いともたやすく行われるえげつない行為 英語。 英語 : ジョジョの奇妙な英会話

ジョジョ : ジョジョの奇妙な英会話

いともたやすく行われるえげつない行為 英語

[目次] 1. ファニー・ヴァレンタイン ファニー・ヴァレンタインとは第23代アメリカ合衆国大統領。 1847年9月20日生まれ。 アメリカ各地に散らばっている「遺体」を集めるためにSBRレースを利用し、その遺体をマンハッタン島のシェルターに埋葬・保管する事によりアメリカを『世界の全ての中心』にしようとしている。 そのためには手段を選ばず、遺体を手に入れたたちに抹殺を目的とした刺客を送り込んだ。 過去にカルフォルニア・サンディエゴ捜索隊に同行した際、「悪魔の手のひら」に遭遇し遺体の「心臓部」を手に入れている(スタンド能力がこれによって発現したかは不明)。 序盤では肥満体として描かれていたが、戦を境に筋肉質な体格に変化している。 また、平行世界の自分とは、自我が共有されているような描写があった。 愛国心を絶対的価値観としており、遺体の回収もアメリカ国民の安全を保障するため。 そのためか国民の支持は高く、死後もレース終了後に国民から惜しみない賞賛を受けた。 逆に言えば彼が考えているのは自国民の安全のみで、しかも「世の中はプラスとマイナスが均衡し、全ての人間が幸せになることはありえない」という思想を持っているため、自国民の幸福のためなら他国の人間に不幸をおっかぶせることにも躊躇しない冷徹さも併せ持っている。 進化させたスタンドによってジャイロを倒すも、爪弾をあえて撃たせる余裕を見せたことが仇となりに敗れる。 なお、あくまで架空の大統領であり、実在した第23代大統領はベンジャミン・ハリソンである。 破壊力:Aスピード:A射程距離:C持続力:A精密動作性:A成長性:A Dirty deeds done dirt cheap(いともたやすく行われるえげつない行為)とは略称はD・D・D・D・CまたはD4C(ディー・フォー・シー)。 スタンド像はほぼ人型で、巨大な2本の角がウサギの耳のように生えた頭部と、全身にある縫い目状の模様が特徴。 パラレルワールド間を自在に行き来することができ、他者を平行世界へ引きずり込む(又は送り出す)こともできる。 何らかの物体の隙間(「扉と壁の間」「国旗と地面の間」等)に挟まれることで発動する。 条件を満たせば、大統領以外の者でも「基本の世界」に戻ることだけは可能。 また大統領自身を除き、2人の「同じ人間」が「同じ世界」に同時に存在し続けると、次第に身体が崩壊(破片はメンガーのスポンジに酷似している)して死亡する。 ドッペルゲンガーの伝承と類似する。 そして行き来した平行世界同士を「同じ場所に同時に存在」させる事が出来る。 これを用いて路上で堂々とを狙撃したが、同時に平行世界ではとがそれぞれジョニィを銃撃させられたために、その場にいた目撃者達の記憶には3つの世界の銃撃が同時に存在してしまい、目撃者達によって、銃撃した犯人が大統領と特定される事は無かった。 自身が致命傷を負ったとしても、平行世界の「自分」と入れ替わり、その「自分」に身代わりに死んで貰う事で、事実上不死となれる。 では珍しい、像が人型の「近距離パワー型」スタンドだが、格闘能力は恐竜化したに一歩劣る上、射程も短いので爪弾や鉄球には一方的に攻撃されるだけであった。 どの世界と干渉しようと「基準の世界」に居る大統領の属性を維持する為に、それを大統領に固定するある種の「重力」が大統領自身に働いている。 仮にこの「重力」が失われると、大統領が平行世界に移動した瞬間に基準となる世界の大統領の設定が失われてしまう。 「重力」が完全に失われるに至らなくとも、その「重力」に干渉が行われると、大統領の身にも予期せぬ事態が起こる。 また後述のように、D4Cの力を以ってしても「聖なる遺体」のみは異世界へ持ち運べない。

