セフィラ エンディミオン。 真竜デッキを基礎から応用まで徹底的に解説!〜猿でもわかる真竜のすべて〜

2020.4 セフィラ|KoutA|note

セフィラ エンディミオン

大会で結果を出した「セフィラ」+「エンディミオン」ってどんなデッキ?特徴は? テーマとしては 「セフィラ」と「エンディミオン」の複合デッキになりますが、比重としては 「セフィラ」に寄っています。 あくまで 「セフィラ」テーマのアドバンテージ獲得能力を使いつつ、サーチ効果を持つ魔法カードを使うことで展開力がある 「サーヴァント・オブ・エンディミオン」に魔力カウンターを溜めて更なる展開の補助が出来ます。 自身の効果で耐性を獲得した 「創聖魔導王 エンディミオン」や他にも強力なモンスターを並べることで、少ない手札消費で制圧力と総合火力の高い盤面を構築することが可能という強みがあります。 スポンサーリンク 「セフィラ」+「エンディミオン」の採用カードの一部と回し方を紹介 「智天の神星龍」 「セフィラ」デッキでは新マスタールール以降ペンデュラム効果の方を重視して使われ、デッキを回転させるための起点として用いられます。 ペンデュラム効果でエクストラデッキに加える 「セフィラ」モンスターは 「秘竜星-セフィラシウゴ」が候補として挙がり、 「智天の神星龍」ともう片方のペンデュラムゾーンに低スケールのペンデュラムモンスターをセットしておけば 「秘竜星-セフィラシウゴ」をペンデュラム召喚してサーチ効果へ繋げられます。 「セフィラの神意」 デッキから同名カード以外の 「セフィラ」カードをサーチできるという通常魔法カードであり、このカードを使ってフィールド魔法の 「セフィラの神託」をサーチして発動すれば魔力カウンター稼ぎとしても期待できます。 また 「セフィラの神託」も発動時の効果処理でサーチ効果を持っていますので、 一連の流れとしてサーチを繰り返すことが出来ます。 「サーヴァント・オブ・エンディミオン」 ペンデュラムゾーンに存在するときに魔力カウンターを 3つ溜められれば、魔力カウンターを 3つ取り除くことで自身とデッキから攻撃力 1000以上の魔力カウンターを置けるモンスターを特殊召喚して魔力カウンターを置けます。 このペンデュラム効果でデッキから 「創聖魔導王 エンディミオン」を特殊召喚すれば耐性効果を獲得できますし、効果使用後にフィールドに残るこのカード自身は 「ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム」のリンク素材として有用です。 「ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム」を出した後はペンデュラムデッキで度々使われる 「クロノグラフ・マジシャン」との組み合わせなどで展開すると良いでしょう。 「幻獣機オライオン」 このデッキにおけるこのカードの役割は、 「水晶機巧-ハリファイバー」でデッキから特殊召喚したのちにシンクロ素材として使うことにあります。 このカードのレベルが 2であり、 「影霊獣使い-セフィラウェンディ」のレベルが 3であるためレベル 5の 「源竜星-ボウテンコウ」のシンクロ召喚が狙えます。 「源竜星-ボウテンコウ」の特殊召喚成功時のサーチ効果もアドバンテージになりますし、 「幻獣機オライオン」の効果で特殊召喚した 幻獣機トークンとシンクロチューナーである 「源竜星-ボウテンコウ」を使うことで制圧力の高いレベル 8シンクロモンスター 「ヴァレルロード・ S・ドラゴン」のシンクロ召喚ができ、なおかつ墓地へ送られた 「源竜星-ボウテンコウ」の効果で リクルートも出来る点はかなり優秀です。 「覇王眷竜ダークヴルム」 自分フィールドにモンスターが存在しない場合に墓地から自己蘇生できる効果を持っており、召喚・特殊召喚時には 「覇王門」ペンデュラムモンスターをサーチする効果も持っています。 墓地からの自己蘇生は展開の初動として使いやすいので、 「竜の霊廟」や 「竜の渓谷」を使って積極的に墓地に送っておきたいモンスターでもあります。 サーチ先としてはペンデュラム召喚できるモンスターの制限の都合から 「覇王門零」の方が使い勝手が良いです。 スポンサーリンク 「セフィラ」+「エンディミオン」は今後環境で流行りそう? 大会で優勝したという実績がある以上、 大会の参加者などにも少なからず注目されることになります。 流行るかどうかは難しい所ですが、少ない手札消費で制圧力の高い盤面を構築できるというデッキの性能自体はお墨付きですし 「セフィラ」+「エンディミオン」の複合デッキを大会で使ってみようという人も一定数現れそうです。 登録していただけると最新情報がいち早く手に入ったり、LINEでしか聞けない情報が手にはいつかも!! そしてLINEアット登録者様限定で「こんな記事があったら嬉しい」という声や「こんな記事を書いてくれ!」と言う声を送って頂ければ、内容次第では記事になるかも知れません!! 例「現在の「シーラカンス」を使ったデッキを紹介して!」 「昔のカードの考察をして欲しい!」 「遊戯王のこのネタについて記事にして!」 と言う声を気軽に送ってください!! こちらの企画はLINEアット登録者様限定で行なっていくつもりなので、その様な要望がある方は是非是非登録よろしくお願いします! 最近の投稿• 今週の人気記事一覧!!•

