俺ガイル八幡ss。 八幡「リア充の真似事でもしてみるか・・・」 【俺ガイルSS】

やはり俺の戦車道は間違っている。【本編完結済み】

俺ガイル八幡ss

95 ID:xJe4QpPv0 八幡「なんにせよ、マジで話しかけすぎだぞ。 そのせいでなんかクラスでも変に目立ちつつあるし…」 葉山「別に俺の力じゃなくても、プロムの件で結構目立ってるよ」 八幡「え、そうなの?」 葉山「比企谷主導のイベントだって認識は結構しっかりあるみたいだね。 いろはがなんか言ったのかもしれない」 八幡「げぇー…最後の1年ぐらい静かに生きたいっつうのに…」 葉山「それに、雪ノ下さんの件もね…」 八幡「え!?嘘だろ!?基本誰にも言ってないぞ!?」 葉山「まぁ、プロムを手伝ってくれた連中はなんだかんだ察してるみたいだしな。 32 ID:xJe4QpPv0 姫菜「うっ………!!」 八幡「おい…」 葉山「すまん…」 八幡「だいたいお前はほんとどうしちゃったわけ?前みたいにゴロゴロと取り巻きも作んないし学級委員みたいなお前好みの偉そうな役職も断るし」 葉山「言い方……まぁ、思うところがあってね。 もうちょっとわがままな自分になってみようかなと」 八幡「はぁ?」 葉山「雪乃ちゃんも取られちゃったし」 八幡「馬鹿言ってんじゃねぇよ、お前が好きだったのはアイツじゃなくては……」 葉山「その先は言わなくていい」 八幡「……俺に対する態度が似すぎなんだよ。 97 ID:xJe4QpPv0 葉山「もちろん。 っていうか大きなお世話だよ。 そっちこそ最近どうなんだ?雪ノ下さんと」 八幡「うっせー、お前こそ余計なお世話だよ…」 葉山「彼女が恋愛に現を抜かすっていうのが初めてだしね。 普通にどうなるのか興味あるんだよ」 八幡「お前にはぜってーなんも言わねぇ…」 葉山「おやおや?いいのかな?腐っても幼馴染だし、色々助言できることはあると思うけど?」 八幡「なんだそれ腹立つ……結構です、自分でなんとかできますぅ~」 葉山「2人の間のことは確かにね。 33 ID:xJe4QpPv0 葉山「この先避けては通れないところだと思うよ。 君が選んだのはそういう、めんどくさい女の子なんだから」 八幡「ぐぅ……なんかあったら頼む……」 葉山「もちろん、タダでとは言わないよな?」 八幡「……金なら無いぞ」 葉山「ははは、わかってるよ、そんなもの要求する訳ないだろ?ただ、色々話してくれって事だよ」 八幡「わかったよ、きもちわるいな…あ、そういや最近三浦がよく部室に来てるぞ。 お前の文句を言いに……」 葉山「みたいだね」 八幡「いやいや、みたいだねってお前…ちゃんとケアしとけよ、去年あんだけ都合良く使っといて…これもわがままな自分ってやつの一環か?」 葉山「言い方が悪いな…比企谷には分からないと思うけど、俺にとっても優美子は結構大事な存在なんだよ。 どういう感情かはともかくね。 54 ID:xJe4QpPv0 八幡「はぁ~?なにそれカッコつけちゃってわけわかんなぁ~い?」 葉山「何キャラなんだそれは…というかお前は他の女の子を気にしてる場合じゃないだろ?自分のことだけ気にしてればいいんだよ」 八幡「三浦に刺されて死んじゃえばいいのに…ほれ、そろそろ席戻れ」 葉山「お、もうこんな時間か。 20 ID:xJe4QpPv0 おしまいボンバー コメント一覧 8• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月02日 18:47• 海老名さんが滾ってそうwww• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月02日 19:32• イメケン葉山と総受けメインヒロイン八幡がくっつくのは時間の問題だったはずなのに• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月02日 19:51• また、ささきさんの海老名が聞けるのが嬉しい• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月03日 23:17• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月04日 00:53• 結婚しろ• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月04日 04:50• 八幡をお嫁さんにする同人誌狂おしいほど好き• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月04日 05:28• このクラスの女子が全員腐るのはもはや時間の問題だなあ…• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月09日 10:11• ほんとにあーしさんに刺されて……ねばいいのに 物語全般を通してみると、何気にあーしさんがキーウーマンだったなあ.

