光輝 ピアノ。 光輝のピアノ

光輝のピアノ歴やプロフィールまとめ!きっかけはビートルズだった?

光輝 ピアノ

神戸市は、街角で誰もが自由に弾けるストリートピアノを増設する。 既に常設した神戸ハーバーランドの地下街「デュオこうべ」に加え、試験設置中の市営地下鉄新神戸駅や西神中央駅など計4カ所にも常設する。 11日の定例会見で、久元喜造市長が明らかにした。 同市は今年1~2月、デュオ神戸に試験的にアップライトピアノを設置。 好評だったため3月21日に常設とした。 他の場所でも順次、試験設置しており、運用面などで問題がなければ常設に切り替えることにした。 いずれも幼稚園や小学校などで不要になったピアノが使われ、西神中央駅には試験設置の段階からグランドピアノが置かれている。 市内外から反響が寄せられているといい、久元市長は会見で「人垣ができたり、見知らぬ人同士がアンサンブルをしたりするなど、新たなにぎわいやコミュニケーションが生まれている」と評価。 「今後さらに増やしていく可能性がある」と述べた。 (石沢菜々子).

次の

光輝のピアノ

光輝 ピアノ

「さ、まずは好きな曲弾いてみせて」 比較的大きな家の大きな居間の真ん中に、一台のピアノが置かれている。 世に珍しき、昼間に窓辺から差し込む日の光で真っ赤に輝くピアノだ。 他の家具を邪魔だと言わんばかりに他の部屋に押し付け、堂々と立ち尽くすその姿は堂々たるもので、自分の部屋の片隅に置かれている小さなピアノがみすぼらしく感じてならない。 ランドセルを少し乱暴に床に置き、おもむろにピアノのまえに座る。 早く弾きたい衝動に急かされながら蓋を開けると、今まで見たことのない黒と赤の鍵盤が、静かに目を見開く自分を映すほど丁寧に磨かれていた。 「特注品ですか、コレ」 「アハハ、気持ち悪いよね? お父さんの趣味なんだ。 他の人と違うモノを集めるの」 「そうですか……影井さんの趣味じゃなくて、よかったです。 特注品だとか有名な人と同じだとか、そんな道具で鼻高くしてる人に教わる事は、何もないですから」 小学生とは思えない意見を語った少年は、衝動に駆られるがままに鍵盤に指を走らせる。 助走もなしに、最初から早く指を動かして奏でる最高速の旋律。 奏でていくと共に徐々に動きは大きく、腕や胴体まで使い出す。 幼い子供が音が出ることをおもしろがって鍵盤を叩く姿が、何となく重なった。 だがその姿とは裏腹に、洗練された旋律が鼓膜を揺らす。 旋律はやがて耳から頭へと届き、聞く人の妄想をかきたてる。 音が肌を貫き、時に熱く、時に寒く、時に楽しく、時に恐ろしく、聞く人の世界を構築する。 妄想の世界を歩き回り、その終着点へと辿り着いたその瞬間に、光輝の演奏は終わっていた。 切れる息を無理矢理整える光輝は、汗だくの額を拭いながら、振り向かぬまま、無言のまま美弦に問う。 美弦は感嘆の息を漏らすと、光輝の肩に手を置いた。 「やっぱりスゴイね、光輝くん。 鳥肌立っちゃったよ」 「そうですか」 どうせその先はないんだろうと、何歳年上かわからない女性を軽くバカにした。 だが、歳なんて関係ない。 今まで演奏してきて、褒める以外のことをした人はいない。 何十歳も年上のベテランっぽいおじいさんも、結局褒めるだけ。 その先のことは何も言わなかったし、言う気配もなかった。 だからまったく進歩がない。 こちらは指摘して欲しいのだ。 こちらは勉強がしたいのだ。 幼いながらにこれだけ弾けるんだ、凄いんだねなんて言葉は聞き飽きたし、そもそもなんの成長にも繋がらない。 褒めてくれて嬉しいのは、両親くらいだ。 天才少年、神童、色んな言葉で褒められるばかりで、改善点を誰も指摘してくれないことに、もううんざりしていた。 もはや称賛の言葉など、いくらでも想像がつく。 どうせこの後も、ダラダラと褒めるだけなんだろうと、溜め息すら漏れそうになった。 「でも、ちょっと力み過ぎかな」 「……え?」 だから驚いた。 いつか出てくると思って、でも諦めていた、自分も知らない欠点を言ってくれる存在が現れたことに。 否定の言葉を聞いた耳とその相手を見た目を、思わず疑った。 「光輝くん、ピアノ弾くとき全身が力んでるの。 だから力が入りすぎて、少し音が乱暴になってる。 もったいないよ。 もう少しリラックスして弾いたら、もっと音が澄むと思うな」 褒められることに喜びとこっぱずかしさを感じなくなったのは、結構前だった気がする。 体がやけに火照る感覚を、五年生ながら忘れていた。 だが嬉しいばかりではない。 欠点を指摘されるのは、幼いながらも高いプライドを傷つけられる。 それこそ今までうんざりするほど褒められただけ、欠点を指摘されたことで少しやる気になっていた。 「……もう一度、です」 「うん! 弾いて弾いて!」 褒められ続けてきたが故に、指摘されると非常に悔しい。 天才だと言われ続けるのはイヤだったが、それ以上にイヤだった。 「コラ、光輝くんまただよ。 感情的になっちゃダメ。 感情は出すんじゃなくて、感じさせるの。 そうすれば無駄な力が抜ける。 弾く側も聞く側もね」 「もう一度……です」 絶対に、もう大丈夫だと言わせてやる。 その一心で、美弦のもとへ毎日通った。 何時間もピアノを弾いて、その度に欠点や注意点を指摘されて、何度も何度も修正しながら弾いた。 「もう一度です」 「うん!」 「もう一度です」 「うん」 「もう一度」 「うん!」 そうして確立された旋律は、常に周囲を負かしていた。 だがそんなものは眼中にない。 あるのはたった一人、その人の評価だけ。 「光輝くん、随分と上手になったね」 「……そうかな」 美弦からようやくそう言われた頃、気付けば光輝は中学二年生になっていた。

