が英国人だったため、イギリスのサウサンプトンに移され育てられた。 虐待を受けたため17歳で家出。 豪州に渡り、南太平洋の島々を転々とし、現在は豪州で、地道に宗教活動をしていて、苦心の末ナンシーに会ったというジョーダンによれば、唇と脚線美は母親そっくりだという。 (モンローは、「十代のときに子どもを産んだことがある」と親しかった友人ジーン・カーメンに打ち明けている)。 一方で、を行ったは、モンローが「出産した痕跡はない」と証言している )。 モンローと親交のあった作家の小説『』のヒロインは、カポーティがモンローをイメージして書いたものといわれる。 しかしを主役に映画化された。 には希少ブランドとして知られるから、彼女をモチーフとした万年筆『マリリン・モンロー』が世界限定288本、税込808,000円で発売された。 3月31日連邦地方裁判所は、マリリン・モンローの写真を使用したTシャツを製造販売した企業と、彼女の遺産管理団体の間で争われていた彼女のについての裁判で、マリリン・モンローは民ではなく民であり、同州の法律によって1962年の死亡と同時に彼女の肖像権は消滅したと判決を下した。 彼女はニューヨーク市内にアパートを所有しており、そこを永住先としていたのが判決の理由となった。 なお彼女の出生地であるカリフォルニア州の法律では肖像権は本人の死後100年は残る。 その後アメリカの上訴裁判所は、2012年8月末、モンローのパブリシティ権は存在しないとの判決を下した。 モンローの埋葬室の真上の区画が2009年8月24日にオークションにかけられ、一旦は460万2,100ドル(約4億3,000万円)で落札されたが、落札者(日本人)がすぐに辞退を申し出たため、新たにインターネットオークションにかけられたが、入札者なしで、現在も買い手は見つかっていない。 2009年時点で、モンローの「上にいる」のは、23年前に81歳で亡くなった実業家リチャード・ポンチャー(Richard Poncher)だが、夫人のエルシー・ポンチャー(Elsie Poncher)が夫を別の区画に移すためオークションに出した。 理由は、ビバリーヒルズにある160万ドル(約1億5,000万円)相当の自宅のローンを完済したいからだという。 この墓は、実業家として成功していたリチャードが、モンローの夫だったから1954年に買い取ったもので、リチャードはもうひとつ上の区画も購入してあったため、エルシーはそこに夫を移すという。 成人向け娯楽雑誌『』の創始者は「モンローのそばで永眠したい」と1992年に7万5,000ドル(約710万円)でモンローの左真横の区画を購入している。 その上の区画もまだ空いており、25万ドル(約2,400万円)で販売中だという。 モンローの胸部を含むエックス線写真3枚が、2010年6月27日、のホテル「プラネット・ハリウッド・リゾート・アンド・カジノ」でにかけられ、胸部エックス線写真は2万5,000ドル、横から写したものなど2枚はそれぞれ1万ドルで落札された。 写真はモンローが1954年11月に、ロサンゼルスのシーダーズ・オブ・レバノン病院で診察を受けた際に撮影されたもので、担当した医師の夫人が保管していたもの。 モンローは当時、に苦しんでおり、この治療のために通っていた。 子宮の状態を検査するため、胸部や骨盤を撮影した際のもの。 またこの時期は、夫のジョー・ディマジオと離婚して2週間後の時期でもあった• 2011年6月18日ハリウッドスターゆかりの品々を一堂に集めたオークションが、アメリカ・ロサンゼルスで開かれ、映画『』で地下鉄の通風口の上に立ったモンローのスカートが大きくめくれる有名なシーンで使われた白いホルターネックのドレスが、460万ドル(約3億7,000万円)の高値で落札された。 このドレスは女優のが所有していたもので、ドレスの価格は事前予想の180~200万ドルを大きく上回った。 他に『』の真っ赤なスパンコールのドレスが120万ドル(約9,600万円)、『』の酒場の衣装が51万ドル(約4,000万円)で落札された。 2011年7月15日アメリカ・の目抜き通りに、高さ約8メートルの巨大マリリン像が出現した。 制作したのはアメリカで著名な彫刻家(アメリカの大企業の創業者の孫)。 像はその後移設され、現在はに設置されている。 