次の

真竜デッキを基礎から応用まで徹底的に解説!〜猿でもわかる真竜のすべて〜

セフィラ エンディミオン

お互いのフィールド・墓地の魔法カードの数だけこのカードに魔力カウンターを置く。 2 :フィールドに「エンディミオン」カードが存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。 3 :1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。 自分の手札・墓地から魔法使い族モンスター1体を選び、このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。 >守備表示で特殊召喚なのは、恐らくこのカード自体が名称ターン1を持ってないからだと思うよ。 攻撃表示でSSできたら、蘇生したカードを素材にしつつ何回もこのカードをSSして滅茶苦茶魔力カウンターを増やせる可能性がある。 pojo. php? 汎用として考えるなら、互いの墓地に魔法が計3枚以上あるならばリンク素材をかさまししてLINK4にいったり、相手ターンに壁を並べたりできる感じでしょうか。 といえども、それをする為にはヴェーラーを採用する必要はありますががが・・・。 魔法使い族デッキであればとりあえず採用しておいて良さそうな効果をしていると思います。 エンディミオンは勿論、ブラマジでも一応は利用できそうな雰囲気。 エンディミオン、あんまり見ないものの地味にめちゃくちゃ強いですよね・・・ - -; あのパワーが更に上がると考えるとかなり怖いものがあります・・・。

