マフラー 編み 方 かぎ針。 編み物初心者でも簡単!オシャレを叶えるマフラーの編み方徹底解説

マフラーの簡単な編み方は?編物道具がいらない編み方もご紹介|mamagirl [ママガール]

マフラー 編み 方 かぎ針

今回の記事では、マフラーの編み方の中からかぎ針の初心者向き作品ついてと基本のマフラーについて、さらに動画で分かる編み方についてご紹介していきます。 もしあなたが初心者向きのマフラーの編み方や基本のマフラー、動画での編み方紹介について興味がある場合は、ぜひ読み進めてくださいね。 かぎ針初心者にとって、マフラーは「そんな大作に自分が挑戦できる物なのだろうか」と不安と憧れを抱くアイテムですが、初心者でも簡単に作れるコツを知っておくと初めてでも挫折しません。 手編みのマフラーは機械編みのマフラーにはないぬくもりが詰まっています。 さらに同じ編み目が続くため、初心者の練習用にも丁度いい作品がマフラーです。 ぜひチャレンジしてみて下さい。 Contents• マフラーの編み方 かぎ針の初心者向きなのは? マフラーの編み方には様々な方法や編み図があります。 初心者にはどの方法を選べば良いのかも悩みの種ですが、最も簡単なマフラーの編み方は「同じ編み目の往復編み」です。 編み目の選び方ですが、マフラーに適しているのは次の3つです。 それぞれどのような利点と欠点があるのか解説しますので、自分に合った編み目でマフラーを編んでみましょう。 細編み 短所:高さがない分、他の編み目よりも多くの編み目数が必要になるため、マフラーのように大きな面積を編んで行く場合は時間がかかる 長所:高さがないため編み目がそろえやすく、かぎ針になれていなくても見た目が均一に仕上がりやすい 中長編み 短所:細編みほどではないが、長編みに比べて編み目が詰まっているのでたくさんの編み目数を編んでいく必要がある 長所:編み地がしっかりとしているので、保温性が高い作品が仕上がる 長編み 短所:高さがある分、編み目の隙間ができやすくなる 長所:広い面積を埋めるのに適した高さの編み目のため、マフラー向き どれくらいの長さを編めばいいのか、くわしくはこちらの記事で解説していますので、参考にご覧下さい。 参考URL: 基本のマフラーの編み方について紹介するね。 この方法をマスターしておくと、編み目が変わってもマフラーが編めるようになるよ。 基本のマフラーはどのようにして編むのか、編み方について解説します。 細編みで編めるマフラー かぎ針で編むマフラーの中でも、最も基本となるのが細編みで編めるマフラーです。 最初の段の編み方や、往復編みで次の段に移行する方法、糸の端を始末する方法など基本的な技法を習得できます。 こちらの編み図のように、一目ごとに鎖編みを挟むと伸縮性が増します。 編み図と編み方についてくわしく紹介しているサイトをご紹介します。 鎖編みと細編みだけで編んでいるので、編み物の初心者でも簡単に作品を仕上げることができます。 長編みで編めるマフラー 長編みでマフラーを編む場合の編み方について解説します。 編み図はこちらです。 交互に引き上げ編みにすることで、畝のような変化が生まれ単色で同じ編み目のマフラーでも変化に富んだアイテムに変えることができます。 実際にどのように編むのか見ていきましょう。 参考にどうぞ。 動画で分かりやすく解説したものがたくさんありますので、特におすすめの解説動画を厳選して3点ご紹介します。 動画で編み方を確認したい場合の参考にどうぞ。 再生時間:24分37秒 長編みのマフラーの編み方を丁寧に解説した動画です。 毛糸の色の替え方や、次の段への移動の仕方、フリンジの付け方などマフラーを編む上で知っておきたい情報がこの動画1つで完成します。 長編みの畝編みという技法を使っているのでかぎ針編みでも棒針編みのような畝のある立体感のあるマフラーが編めます。 中長編みの畝編みで編む、男性にも使いやすいデザインのマフラーが編めます。 ゴム編みのような伸縮性がありますので、保温性も抜群です。 シックなカラーリングですが、配色次第では華やかでガーリーな印象のマフラーを編むこともできます。

