アメリカ 出張。 短期出張向けの商用ビザ(Bビザ)とは|アメリカ・ビザ徹底解説|現地情報誌ライトハウス

アメリカ出張の意外な落とし穴!~準備段階編①~現金とクレジットカード

アメリカ 出張

アメリカ旅行の旅費・費用・予算の相場 アメリカ旅行に行くにはいくらぐらいお金がかかる?旅費・費用・予算の相場を分かりやすく解説。 現地の通貨・お金の単位 現地アメリカの通貨ドルと日本円の為替レートによっても、旅行代の相場は変わってきます。 現地の空港税、ホテル代、タクシー代、食事代、お土産代などは為替レートの影響を受けます。 激安価格のチケットなら安い時期で、ロサンゼルスが2万円台から、ニューヨークが3万円台から見つけることもできます(諸税燃油別)。 格安航空券では中国や台湾を経由する乗継便のチケットも数多く販売されています。 一概に乗り継ぎが最安ということもないので、複数の航空会社を比較してみるのがおすすめです。 航空券代・燃油代は、出発日や航空会社によって異なります。 ニューヨークやサンフランシスコ、マイアミなどは比較的相場が高くなっています。 都市ではホテルの数が多く、比較的リーズナブルなホテルチェーンも全米各地に点在しているので、予算に合わせてホテル予約サイトで検索してみるのがおすすめです。 JAL、ANA,デルタ、ユナイテッド、アメリカン、シンガポール航空などを利用します。 料金相場は時期によりも異なりますが、都市や観光地によっても大きく変わってきます。 比較的安めのツアーが多いのがロサンゼルスで、安い時期では50,000円台からプランを見つけることができます。

次の

短期出張向けの商用ビザ(Bビザ)とは|アメリカ・ビザ徹底解説|現地情報誌ライトハウス

アメリカ 出張

はじめに:米ドルの持参は金種に注意しましょう 米ドルを用意するため換金する際、銀行で「金種」を尋ねられます。 大抵は旅行者用に500ドル、1,000ドルパックが用意されています。 銀行では、面倒なので出来るだけ100ドル札で出して紙幣の枚数を減らそうと提案してきます。 しかし、面倒でも金種は自分で決めましょう。 なぜなら、パックには決まって 厄介な100ドル札が入っているからです。 カード社会の米国では 100ドル札は旅行者位しか使わないので、必ず偽札ではないかと疑われ調べられます。 日本の銀行では新札しかくれないので大丈夫だとは思いますが、古い札でちょっとでも切れている箇所があると、冗談ではなく、あらぬ疑いをかけられて警察沙汰になる可能性もあるのです。 実際にホテル内の売店の買い物で、古く切れた所のある50ドル札を使った人のお金を、 店員が偽札だと判断し警察を呼んでいました。 トラブルは事前に防ぐのが一番の得策ですが、あいにく100ドル札を持ってきてしまった場合、両替はホテルのフロントで出来ますが、その都度両替を頼むことになりますので、最初から金種は換金時に大きくても50ドル札までで、最も使う20ドル、10ドル、1ドル札の枚数を多く用意するのが間違いありません。 現金はパスポートと共に肌身離さずに持ちましょう 現金は失くした時の為にも分けて持つのが安全だとスーツケースに隠す方がいらっしゃいますが、これは 気前の良いチップと同じ意味で、盗られてしまうことは覚悟してください。 グループ出張で1人のスーツケースをセキュリティーチェックで開けた際に現金が出てきたため、グループ全員のスーツケースを開けられて、他の人もお金を盗られることがあります。 そもそも空港職員のモラルの欠如が問題なのですが、スーツケースに貴重品を入れてはいけないことになっていますし、盗られた証拠もないので諦めるしかありません。 必ず、パスポートと現金は肌身離さずに持ちましょう。 クレジットカードを使わない場合、現金は多めに準備が必要です ホテルチェックイン時に預り金や保証金と呼ばれるデポジットは、通常クレジットカードで行いますが、現金の場合は大体300ドル以上必要となり、 カードの場合よりも多く必要です。 また日本人があまり泊まらないホテルや小売店、レストランなどではJCBカードは使えないことがありますので、どこでも使えるVISAやMaster Cardなどが便利です。 意外かもしれませんがAmexは取扱手数料が高いため、採用していない小売やサービス業も少なくありません。 まとめ:カード社会ならではの習慣 以上のように、何でも支払はクレジットカードや小切手というアメリカでは、そもそも現金は面倒な持ち物のようです。 アメリカの映画などで、財布を持たずにジーンズのポケットにくしゃくしゃなお札やコインをジャラジャラと裸のままで入れているシーンを見かけますが、クレジットカードならば1枚あれば済みます。 日頃、現金に慣れている日本人には、現金が面倒などという考えはありませんが、 カード社会のアメリカでは現金の方がトラブルが起こるリスクがあるということは念頭に置いておいた方が間違いないでしょう。

次の

米国出張では「アメリカ放題」が最強、気になる今後

アメリカ 出張

アメリカ旅行の旅費・費用・予算の相場 アメリカ旅行に行くにはいくらぐらいお金がかかる?旅費・費用・予算の相場を分かりやすく解説。 現地の通貨・お金の単位 現地アメリカの通貨ドルと日本円の為替レートによっても、旅行代の相場は変わってきます。 現地の空港税、ホテル代、タクシー代、食事代、お土産代などは為替レートの影響を受けます。 激安価格のチケットなら安い時期で、ロサンゼルスが2万円台から、ニューヨークが3万円台から見つけることもできます(諸税燃油別)。 格安航空券では中国や台湾を経由する乗継便のチケットも数多く販売されています。 一概に乗り継ぎが最安ということもないので、複数の航空会社を比較してみるのがおすすめです。 航空券代・燃油代は、出発日や航空会社によって異なります。 ニューヨークやサンフランシスコ、マイアミなどは比較的相場が高くなっています。 都市ではホテルの数が多く、比較的リーズナブルなホテルチェーンも全米各地に点在しているので、予算に合わせてホテル予約サイトで検索してみるのがおすすめです。 JAL、ANA,デルタ、ユナイテッド、アメリカン、シンガポール航空などを利用します。 料金相場は時期によりも異なりますが、都市や観光地によっても大きく変わってきます。 比較的安めのツアーが多いのがロサンゼルスで、安い時期では50,000円台からプランを見つけることができます。

次の