二重幅 小さくなった。 二重幅❤

幅広二重が悩みです

二重幅 小さくなった

この記事の目次• 二重まぶたが奥二重・一重になってしまう原因とは? くっきりとした二重まぶただった人が、奥二重や一重になってしまうことがあります。 もともと奥二重だった人が一重になったり、一重だった人もまぶたが重くなってきたりします。 なぜこのようなことが起こるのかというと、まぶたの皮膚がたるみによって垂れ下がってきてしまうからです。 それでは、まぶたのたるみはどうして起こるのでしょうか? 加齢 まぶたのたるみの原因のほとんどが加齢によるものです。 肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンといった成分は、年を重ねることによって減少・劣化してしまうため、 ハリを保てなくなった肌がたるんできてしまうのです。 また、 筋肉の衰えもたるみの原因となります。 目のまわりを覆っている眼輪筋や上眼瞼挙筋という筋肉も加齢によって衰えてしまい、筋力が弱くなると皮膚を支えられなくなるため、たるみに拍車をかけてしまいます。 むくみ 朝起きたら二重が一重になっていたけど午後になったら戻ったという場合は、むくみが原因の可能性が高いです。 「むくみが原因なら引けば問題ないでしょ」と思うかもしれませんが、 むくみを繰り返していると、たるみに発展してしまいますので、注意が必要です。 目のまわりの皮膚はとても薄くて、卵の薄皮ほどしかありません。 それほどの薄さで、何度もむくみによる水分の重さを受け止めていたら、皮膚が伸びてたるんでしまうのも分かりますよね? 私はお酒を飲み過ぎる日が続いたら、むくみによって二重の幅がとても狭くなってしまいました。 若い頃はすぐに元に戻ったのに、40過ぎると皮膚自体にハリがなくなっているので、たるみに直結しやすくなります。 むくみもまぶたのたるみを引き起こす大きな原因なんです。 目の酷使 PCやスマホなどの長時間利用による目の酷使も、まぶたのたるみを引き起こす原因となります。 長時間視線を動かさず至近距離を見つめていると、眼輪筋が凝り固まって血流が悪くなり、むくみの原因になります。 また、まばたきの回数が少なくなるため、眼輪筋も衰えやすくなります。 間違ったスキンケアやメイク アイメイクに力を入れている人は多いと思いますが、触りすぎると刺激や負担によって皮膚が伸びてたるんでしまいます。 ウォータープルーフのマスカラやアイラインを落とすときに、ゴシゴシと擦っていることはありませんか?また、アイクリームを塗るときに力を入れ過ぎていたら、良かれと思ってやっているスキンケアも逆効果になってしまいます。 二重を作る目的で利用するアイプチも、皮膚が伸びてしまうので逆効果です。 まぶたのたるみのほとんどが加齢によるものですが、私の周りのアイプチ利用者は、若い人でもまぶたのたるみがひどくなっています。 整形でまぶたのたるみを切除して二重に戻す場合 たるんだまぶたを一刻も早く何とかしたいと思うあまり、美容整形を考える人も少なくないでしょう。 加齢によって目が小さくなってしまった人や、たるんだまぶたの皮膚が二重のラインに被ってしまっている人、二重幅が狭くなってしまった人が美容整形で目力を取り戻す場合、上まぶたのたるみ部分を切除する手術が良く用いられます。 美容整形にはメリットだけではなく、当然デメリットやリスクもありますから、マイナス要素もきちんと把握したうえで検討することが大切です。 上まぶたのたるみを取る方法にはいくつか種類がありますが、一例として上眼瞼切開の特徴についてご紹介します。 上眼瞼切開のメリット・デメリット デメリット• 二重の幅や目の形が変わってしまうので、顔の印象が大きく変わる可能性もある もともと一重の人は二重になり、もともと二重の人も不自然な二重になる可能性もある• 皮膚や脂肪を切除する手術なので、失敗した場合、修正が難しい 上眼瞼切開のダウンタイム 術後は強い腫れが約3~5日続き、その後1~2週間程度で引いてくると言われます。 