次の

『俺ガイル』主人公、比企谷八幡を描いたおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

俺ガイル八幡ss

「俺ガイル」3期が放送間近、江口拓也インタビュー C 渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。 完 イメージを拡大 渡 航氏の人気ライトノベルのアニメ第3期「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 完」が7月9日から順次放送開始となる。 どこまでも不器用な方法で他者と向き合ってきた八幡。 同キャラクターを演じてきた江口拓也に、八幡の、そして自分自身の「他者との在り方」を聞いた。 完 イメージを拡大 良くも悪くも、自分の心に嘘をつかないところでしょうか。 自分の信条を曲げなければ、どんな行動をとってもかまわない。 そういった意味で、思考を止めないということがすごい。 こじれちゃうくらいの勢いで、いろんなことを考えて答えを出そうとする。 生きやすさみたいなものを模索している姿が、自分を持っていてかっこいいですね。 とげとげしかったり、思春期ならではのもやもやしたものを抱えがちではありますが、だいぶ丸くなったんじゃないでしょうか。 C 渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。 続 イメージを拡大 一見そうですね。 はい(笑)。 なぜなら、本人はそれを求めてないと思うんです。 自己肯定感も低いので、口ではいろいろ言うけれど、実のところ、そういう雰囲気が苦手なんだろうなと感じます。 だから周囲に人が増えても、結局葛藤してるし、ある程度の距離感を保っている。 でも、それが徐々に揺らぎ始めているから「こんなはずじゃなかった」ともどかしさを覚えている。 その葛藤がまさに青春なのですが……八幡と同じ立場になるのは嫌だなと思います(笑)。

