口内炎 民間療法。 口内炎が早く治る!と言われている方法をご紹介 明日にも使える、やさしい暮らしのためのお役立ち情報

口内炎が早く治る!と言われている方法をご紹介 明日にも使える、やさしい暮らしのためのお役立ち情報

口内炎 民間療法

口内炎にはいくつか種類がありますが、今回は患部の表面が白くなる「アフタ性口内炎」をとりあげます。 実は口内炎の原因ははっきりとはわかっていないのですが、このタイプの口内炎ができる原因として機械的刺激・免疫低下・栄養不足の3つが考えられます。 機械的刺激 噛んだり歯が当たったりして口内の粘膜が傷ついてしまうことを、機械的刺激と呼びます。 頬や舌を噛むのはある程度は避けようがないアクシデントですが、同じところにずっと口内炎ができる場合はとがった歯や歯医者で治したかぶせもの・入れ歯が粘膜を刺激している可能性があるので、歯科医で診てもらうことをおすすめします。 免疫低下 睡眠不足だったりストレスがたまる生活を続けていたりすると、免疫力が下がります。 そうすると機械的刺激を与えなくても、急に口内炎ができることがあります。 お仕事が忙しい方や夜勤のある方は口内炎ができやすいと言えます。 栄養の偏り 偏った食生活が原因で口内炎ができることもあります。 しかし、どの栄養素が欠けたら口内炎になるかは、わかっていません。 「このビタミンを摂っていたら口内炎を防げる」ということは断言できないので、日頃からバランスの良い食事を心がけることが大切です。 口内炎になってしまったときは、ぜひご自身の食生活を振り返ってみて、欠けていた栄養素を洗い出してみましょう。 口内炎改善にも効果的ですし、からだ全体の健康保持にも有益でしょう。

次の

猫の口内炎の原因と治療法。自然治癒から食事に関して

口内炎 民間療法

口内炎ができる主な原因は3つあります。 歯科医学的に口内炎の原因はコレというものはわかっていませんが代表的な原因は以下の3つです。 免疫力低下によって口内炎ができやすくなります。 口内炎の中にはアフタ性口内炎やアレルギー性口内炎、ウィルス性口内炎と種類がありますが免疫力の低下によって起きるのはウィルス性口内炎です。 患者さんの身体の中に「ヘルペスウィルス」というウィルスが感染していると普段は悪さを起こしませんが免疫力や体力が低下すると身体の奥から出現してきます。 休養や抗ウィルス薬の投与で症状は改善されますが体力低下とともに出現するリスクはあるので非常に厄介です。 食事中などに間違えて頬の粘膜や唇を噛んでしまった経験はありませんか? そのあとに口内炎ができることって多いですよね。 それはこの機械的損傷が原因で起きる口内炎です。 誤って噛んでしまうのは誰にでもありますが、毎回同じ場所に口内炎ができるという患者さんは一度歯科医院へ相談しましょう。 歯が尖っている・被せ物があっていないなど原因が見つかる場合があります。 これは栄誉素の中に皮膚を強くするものや修復を促すものがあるからです。 中でもビタミンB類は粘膜が傷ついたら修復する働きや免疫力を上げる働きがあります。 好き嫌いがあるかもしれませんができるだけバランスよく食事をしてバランスの摂れた栄養を摂取しましょう。 口内炎に対してのNG行為 口内炎ができた際に患者さんが注意すべき行動とはどのようなことでしょうか。 これらを注意しないと口内炎が長引く原因になるかもしれません。 傷口の中に細菌感染すると口内炎が悪化します。 それならば出来るだけ清潔にしておいて治癒を早めた方が良いですよね。 炎症が起きているときに温めると炎症を助長させる可能性があります。 炎症が強くなれば痛みも強くなる可能性があります。 変に刺激すれば余計痛みます。 全身疾患と関係の深い口内炎やガンなどが疑われます。 症状改善をするには? 口内炎の症状があまりにも辛いと食事をするのも億劫になってしまいますよね。 どうしても辛いと感じたら早めに歯医者へいくようにしましょう。 歯医者では以下のような治療を行って口内炎を改善・治療していきます。 塗り薬は軟膏薬なのですが口の中に塗ると不快感を覚える患者さんがいるのでパッチ薬と呼ばれる張り薬を出してくれる歯科医院もあります。 一度口内炎を焼き切ってしまうので口内炎の痛みはなくなります。 市販のマウスウォッシュよりも低刺激なので口内炎があっても痛みを感じにくいです。 口内炎に効く栄養素には以下のものがあります。 ビタミンCは免疫力を上げてくれて早期の治癒に必要不可欠です。 バランスよく食事をしていれば自然に摂取できる栄養素ですが、偏食や仕事の関係などでバランス良い食事ができない場合はサプリメントで補充しても効果が期待できます。 まとめ.

