グーグル ドキュメント 文字数。 録音したmp3データをGoogle音声入力で一瞬で文字起こしする方法

Googleドキュメントを文章作成しやすいように設定する方法|KACOO[カコー]

グーグル ドキュメント 文字数

Googleドキュメントとは? では、Googleスプレッドシートについて説明しました。 今回は、Googleドキュメントを紹介します。 Googleスプレッドシートが表計算ソフトなのに対し、Googleドキュメントはワープロにあたります。 マイクロソフトの製品でいえば、Word(ワード)に相当します。 なお、 では、Googleスプレッドシートの特徴を説明しましたが、その多くはGoogleドキュメントにも当てはまりますので、まずは、共通のポイントを簡単に整理しておきます。 以下で説明する内容については、 も合わせてご覧ください。 基本的な仕組みはWebサイトと同じですので、インターネットが必要です。 ただし、WebブラウザにGoogle Chromeを用いて、「」という拡張機能をインストールしておけば、インターネットが使えない環境でも利用できます。 Wordでも同じことはできますが、Googleドキュメントの方がずっと手軽です。 ただし、「」という企業向けのサービスを利用している場合は、その料金がかかります。 文書作成の実力は十分! 日本語入力はMS-IMEやGoogle日本語入力を使う 読者の皆さんが気になるのは、Googleドキュメントのワープロとしての実力だと思います。 Webブラウザで動くワープロなので、それほど期待できないのでは? というのが正直な予想ではないでしょうか。 しかし、実際に使ってみると驚くと思います。 もちろんいい意味で。 表や図形の作成もできますし、画像編集やグラフ作成機能も用意されています。 段組もテキストボックスも作れますし、文書にコメントも付けられて、もちろん印刷も可能です。 結論からいうと、ビジネスからプライベートまで、通常の文書を作るうえで困ることはほとんどないと思います。 では、Wordと比べるとどうなのか? というと、Wordの方が機能は多いと思います。 たとえば、Wordには文章を自動的に校正する機能がありますが、Googleドキュメントにはありません。 また、貼り付けた画像を立体的にしたり、枠を設定したりする機能もありません。 したがって、Wordで十分満足しているのであれば、あえてGoogleドキュメントに乗り換える必要はないかなと思います。 しかし、これだけ機能の豊富な無料ワープロを使わないのはもったいないのも確かです。 Wordで満足していても、Googleドキュメントを併用することで、文書作成の幅がさらに広がると思います。 なお、Googleドキュメントには日本語入力システムは付いていません。 したがって、Windows付属のMS-IMEやGoogleが提供している無料の「Google日本語入力」、ATOKなどと組み合わせることになります。 Wordのファイルも読み込んで編集できる Googleドキュメントは、Word形式のファイルにも対応しています。 GoogleドライブにWordファイルを保存している場合は、そのファイルをGoogleドキュメントに読み込んで編集できます。 その他にも、テキスト形式やオープンソースのOfficeソフトであるのファイル形式にも対応しています。 また、Googleドキュメントで作成した文書をWord形式などの他の形式に変換してパソコンにダウンロードすることもできます。 [ファイル]-[形式を指定してダウンロード]を選択すると、ファイル形式を選択できます。 文章と表、画像を組み合わせたシンプルな文書ならほぼ再現できますが、段組やテキストボックス等を使った複雑なレイアウトの文書だと再現性は低下します。 私も細かいところまでは試していませんので、Wordと併用する場合は、日頃使っているWord文書を読み込んでみて、実用的に使えるかどうかを確認することが大切だと思います。 Googleドキュメントの特長を活かす使い方は「手軽さ」と「リアルタイム編集」 ワープロとしての機能が十分で、Wordのファイルも読み書きできる。 Webブラウザさえあれば文書を作成できて、そのうえタダとなれば、活用しないのはもったいないと思いませんか? もちろん、Wordの代わりに使うこともできますが、Wordを使っている方も、Googleドキュメントをうまく組み合わせると、いろいろ便利だと思います。 特におすすめしたいのが、複数の人でリアルタイムに同時編集できることです。 では、Googleスプレッドシートで同時編集する方法を説明しましたが、Googleドキュメントでもほぼ同じことができます。 編集されている場所には、そこを編集している人の名前が表示されます。

次の

Googleドキュメントの音声入力でテキスト化する使い方!文字認識できない時は?