次の

マフラーの編み方 かぎ針で子供のと編み図は?子供用手編みの長さについても|ハンドメイドでもの作り

マフラー 編み 方 かぎ針

かぎ針は100均でも手に入れることができますし、コツさえ掴めば棒針で編むよりも簡単で応用も利くので、編み物初心者さんにもおすすめです。 子供用の手編みマフラーならそれほど長さもいらないので、かぎ針で作ってみるのもおすすめ! かぎ針編みは テンポが重要。 かぎ針の【こま編み】だけで編める!《ベビーマフラー》 こちらのマフラーは、 かぎ針ととじ針、毛糸2玉だけで編むことができるベビー用のマフラーです。 マフラーの片側を穴に通すこともできるので、首に巻いていても外れにくく便利ですよ。 かぎ針編みの中で最も簡単な、 こま編みだけで編むことができます。 ただし、毛足の長い毛糸はどこを編んでよいかわからなくなってしまうこともあるので、最初は、シンプルな毛糸で編み方を練習してからふんわりした毛糸で編むことをおすすめします。 はじめの作り目とくさり編み こちらは、 最初の作り目と1段目のくさり編みの編み方を詳しく解説している動画です。 くさり編みの数を変えることで、マフラーの幅を調節することができますよ。 少し幅を広くしたい場合はくさり編みを増やし、幅を狭くしたい場合は、くさり編みを減らしましょう。 こま編み こま編みの編み方を説明している動画です。 こま編みをひたすら続けていくことで、 マフラーの長さを出すことができます。 こま編みに慣れていないと編み目が揃わず、ゆるい部分やきつい部分が出てしまいます。 まずは、編み目がよく見える毛足の短い毛糸で編む練習をして、スムーズにこま編みができるように。 慣れたら本番用の毛糸に移るようにすると、きれいな仕上がりのマフラーが出来上がるでしょう。 応用して、《スヌード》も作れる! マフラーが作れるようになったら、スヌード作りにもチャレンジしてみましょう!スヌードはマフラーと違って頭からすっぽりかぶるタイプなので、 少し大人っぽくオシャレなイメージになります。 こま編みに慣れてきたら、 中長編みという編み方も試してみましょう。 こま編みはシンプルな編み目ですが、中長編みは少し 模様のように見える編み方なので、編み目がしっかり見えるタイプの毛足の短い毛糸を使って作るのがおすすめです。 スヌードの作り方は一見難しそうに見えますが、ほとんどマフラーの作り方と同じで最後に輪っかにすることで簡単に仕上げることが出来ますよ。 中長編み 中長編みの詳しい編み方です。 かぎ編みの基本の編み方では後ろの編み目から引き抜くようになっています。 スヌードの編み方では、一段ずつ、 引き抜く目を後ろ・手前と変えていくことで模様ができます。 引き抜く編み目を間違ってしまうと模様が出なくなってしまうので、注意して編んでいきましょう。 引き抜き編み 引き抜き編みの基本の編み方です。 スヌードは、マフラー状に編めたものの端と端をつなげて輪にします。 引き抜き編みで両端の編み目を拾って、編みましょう。 引き抜き編みは強く引っ張ってしまうと、 つなぎ目がぎゅっと縮んでしまうので ほどよく・ゆるめに編んでいくのがポイントです。 手編みの定番!二本の棒針で編む、基本的な編み方【ガーター編み】 編み物の定番といえばやっぱり2本の棒を使って編む 棒針編みですね。 一見難しそうですが、もっとも簡単な編み方であるガーター編みでも、素敵な子供用マフラーを手編みすることが可能です。 ガーター編みはとってもシンプルな編み方なので、デザインのきいた毛糸やお気に入りの毛糸を見つけて編むことをおすすめします。 シンプルな毛糸を使って、編み目を少し間違えると出来上がったときに間違いが少し目立ちます。 