ラジオ体操第一第二無料ダウンロード。 「ラジオ体操 第1・第2」の図解の入手方法を教えてほしい|NHKよくある質問集

ラジオ体操

ラジオ体操第一第二無料ダウンロード

ラジオ体操の作曲者は? まず、ちょっとしたラジオ体操に関する豆知識をと言うことで、気になる作曲者の方について紹介します。 作曲したのは 服部正さんです。 1908年生まれ、100歳まで生きられた方です。 もともとは、管弦楽などオーケストラに関する作曲を学生時代のころからやられていた方です。 その後、戦中、戦後の日本の復興時期の中で、国民的音楽を作曲するようになっていきました。 ラジオ体操第一の作曲がその代表作の一つです。 当時からNHKでの放送目的に作曲されました。 また、CMソングなどもてがけられており幅広い活躍をされた方です。 ちなみに、 ラジオ体操第二は 團伊玖磨さんという方が作曲したようです。 またラジオ体操第一も第二も過去に何度か改変されていたようです。 それで今現在使われている音楽は実は三代目らしいですよ。 三代目とはいっても、それでも 60年間以上はずっと同じ曲が使われているんだそうです。 歴史が深いですよね。 すごいです。 では、ラジオの著作権についてQ&A形式で更に詳しく見ていきましょう。 例えば、今回ご紹介している、ラジオ体操第一は、服部正さんとNHKが所有している権利です。 その為、 無断で公的利用は出来ません。 Q: 実際にラジオ体操の著作権の所有者はだれなのか? A:実際にラジオ体操の著作権所有者は誰なのかについてです。 まず、ラジオ体操第一は、 株式会社かんぽ生命が保有しています。 そして、ラジオ体操第二は、 NHKとかんぽ生命が所有しているのです。 ちょっと意外と言うか、生命保険会社が保有しています。 Q:ラジオ体操のYou Tubeの動画を仕事場などで使用して良いのか? A:無料動画サービスのYou Tubeで、ラジオ体操を検索すると、動画が登録されています。 では、この動画を公的な会社で、使用して良いのかと言うと、 答えはノーと言えるようです。 あえて、「ようです」と少し濁らせたのは、 自営業で個人的な範囲での使用はとりあえずぎりぎりオッケーなようですが、大きな会社などで大々的に使用すると、法律的にはNGです。 Q:無料ダウンロードは出来るのか? 著作権的には大丈夫なのか? A:言うまでもなく、現在は 法律的には軽犯罪になりえますので、是非とも辞めておいた方がよいでしょう。 スマートフォンの普及により、様々な音楽をダウンロードして、楽しまれる方が多いですが、この場合は個人的趣味の範囲で楽しむ為にはオッケーとされています。 ここで伝えている意味は、 公私混同はしないと言うことです。 あくまでも、個人的な範囲で楽しみましょう。 Q:ラジオ体操を録音して、会社で使用しても良いのか? A:これも、 録音してしまう時点で注意が必要です。 ラジオ音源から録音するのが一番手っとり早いのですが、それを会社と言った公の場で使用すると、著作権法違反になる場合があります。 録音して、個人的に楽しみましょう。 Q:ラジオ体操をもし、会社などで堂々と楽しみたいなら、どうすれば良いのか? A:やはり、堂々と楽しみたいなら、CDを買ってしまいましょう。 アマゾンでお勧めのCDを下記2点紹介しておきます。 一つは、ベーシックのNHKラジオ体操.

