生命保険試算。 保険料シミュレーション|保険・生命保険はアフラック

終身保険

生命保険試算

変額保険をご検討の方へ 資産運用のご経験が少ない方におかれましては、必ず「変額 虎の巻」をご覧ください。 ご注意• 預金とは異なり、元本割れすることがあります。 商品の詳細につきましては商品パンフレット(PDF)をご覧ください• また、ご契約後も定期的に積立金から保険契約の維持・死亡保障などに要する費用や特別勘定の運営に要する費用等が控除されます。 なお、保険関係費用は、被保険者の性別・契約年齢などにより異なるため、費用の合計額またはその上限額を表示することができませんので、ご了承ください。 〔解約・減額をした場合〕 保険料払込年月数が10年(米ドル建平準定期保険(無配当)は5年)未満で解約・減額されたときの解約返戻金額は、解約日の責任準備金から保険種類、保険料払込期間、経過年数などに応じた所定の金額(解約控除費用)を控除した金額となります。 保険料の払込期間が終了している場合、解約控除費用は発生しません。 基本保険金額10米ドルにつき0. 04米ドル• 一時払保険料に5. 46~7. 00%を乗じた額(契約年齢によって異なります) 〔ご契約日以後(年単位の契約応当日)〕 ご契約の維持・死亡保障に要する費用として、以下の金額を責任準備金から控除します。 基本保険金額10米ドルにつき0. 02米ドルに、性別・年単位の契約応当日の年齢などにより定まる金額を加えた額 〔解約・減額をした場合〕 ご負担いただく費用(解約控除費用)はございません。 米ドルの取扱にかかる費用 〔円で保険料をお払い込みいただく場合や円で保険金、解約返戻金等をお受け取りになる場合〕 上記の場合に使用する会社所定の為替レートには、為替手数料(0. なお、為替手数料は、将来変更する可能性があります。 〔米ドルで保険料をお払い込みいただく場合や米ドルで保険金、解約返戻金等をお受け取りになる場合〕 ご利用される金融機関等により、各種手数料が別途必要になる場合があります。 為替リスク• 為替相場の変動による価格変動リスクを為替リスクといいます。 この保険に関する為替リスクは保険契約者または受取人に帰属します。 損失を生じる可能性があります。 為替相場の変動により、お受け取りになる保険金や解約返戻金等の円換算金額が、ご契約時における保険金や解約返戻金等の円換算金額を下まわる場合があります。 為替相場の変動により、円でお受け取りいただく保険金や解約返戻金等の金額が、円でお払い込みいただいた保険料の合計額を下まわる場合があります。 為替相場の変動による影響• 保険料を円でお払い込みいただく場合、円換算の保険料は、当社所定の為替レートの変動に応じて、お払い込みのたびに変動(増減)します。 保険金、解約返戻金等を円でお受け取りいただく場合、受け取りいただくタイミングによって金額は異なります。 (例)毎月の払込保険料 100米ドル 1米ドル70円の場合:7,000円 1米ドル100円の場合:10,000円 1米ドル130円の場合:13,000円 (例)保険金額 100,000米ドル 1米ドル70円の場合:700万円 1米ドル100円の場合:1,000万円 1米ドル130円の場合:1,300万円 まだ保険に入るか分かりませんが、相談だけでも大丈夫ですか? もちろん、大丈夫です。 ご相談いただいたからといって、ご契約いただく必要はございません。 「どんな商品があるの?」等、保険を考え始めたばかりのお客さまも、お気軽にお問い合わせください。 オーダーメイドだと高いのでは? オーダーメイドの保障を設計するためのご相談などは全て無料となりますのでご安心ください。 お客さま、一人ひとりに本当に必要な保障を考え、プランを組み立てていきますので、合理的な保障となり、結果的に保険料を抑えることにつながります。 初対面の方に会うのは不安なのですが。 電話またはメールにて、お打ち合わせの事前連絡をさせていただきます。 誠心誠意対応させていただきますが、万一「やっぱりあわないな…」等不安を感じられた場合は、担当者を変更することも可能です。 ご契約の際には「ご契約のしおり・約款」、「重要事項説明書(契約概要)」、「重要事項説明書(注意喚起情報)」を必ずご覧ください。 ご契約のしおり・約款はご契約に伴う大切なことがらを記載したもので、クーリング・オフ(お申し込みの撤回)、告知義務違反、免責、解約に関するご注意、契約内容の変更など、ご契約者に必要な保険の知識について説明しています。 必ずご一読のうえ大切に保管してください。 また、重要事項説明書(契約概要)は保険商品の内容などをご理解いただくために必要な情報を記載したものであり、重要事項説明書(注意喚起情報)は契約内容などにおいてご注意いただきたい情報を記載したものです。 お申し込みの前に必ずご一読いただき、内容をご確認のうえ大切に保管してください。 SL19-7271-0286.