次の

光輝(ピアノ)の彼女はいる?大学や人気動画が気になる!

光輝 ピアノ

1月末から2月上旬に行われた試験設置が好評だったことを受けて、常設となったこの場所。 演奏していい時間は決まっていて、朝6時~夜11時40分。 ほぼ、いつでも大丈夫な感じ。 置かれているピアノは、「本山第三小学校」のものです。 ストリートピアノには、神戸市内の学校や幼稚園で使われなくなっていたピアノを利用しているそうです。 もしかしたら、母校のピアノだったという人もいるかもしれません、 ピアノの上には、ノートが一冊置かれてまして、弾いた人や、聴いた人がメッセージを残していってます。 神戸タータンのノート。 ピアノの発表会を前に、このストリートピアノで練習して緊張をやわらげた人もいるようです。 他にも、旅行に来た外国人や、上手なピアノを聴いて感動した人の感想などもたくさん書かれてました。 地下鉄の「西神中央駅」の改札内にも設置されてます。 こちらも、けっこうホールのように音が響いて、いい感じ。 構内の奥の方で、あまり人がたくさん行き交う場所ではないので、なんだか絵になる。 神戸市西区糀台5 こちらに置かれているのは、「名谷あおぞら幼稚園」で使われていたグランドピアノ。 なかなか家にグランドピアノはないと思うので、一回弾いてみたかった!という人は、テンション上がるんじゃないでしょうか。 ストリートピアノは、街の賑わいになるようにと神戸市が設置を進めていて、「人通りのある場所」「屋根があって、人の目が行き届く」「お店などに迷惑になりにくい」などいろいろな条件を考えながら設置場所を探しているそうです。 他に常設となっているのは、「新神戸駅」の改札を出たところと、「鈴蘭台駅前再開発ビル」の3階にある「すずらん広場」。 「高速神戸駅」と「新開地駅」を結ぶ地下通路「メトロ神戸」には、「」に合わせて期間限定で設置する予定だそうです(5月11日~12日)。 ストリートピアノを維持するための予算というのはないので、定期的に調律を行うことは、今のところ考えてないそう。 大事に使って、長く楽しめるようにしたいところです。

次の