作り目の数によって マフラーの幅が決まりますよ。 子供用では、大人用よりも作り目を少なくする必要があります。 また毛糸の太さによっても作り目は変わってくるので、子供のサイズにあった適当な長さに調整しましょう。 棒針を使ったガーター編みは非常にシンプルでわかりやすい編み方ですが、かぎ針と違って 棒に毛糸を引っ掛ける部分がないので、慣れるまでは少し難しく感じるかもしれません。 また、 編み目が揃っていないと仕上がりが綺麗に見えないので本番に入る前に太目の毛糸で練習しておくのも良いでしょう。 棒針の伏せ止めもかぎ針の引き抜き編み同様に、強めに編んでしまうと端だけ窄んでしまいます。 ほどよいゆとりを持たせて編むとよいでしょう。 最後はとじ針を使って、余った毛糸をマフラーの中に目立たないように隠して完成です! フリンジのつけ方 フリンジなしのシンプルなマフラーもかわいいけれど、両端にフリンジをつけるとよりマフラーっぽくなりますよね。 フリンジは、つける量も長さも自由です。 好みに合わせてつけてみましょう。 糸が途中でなくなったときのつなぎ方 こちらは、途中で毛糸が終わってしまったときに 新しく毛糸をつなぐ方法です。 集中して編んでいると、「いつの間にか残りの毛糸がごくわずかになっていた」なんてことも。 新しい毛糸をつなぐ際は ある程度の毛糸を残しておく必要があるので、ぎりぎりまで編んでしまうとほどかなくてはならなくなります。 少し毛糸に余裕を持たせて次の毛糸をつなげるとよいでしょう。 道具いらず!指だけでマフラーも編み上げる【指編み】 子供用のマフラーなら、道具を使わず指だけで作る 指編みでも手編みすることができるんです!小学生ぐらいのお子さんでも、手を使って自分一人の力でマフラーを完成させることは可能。 指編みで最も大事なのは、 使う毛糸です。 編み目が大きくなるので、 できるだけ太い毛糸を使って編むと綺麗に編むことができますよ。 初心者でも簡単!指編みマフラー 手の幅ぐらいのマフラーを作ることができるので、子供用にぴったりです。 わざわざかぎ針などの道具を揃えず簡単に始めたい人でも、毛糸さえあればすぐにはじめることができます。 それでも丁寧につくれば、仕上がりはしっかりとしたものになりますよ。 子供にマフラーを手編みするなら、まずは気に入る毛糸を探すことから初めてみてください。 かわいい毛糸玉をゲットすれば、やる気も沸いてくるはず!毛糸は途中でなくなってしまうと困るので、少し多めに買っておくことをおすすめします。

次の

かぎ針でマフラーを編みたい方必見!!編み方を紹介!!

マフラー 編み 方 かぎ針

Open Menu• 1 (作り方PDFとあわせてご覧ください)作り目/くさり編みを編みます。 2 23目編めました。 3 1段目/くさり編み1目立ち上がり、細編みを23目編みます。 4 2段目/くさり編み1目(立ち上がり) No. 5 細編み1目 No. 6 くさり編み1目 No. 7 一目とばして細編み。 8 これを繰り返します。 きつくなったりゆるくなったりしないように、同じテンションで編むように気をつけます。 9 次の段からは、細編みの時、下の段のくさりを全部すくって(「束に拾う」といいます)編みます。 10 4段編めました。 11 5段目/糸の色を変えて編みます。 (編みにくいときは、端でゆるく結んで編み、あとでほどきます。 ) No. 12 同じように編んでいきます。 13 一段編めました。 14 続けてどんどん編みます。 最後の四段も糸の色を変えて編みます。 糸始末をしたらできあがり。 , Ltd. All Rights Reserved.

次の