次の

いともたやすく行われるえげつないシンフォギア

いともたやすく行われるえげつない行為 英語

アメリカ合衆国大統領という権力者であり、第7部のラスボスの一人。 大統領にまで上り詰めただけあって、独自の哲学を有しており、彼のセリフの多くからそれが垣間見える。 一言一言のセリフが深く、数々の名言を残しています。 いともたやすく行われるヴァレンタイン名言12選 スティール・ボール・ランでは悪役のファニー・ヴァレンタイン大統領ですが、スタンドD4Cの能力「いともたやすく行われるえげつない行為」という特徴的な能力と名前もあってか、一部のファンからは絶大な人気を誇ります。 そんないともたやすく行われるえげつないファニー・ヴァレンタイン大統領の名言をご紹介していきます。 大統領が使うからこそ、より重みのある言葉となっています。 こういう予期せぬ事が起こらぬようにすること 『こういう予期せぬ事が起こらぬようにすること』 『全て』をわたしの味方とする…… それは『不運』さえも…… わたしが「ナプキン」をとる ファニー・ヴァレンタイン大統領の、国のトップとしての威厳を感じる名言です。 全ての責任を引き受ける覚悟がないと「不運」さえもなどとは口にはできません。 正解は最初に取った者に従う 正解は『最初に取った者』に従う…だ 誰かが最初に右のナプキンを取ったら全員が『右』を取らざるを得ない もし左なら全員が左側のナプキンだ そうせざるを得ない これが『社会』だ………… 土地の値段は一体誰が最初に決めている? ファニー・ヴァレンタインの考え方の一端を示す名言です。 「最初に取った者」に従うと言っていますが、それは自分だという自信と自負が感じられます。 国を統治する存在として、あり方を示していると言える名言です。 ナプキンを取れる者が決めている! お金の価値を最初に決めている者がいるはずだ それは誰だ? 列車のレールのサイズや電気の規格は? そして法令や法律は? 一体誰が最初に決めている? 民主主義だからみんなで決めてるか? それとも自由競争か? 違うッ!! ナプキンを取れる者が決めている! この世のルールとは「右か左か」? このテーブルのように均衡している状態で一度動いたら全員が従わざるを得ない! いつの時代だろうと………この世はこのナプキンのように動いているのだ 前の名言に続いているセリフです。 彼の中の物事の基準、ルールを表した名言です。 わたしには愛国心がある わたしには「愛国心」がある 全てはこの国のために「絶対」と判断したから行動した事… 国の代表者として、国のために、「愛国心」があっての判断と行動が絶対的であることを示したファニー・ヴァレンタイン大統領の名言です。 象徴的なセリフですね。 わたしの行動は私利私欲でやった事ではない ここから話す事はとても重要な事だ それだけを話す わたしの行動は『私利私欲』でやった事ではない 『力』が欲しいだとか誰かを『支配』するために『遺体』を手に入れたいのではない ヴァレンタイン大統領が追い詰められた後の覚悟を感じるセリフの始まり部分です。 わかりやすく、実に無駄がない話し方です。 大統領としての絶対的使命 わたしの大統領としての絶対的「使命」は! この世界のこの我が国民の『安全を保障する』という事! それひとつに尽きるからだ! ファニー・ヴァレンタイン大統領の、一国の代表に恥じない名言には痺れました。 「安全を保障する」それひとつに尽きる! 男が女にひかれる基準 男が女にひかれる基準だが… あるいは女が男にひかれる基準だが………… 「愛」だとか「愛してない」だとか 「好き」だとか「嫌い」だとかそんなんじゃあない………… 「吉」であるかどうかだ 自分にとってその男が… あるいは女が「吉」であるかどうかなのだ 男女の惹かれるポイントについて語られた名言です。 「吉」であるかどうか、パートナー選びの参考になる名言ですね。 試練は強敵であるほど良い 『試練』には必ず『戦い』があり『流される血』がある 『試練』は『強敵』であるほど良い… 数多くの試練を乗り越えてきたであろうファニー・ヴァレンタインの名言です。 強敵であるほど良いなんてセリフは、自分に自信を持っていないと言えない言葉です。 人の世の現実 『陽』のあたる所 必ず『陰』があり… 幸福のある所必ず反対側に不幸な者がいる………… 『幸せ』と『不幸』は神の視点で見ればプラスマイナス『ゼロ』! 『安定した平和』とは! 平等なる者同士の固い『握手』よりも絶対的優位に立つ者が治める事で成り立つのがこの『人の世の現実』!! 国の統治者として、神の視点を持っているかのごとく説いたファニー・ヴァレンタイン大統領の名言です。 絶対的優位者たる者ならではの言葉ですね。 全てが『正義』だ 我が心と行動に一点の曇りなし…………! 全てが『正義』だ ファニー・ヴァレンタインの決意表明の名言です。 キメ顔も決まっています。 いかがでしたか? 第7部スティール・ボール・ランのラスボスであるファニー・ヴァレンタイン大統領の名言でした。 一国の代表にふさわしい名言の数々です。 特に「愛国心」を語っているのは、他のキャラには無い大統領ならではの名言でしたね。 まとめ いともたやすく行われるヴァレンタイン名言12選• いともたやすく行われるえげつない行為• こういう予期せぬ事が起こらぬようにすること• 正解は最初に取った者に従う• ナプキンを取れる者が決めている!• 愛国心はこの世でもっとも美しい徳だ• わたしには愛国心がある• わたしの行動は私利私欲でやった事ではない• 大統領としての絶対的使命• 男が女にひかれる基準• 試練は強敵であるほど良い• 人の世の現実• 全てが『正義』だ.