次の

保険料シミュレーション(全商品見積もり)|オリックス生命保険株式会社

生命保険試算

2020年6月2日現在の保険料です。 「新・健康のお守り ハート」は、健康に不安のある方でもご加入いただけるように設計された引受基準緩和型の保険商品です。そのため、保険料は当社の通常の医療保険に比べ割増しされています。また、健康状態について詳細な告知をいただくことで、保険料の割増しのない当社の他の医療保険にご加入いただける場合があります。• 「笑顔をまもる認知症保険」は、健康に不安がある方でも簡単な告知によりお申込みいただけるよう設計された商品です。 そのため、保険料は当社の通常の保険に比べ割増しされています。 このシミュレーションでは試算できる範囲を限定しています。 表示されない条件での保険料は当社にお問い合わせください。 このシミュレーションでは「対面販売プラン」の内容を表示しています。 「通信販売プラン」をご希望のお客さまは「」をご覧ください。 契約年齢は「申込日の翌月1日における被保険者の満年齢」で計算しています。 上記以外の商品につきましては、各商品ページのパンフレットPDFをご覧ください(保険料シミュレーションはできません)。 お仕事の内容・健康状態・保険のご加入状況などによっては、ご契約をお引受けできない場合や保障内容を制限させていただく場合があります。 このホームページは商品の概要を説明しています。 詳細につきましては、「パンフレット」「ご契約に際しての重要事項(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。 HL-P-B1-20-00168 2020. 2 つぎのいずれかに該当した場合、特約の保険期間満了まで毎月、総合生活障害年金を受け取れます。 「がん(悪性新生物)」のうち 「上皮内がん」「悪性黒色腫以外の皮膚がん」「責任開始日から90日以内に診断確定された乳がん」は除きます。 乳がんに対する保障の開始は、主契約の責任開始日からその日を含めて91日目となります。 ただし90日以内に乳がんと診断確定された場合でも、当該がんを原因として所定の就労不能状態、所定の要介護状態、所定の高度障害状態に該当した場合、保障の対象となります。 当社所定の要介護状態の判断基準は、公的介護保険制度の要介護認定基準とは異なります。 毎月の年金月額は変わりませんが、お支払事由に該当した月により、お受取りいただく期間と総合生活障害年金の総額が変わります 保険期間の経過により、年金受取総額は毎月減少します。 つぎの抗がん剤治療 *1を受けた場合、お支払事由に該当する月ごとに抗がん剤治療給付金または自由診療抗がん剤治療給付金を受け取れます。 この特約の責任開始日以後に医師により診断確定されたがんの治療を目的とする抗がん剤治療をいいます。 基準給付月額10万円の場合• 先進医療・患者申出療養とは、厚生労働大臣が定める施設基準および医療技術または個別に認める医療技術に該当するものをいい、療養を受けた日現在に規定されているものに限ります。そのため、対象となる施設基準・医療技術は変動します。• 抗がん剤治療を受けた日が同一の月に2回以上ある場合、最初に抗がん剤治療を受けた日にお支払事由が生じたものとみなします。 「医療用抗がん剤治療給付特約」の保障の開始は、主契約の責任開始日からその日を含めて91日目となります。 病気やケガで入院し、退院後に通院した場合、通院給付金を受け取れます。 通院給付金日額10,000円の場合• 1回の入院 *1に対する通院のお支払限度は30日です。 2回以上入院された場合で、1回の入院とみなされるときは、お支払限度である30日まで保障します。 病気やケガによる通院をそれぞれ通算1000日まで保障します。 