切開後、1週間程度で抜糸となり、アイメイクなどは抜糸した翌日から可能です。 完全に腫れが引いて理想の目元が完成するまでは、数ヶ月~半年ほどかかるようです。 その他のまぶたのたるみ取り手術 上まぶたのたるみを取る美容整形には、上眼瞼切開のほかに眉毛下切開、ブローリフト、挙筋前転法、挙筋短縮法などがあります。 共通して言えるのは、いずれも皮膚や脂肪を切除する手術なので、失敗した場合、修正が難しいという点です。 眉の高さや目の形に左右差が出たり、目が半開きの状態になってしまい閉じなくなってしまったという失敗例もあります。 もしも、整形を考えているなら、安いから、保険が効くからなどといった安易な理由でクリニックを選ぶのではなく、腕の良い医師に担当してもらうことが必須条件となります。 美容整形もそれほど即効性があるわけではない 美容整形の最大のメリットは即効性があると言う点だと思いますが、 完成までにかかる期間を考えると、それほど即効性があるとは言えないのではないでしょうか。 上眼瞼切開の場合、理想の目元が完成するまでに数ヶ月~半年ほどかかります。 その間ずっと「本当に理想の目元になれるのか・・・」という不安を抱えて生活することになります。 それくらいなら、試しに半年、セルフケアを続けてみてはいかがでしょうか。 自力でまぶたのたるみを解消して二重に戻す方法 セルフケアは即効性はありませんが、半年続ければかなりの手ごたえを感じることができます。 私は、たるんだまぶたが黒目に被さった状態でしたが、半年セルフケアを続けたら、だいぶぱっちりしてきました。 自力でたるみを取る方法なら、リスクもなくてお金もかかりません。 たるんで一重のようになってしまった二重まぶたの人も、がっかりしなくて大丈夫ですよ。 整形しかないのか・・・と思い詰める必要もありません。 まずは自分でできることから始めてみましょう。 目を軽く見開き、おでこの力を抜いてリラックスします。 その状態で、上目遣いするように上を見上げます。 (このとき、眉毛は動かさない)• そのまま5秒キープ• まぶたを閉じて5秒ほど休みます• (1)~(4)を5回繰り返します (4)ツボ押しマッサージ まぶたのたるみを解消して二重のラインを取り戻すには、ツボ押しマッサージも効果的です。 魚腰 (ぎょよう)と 瞳子膠 どうしりょう というツボをやさしく押してマッサージすると、むくみやたるみを解消し、肌にハリを出すのに役立ちます。 むくみが気になる人には、即効性が感じられると思いますが、たるみを解消するには時間がかかるので、根気よく続けることが大切です。 魚腰(ぎょよう) 眉の中央下にあるツボ。 ここを親指で押して刺激します。 眉を持ち上げるように20回ほど押してください。 力加減は強すぎず弱すぎない気持ちが良いと思える程度の力で行います。 眼精疲労や肩こり、頭痛を和らげ、目のまわりのうっ血をとることでむくみやたるみを解消します。 瞳子膠 どうしりょう 目尻の1cmほど外側にあるくぼみ。 ここは 人差し指を使ってマッサージします。 息を吐きながら左右同時に5秒プッシュして離す、というのを3回繰り返してください。 力加減は強すぎず弱すぎない気持ちが良いと思える程度の力で行います。 疲れ目と頭痛の解消の他、肌荒れや乾燥対策にも良いと言われるツボです。 目元を温めるグッズもいろいろありますが、蒸しタオルを使った方法なら、すぐできて便利です。 やり方は下記のコンテンツをご参照ください。 関連コンテンツ• (6)食生活の改善によるむくみ対策 まぶたのたるみが気になる人は、エクササイズやマッサージによるケアだけではなく、むくみが発生しないよう予防することも大切です。 むくみの一番の原因となってしまうのが、 塩分の摂り過ぎ。 