次の

これは心が折れる…『いともたやすく行われるえげつない行為』のイラストがやべぇ!

いともたやすく行われるえげつない行為 英語

最終盤で大統領が老化攻撃を受けた際には、それに伴い顔の角含めた外装が剥がれ落ちた。 この状態は別次元の大統領に乗り換えても改善しなかった。 あまりラッシュを多用しない戦闘スタイルだが、DIOや吉良がやっていたような手刀を久しぶりに披露している。 能力パラメータがと同じなのは驚きだが、最強というほどの格闘能力ではない模様。 一方で、能力に関しては数あるスタンドの中でも屈指の難解さを誇るスタンドの一つである。 能力 性能 原作内では「同じ場所に隣の世界を同時に存在させられる」と表現される能力。 要するに「 平行世界、パラレルワールド間を自在に行き来することができ、さらに他者を異世界へ引きずり込む(又は送り出す ことができる」能力である。 D4Cの能力上では、「聖人の遺体」が存在する世界が「基本の世界」となっているらしく、平行世界に「遺体」は存在しない。 何らかの物体の隙間(「扉と壁の間」「国旗と地面の間」等)に挟まれる、或いは挟み込むことで発動する。 ただし、自分の体で自分を挟む行為(舌を噛むなど)、または既に身に着けているもので自分を挟む行為は発動条件とみなされない模様。 大統領以外の人間でも同じ条件を満たすことで、もともと自分がいた世界に帰ることはできるが、「同じ世界」で「同一の物、人が2つ」出会うと重なり合って崩壊し、消滅する。 作中の解説では並行世界から物を持ち帰ることができないという意味で「 お金持ちにはなれない」と喩えられる。 これはD4Cの攻撃で最も恐るべきものであり、崩壊する際の破片は「」に酷似している。 唯一本体である大統領だけは崩壊の対象にはならず、何人同じ世界に集おうが平気である。 このため、人海戦術のような使い方も可能。 ただしその場合、いくら同じ自分とはいえ並行世界ごとに行動は微妙に異なるため、使いたい状況に応じて似たような場面から「自分」を引っ張ってくる必要がある。 更に、大統領はたとえ致命傷を負っても並行世界の自分に意思とD4Cを託すことができる。 致命傷を負った大統領は死ぬが、並行世界から同じ意思を持った別の大統領が来るため、対峙するジョニィらにとっては不死身と同意である。 戦闘上とても便利そうな能力に見えるが、本体が死を恐れてD4Cを手放さなければそのまま消滅してしまうのであるから、国家のためなら自身が死んでも問題ないという狂信的な愛国者である大統領だからこそ成立する疑似的な不死身である。 (それ故、ホワイトスネイクのように能力を抜き取って他人が用いても十分に使いこなせないと思われる。 ) 祖国のためならどんな犠牲も厭わない大統領にとって、まさにその理想を具現化したような能力だが、異世界移動の能力以外は、他のスタンドにパワーで劣ることもある上、飛び道具を持たないため、完全無敵というわけではない。 つまり、「挟む」という行動が伴う攻撃には無敵だが、削ったり抉ったりなどの攻撃では死亡する可能性がある。 またジョニィのによる攻撃を挟み込んでも、追尾する「穴」はその挟んだものに移ってしまうため、下記の新たなる段階の現象が無ければ防ぐことは出来ない。 