次の

ラジオ体操第一と第二のピアノ伴奏楽譜の入手方法をまとめておく。ラジオ体操の歌とみんなの体操も。

ラジオ体操第一第二無料ダウンロード

ラジオ体操の作曲者は? まず、ちょっとしたラジオ体操に関する豆知識をと言うことで、気になる作曲者の方について紹介します。 作曲したのは 服部正さんです。 1908年生まれ、100歳まで生きられた方です。 もともとは、管弦楽などオーケストラに関する作曲を学生時代のころからやられていた方です。 その後、戦中、戦後の日本の復興時期の中で、国民的音楽を作曲するようになっていきました。 ラジオ体操第一の作曲がその代表作の一つです。 当時からNHKでの放送目的に作曲されました。 また、CMソングなどもてがけられており幅広い活躍をされた方です。 ちなみに、 ラジオ体操第二は 團伊玖磨さんという方が作曲したようです。 またラジオ体操第一も第二も過去に何度か改変されていたようです。 それで今現在使われている音楽は実は三代目らしいですよ。 三代目とはいっても、それでも 60年間以上はずっと同じ曲が使われているんだそうです。 歴史が深いですよね。 すごいです。 では、ラジオの著作権についてQ&A形式で更に詳しく見ていきましょう。 例えば、今回ご紹介している、ラジオ体操第一は、服部正さんとNHKが所有している権利です。 その為、 無断で公的利用は出来ません。 Q: 実際にラジオ体操の著作権の所有者はだれなのか? A:実際にラジオ体操の著作権所有者は誰なのかについてです。 まず、ラジオ体操第一は、 株式会社かんぽ生命が保有しています。 そして、ラジオ体操第二は、 NHKとかんぽ生命が所有しているのです。 ちょっと意外と言うか、生命保険会社が保有しています。 Q:ラジオ体操のYou Tubeの動画を仕事場などで使用して良いのか? A:無料動画サービスのYou Tubeで、ラジオ体操を検索すると、動画が登録されています。 では、この動画を公的な会社で、使用して良いのかと言うと、 答えはノーと言えるようです。 あえて、「ようです」と少し濁らせたのは、 自営業で個人的な範囲での使用はとりあえずぎりぎりオッケーなようですが、大きな会社などで大々的に使用すると、法律的にはNGです。 Q:無料ダウンロードは出来るのか? 著作権的には大丈夫なのか? A:言うまでもなく、現在は 法律的には軽犯罪になりえますので、是非とも辞めておいた方がよいでしょう。 スマートフォンの普及により、様々な音楽をダウンロードして、楽しまれる方が多いですが、この場合は個人的趣味の範囲で楽しむ為にはオッケーとされています。 ここで伝えている意味は、 公私混同はしないと言うことです。 あくまでも、個人的な範囲で楽しみましょう。 Q:ラジオ体操を録音して、会社で使用しても良いのか? A:これも、 録音してしまう時点で注意が必要です。 ラジオ音源から録音するのが一番手っとり早いのですが、それを会社と言った公の場で使用すると、著作権法違反になる場合があります。 録音して、個人的に楽しみましょう。 Q:ラジオ体操をもし、会社などで堂々と楽しみたいなら、どうすれば良いのか? A:やはり、堂々と楽しみたいなら、CDを買ってしまいましょう。 アマゾンでお勧めのCDを下記2点紹介しておきます。 一つは、ベーシックのNHKラジオ体操.

