秋元 康。 秋元康の年収や総資産がヤバイ!長者番付は1位?ゴーストライターの噂とは?

秋元康の年収と資産に驚愕!長者番付でダントツ1位な理由

秋元 康

秋元康がプロデュースするアイドルを一言で表すと 「闇が深ければ深いほど、光も強く輝く」 そう、秋元康の書く歌詞の内容がキモければキモいほど、相対的にアイドル達も輝きを増していく。 先日という文章を書きましたが、実は「一人称が『私』の曲」こそが秋元康という化物の力を120%開放できるウエポンなのです。 リミッターが外れた秋元康はもはや無敵。 誰も止められない暴走機関車。 そのなかでも一番モロに影響を受けていると思われる業を背負いし聖なるアイドル『乃木坂46』の一人称「私」曲を10曲紹介します。 ぐるぐるカーテン デビューシングル 歌唱メンバー:川村真洋、能條愛未、西野七瀬、齋藤飛鳥、斉藤優里、桜井玲香、井上小百合、中田花奈、市來玲奈、橋本奈々未、松村沙友理、白石麻衣、高山一実、生田絵梨花、生駒里奈、星野みなみ メンバーのほとばしる地下アイドル感、メロディとアレンジの一昔感、そして歌詞の「こんな女子いまどきいねぇだろ」感…「クソオタクが思う理想のアイドル」を詰めに詰め込みまくったデビューシングルにして最凶兵器。 曲の視点が「休み時間にカーテンの中に隠れてひそひそ話している女子」から「その女子を遠くから眺めてる男」に気づかないうちに変わってる激地獄曲。 せっかちなかたつむり 3rdシングル『走れ! Bicycle』カップリング 歌唱メンバー:松村沙友理、白石麻衣、高山一実、中田花奈、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣 小刻みに繰り返されるクラップと呪いのように流れる謎の「ヘイ!ヘヘイ!ヘイヘイヘヘイ!ヘイヘイヘイヘイヘイ!フー」、一曲聴き終わる頃には頭おかしくなってくるコカ曲。 秋元康は人間を別の生き物に例えたがる特殊性癖の持ち主です。 人間を描くとき、あえて人間以外にフォーカスを当てることでより「人間」というものの本質が浮かび上がってくるのです。 「かたつむり」というのんびりとしたイメージのある生き物に「せっかち」とつけることによって「告白する勇気もないカラに閉じこもってばかりなのに想いだけはあふれてくるもどかしさ」を表現しているのです。 なにこいつヤバ。 13日の金曜日 5thシングル『君の名は希望』カップリング 歌唱メンバー:安藤美雲、市來玲奈、伊藤万理華、衛藤美彩、柏幸奈、川後陽菜、川村真洋、齋藤飛鳥、斎藤ちはる、斉藤優里、中元日芽香、能條愛未、畠中清羅、樋口日奈、宮澤成良、大和里菜、和田まあや ホラー映画の恐怖を口実に彼にくっつこうとする女子のズルさとあざとさを描いた曲。 「きゃあースクリーム」「甘いストリーム」の語感の気持ち良さ、「13日の金曜日は不吉な日」という共通認識を逆手に取ってとびきりハッピーにまとめあげてる構成力はさすがとしか言いようがない。 が、曲のド頭。 「土曜の夜は彼と映画に行こう」 …そう、現時点では行ってない。 『13日の金曜日』って曲名なのに映画に行くのは次の日の「14日の土曜日」…つまり…「14日の土曜日に彼と映画デートに行くことを13日妄想してる彼女をオッサンが妄想して書いてる」……秋元康が一番のホラーだよ ロマンティックいか焼き• 乃木坂46• J-Pop• provided courtesy of iTunes 5thシングル『君の名は希望』カップリング 歌唱メンバー:秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤寧々、井上小百合、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、中田花奈、永島聖羅、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、星野みなみ、松村沙友理、若月佑美 ストリングスの美しさとメロ部分のボーカルの色気とサビのかわいさとのギャップに心臓がはち切れる。 そして気持ち悪い造語を作らせたら日本一の康。 秋元康はどこまでもオタクの妄想を掻き立てる。 世界で一番孤独なLover 6thシングル『ガールズルール』カップリング 歌唱メンバー:伊藤万理華、井上小百合、中田花奈、若月佑美、星野みなみ、秋元真夏、深川麻衣、斉藤優里、桜井玲香、生田絵梨花、生駒里奈、西野七瀬、高山一実、松村沙友理、白石麻衣、橋本奈々未 バキバキのサイケデリックで無機質メロディに反比例するかのような感情的な歌詞。 秋元康はあえてメロディと真逆のテーマの歌詞を書くことでより互いが引き立つようにする手法をよく使う。 これが「康リバウンド」 魚たちのLOVE SONG 12thシングル『太陽ノック』カップリング 歌唱メンバー:白石麻衣、高山一実、橋本奈々未、深川麻衣 康の書く「私曲」には、「私」自身が主人公になる「主観タイプ」と、架空の「私」とと「別のなにか」を対比させて物語を語る「客観タイプ」の曲があるのですが、この曲は後者。 徹底して魚の心情を妄想することでより私の悲しみを引き立たせている。 誰よりも物事を俯瞰で見ることができ「作った曲を絶対に自分では歌わない」秋元康だからこそできるテクニック。 きっかけ 2ndアルバム『それぞれの椅子』収録 歌唱メンバー:秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤万理華、井上小百合、衛藤美彩、齋藤飛鳥、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、星野みなみ、堀未央奈、松村沙友理、若月佑美 なぜシングルにしないのか意味がわからない完成度のド名曲。 ミスチル桜井和寿がカバーしたことでも話題ですが、人生を別のものに例える歌詞表現やら後半の転調やら最初っから曲の節々にミスチルを感じるので、俺の予想では桜井和寿が気にいることを見越して作ったんじゃないかとすら思ってるんですが、考えすぎだよな…そんなハズないよな… ないものねだり 16thシングル『サヨナラの意味』カップリング 歌唱メンバー:橋本奈々未 あんなにキモかった言葉選びが嘘のように美しい歌詞でギャップにゲロ吐いちゃう。 秋元康のすごさとは「キモいに全振りできるからこそ美しいにも全振りできる」引き出しの多さ、ババアの家のタンス。 そしてそれを歌う橋本奈々未の圧倒的な女神感。 聴いてると生まれ変わりたくなる。 意外BREAK 17thシングル『インフルエンサー』カップリング 歌唱メンバー:衛藤美彩、白石麻衣、高山一実、松村沙友理 「カブリオレのルーフ 全開にしちゃって首都高湾岸線を走る 爆音で流すソウルミュージックさえ 風向き次第でやさしく聴こえる」 メロディも歌詞も涙出るくらい古臭い、聴いてると90年代にタイムスリップするアラサーアラフォーメッタ刺し曲。 世が世なら確実に『ショムニ』『お水の花道』『まもって守護月天! 』の主題歌張ってた。 オープンカー乗りながらソウルミュージック爆音で流す系女子ってなに?こち亀の麗子? 滑走路 23thシングル『Sing Out! 』カップリング 歌唱メンバー:伊藤純奈、佐々木琴子、寺田蘭世、中田花奈、中村麗乃、樋口日奈、向井葉月、山崎怜奈、吉田綾乃クリスティー、和田まあや アレンジの中毒性、切なさ2兆のボーカル、サビ前の脳トロセリフ、キャッチーかつエモーショナルなサビ、大サビ前の間奏の絶妙なタメ、タイトル『滑走路』からの「滑走路なんか必要ない 今すぐそらへ飛び立てるよ」の歌詞の裏切り、全てが完璧…康大好き… 結局俺は秋元康には勝てないのか…….

