入浴 剤。 決定版!人気の入浴剤おすすめランキング:TOP20

変わる入浴剤市場 ~高い効果効能を謳う薬用タイプ、子ども向けの玩具入り商品が成長をけん引~

入浴 剤

入浴剤とは?由来と歴史 入浴剤の歴史はとても古く、紀元前2700年前頃の中国で多彩な種類の塩、そして入浴剤の抽出法や用途が記された書物の記録が残っています。 いまでこそ日本のお風呂文化に欠かせない入浴剤ですが、日本では一般家庭にお風呂が備わりだした1960年代頃から浸透されるようになった、比較的新しい文化です。 当時「津村順天堂(現・バスクリン)」に勤めていた従業員が婦人薬の生産時に出る残りカスを持ち帰り、お風呂に入れて子供を入浴させたところ、湿疹が治りカラダがぽかぽかになったため、「浴剤中将湯」と名付けて商品化されたのがはじまりです。 お風呂に入れるだけで血行促進や代謝力アップの効果・効果が期待できると「浴剤中将湯」は大ヒット。 しかし夏場は汗がひかなくなるほど発汗作用があると消費者から声が寄せられ、製品の改良版として、現在まで人気の続く「バスクリン」が販売されました。 入浴剤は入浴そのものによって得られる温浴効果と清浄効果を高める効果があり、原料・成分の種類によって特徴や効果・効能に違いがあります。 入浴剤の原料・種類について 現在手に入る入浴剤ですが、その品種は2000種類にも及び、含まれる成分や効果・効能も多岐にわたります。 市販されている入浴剤の原料は厚生労働省の承認許可を受けたものとなり、ミネラル(無機塩類)や生薬、酵素などの有効成分と、着色剤や香料などの添加物が使われています。 入浴剤の選び方は? 入浴剤の効果効能は、原料によってさまざま。 身体や肌の悩みや、どのように癒やされたいかなどにもとづいて選んでみましょう。 そしてもちろん、香りや色や手ざわりなどの感覚的な要素もお風呂の気持ちよさを大きく左右します。 自分の好みにあった香りのものを選ばないと、せっかく効果がありそうな入浴剤でもバスタイムが台無しになってしまうことも。 入浴剤を選ぶ際は、原料や成分をよく見比べ、最適なものを選ぶのが大切です。 無機塩類系入浴剤 重曹(炭酸水素ナトリウム)や硫酸マグネシウムなどを含んだ、入浴後の保温効果が高い入浴剤です。 湯冷めしにくいのが最大の特徴で、慢性的な冷え性の改善や、冬場に使用するのがおすすめ。 あせも、ひび、あかぎれ等の予防、皮膚の清浄効果も期待できます。 炭酸ガス系入浴剤 重曹や炭酸ナトリウムなどが含まれる、シュワシュワとした入浴剤です。 お湯に溶けた炭酸ガスが皮膚から吸収されて血管を広げ、全身の新陳代謝が促進されたり、疲れ・痛みなどが緩和されることが期待できます。 血流がよくなり、カラダの芯までぽかぽかに。 毎日使って疲れをリセットしてみては? 薬用植物系入浴剤 ハーブや漢方の生薬など、天然植物の成分が含まれる入浴剤です。 自律神経を落ち着かせる独特な香りと、成分による血行促進効果が期待できます。 ストレスや疲労で落ち込んでいるとき、ぜひ試してみて! 酵素系入浴剤 酵素が入った入浴剤は、皮膚の汚れをやさしく洗い流し、消化や洗浄を助ける効果効能があります。 乾燥肌・敏感肌の方からも人気の高い、刺激の少ない入浴剤です。 清涼系入浴剤 メントールなどの清涼成分を配合して作られた、ひんやり爽やかな入浴剤です。 お風呂上がりのサッパリ感を演出する炭酸ガスなどが出ることが多いです。 夏の蒸し暑い日やスポーツの後などに使えば、心身ともにスッキリするでしょう。 スキンケア系入浴剤 ホホバ油、植物エキス、ミネラルオイルなど、保湿成分が含まれる入浴剤です。 冬場の乾燥やかさつきを癒やし、お肌をしっとりさせる作用があります。 入浴中のスキンケアとして優秀なので、入浴の温浴効果とプラスして使う習慣を身につけて! おすすめ入浴剤総合ランキングBEST10 さて、ここからは、おうちお風呂にぜひ使っていただきたい、おすすめ入浴剤をご紹介します。 いま話題のブランドから、クチコミが高い商品など、選りすぐりの入浴剤をピックアップしました! 1位:高陽社「薬用入浴剤 パインハイセンス」 大分県の長湯温泉やドイツなど、温泉療養がさかんに行われている炭酸泉を再現した、重炭酸の入浴剤です。 重炭酸は水中から抜けにくいのが特徴で、じっくりつかれば皮膚から身体へ炭酸ガスが浸透すると考えられています。 温泉の聖地!別府の温泉成分が入った入浴剤 BEST3 日本一の温泉湧出量を誇り、100以上の温泉施設がひしめく日本一の温泉郷、別府。 別府八湯の一角をなし、高台に位置する「明礬(みょうばん)温泉」では、江戸時代から硫黄の湯の華が採取されてきた歴史があります。 別府の温泉成分が使われた入浴剤は、種類が豊富で全国的に評判が高いのが特徴。 なかでもとっておきのベスト3をご紹介します。 なお、硫黄が含まれる入浴剤は、風呂釜を痛めたり、敏感肌の人に湿疹を起こしたりするおそれがあります。 充分に注意してご利用ください。 1位:村上商会「硫黄乳白色湯 湯の素」 日本三古湯のひとつ、神戸・有馬温泉のシンボル「金泉」を再現した入浴剤です。 明治から昭和にかけて実際に湯の花を採取していた伝統ある企業の商品で、温泉成分を使わなくなった今も有馬の湯を研究し、より近づけようと改良を重ねています。 鉄分のおかげでよく暖まり、湯冷めしないと好評です。 炭酸泉の「銀泉」も販売されています。 プレゼントやギフトにおすすめ!かわいくてプレミアム感のある入浴剤ベスト10 お世話になった人や仲のいい友達に、入浴剤をプレゼントしたら、きっと喜ばれるはず。 日ごろたまった疲れを癒やしてほしいというメッセージがしっかり伝わるでしょう。 ここでご紹介するのは、プレミアム感があって見た目も素敵な、贈り物にぴったりの入浴剤。 和風なものから、輸入商品まで、見た目だけでなく効果効能にもこだわって選んだギフトにぴったりの入浴剤を10種類ご紹介します。 1位:バスリエ「浴玉」.