次の

『俺ガイル』主人公、比企谷八幡を描いたおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

俺ガイル八幡ss

【朗報】俺ガイルのオーディオブックが1冊無料でもらえます みんな知ってる使ってる「Amazon」 Amazonでは、本を声で聴く「」というサービスもやっています。 知っていましたか? いや知らなかったって人、オーディブルのに登録すると、好きな本が1冊無料でもらえます。 安い本も高い本もどんな値段の本でも、無料でもらえます。 無料体験中に退会で料金は一切不要 無料体験期間中に「やっぱ退会したい…」そう思うかもしれません。 「お金ってかかるの…?」 いいえ、無料体験期間中に退会した場合、お金は一切かかりません。 また、無料体験中にもらったオーディオブックは、退会後も引き続き視聴可能です。 71 ……… 葉山父「では、今日付けで雪乃ちゃんはうちの隼人の許嫁…と言う事で宜しいですかな?」 雪乃母「ええ。 これから先…いえ、これからも末永く宜しくお願い致しますわ」 葉山父「雪ノ下さん、そんなかしこまらなくても…昔からの付き合いじゃないですか」 雪乃「…」 私の前で繰り広げられている会話は私のこの先の人生を決定付ける話だった。 68 昔からのそうだった… 私と姉は母の言いなり…言わば操り人形。 母の決定には絶対に従わなければならない。 決定に背くことは出来ない。 決められたレールの上を幼少の頃から歩かされた。 でもこれも私にとっては当たり前の事象なのだ。 雪ノ下母「隼人君も雪乃とこれからもずっと、お互いを支え合って生きていくのよ?」 葉山「はい。 勿論です。 93 葉山「いえ、そんな…僕は出来た子じゃないですよ」 雪ノ下母「そんな謙遜しなくていいのよ?私が認めた男の子なんだから」 私には当たり前が分からない…皆の持っている当たり前が、私の当たり前と一緒なのかどうかも いや、恐らくこんな場面、滅多にないだろう 皆の当たり前はもっと普通で生き生きと、人間らしい自由を持ったとても優しい物 そこには自分の意思がしっかりとあり、選択の自由もあり、苦にも何にも思わない素晴らしい物 だが、私の当たり前は… 葉山「恐縮です…でも…良かったです。 雪ノ下さんに認めてもらえて、雪乃ちゃんの婚約者になれて」 私の当たり前は… 葉山「僕、子供の頃から雪乃ちゃんの事が好きだったんです。 50 葉山「怖い顔をするんだな…でも事実だ。 君は何もできないし何もしない」 八幡「そうだな。 聞いた俺が馬鹿だったよ」 葉山「そうだな。 でもそんな君が好きだよ、俺は」 八幡「同情かよ。 54 八幡「わかるわけねーだろ。 34 八幡「俺はお前が嫌いだ…友達なんかにゃ…」 バン!!!! (壁ドン 葉山「俺は本気なんだ…君の事を愛してる…好きだ比企谷…俺と付き合ってくれ…」 八幡「お前…正気か?そして目がやばいぞ…」 葉山「俺は入学してからずっと君の事だけを見てきた。 99 葉山「いくぞ!ドリルプレッシャー!」 サッカーで鍛えた技術。 運動神経で葉山は指を高速回転 挿した指にさらに回転が加わる 八幡「はあああっ!!! 」 葉山「苦しいか?だがな、お前に気づいてもらえなかった俺はお前以上に苦しんでいるんだ。 61 クンニオンパレード。 その華麗な指がおりなす快楽の嵐に、八幡は白目を剥いて失神した。 しかし 気を失った方が幸せだったかもしれない。 その背後で待ち受ける野生化した葉山のあそこが聳え立っているのが 見えていなかったのだから………。 84 葉山「よし、前戯はこの辺でいいだろう。 次は俺が気持ちよくなる番だ」 八幡「…くっ……痛いっつってんだろ変態が…」 葉山「…んっ!これは……」 八幡「……え…?」 葉山「さすがは比企谷、一味も二味も違うな。 こんな反撃は雪乃はしてこなかった……」 八幡「?」 葉山「これを見るんだ、比企谷。 俺の指先に茶色いものが付着してしまった。 56 葉山「比企谷!こいつの正体を教えてくれないなら、結衣に、いや、雪乃ちゃんに、 今すぐこいつを見せに行ったっていいんだ。 俺のあそこがが比企谷にやられた、ってな」 八幡「・・・」 葉山との激しい一戦を終えた八幡 その目はもはや焦点が合っていない。 葉山「さて、これで比企谷の心も体も引き締まった訳だ………と言いたいところだが…」 八幡「ひぐ…ぐす」 葉山「フッ…こんなもんで音を上げてる様じゃな…………調教が足りないか?」 八幡の小ぶりな尻肉をぐっと広げて晒す。 18 意識がしっかりとしない中 顔を真っ赤にして抵抗する八幡 葉山「とにかく。 今日はこれ以上は無理だな」 八幡「……」 しかし次に葉山は、八幡の安堵の表情を打ち破る提案を持ちかけた。 葉山「これを……」 葉山が懐から取り出したのは、手のひらサイズのローターであった 八幡「な…なんだよそれ…?」 葉山「これは俺の親戚の会社が開発したローターだ。 電波を受けると振動する。 これは俺が昔自分に挿さ……ゲフンゴフン!! 渡された物。 これを比企谷に……」 葉山は八幡の尻を再び広げると、ローターを座薬を入れるように差し込んで行った。 89 葉山「いいか。 サッカーやスポーツとは必ずしも自分がベストの状態で臨めるものではない。 これは君に架せられた試練だ。 このローターは授業中も部活中も君を容赦なく攻め立てるだろう。 その刺激に耐えて、生活するんだ。 いいな?」 八幡「い…嫌だ……」 葉山「なら、俺のあそこをもう一度受けてみるか?」 八幡「ひっ……」 葉山「よし。 今からローターは固定状態に入る。 いくらあがいても取り出せない。 84 八幡「……………」 葉山「これは君がトイレに行きたい時に外してやる。 外して欲しい時は俺に頼むんだぞ。 いいな?」 八幡「………」 葉山「じゃあこのローターのリモコンは僕が所持する。 ひとまず解散しよう。 表向きだが雪乃ちゃんとのデートがあるからな。 」 葉山「気を張れよ。 いつローターが震え出すかわからないんだから。 」 八幡「……!? 46 空き部屋、激戦の後、白濁した粘液にまみれた八幡だけが ぽつんと残されていた……… 後日 ホテルの一室にて 八幡「いい加減にしてくれ!何時までこんな事すんだよ!お前には雪ノ下がいるだろうが!」 葉山「まぁ・・・とりあえずだ。 脱げ、比企谷」 八幡「へ?」 葉山「脱げといってるんだよ八幡!」 そういうと葉山は嬉しそうに八幡の上着に手をかけた。 しかし一向に脱ごうとはしなかった。 35 葉山「ああ!!!もうじれったいなぁ!!!」 そういうと葉山は八幡の服を強引に脱がしていく。 その反動で仰向けに寝転ぶ。 八幡の上半身があらわになる。 八幡「はぁっ!や・・な・・何をする!」 葉山「俺、何度も言うが君のことが好きなんだよ・・・初めて君見た時・・・俺・・・ハァハァ」 葉山の左手は八幡のズボンに入る。 84 葉山「感じやすいんだね、八幡は・・」 仰向けになっている状態から背を向けてる状態にする。 葉山の右手で八幡のズボンを脱がすのだった。 そしてズボンと同時に下着も脱げた 八幡「あんぅっうぅ・・・・」 葉山「はぁはぁ・・俺・・・俺もう我慢できない!!」 そう言うと葉山はズボンと同時に下着を下ろす。 そして見事なまでに巨大化したジャベリンをとりだす。 八幡「なっぅ・・そんなもので・ハァハァなにァッ・・する気だ・・・」 さすがの八幡もそれには抵抗が出た。 しかし葉山はそれを体で押さえつける。 08 八幡「ぅん!っあっやめ・・・」 葉山「そんな女性っぽいところが好きなんだよ・・・八幡・・・。 葉山「いくよ・・・八幡」 そして葉山のジャベリンを八幡の菊問に無理やり押し込む 八幡「痛っ・・痛い!ァっ痛い!」 その痛さに八幡は大粒の涙を流した。 13 そして葉山のピストン運動を激しくする 八幡「はぁああ!!っああああああ!!」 葉山「あぁ・・・出る!いくぞ!!!!!!!!乱れ打ち!!!」 八幡「はあああああああ!!!!!っ!!!!」 葉山のあれが八幡の中に入る。 75 次回予告 雪乃「比企谷君!私にもして頂戴!!! vip2ch. カテゴリー• 633• 631• 619• 446• 408• 108• 144• 147• 174• 155• 189• 189• 2 アーカイブ• 128• 118• 242 メタ情報•

次の