次の

秋元康「そんなバカな…」アイドル銘柄急落で、SKE48親会社が“乃木坂株半数を取得”のカラクリ|日刊サイゾー

秋元 康

秋元康さんが2020年2月19日放送のにゲスト出演。 佐久間宣行さんと乃木坂46・欅坂46・日向坂46の色分けができていった過程について話していました。 坂道で乃木坂が先にあったじゃないですか。 それで上品。 欅坂はいきなりロック調じゃないですか。 あれってコンセプトが先だったのか、それとも集まったメンバーを見てこういう……秋元さんって人を見て企画を思いつくパターンもあるじゃないすか。 それはどういう風に? (秋元康)全部さ、佐久間とも仕事しててもわかるじゃない? ほとんど何も考えてないのよ。 (佐久間宣行)はい。 それはわかってます(笑)。 (秋元康)だってさ、青春高校もさ、枠だけもう決まって。 「何をやろうか?」って言ってもう始まる2、3週間前ぐらいだよね。 「学校を作るか」っていうのが突然決まったわけじゃない。 あれと同じで、別にもともとはAKBがあったじゃん。 で、AKBって元々はソニーミュージックだったの。 で、ソニーミュージックに切られたの。 ソニーミュージックが「こいつら、売れないな」っていうことで。 (佐久間宣行)それでキングレコードに行ったんですよね? (秋元康)そしたら売れたじゃん。 で、ソニーミュージックは本当に悔しがって。 「すいませんでした!」っつって。 「うちでも何か、作ってください」って言われたわけ。 それでひとつだけ条件があって。 「その前、ソニーミュージック時代のAKBの曲を集めてアルバムを出したい」っていう。 (佐久間宣行)僕、それ持っています。 『逃した魚たち』っていう(笑)。 (秋元康)そうそう(笑)。 「『逃した魚たち』っていうタイトルにするんだったらいいですよ」っていう(笑)。 (佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! すげえタイトルだなっておもいましたよ(笑)。 (秋元康)だってそれは面白いじゃん。 それから、ソニーミュージックも頑張ってくれたし。 申し訳ないなと思って、それじゃあソニーミュージックでも女の子のアイドルグループをやろうと。 で、その時に何か面白いことをやらなきゃいけないと思ったんで「AKB48公式ライバル」っていうキャプション、肩書にして。 で、その時に、だから何も決めてなかったの。 (佐久間宣行)ああ、そこまでしか決めてなかったんですか? (秋元康)そう。 だから別にそこにたとえばAKBが公立の高校で、乃木坂が私立の高校とかも何も決めてないの。 ただなんとなく、その時に集まったのが……。 (佐久間宣行)白石(麻衣)さんとか。 (秋元康)そう。 生田(絵梨花)とか。 で、たぶんファンの人がそういう風に決めていったの。 (佐久間宣行)なるほど。 集まった人とファンの流れでどんどん、あの乃木坂の上品というか私学っぽいものが出てきたんですか。 じゃあ、欅坂は募集した中で人を見て、ロック超の『サイレントマジョリティー』とか……僕はてっきり『サイレントマジョリティー』っていう曲が先にあったのかと思っていたんですけども。 (秋元康)ううん。 つまり、欅坂のオーディションをやった時、本当に何だろうな。 あの、明るくないのよ。 (佐久間宣行)フフフ、なるほど。 (秋元康)なんかみんな、大人たちをにらみつけてるわけ。 だから「大人たちが嫌いな人たちなんだな」と思って。 で、だから「大人たちに支配されない」みたいなのはなんとなく、言葉としては思っていたんだけど。 それが本当にあれは『メチャカリ』っていうファッションのサブスクの会社のコマーシャルソングだから。 「明るい曲でお願いします」っていう。 「明るくてパーッと華やかなので……」っていう時にできちゃった曲が『サイレントマジョリティー』で(笑)。 (佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! (秋元康)「どうしようかな?」って思ったら、そこの石川さんという社長は「ああ、いいですね!」って言ってくれて。 