次の

毎日のバスタイム贅沢に過ごしたい♡おすすめ入浴剤TOP23

入浴 剤

入浴剤とは?由来と歴史 入浴剤の歴史はとても古く、紀元前2700年前頃の中国で多彩な種類の塩、そして入浴剤の抽出法や用途が記された書物の記録が残っています。 いまでこそ日本のお風呂文化に欠かせない入浴剤ですが、日本では一般家庭にお風呂が備わりだした1960年代頃から浸透されるようになった、比較的新しい文化です。 当時「津村順天堂(現・バスクリン)」に勤めていた従業員が婦人薬の生産時に出る残りカスを持ち帰り、お風呂に入れて子供を入浴させたところ、湿疹が治りカラダがぽかぽかになったため、「浴剤中将湯」と名付けて商品化されたのがはじまりです。 お風呂に入れるだけで血行促進や代謝力アップの効果・効果が期待できると「浴剤中将湯」は大ヒット。 しかし夏場は汗がひかなくなるほど発汗作用があると消費者から声が寄せられ、製品の改良版として、現在まで人気の続く「バスクリン」が販売されました。 入浴剤は入浴そのものによって得られる温浴効果と清浄効果を高める効果があり、原料・成分の種類によって特徴や効果・効能に違いがあります。 入浴剤の原料・種類について 現在手に入る入浴剤ですが、その品種は2000種類にも及び、含まれる成分や効果・効能も多岐にわたります。 市販されている入浴剤の原料は厚生労働省の承認許可を受けたものとなり、ミネラル(無機塩類)や生薬、酵素などの有効成分と、着色剤や香料などの添加物が使われています。 入浴剤の選び方は? 入浴剤の効果効能は、原料によってさまざま。 身体や肌の悩みや、どのように癒やされたいかなどにもとづいて選んでみましょう。 そしてもちろん、香りや色や手ざわりなどの感覚的な要素もお風呂の気持ちよさを大きく左右します。 自分の好みにあった香りのものを選ばないと、せっかく効果がありそうな入浴剤でもバスタイムが台無しになってしまうことも。 入浴剤を選ぶ際は、原料や成分をよく見比べ、最適なものを選ぶのが大切です。 無機塩類系入浴剤 重曹(炭酸水素ナトリウム)や硫酸マグネシウムなどを含んだ、入浴後の保温効果が高い入浴剤です。 湯冷めしにくいのが最大の特徴で、慢性的な冷え性の改善や、冬場に使用するのがおすすめ。 あせも、ひび、あかぎれ等の予防、皮膚の清浄効果も期待できます。 炭酸ガス系入浴剤 重曹や炭酸ナトリウムなどが含まれる、シュワシュワとした入浴剤です。 お湯に溶けた炭酸ガスが皮膚から吸収されて血管を広げ、全身の新陳代謝が促進されたり、疲れ・痛みなどが緩和されることが期待できます。 血流がよくなり、カラダの芯までぽかぽかに。 毎日使って疲れをリセットしてみては? 薬用植物系入浴剤 ハーブや漢方の生薬など、天然植物の成分が含まれる入浴剤です。 自律神経を落ち着かせる独特な香りと、成分による血行促進効果が期待できます。 ストレスや疲労で落ち込んでいるとき、ぜひ試してみて! 酵素系入浴剤 酵素が入った入浴剤は、皮膚の汚れをやさしく洗い流し、消化や洗浄を助ける効果効能があります。 乾燥肌・敏感肌の方からも人気の高い、刺激の少ない入浴剤です。 清涼系入浴剤 メントールなどの清涼成分を配合して作られた、ひんやり爽やかな入浴剤です。 お風呂上がりのサッパリ感を演出する炭酸ガスなどが出ることが多いです。 夏の蒸し暑い日やスポーツの後などに使えば、心身ともにスッキリするでしょう。 スキンケア系入浴剤 ホホバ油、植物エキス、ミネラルオイルなど、保湿成分が含まれる入浴剤です。 冬場の乾燥やかさつきを癒やし、お肌をしっとりさせる作用があります。 