塩分を摂りすぎると、体が塩分の濃度を薄めようとして水分を溜めこんでしまい、むくんでしまうんです。 だしやスパイス、酢などをうまく利用すると、塩分を控えることができるので、なるべくなら毎食自炊が望ましいですね。 外食などで塩分を摂り過ぎてしまったなと感じたら、水分をたくさん摂り、なるべく早く排出するようにしましょう。 塩分を摂った後に水分を摂れば一時的にむくみますが、水分を摂ることで塩分の排出を助けてくれます。 塩分の排出を促すカリウムを沢山とることも大切です。 パセリ、納豆、キュウリ、ほうれん草、海藻、キウイなどがカリウムを多く含む食品です。 自力でたるみを取る方法を半年以上続けて感じたこと 私はもともと奥二重だったのが、年齢を重ねて一重に近くなってきてしまったので、慌ててまぶたのたるみ対策を始めました。 半年以上続けて感じたのは、以下の2つ。 前頭筋を鍛えるトレーニングは、頭皮マッサージと一緒にやるべき• 塩分コントロールは思ったより重要 前頭筋を鍛えるトレーニングは、頭皮マッサージとセットでやるべき 最初は前頭筋を鍛えるトレーニングだけを一生懸命やっていたのですが、おでこにしわができてしまいました。 頭皮が硬いままの状態で前頭筋を鍛えるトレーニングをすると、額の皮膚が眉毛と頭皮によって圧縮させられた状態になるため、しわができやすくなります。 前頭筋を鍛えるトレーニングは、頭皮マッサージとセットで行いましょう。 頭皮とおでこ、上まぶたはつながっているため、頭皮マッサージを習慣にすると、驚くほど引き上がります。 私は、頭皮マッサージを習慣にしてから、上まぶたが引き上がって、二重のラインがハッキリしてきました。 また、頬も引き上がり、顔の下半分がスッキリしたのも感じました。 これまで頭皮はあまりケアしていなかったので、相当硬くなっていたのでしょう。 何もやる気が起きないときは、頭皮マッサージだけでもすると良いです。 塩分コントロールは思ったより重要 塩分コントロールによるむくみ対策は思ったより重要だというのも実感しました。 私はむくみやすく、お酒の飲み過ぎで二重のラインが狭くなってしまったので、飲み過ぎには注意していたのですが、あわせて塩分コントロールも行ったところ、目に見えて二重のラインがハッキリしてきました。 エクササイズやマッサージだけをしていた頃よりも明らかに改善したので、まぶたのたるみ対策において、塩分摂取量に注意することは思ったよりも大切だと感じました。 塩分コントロールはわりと即効性があるので、すぐに何とかしたいという人は、まずは試しに食生活の改善を行ってみると良いと思います。 まとめ まぶたがたるんでくると、老けた印象になるばかりか、二重まぶたが一重なってしまうこともあるので、ショックですよね? 「整形しかないの?」と思い詰める前に、今回ご紹介した方法を実践してみてください。 たるみはスキンケアだけではなかなか解消できないので、筋トレやマッサージ、むくみケアと合わせて行うことが大切です。 気長にコツコツとケアすれば、整形なしでまぶたのたるみを解消してくっきり二重を取り戻すことができますよ! 運営者:まめ 30代後半から顔のたるみや老化した肌に悩み、日々格闘している40代の自営業者です。 整形は最初から選択肢になかったので、エクササイズ・コスメ・サプリ・生活習慣の改善など、自力でなんとかする方法でたるみ改善を目指しています。 財力がないので、あれこれとコスメの新製品を試したり、美容医療を受けたりすることもできませんが、老化スピードを遅くする為に自分でできることはすべてやろうと思い、対策に励む日々です。 このブログでは、自分で試して良かったエクササイズやコスメ、サプリの情報や、「これは役に立ちそう」と思ったアンチエイジングな話題を発信しています。 これからの人生を楽しむためにも、キレイを諦めずに頑張ります。 このブログでお伝えしたいことを下記の記事に詳しく書いていますので、よろしければこちらもご覧ください。