だからそれが決まらなかったらたぶんあそこまでヒットしなかった。 (佐久間宣行)要はタイアップ……そうですね。 先に決まってたけど違う曲が生まれちゃったのをOKしてくれたから、大々的に出せたっていうことですもんね。 (秋元康)で、だいたいそういう……自分がね、ほら。 「プロデュースっていうのはゼロのところから1を生み出す」みたいな風に思われているけど、絶対にそんなことはありえないんだよね。 1のところから1にする」っていうことなんだよ。 だからなにか兆しみたいなものがないと。 なんか種みたいなものがないと作れないじゃん。 だから、たとえば欅坂を見ていると、結構いろいろね、普通はグループがひとつにまとまるんだけど、この子たちはまとまらない面白さがあるなっていう。 「ああ、なんかこのまとまらないのは……これは不協和音みたいで面白いな」っていう。 それが『不協和音』っていう曲になったりするんだよ。 (佐久間宣行)なるほど。 それでひらがなけやきだった子たちが日向坂になったじゃないですか。 で、日向坂になったらひらがなけやきの時にはちょっと苦労してる雰囲気があったんですけど、日向坂になってた途端になんかめちゃくちゃ明るい曲調になっていったじゃないですか。 あれもじゃあ、本人たちを見て? (秋元康)うん。 本人たちと、やっぱりファンだよね。 だいたいやっぱりファンが導いてくれるのよ。 だからうファンの皆さんはその「おひさま」であって、その人たちが「やっぱり彼女たちの最大の魅力がハッピーオーラだ」っていう風に……。 (佐久間宣行)そう言っていたのをキャッチアップしたっていうことですか? へー! (秋元康)ああ、やっぱりそうなんだなって。 たしかにライブとかを見に行くと、この子たちの明るさ。 だから、この明るさをなんとかしなきゃいけないとかって思って。 (佐久間宣行)じゃあその「明るさ」っていう「1」を何百倍かにして届ければ、みんなが喜ぶなっていうところから『キュン』みたいな曲とかが生まれたわけですね。 あれ、めちゃくちゃ明るいですもんね。 へー! (秋元康)明るいよね。 (佐久間宣行)へー! だから、別件とこで秋元さんと話してる時にたまたま僕がたとえば「あのマネージャーがすごくてあのタレントさんを売った」みたいな話をポロッと1回、したことあったんですけども。 その時に「佐久間、違うよ。 それはね、マネージャーはめちゃくちゃ優秀でも、たぶんその子が何かあったから売れたんで。 やっぱりマネージャーが優秀だから売れたっていう風に俺はあんまり思わないな」って言っていて。 「うわっ、そうだな」って思ったんですよ。 (秋元康)もちろんね、マネジャーが優秀じゃなきゃ売れないんだよ。 だけど、一番は……たとえばラジオをやってるとすごく分かると思うんだけども。 一番、その近くにいる人から倒していかなきゃいけないな。 (佐久間宣行)なるほど。 はいはいはい。 ファンにしていかなくちゃいけない。 (秋元康)そうそう。 そこから伝播していかなきゃいけない。 だから、たとえばいろんな売り込みのマネージャーの人が来るじゃん? そのマネージャーの人が本当に「うちの子はねお笑いとしていいんですよ!」とか「女優としていいんですよ!っていうことを心から思ってる人っていうのは、やっぱりそれが今度はディレクターに伝わり、プロデューサーに伝わり。 最終的にはオーディエンスに伝割るんだよ。 だから佐久間で言えば、たとえば(構成作家の)福田くんが大笑いしてくれたり。 そういうことがやっぱり伝わっていって、最終的にはリスナーが「面白い!」ってなるのよ。 (佐久間宣行)そうか。 だからそのマネージャーが優秀かもしれないけど、そのマネージャーに本気を出させる本人の、そのマネージャーをファンにする力がないと本当には売れないっていうことですね? (秋元康)そうそうそう。 だから、つまりもう優秀なマネージャーがいたとしても、そんなに「このアーティストがいいな」とか「このタレントがいいな」と思ってないのにテクニックで……たとえば自分が知り合いのプロデューサーに言えば番組のブッキングができるからってやるのは絶対に売れない。 (佐久間宣行)そうですね。 ああ、なるほど。 そういう意味か。