次の

エンデュミオーン

セフィラ エンディミオン

セフィラデッキとは セフィラデッキが優勝!紹介&効果考察! セフィラを使ったデッキが2019年で優勝。 2019年10月18日に更新しました。 スポンサーリンク セフィラデッキの最新優勝デッキレシピ2020年編 【オルフェゴール】オルフェゴール優勝デッキの構築ポイントを紹介! セフィラデッキ+エンディミオン優勝デッキレシピ セフィラ優勝デッキレシピ集• 2019年1月19日 セフィラの上位入賞デッキ等• 2019年1月14日• 特徴として採用できる手札誘発の量。 そしてお互いにサーチ・サルベージが出来るという恐怖を一番感じるデッキとなっています。 そもそもこのセフィラデッキって何をするの?という話ですが、十二獣環境の際から《》による属性メタや、数々のサーチカードの多さによる安定性が半端無いカテゴリーでした。 最初はセフィラしかペンデュラム召還が出来ないというデメリットを抱えていたりしましたが一方で《》という強固なサーチ&破壊耐性という強みも活かしつつ戦えるデッキなんです」 「ここまでは言わずもがなですがマスタールールの変更で若干の弱体化を見せつつも新規カードをわんさか採用し続けてなお強化されている印象を受けますの。 魔術師等もその片鱗はありますが、こっちは竜星というリクルート&サーチの強みや シンクロを中心にしていた分リンクモンスターであるハリファイバーなんかの相性が光っていますわね」 「実際シウゴを使いつつ盤面を作り上げていくのが強いんですけど、ペンデュラムの強みと毎回登場する新規カードを使っていけるのが実はセフィラの強みなんですわよね。 《智天の神星龍》に始まり、一時期は《EMオッドアイズ・シンクロン》なんかが一時期話題でしたの。 「そうなんですよね。 まず竜星に関してはセフィラを入れる事で地属性が環境に出た瞬間には環境トップキラーとして出てきますし・・・って事で最初はセフィラの効果を中心に見ていきましょうか」 セフィラデッキの効果をおさらい 《効果一覧》と新規カードでどう変わった? しかし効果が多いので主要パーツから1つずつ見ていきます。 まずいつもセフィラでは初手か初動で見る事が多い《》と《》の2枚。 フウシはチューナーである事からそのままハリファイバーへ。 そしてシウゴは数々のサーチを行いつつ守備力が2600と手札誘発で相手を妨害していくと中々に突破出来ない守備力を持っているのが魅力です」 ~1枚から採用されるセフィラたち~ 主にEXゾーンを回収しつつ頑張ってくれるかわいい子。 リンク召喚で注目株の1枚に? 表側のカードを破壊できるモンスター。 キーカードやメタカードを中心に破壊したいときにどうぞ。 打点が魅力だけど・・・? 「現状2018年での注目パーツはセフィラでは他にツバーンやビュートを使用していたりしますわね。 これに関しては賛否両論あるみたいですけど、セフィラ同士のミラーでどう立ち回れるかが勝負になりそうですの。 元々環境デッキに関して低速になっているのは否めない中で、どこまで切り札や妨害を使えるのか・・・プレイングが大事なデッキなんですわよね」 「またメタカードを大量投入できるので、じわり攻めていけばあとはセフィラ自身がペンデュラムなので永続的に展開出来るってのも見逃せないんじゃないですかねぇ。 最悪ウェンディ等でサルベージも出来ますし、《》で《》をPゾーンにセットっていう汎用性高いカードも1枚ずつ採用しておけば事故も少ないです」 「実際にこれらのカードを採用してもデメリットはそこまでありません。 例えばもしセフィラしかP召喚できないのであれば、《》を召喚してスケールを整えるという運用方法も可能です。 セフィラはそしてレベル3チューナーを採用していますので、《ブラックローズ・ドラゴン》などのリセットカードを使うことも出来るのは大きいです」 「と、ここまで色々と話してきましたがセフィラデッキの最大の特徴はこれらをサーチしつつ動けるカードが大量にある事です。 《》《》《》・・・。 1 :自分メインフェイズに発動できる。 デッキから「セフィラ」Pモンスター1体を選び、自分のエクストラデッキに表側表示で加え、 このカードのPスケールをターン終了時まで、そのPモンスターのPスケールと同じにする。 【モンスター効果】 このカードは通常召喚できない。 このカードがエクストラデッキに表側表示で存在し、 「セフィラ」モンスター3体以上を含む自分フィールドのモンスター全てをリリースした場合のみ特殊召喚できる。 1 :このカードが特殊召喚に成功したターン、自分は通常のP召喚に加えて1度だけ、 自分メインフェイズに「セフィラ」モンスターをP召喚できる。 2 :1ターンに1度、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。 デッキから「セフィラ」モンスター1体を特殊召喚する。 購入はこちら>>《 》 [rakuten:toretama:10085356:detail] フィールド魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :このカードの発動時にデッキから「セフィラ」モンスター1体を手札に加える。 2 :以下のモンスターを、「セフィラ」モンスターを使用して儀式召喚、 または「セフィラ」モンスターを素材として特殊召喚した時、 自分はそれぞれの効果を1ターンに1度ずつ発動できる。 