グーグル ドキュメント 文字数

特にキーボード入力の苦手の方には本当に便利です。 スマホでもそうですね、最近のメールは Google の音声入力によって入力できますので、ちょっと長い文でも簡単にメールに入力することができます。 それはさておき、 パソコンで Google ドキュメントを使い音声入力で文字を書き込んでいるのですが、これは本当に便利です。 入力の時、音声で文字を入力しながら文字変換が間違いがないか確認をしながら見ています。 そこで間違いがないことを確認して、次にまた音声入力で文字を入力していくのですが、この人工知能はその前に間違いないと確認した文字列も、後から入れた文章から知らぬ間に違う漢字に変換してしまってることがよくあるんです。 間違った文字をキーボードで修正変換するとそれは問題ないようですが、音声入力システムの漢字変換もそのまま放っておくと、次に来た文字列から変な風に理解をして勝手に違う漢字に変えてしまうのですよね。 これがとても困るんです。 内容をコピーしてブログなどに貼り付けて確認するととんでもない文字になっているということが多くあるんです。 これはこの Google ドキュメントを使って書き込んでいる最中に、そのように変換をしないように決定する方法があるのかもしれませんが、今現在私にはちょっとわかりません。 (たぶんあると思うのですが研究不足) しかし簡単に対処する方法があるので私は今この方法を使っています。 その方法は とりあえず今書いた内容の文章をすべてその編集画面から切り取りをして、そのままその画面に再度貼り付けます。 コピペですよね。 するとその自動的に内容を解釈して漢字変換をしてくれるのが止まるようですので、そのペーストした文章には、後から入力した文字によって勝手に変換されてしまうということはないです。 まだまだこういった人工知能による日本語の漢字変換というのは思うようにいきませんね。 しかし全体から考えるとこの間違える量は少ないので便利です。 今この私の文字入力もその Google ドキュメントによって音声入力で入力しています。 これにより記事を書く効率がものすごく上がりました。 時間が短縮できるようになりました。 カテゴリー• 167• 195• 149• 131• 108• 97 メタ情報• 表示数• - 35,970 ビュー• - 20,310 ビュー• - 11,936 ビュー• - 11,306 ビュー• - 11,024 ビュー こちらのブログをご覧頂き誠にありがとうございます。 長年人生しておりますといろいろあります。 まとまりのないブログですが、自分の身の回りで起こった事、みた風景、楽しい話、怖い話などなど、気まぐれに、過去情報から今まで、投稿しています。 ・ニックネーム 夢旅あき ・住家 信州八ヶ岳麓 ・年齢 まあまあ・・・ご想像に?! ・性別 男 ・趣味 旅行(国内、海外)、スキー、温泉巡り、 ・特技 なにかなあ・・・・ ・一番したい事 世界の世界遺産をあるきたい。 歌を歌う。 ・好きなな食べ物 それって変わるんだよね、焼き肉。 ・仕事 ネット関連 ・家族 いる、犬もいる。 ・目標 お金を貯める (使うので貯まらない、泣き) ・管理者へのご連絡はメールにて tamagoあsinsyu. info (「あ」の部分を に修正して下さい。 迷惑メール対策).