ただし、三大疾病 *2で通院した場合は、通算支払限度を超えて疾病通院給付金をお支払いします。 一度入院して退院しても、180日以内に原因が同一または医学上重要な関係がある入院をした場合には、1入院とみなされます。 対象となる三大疾病は「がん」「急性心筋梗塞 *3」「脳卒中 *4」です。 虚血性心疾患のうち、「急性心筋梗塞」が対象です(狭心症などは対象になりません)。 脳血管疾患のうち、「くも膜下出血」「脳内出血」「脳梗塞」が対象です。 骨折をしたと医師により診断され、その骨折に対して初めて治療を受けたときに骨折治療給付金を受け取れます。 (通算10回限度)• 責任開始期以後に発病した病気または不慮の事故もしくは不慮の事故以外の外因による傷害を直接の原因として、保険期間中にお支払事由に該当されたとき、お支払いします。 責任開始期前に生じた疾病を原因とする骨折治療についても、責任開始期以後に症状が悪化したことにより、骨折治療の必要が生じた場合には、骨折治療給付金をお支払いします。 同時に2種類以上の骨折治療をあわせて受けた場合または同一の日に複数の骨折治療を受けた場合には、1つの骨折治療についてのみ骨折治療給付金をお支払いします。 骨折治療を複数回受けた場合、骨折治療給付金が支払われることとなった直前の骨折治療を受けた日から起算して180日以内に開始した骨折治療については、骨折治療給付金をお支払いしません。 つぎのいずれかに該当した場合、 特約の保険期間満了まで毎月、就労不能年金を受け取れます。 *1*2• 毎月の年金月額は変わりませんが、お支払事由に該当した月により、お受取りいただく期間と年金の総額が変わります。 (保険期間の経過により、年金受取総額は毎月減少します。 第1回の就労不能年金をお支払いした後、新たなお支払事由に該当しても、その請求による就労不能年金はお支払いしません。 精神障害の状態に該当している場合を除きます。 精神障害の状態について、詳しくは約款をご覧ください。 詳しくは約款別表「就労不能状態」をご覧ください。 責任開始期以後に発病した病気または発生した傷害を直接の原因として、保険期間中にお支払事由に該当されたときお支払いします。 就労不能年金のお支払いには保証期間があります。 特約の保険期間の満了直前にお支払事由に該当したときでも、保証期間分の年金をお支払いします。 保証期間は主契約の最低保証期間と同一です。 被保険者が死亡し、または主契約の高度障害年金が支払われる場合、この特約は消滅します。 年金支払期間中に、主契約の遺族年金または高度障害年金が支払われる場合には、その後の就労不能年金はお支払いしません。 この特約は、じぶんと家族のお守り「七大疾病・就労不能保険料免除特約」と同時付加が必要です。 つぎのいずれかに該当した場合、特約年金支払期間(2年間または5年間)満了まで毎月、生活サポート年金を受け取れます。 毎月年金としてお受取りいただくかわりに年金現価の全部または一部を一括して受け取ることもできます。 第1回の生活サポート年金をお支払いした後、新たなお支払事由に該当しても、その請求による生活サポート年金はお支払いしません。 詳しくは「じぶんと家族のお守り」オプションページの「対象となる七大疾病および所定の事由」をご覧ください。 責任開始期以後に発病した病気を直接の原因として、保険期間中にお支払事由に該当されたときお支払いします。 被保険者が死亡し、または主契約の高度障害年金が支払われる場合、この特約は消滅します。 年金支払期間中に、受取人が死亡または所定の高度障害状態に該当した場合には、未支払分の年金現価を一時にお支払いします。 特約年金支払期間満了後、本特約は消滅します。 この特約は、じぶんと家族のお守り「七大疾病・就労不能保険料免除特約」と同時付加が必要です。