出演作品 [ ] 公開年 邦題 原題 役名 備考 1947 エヴィー(ウェイトレス) 1948 Scudda Hoo! Scudda Hay! ベティ クレジットなし レディース・オブ・ザ・コーラス ペギー・マーティン 1949 ラヴ・ハッピー Grunion's Client 1950 クララ クレジットなし アンジェラ・フィンレイ カズウェル ポリー ダスキー・ルドゥー クレジットなし 1951 アイリス・マーティン 素晴らしき哉、定年! As Young as You Feel ハリエット 恋愛アパート ボビー・スティーヴンス 結婚しましょう Let's Make It Legal ジョイス・マナリング 1952 熱い夜の疼き Clash by Night ペギー 結婚協奏曲 アナベル・ジョーンズ・ノリス ネル・フォーブス 街娼 ミス・ロイス・ローレル 1953 ローズ・ルーミス ローレライ・リー ポーラ・デベヴォア 1954 ケイ・ウェストン ヴィッキー・パーカー 1955 ブロンド美女 1956 チェリー 1957 エルシー・マリーナ 1959 シュガー・ケーン・コワルチェック 受賞 1960 アマンダ・デル 1961 ロズリン・ターベル 歌手として [ ] 映画の中で歌ったもの [ ]• 『Ladies of the Chorus』より• Every Baby Needs a Da-Da-Daddy(ベビーにはパパが必要)• Anyone Can See I Love You(私の恋はどなたにもお見通し)• 『ナイアガラ』より• Kiss(キス)• 『紳士は金髪がお好き』より• Diamonds Are a Girl's Best Friend(ダイヤは女の最良の友)• Two Little Girls from Little Rock(リトルロックから来た娘)• When Love Goes Wrong(恋にしくじったら)• Bye Bye Baby(バイ・バイ・ベイビー)• 『帰らざる河』より• The River of No Return(帰らざる河)• One Silver Dollar(一枚の銀貨)• Down in the Meadow(牧場で)• 『ショウほど素敵な商売はない』より• After You Get What You Want, You Don't Want It(気ままなあなた)• Heat Wave(ヒート・ウェーブ)• Lazy(もの憂さ)• A Man Chases a Girl(男は女を追いかける)• 『バス停留所』より• That Old Black Magic(恋という魔術)• 『お熱いのがお好き』より• I'm Through with Love(恋はおしまい)• I Wanna Be Loved by You(あなたに愛されたいの)• Running Wild(ランニング・ワイルド)• 『恋をしましょう』より• Let's Make Love(恋をしましょう)• Incurably Romantic(とってもロマンティック)• Specialization(スペシャリゼイション)• My Heart Belongs to Daddy(私の心はパパのもの) その他の歌 [ ]• Do It Again(ドゥ・イット・アゲイン)• A Fine Romance(ファイン・ロマンス)• You'd be Surprised(驚かないでね)• She Acts Like a Woman Should(女のお手本)• Some Like It Hot(お熱いのがお好き)• 映画の中ではインストルメント・バージョンが使われていて歌はない。 これは同映画公開時にPR用に歌ったもの。 Happy Birthday,Mr. President()• 1962年5月19日、で行われたジョン・F・ケネディ大統領誕生パーティで歌ったもの。 関連作品 [ ]• 映画『』( Insignificance、1985、米):監督 、出演:、、• 映画『』( Norma Jean and Marilyn、1996、米):監督 、出演:、、、• 映画『』( My Week with Marilyn、2011、米)監督 、出演:、• 映画『』( Love, Marilyn、2013、米・仏)監督• ノンフィクション『』() 日本語吹き替え [ ] がほぼ専属となっている。 