次の

Google ドキュメントでの文字数/行数の設定方法【カウントも】

グーグル ドキュメント 文字数

Googleドキュメントとは? では、Googleスプレッドシートについて説明しました。 今回は、Googleドキュメントを紹介します。 Googleスプレッドシートが表計算ソフトなのに対し、Googleドキュメントはワープロにあたります。 マイクロソフトの製品でいえば、Word(ワード)に相当します。 なお、 では、Googleスプレッドシートの特徴を説明しましたが、その多くはGoogleドキュメントにも当てはまりますので、まずは、共通のポイントを簡単に整理しておきます。 以下で説明する内容については、 も合わせてご覧ください。 基本的な仕組みはWebサイトと同じですので、インターネットが必要です。 ただし、WebブラウザにGoogle Chromeを用いて、「」という拡張機能をインストールしておけば、インターネットが使えない環境でも利用できます。 Wordでも同じことはできますが、Googleドキュメントの方がずっと手軽です。 ただし、「」という企業向けのサービスを利用している場合は、その料金がかかります。 文書作成の実力は十分! 日本語入力はMS-IMEやGoogle日本語入力を使う 読者の皆さんが気になるのは、Googleドキュメントのワープロとしての実力だと思います。 Webブラウザで動くワープロなので、それほど期待できないのでは? というのが正直な予想ではないでしょうか。 しかし、実際に使ってみると驚くと思います。 もちろんいい意味で。 表や図形の作成もできますし、画像編集やグラフ作成機能も用意されています。 段組もテキストボックスも作れますし、文書にコメントも付けられて、もちろん印刷も可能です。 結論からいうと、ビジネスからプライベートまで、通常の文書を作るうえで困ることはほとんどないと思います。 では、Wordと比べるとどうなのか? というと、Wordの方が機能は多いと思います。 たとえば、Wordには文章を自動的に校正する機能がありますが、Googleドキュメントにはありません。 また、貼り付けた画像を立体的にしたり、枠を設定したりする機能もありません。 したがって、Wordで十分満足しているのであれば、あえてGoogleドキュメントに乗り換える必要はないかなと思います。 しかし、これだけ機能の豊富な無料ワープロを使わないのはもったいないのも確かです。 Wordで満足していても、Googleドキュメントを併用することで、文書作成の幅がさらに広がると思います。 なお、Googleドキュメントには日本語入力システムは付いていません。 したがって、Windows付属のMS-IMEやGoogleが提供している無料の「Google日本語入力」、ATOKなどと組み合わせることになります。 Wordのファイルも読み込んで編集できる Googleドキュメントは、Word形式のファイルにも対応しています。 GoogleドライブにWordファイルを保存している場合は、そのファイルをGoogleドキュメントに読み込んで編集できます。 その他にも、テキスト形式やオープンソースのOfficeソフトであるのファイル形式にも対応しています。 また、Googleドキュメントで作成した文書をWord形式などの他の形式に変換してパソコンにダウンロードすることもできます。 [ファイル]-[形式を指定してダウンロード]を選択すると、ファイル形式を選択できます。 文章と表、画像を組み合わせたシンプルな文書ならほぼ再現できますが、段組やテキストボックス等を使った複雑なレイアウトの文書だと再現性は低下します。 私も細かいところまでは試していませんので、Wordと併用する場合は、日頃使っているWord文書を読み込んでみて、実用的に使えるかどうかを確認することが大切だと思います。 Googleドキュメントの特長を活かす使い方は「手軽さ」と「リアルタイム編集」 ワープロとしての機能が十分で、Wordのファイルも読み書きできる。 Webブラウザさえあれば文書を作成できて、そのうえタダとなれば、活用しないのはもったいないと思いませんか? もちろん、Wordの代わりに使うこともできますが、Wordを使っている方も、Googleドキュメントをうまく組み合わせると、いろいろ便利だと思います。 特におすすめしたいのが、複数の人でリアルタイムに同時編集できることです。 では、Googleスプレッドシートで同時編集する方法を説明しましたが、Googleドキュメントでもほぼ同じことができます。 編集されている場所には、そこを編集している人の名前が表示されます。

次の