次の

二重整形をすると何年もつの?

二重幅 小さくなった

目を開けたときにどれだけ二重が折り込まれるかによって、目を開けたときの二重の幅は変わります。 目を開ける力の強い人は、その分、二重が深く折り込まれるので、目を開けたときの二重の幅は狭くなります。 逆に目を開ける力の弱い人は、二重の皮膚の重なりが浅くなるので、目を開けたときの二重の幅は広くなります。 また、同じ目を開いた状態でも、どの角度から見るのかによって幅の見え方は変わってきます。 どんな二重まぶたが似合うかは、人によって違います。 最近は、モデルの影響などもあり、「幅広の平行二重」が人気ですが、幅広の平行二重にすれば誰もがかわいくなれるわけではありません。 同じ二重の形、幅であっても、目の形やまぶたの厚み、顔立ちなどによって、目元の雰囲気はまったく異なったものになります。 つまり、「こんな形がいい」「これくらいの幅がいい」と一概には言えないのです。 さらに、目を開く力が「強いか」「弱いか」も重要な要素です。 せっかく幅広の平行二重にしても、目を開く力が弱い人の場合は、黒目が見える割合が減り、目が小さくなったように見えてしまったり、眠そうな印象の目元になったりすることも…。 簡単にいろいろな二重まぶたを試すことができます。 また、美容整形を視野に入れているなら、美容クリニックのカウンセリングに行ってみるのもいいでしょう。 ブジーという針金のような器具で、手術後の形や幅をいろいろにシミュレーションしてくれます。 自分に似合う二重まぶたを自力で作るなら… 自分に似合う二重まぶたは見つかりましたか? ここからは、その二重まぶたを自力で作る方法をご紹介します。 グッズを使って「二重の形を作る」「二重の幅を広げる」 1.目頭から目尻まで、二重のラインを作りたい部分にアイプチやアイテープをつけます。 2.目を閉じた状態で目の中央をプッシャーで押さえ、目を開きます。 3.全体的に二重の幅を整えます。 メイクで二重の幅を広く見せる 【ポイント1】アイシャドウ 使うのは、淡い色を1色だけ。 おすすめは肌なじみのいいベージュやゴールドなどです。 何色も重ねてグラデーションにしたり、濃い色を塗ったりすると、二重の幅が狭く見えることがあるので注意して。 【ポイント2】アイライン アイラインは、細く引くのが正解。 太く引くと二重の幅が狭く見えてしまいます。 【ポイント3】まつげ カールして上げすぎると、二重が隠れてしまい、幅が狭く見えてしまいます。 カールは軽めにするか、カールさせずにそのままマスカラを塗るだけにしましょう。 マスカラは、濃く塗りすぎないようにして。 美容整形をするなら、カウンセリングをしっかりと さりげない「奥二重」にする 日本人になじみのいい「末広二重」にする 華やか、かつ落ち着いた印象の「幅の狭い平行二重」にする バッチリ派手な印象の「幅の広い平行二重」にする 美容整形で、自分に似合う二重まぶたを作るためには、何より事前のカウンセリングが大事です。 以下は、カウンセリングで押さえておきたいポイントです。 【チェック1】仕上がりのイメージを医師とすり合わせる 大切なのは、自分に似合う二重まぶたを作ること。 また、現在は幅広の平行二重が流行ですが、何年か経ったら古くさくなることも考えられます。 【チェック2】美容整形前に、手術方法ごとのリスクやダウンタイムを理解する どんな美容整形にもリスクやダウンタイムはつきものです。 二重まぶたの手術も例外ではありません。 結果に満足し、後悔しないようにするためには、自分がどのような手術を受けようとしているのか、それにはどのようなリスクがあり、どのようなダウンタイムが予想されるのかを事前にしっかり理解しておく必要があります。 二重まぶたを作る方法は、主に下記の3つです。 また、目の形や皮膚の厚みなどによっては、下記のような手術が追加されることもあります。 ・蒙古ひだを取り除く「目頭切開」 ・目尻を長くする「目尻切開」 ・目の開きをよくする「眼瞼下垂手術」etc. 以下は二重まぶたの手術で考えうる主なリスクです。 ・予想していたより二重の幅が狭く、満足感がない ・予想していたより二重の幅が広く、自分に似合っていない ・二重の幅が広すぎて、まぶたが重く見える ・二重の幅が広すぎて、眠そうに見える ・二重の幅が広すぎて、目が小さく見えるようになった ・目の開きが悪くなった…etc. 個人差もありますが、一般的には切開する範囲が広ければ広いほど、ダウンタイムが長くなります。 「生まれつきの二重の幅が広すぎる」「二重の手術を受けたけれど、幅が広すぎる」という人は、一度、美容クリニックに相談に行ってみるといいでしょう。 まとめ 一般的には「二重の幅が広い=かわいい」というイメージですが、実際はそうではありません。 どんな形や幅が似合うかは、人それぞれ。 流行にとらわれず、自分に似合う二重まぶたを見つけてくださいね。