購入はこちら>> 通常魔法 「セフィラの神意」は1ターンに1枚しか発動できない。 1 :デッキから「セフィラの神意」以外の「セフィラ」カード1枚を手札に加える。 2 :自分フィールドの「セフィラ」カードが破壊される場合、 代わりに墓地のこのカードを除外できる。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには使用できない。 購入はこちら>> [rakuten:gpowerz:10025164:detail] 「全てサーチしてくれる優秀なカードですし、安定というのが重要な遊戯王においてこれ以上にないサポートですの。 更に神意に関しては破壊耐性も付け加えてくれるので便利なんですわよね」 「そうそう。 サーチからシウゴ。 そして神託からって感じでデッキ圧縮が出来るのもポイント。 そして手札誘発が飛んできても各種サーチで補えるのが特徴です。 うららに関しては1枚の損失をサーチで補えたりするのもあって苦労はしませんでした。 またハリファイバー等に関して増殖するG等を打ったとしてもケアする方法があったりするのが利点。 またセフィラには《》《》というカウンター罠が超強力です。 コストは必須になりますが同名ミラー等ではこのカードの多さが勝負になったり、キーカードをどこまで積めて構築するかも個性が出そうですね。 今では罠が遅い環境となってますので手札誘発が多めになっちゃってますけど・・・」 「という感じ。 基本的な流れでは・・・。 セフィラの動き 最初はシウゴやサーチカードでこちらの盤面を整える! その後、リンクモンスターで展開!覇王系列をグッドスタッフで採用! 手札誘発を多めに入れて相手の行動を妨害できる! 「なんてのが回していて感じた感想です。 フリーではグラマトンビートとかでも普通に強かったんですけど、今はリンク環境が中心になって出づらくなってしまったんですよね。 セフィラデッキでは現在様々な構築がある中で全勝。 尚且つ戦術の《》《》を不採用にしたタイプのデッキのようです。 元々この2枚に関しては破壊効果を持っているものの、採用枚数は年々減ってきており、現在では1枚程度の採用枚数でしたが、その枠にグッドスタッフ等を入れて変えてみたという感じのようですね!」 「手札誘発枚数は脅威の11枚。 またこっちとしてはセフィラ以外にもペンデュラムや様々なグッドスタッフの採用により動きやすさを感じる構築になっていますの。 その中でもまず《》を出してキーカードをサーチしつつというのが初動では重要になってそうですわね」 「まぁサーチは便利ですし、何よりオルターガイスト等でもそうなんですけど相手の妨害も含めて考えていかないと正直勝ちづらいからってのは根底にある気がします。 とりあえずペンデュラムデッキはごり押しが出来るテーマですから、それを活かしつつ盤面を固定。 更にはハリファイバー等を出しさえすれば普通にマーカーが活用できるのでそれも利用すれば確実にアドは取っていけるはずです。 まずは採用カードを色々と確認! 「さて、採用しているカードですが基本的には先述したセフィラが中心になっています。 今回のパターンとしてツバーンとビュートが採用されていない事を除いて見てみることにします。 セフィラで採用率が多いカード達・・・《終末の騎士》等の闇属性カード達。 「さて、今回のセフィラデッキですが基本的には安定性を上げるために《》等を入れる人が多いようです。 終末の騎士からデストルドーへ繋げる事で、 まず採用率が高いカードを見ていきましょう。 セフィラデッキでは まず最初に気になったのは《終末の騎士》や《PSYフレーム・ドライバー》でレベル7シンクロやハリファイバーに繋げられる点。 手札・デッキからレベル2以下の通常モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 購入はこちら>> 「このカードのポイントはもしさくら等が飛んできてもケア先が豊富という事ですわね。 例えば、この《》から様々なカードを特殊召喚していけるのがポイントなんですわよね。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。 2 :相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。 EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。 1 :このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「竜星」カード1枚を手札に加える。 2 :1ターンに1度、デッキから幻竜族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。 このカードのレベルは、墓地へ送ったモンスターと同じになる。 3 :表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。 デッキから「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。 購入はこちら>> 「こういったコンボカードを止められた!という点をケア出来るのはかなり便利な気がしますの。

次の