入浴中のスキンケアとして優秀なので、入浴の温浴効果とプラスして使う習慣を身につけて! おすすめ入浴剤総合ランキングBEST10 さて、ここからは、おうちお風呂にぜひ使っていただきたい、おすすめ入浴剤をご紹介します。 いま話題のブランドから、クチコミが高い商品など、選りすぐりの入浴剤をピックアップしました! 1位:高陽社「薬用入浴剤 パインハイセンス」 大分県の長湯温泉やドイツなど、温泉療養がさかんに行われている炭酸泉を再現した、重炭酸の入浴剤です。 重炭酸は水中から抜けにくいのが特徴で、じっくりつかれば皮膚から身体へ炭酸ガスが浸透すると考えられています。 温泉の聖地!別府の温泉成分が入った入浴剤 BEST3 日本一の温泉湧出量を誇り、100以上の温泉施設がひしめく日本一の温泉郷、別府。 別府八湯の一角をなし、高台に位置する「明礬(みょうばん)温泉」では、江戸時代から硫黄の湯の華が採取されてきた歴史があります。 別府の温泉成分が使われた入浴剤は、種類が豊富で全国的に評判が高いのが特徴。 なかでもとっておきのベスト3をご紹介します。 なお、硫黄が含まれる入浴剤は、風呂釜を痛めたり、敏感肌の人に湿疹を起こしたりするおそれがあります。 充分に注意してご利用ください。 1位:村上商会「硫黄乳白色湯 湯の素」 日本三古湯のひとつ、神戸・有馬温泉のシンボル「金泉」を再現した入浴剤です。 明治から昭和にかけて実際に湯の花を採取していた伝統ある企業の商品で、温泉成分を使わなくなった今も有馬の湯を研究し、より近づけようと改良を重ねています。 鉄分のおかげでよく暖まり、湯冷めしないと好評です。 炭酸泉の「銀泉」も販売されています。 プレゼントやギフトにおすすめ!かわいくてプレミアム感のある入浴剤ベスト10 お世話になった人や仲のいい友達に、入浴剤をプレゼントしたら、きっと喜ばれるはず。 日ごろたまった疲れを癒やしてほしいというメッセージがしっかり伝わるでしょう。 ここでご紹介するのは、プレミアム感があって見た目も素敵な、贈り物にぴったりの入浴剤。 和風なものから、輸入商品まで、見た目だけでなく効果効能にもこだわって選んだギフトにぴったりの入浴剤を10種類ご紹介します。 1位:バスリエ「浴玉」.

次の

入浴剤の効果とメカニズム|日本浴用剤工業会

入浴 剤

華密恋 / 華密恋 薬用入浴剤 辺見えみりさんが紹介していたことでも話題の「華密恋」。 有効成分であるカミツレエキス(カモミール)は保湿以外にもリラックス効果が高く、消炎や抗アレルギー作用などにも優れているため、 乾燥による肌トラブル・かゆみ改善に期待できます。 小さい赤ちゃんがいるご家庭でも使用できるので、パパは疲労回復・ママは冷え防止・赤ちゃんは肌ケア…と家族みんなでお風呂を楽しむことができます。 バスソルト・バスオイル・バブルバス・ミルクバス…。 最近では炭酸ガスや発汗など変わり種も増えてきました。 それぞれ使い勝手や使い心地、効果・効能も異なるのため、 自分の悩みや目的に合ったものを選びましょう。 効果(成分・香り)で選ぶ 乾燥肌による肌荒れに悩む人は保湿成分の高いセラミドやヒアルロン酸などが入った入浴剤を選ぶ必要があります。 また香りによっても心身にもたらす効果は異なります。 血行促進や清涼、ダイエットやリラクゼーションなど目的によって適するものは変わるので、商品名やキャッチコピーだけに捉われず、 成分表もきちんと確認しましょう。 パッケージデザインで選ぶ 贈り物にも適した入浴剤は女性にふさわしいキュートなデザインから男性が使っても素敵なかっこいいデザインなどお洒落な入浴剤が沢山あります。 「お風呂は日頃の疲れを癒せる唯一リラックスできるところ」という方が大変多いので、是非見た目にもこだわって入浴剤を選んでください。

次の