次の

ラジオ体操の第一第二の動画と図解の無料ダウンロード

ラジオ体操第一第二無料ダウンロード

【最新版】ラジオ体操のピアノ楽譜入手方法 ラジオ体操の楽曲使用は、学校や企業の健康促進目的、個人で普通に使う場合は申請や著作権使用料の支払いは必要ないようです。 その他の音源使用については事前に申請が必要な場合があります。 参考 さて、そのあたりクリアにされた前提で「ラジオ体操がらみのピアノ伴奏譜はどうやったら手に入るのか?」 方法は4つ。 その1:かんぽ生命公式サイトからダウンロード 過去にNHKの公式サイトにてラジオ体操第一と第二の伴奏譜をPDFファイルで配布していたようですが、現在はやってません。 今はかんぽ生命の公式サイトにあるラジオ体操のページにて、「ラジオ体操第一」の楽譜だけがPDFファイルでダウンロード出来るようになっています。 「無料」です。 第二もあればいいのに、いくら探しても第二の無料データはネット上にありません。 かんぽ生命は、郵政民営化で分社化した日本郵政グループの生命保険会社。 社会・地域社会への貢献の推進として、かんぽ生命がラジオ体操の普及促進活動をやっている一環での配布みたい。 そういや息子の付き添いで行った近所の夏休みラジオ体操でハンコ押してもらう「ラジオ体操出席カード」は、かんぽ生命が作って配布しているやつでした。 参考 その2:郵送でNHKへ資料請求 NHK事業センターに「封書」で資料請求をすると、ラジオ体操第一・第二の伴奏譜を送ってもらえます。 もらえるのは以下の通り。 ラジオ体操第1・第2の図解• ラジオ体操第1・第2の伴奏譜• みんなの体操の図解• みんなの体操の伴奏譜• ラジオ体操の歌の歌詞(伴奏譜は配布なし) 希望する資料名と枚数、返送先を記載の上、返信用切手を同封してNHKへ封書で申請します。 楽譜やその他資料自体は「無料」ですが、申請時の切手代と同封の返信用切手代が自腹でかかります。 申請枚数に応じて返信用切手の金額が変わるなど、細かいルールがあるので申請する際はよく確認してください。 参考 僕が欲しいのはラジオ体操第一・第二の伴奏譜ですし、いまいち浸透していないみんなの体操とか正直どうでもいいのですが、せっかくだから全種類の資料を請求してみた。 今回の必要経費は、こちらから申請の手紙切手代82円+5枚申請したので返信用切手140円を同封=合計222円。 申請の手紙をポストへ投函してから5日後、東京都内の自宅にNHKから楽譜が届きました。 全部A4サイズ。 ラジオ体操第一と第二の伴奏譜は、A3サイズ(A4見開き2枚)で表に第一、裏に第二の伴奏譜が印刷されています。 みんなの体操の伴奏譜はA4で3枚分あるためまた別の紙に。 最終的に、NHKへの資料請求でもらえた楽譜は「ラジオ体操第一」と「第二」と「みんなの体操」の3種類です。 その3:本に楽譜が掲載されている ネットで調べまくったところ、とある本にも楽譜が掲載されているらしい。 タイトル:いつでも、どこでも、だれでも ラジオ体操75年の歩み• 著者:ラジオ体操七五周年記念誌編集委員会• 出版社:簡易保険加入者協会• 発売年月:2004年11月 アマゾンで売ってない、ネットで検索しても情報が少ない、超マイナーな一冊。 というか徹底的に調べたら「非売品」であることが発覚。 仕事の調べ物ついでに図書館にあるかなーと探したらありました。 自分が見つけたのは東京都中央区の図書館。 こんななんだかよくわからない本、最後は図書館頼みになりますよね。 ラジオ体操の歴史が、この本から学べます。 ラジオ体操は通信省簡易保険局が提唱し、1928年(昭和3年)に開始。 1951年(昭和26年)に今のラジオ体操第一ができた。 ラジオ体操第二は「職場向け」に1952年(昭和27年)に作られた。 みんなの体操は「お年寄りでもできるやさしい体操を」との声から1999年(平成11年)にスタート。 ラジオ体操の楽譜を探してるだけなのに、ラジオ体操について妙に詳しくなっていくという。 で、確かに伴奏譜が掲載されていました。 しかし掲載されているのは「みんなの体操」のみ。 ラジオ体操第一と第二の伴奏譜はありません。 ラジオ体操の歌も伴奏譜ではなく、NHKに申請して届いたものと同じ主旋律と歌詞のみが掲載されています。 その4:楽譜販売サイトで購入 最後の入手方法。 「ラジオ体操第一」「第二」「ラジオ体操の歌」の伴奏譜は、全てネット販売されており、すぐにダウンロード購入できます。 特に、探してもどこにもない「ラジオ体操の歌」の伴奏譜はここで手に入れるほかない。 1曲あたり324円~432円です。 お金を払えばあれこれ探す時間もかからずにすぐ入手できますが、今回はほとんど意地になって探しているだけで別にそこまでして欲しいかと言うと、ね。 参考 さいごにまとめ 「ピアノ伴奏譜が無料で手に入るのはラジオ体操第一のみ」という調査結果に。 最後にそれぞれの楽譜の入手方法を整理しておくと• 切手代がかかる。 もしくは上で紹介した本に掲載。 有料ダウンロードサイトなら入手できる。 こんな状況です。 著作権など権利問題があるのであれこれややこしいのでしょうけど。 このムダに時間をかけて徹底的に調べ尽くした「ラジオ体操の楽譜はどこに行けば入手できるのか?」夏休み自由研究の発表は以上となります。 どなたかのお役に立てましたら幸いでございます。

次の