第二のマリリン・モンロー [ ] セクシーなブロンド美女が現れるとその人物を「マリリン・モンローの再来」ということがある。 (口元のホクロの位置が同じだったためによく言われていた)• (マリリン・モンローの人生そのものに憧れて「マリリン・モンローの様な死に方をしたい」と発言しており、実際に謎の多い最期を迎えている)• (『1990年代のマリリン・モンロー』と称された) 脚注・出典 [ ] []• Hertel, Howard; Heff, Don 1962年8月6日. 2015年9月23日閲覧。 , pp. 542—543; , p. 468. アンソニー・サマーズ『マリリン・モンローの真実(上)』、28頁、訳、扶桑社、1988年7月• County Hall of Records Case No. D-53720, 05MAR1927. AP 1981年2月13日. New York Times. 2010年3月2日閲覧。 『スロー』『スロー』『ブーン』のアメリカ流指導に耳を傾ける。 『JFKの寝室 ケネディとの封印された性』370頁、クリストファー・アンダーソン著、訳、、1997年• 『マフィアとケネディ一族』 266頁、ジョン・H・デイヴィス著、市雄貴訳、、• 2010年6月8日, at the. アンソニー・サマーズ 『マリリン・モンローの真実(下)』 、250・254頁、中田耕治訳、〈扶桑社ミステリー〉、初版1988年7月。 『マフィアとケネディ一族』P. 268 ジョン・H・デイヴィス著、市雄貴訳 刊• ロバート・スレイツァー 『マリリン・モンロー他殺の証明』 仙名紀訳 朝日新聞社 1993年、314頁。 2013年12月24日閲覧。 PBS. org. 2013年12月24日閲覧。 福岡県立図書館ホームページ. 2013年12月24日閲覧。 メジャーリーグこそ我が人生:パンチョ伊東の全仕事. 418• 2013年12月24日閲覧。 『コレクション1. マリリン・モンロー論考』、194頁、青弓社、1991年10月• アンソニー・サマーズ『マリリン・モンローの真実(上)』、268頁、訳、扶桑社、1988年7月• フウス・ライテルス編、『モンロー・トーク』、46頁、関美冬訳、・アップリンク発行、初版1992年4月10日• 101頁• 浪越徳治郎 『自分でできる3分間指圧:快食・快眠・快便の健康法』 、1967年• 1985年9月25日付け「サンケイスポーツ」閲覧 "死因はやはり自殺"• 1990年7月3日付け「日刊スポーツ」1面閲覧 "英紙報道 元恋人が暴露 モンローに娘がいた"• アンソニー・サマーズ『マリリン・モンローの真実(上)』 、456頁、訳、、1988年7月• 『追憶マリリン・モンロー』、36頁、、、初版2001年8月• cinematoday. 2012年9月5日閲覧。 2009年11月3日米国メディア報道・AFP等配信• 2010年6月28日ロイター発• OnGen. 2008年9月29日閲覧。 J-CAST. 2008年9月29日閲覧。 『THE BIG ISSUE JAPAN 59号』より• X BRAND. 2008年9月29日閲覧。 参考文献 [ ]• 『マリリン・モンロー』 、初版1987年7月。 亀井俊介 『アメリカでいちばん美しい人-マリリン・モンローの文化史』 、2004年12月。 亀井俊介編 『「セックス・シンボル」から「女神」へ-マリリン・モンローの世界』 昭和堂、2010年1月。 、写真多数• アンソニー・サマーズ 『マリリン・モンローの真実 (上下)』 訳、扶桑社、1988年7月• 『中田耕治コレクション1. マリリン・モンロー論考』、青弓社、1991年• ドナルド・スポト 『マリリン・モンロー最後の真実』 ・訳、 1993年10月。 『ディマジオとモンロー ー運命を決めた日本での二十四日間』、1995年12月。 『マリリン・モンローと』()、• 髙野てるみ『マリリン・モンロー 魅せる女の言葉』PHP文庫、2017年11月、• ミシェル・シュネデール『マリリン・モンローの最期を知る男』 長島良三訳 河出書房新社刊 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - 日本語吹き替えにおけるマリリン・モンローの専属声優• 外部リンク [ ]• (英語)• - (英語)• - (英語) 先代: なし 1953年12月 次代:.

次の