ちなみに、「基本の世界」の大統領以外の大統領は平行世界を行き来できず、その場合、D4Cはただの格闘タイプのスタンドである。 D4Cの強化ではなく大統領が遺体が切っ掛けの「現象」に乗っかっているだけだが、一方で遺体が大統領の味方をしているのも事実なので難しいところ。 遺体となったを中心とした空間のスキ間にこの世のあらゆる吉良 きちりょう な事が濾過されて集まり、害悪は隙間に入れず遠くのどこかに飛ばされる。 この能力はつまり、大統領がスキ間の中にいる間はここに放たれた攻撃は大統領に通用する事は無く、その攻撃は何らかの災厄の形となって、遠くの誰かが代わりに「おっかぶる」事になる(列車に轢かれる等)。 また、大統領の攻撃等で受けた傷は例えかすり傷であろうが体を駆け巡って心臓や体の器官に登って来る為、致命傷を与える事が出来る。 元のD4Cの挟み込むことで自分を別の次元へ送り込む能力も、そのまま使用する事ができる。 スキ間(遺体の力が作用する範囲)に大統領が居る限り、D4C-ラブトレイン-に 「弱点」と呼べるものは無い。 まさに 「いともたやすく行われるえげつない行為」。 例えどのようなパラレルワールドへ渡ったとしても、その宇宙に大統領が生きているならば、絶対の前提条件として重力に支配されているはずである( 重力に支配されていなければ、それは存在しないのと同じである)。 スタンドは精神が結んだ像ではあるが、他のスタンド能力者の目に見え、物質へと攻撃する。 『自分以外の存在から観測される』、『自分以外の存在に作用できる』という事はすなわち、重力に支配されているという事であり、次元を越える時も重力を引き連れていく必要がある。 聖なる遺体が引き起こす現象もまた、重力からは逃げられない。 これは宇宙の絶対条件である。 よって、もしもならば、それは必然として如何なる壁をも超えて届き、何処までもついて行く。 繰り返す形になるが、重力に支配されている事は「弱点」ではない。 なお、この能力はオールスターバトルにも登場し、ステージ3ヶ所に落ちている【聖人の遺体】を全て手に入れることで発動する。 ラブトレイン状態だと攻撃中でない限りHHAかGHA以外の射撃攻撃を無効化する。 また、ステージギミックや相手の攻撃によるダメージが約半分になる。 スタンド名最長 英語でも日本語でもスタンド名としては最長。 更に今までの最長であったのように物語のラストで出てきたわけでもないため、普段は省略され本記事のように「」と記述及び呼ばれることのほうが多い。 元ネタ オーストラリアのバンドの発表したアルバムおよびそこに収録された楽曲に「Dirty deeds done dirt cheap」があり、恐らくこれが元ネタ。 直訳すると 「安く請け負われた汚い仕事」となり、歌詞の内容も含めて意訳すると 「どんな仕事も安く請け負う」となるらしい。 なお、元ネタとなったアルバムおよび曲の邦題は「 悪事と地獄」となっている。 ラブトレインはアメリカのソウル・トリオのO'Jaysの楽曲「Love train」が元になっている。 関連イラスト.

次の