次の

明治安田生命

生命保険試算

健康還付給付金のお支払額は、上記の所定の状態に該当した日までの既払込保険料相当額からその日までの入院・手術等に対する入院給付金等のお支払額を差し引いた額とします。 その場合、変更日の2か月前までにご契約者にその旨をご案内します。 その他、対象となる疾病の詳細については、普通保険約款の別表をご確認ください。 )に悪性新生物に罹患した場合は、悪性新生物による保険料払込みの免除はいたしません。 この場合、不担保期間終了後に新たに悪性新生物に罹患されても、悪性新生物による保険料払込みの免除はいたしません。 悪性新生物の診断確定は、病理組織学的所見により医師によってなされる必要があります。 ただし、病理組織学的所見が得られない場合は、その他の所見を認めることがあります。 )をいいます。 ただし、療養を受けた時点で公的医療保険制度の給付の対象となっていた場合等は、先進医療とはいいません。 *上記の計算式により計算した結果が0円以下となるときは、健康還付給付金のお支払いはありません。 ただし、その日の前日までに保険料払込みの免除事由に該当した場合は、その該当した日とします。 死亡保険をお支払いしないタイプにご契約の場合、死亡時に解約返戻金があるときは、それと同額の返戻金をお受け取りいただけます。 各種特約・特定疾病保険料払込免除特則は付加せず、死亡保険金を担保しないものとして計算します。 所定の年齢は契約年齢が0~40歳の場合は60歳または70歳、41~50歳の場合は70歳、51~55歳の場合は75歳、56歳~60歳の場合は80歳となります。 ただし、所定の年齢に到達する前に保険料払込みの免除事由に該当した場合は、その該当した日までの既払込保険料相当額とします。 Q: どんなとき? A: 病気やケガで公的医療保険制度の給付対象である所定の手術・放射線治療を受けられたとき• 何度でも• 放射線治療は60日間に1回を限度とします。 お支払回数に制限のある手術や対象外の手術があります。 手術給付金・放射線治療給付金について 主契約の〈手術給付金・放射線治療給付金〉は入院給付金日額を基本とし、手術の種類ごとに給付倍率が、それぞれ異なります。 Q: どんなとき? A: 病気やケガで公的医療保険制度の給付対象である所定の手術・放射線治療を受けられたとき• 何度でも• 放射線治療は60日間に1回を限度とします。 お支払回数に制限のある手術や対象外の手術があります。 手術給付金・放射線治療給付金について 主契約の〈手術給付金・放射線治療給付金〉は入院給付金日額を基本とし、手術の種類ごとに給付倍率が、それぞれ異なります。 契約概要 仕組み P 5• ご契約例 P 5• 解約返戻金 P 5• 契約者配当 P 5 主契約の保障内容 P 6• 疾病入院給付金・災害入院給付金について P 7• 手術給付金について P 7• 放射線治療給付金について P 7• 健康還付特則について P 7• 特定疾病保険料払込免除特則について P 8 特約の保障内容 P 9• お支払いの対象となるがんおよびがんに関する不担保について P 10• 特約の概要 P 11 特約の更新について P 19 ご検討に際してご留意いただきたい点 P 19 超保険のまとめて割引について P 19 生命保険に関するご相談・お問い合わせ P 19 注意喚起情報• クーリング・オフについて P 20• 告知について P 21• 責任開始期について P 23• 保険料の払込みについて P 24• 保険金・給付金等について P 25• 解約について P 27• その他ご留意事項 P 27~31• 各種窓口について P 29.

次の