次の

流行歌の100年「秋元康が選ぶ100曲」①

秋元 康

乃木坂46 アイドルグループ、SKE48を運営する親会社のKeyHolderが14日、ノース・リバーの全株式を取得する方針であることを発表した。 KeyHolder側の発表によると、すでにノース・リバーの株主との間で基本的な合意に達しており、6月上旬には株式譲渡契約を締結して、7月1日の株式取得を目指すという。 「乃木坂LLCはノース・リバーとソニー・ミュージックレーベルズが共同で運営していて、特に前者は乃木坂の楽曲の著作権管理を担っています。 KeyHolder側の発表通りに事態が推移すれば、秋元氏は保有する全株式を失うことから、乃木坂ファンの間では『(秋元氏と乃木坂は)ソニーに見捨てられたのか?』といった声もありますが、事態はそう単純ではありません」(週刊誌記者) 実は秋元氏は、2018年6月18日にKeyHolderが実施した第三者割当による新株予約権の募集で、この権利を得ている。 新株予約権とは、企業が発行する株式をあらかじめ決められた価格で取得する権利のこと。 あらかじめ決められた行使価格を時価が上回っている場合、権利行使すれば利益が得られ、逆に行使価格を時価が下回っている場合は権利放棄すれば損失を確定できるため、投資家にとっては損失を限定しつつ利益を得られる有利な権利だ。 秋元氏が得た新株予約権は、1株当たり125円で約2500万株分を権利行使できるというものだった。 「JASDAQに上場するKeyHolderの株価が上昇すれば、秋元氏は巨額の含み益を手にすることができるため、当初は『有利な条件で新株予約権を得た』との声がもっぱらでした。 そうなると、秋元氏としては含み損を抱える恐れも出てくるわけです」(同) そして、これが現実のものとなった。 今年2月17日までは80円台で推移していたKeyHolder株が、同28日に62円の終値がついたのだ。 新型コロナウィルスの感染拡大で、傘下にあるSKE48のライブやイベントの延期・中止が相次いだため株価が急落。 「出資者の秋元氏としては、巨額の評価損を避けるためには、KeyHolderの株価を引き上げるしかありません。 アイデアマンの秋元氏であれば、同社の業績向上のための方策を打ち出すことも十分可能。 新株予約権の放棄が叶わなくなっても、本来ならさほど心配する必要はなかったかもしれません。 しかし、コロナ禍によって、芸能というビジネスモデル自体が見直しを迫られ、先行き不透明になっています。 下手をすれば、権利行使期間中に株価が行使価格の125円を上回らない可能性もあり得ます。 そこで自身が株主のノース・リバーをKeyHolderに買収させることで、手っ取り早く株価を引き上げようと考えたのでしょう。 あくまでも、秋元氏の懐事情による買収劇、という見方もできるのだ。

次の