次の

はちみつで口内炎は治せるのか?その驚きの効果と秘密

口内炎 民間療法

はちみつは口内炎に効果的 はちみつは口内炎に効くと言われています。 その裏付けとしてサウジアラビアでは研究者の実験により、薬では口内炎が治るまで数日かかるが、はちみつでは1日で治るという結果が報告されています。 また、厚生労働省が定めた「日本薬局方」にもはちみつは口内炎に効くと記載されています。 このように、はちみつには口内炎の治療薬を越えた効果があるということが世間で認められています。 ただ、これはあくまで民間療法的にはちみつは口内炎に効果があるという伝承によるところが大きく、医学的に確実に効果が立証されているというわけではありません。 また、口内炎の種類が様々で、はちみつを試してみても効かないということは当然あるでしょう。 治りが悪い口内炎に関しては歯科口腔外科のある歯医者さんなどで診てもらうことをおすすめします。 はちみつのメリット・デメリット 2-1 はちみつの効果 メリット はちみつが口内炎にもたらす効果として下記のようなことが期待できます。 強い殺菌作用• 粘性により口内炎をカバー はちみつには強い殺菌作用があります。 ビタミン・ミネラル・アミノ酸などを多く含んでおり、それらに殺菌・消毒・消炎の働きがあります。 口内炎ができる大きな理由はお口の中の細菌が原因なので、殺菌作用の強いはちみつが口内炎に効果的であると言われています。 また、はちみつには粘性があるため、口内炎に塗ると外部からのダメージや細菌の進入を防ぐとも言われています。 2-2 はちみつを塗ると痛みを感じる デメリット はちみつの性質が酸性であるため、痛みを伴います。 はちみつは口内炎に効果的と言われています。 手順としては簡単で、はちみつを患部に塗り込んでいくだけですが、同時に痛みも伴います。 これは、はちみつの性質が酸性であるためです。 はちみつと言えば甘い印象があると思いますが、実際には酸性ですので口内炎と接触した際に痛みを感じます。 これは、はちみつの持つ高い殺菌力が口内炎に働きかけているためで、効果が表れている証拠でもあります。 基本的に時間が経つと痛みは落ち着いてきますが、特に痛みを気にする方は、はちみつを水で薄めることをおすすめします。 8倍から10倍で薄めると比較的痛みを感じることがなく、口内炎への効果も十分期待できるでしょう。 口内炎の原因 口内炎ができる原因を下記のように2つに分けて考えてみました。 口内炎が出来る原因は2-1で述べていますが、端的にまとめるとお口の中の細菌が原因です。 口の中には常在菌という善・悪の細菌や外部から入ってくる細菌が存在します。 普段はこれらの細菌への抵抗力 が強いのですが、ストレスや疲れによる免疫力の低下や口内に傷が出来ると口の中の細菌に抵抗できなくなり口内炎ができてしまいます。 このように口内炎はストレスや疲れによる内的要因と口内の傷などによる外的要因という大きく2つの要因にも関係しているのです。 はちみつは否定的な意見もあり 4-1 はちみつの評価は賛否両論 ここまではちみつは口内炎に効果的な食材として記述してきましたが、一方ではちみつを塗っても口内炎に効果がなかったという意見もあります。 つまり科学的には根拠のある内容ですが、実際にはあまり効果が出なかったという方もいるということです。 また、はちみつを塗る際には痛みが伴うため、市販の治療薬を使用した方が良いという意見をお持ちの方もいらっしゃいます。 4-2 口内炎に効果的な、はちみつ以外の食材 はちみつ以外には以下のような食材が口内炎に有効とも言われています。 塩 はちみつと同様に殺菌作用があり、塩水でうがいをすると効果があると言われている。 梅干し はちみつと同様に殺菌作用があり、果肉で口内炎をカバーして使用する。 ココア ココアには傷口を治す亜鉛や鉄分が豊富ではちみつに練り込むとより効果的であると言われている。 まとめ.

次の