次の

自分に合う二重幅の見つけ方。自然できれいな二重まぶたになるには?|みんなの美活Q&A

二重幅 小さくなった

二重修正術(幅を狭める)|手術の詳細 切開法(部分切開・全切開)で作った二重の幅を狭くする目的で行う手術です。 平行型の二重を末広型にする目的にも用います。 基本的に、以前の手術時に形成した二重のライン(以下、「元のライン」といいます)は残したままで、それより下に新しい二重のラインを形成します。 新しい二重のラインに沿って切開し、元のラインと筋肉との「癒着」を丁寧に剥がします。 新しい切開線で二重ができるように筋肉と皮膚を縫合します。 この方法では、キズアトが2 本になりますが、元のラインのキズアトは目立たなくなります。 元のラインが再癒着するのを防ぐために、『二重を糸で吊り上げる』・または、『袋とじ』という処置を行います。 再癒着を起こすと、二重の幅が手術前と同じ広い二重のままになる、あるいは三重になってしまいます。 ヴェリテクリニックでは、再癒着が2~3 割程度の頻度で起きています。 再癒着が起きた場合は、再度手術を行って、元のラインが癒着しないように脂肪を移植する方法や、元のラインと新しいラインの間の皮膚を切除する方法をご提案します。 脂肪移植を行った場合は、元のラインが出現する可能性は少なくなりますが、脂肪を移植した分、腫れぼったさを感じる事があります。 皮膚の切除を行った場合は、三重になることはありませんが、二重を狭められる程度は小さくなり、十分に狭くすることは出来ません。 また皮膚の切除を行った場合、平行型の二重を末広型にする事は出来ません。 に出る可能性があります。 また、白目に内出血が出現すると白目の一部が赤く見えますが、こちらも1~2 週間で消失します。 その他の部分は手術の翌日から可能です。 角膜の腫れが影響していると考えられますので、腫れが落ち着くと共に改善されます。 加齢による変化 手術後も、タルミによって二重幅が狭くなるなど、加齢による変化は引き続き起こります。 傷 傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色 色素沈着 から白っぽい線へと変化し改善します。 二重修正術(幅を狭める)|術後に起こりうるトラブル・対応 【喫煙について】 喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなります。 細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。 術前2 週間前~術後最低1 ヶ月は禁煙をお願い致します。 手術後4 ヶ月間は、腫れや炎症が残っているため、手術を行うと、傷が汚くなる、癒着 (ゆちゃく)が強く変形するなど、原則として調整や手術は行えない時期です。 腫れや炎症が収まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせて頂くことを御了承下さい。 二重修正術(幅を狭める)|トラブル一覧 A 二重が狭くならない A-1トラブルの内容 新しい二重のラインに沿って切開し、併せて、元のラインと筋肉との「癒着」を剥がして二重の幅を狭くしますが、元のラインとの再癒着が起こり二重が狭くならないことがあります。 A-2 対応 二重幅が狭くならない場合は、下記の方法で再手術を行います。 B 二重が希望より広い B-1トラブルの内容 二重を狭くする手術では、まぶたをブジーや針金でおさえて二重の幅を決めるシミュレーションをすることができませんので、術後の二重幅を正確に予測することはできません。 そのため、二重を狭くする手術が成功していても、仕上がりの二重の幅がご希望通りになることは保障できかねます。 結果として、ご希望の二重幅より広くなることがあります。 B-2 対応 新しく作った二重ラインよりさらに低いところで新たに切開をして二重を作成します。 すでに2 本の古い切開ラインがありますので、それらがまぶたの筋肉と再癒着を起こして、二重が狭くならない可能性は十分ありますことをご理解ください。 C 二重が狭すぎる C-1トラブルの内容 二重を狭くする手術では、まぶたをブジーや針金でおさえて二重の幅を決めるシミュレーションをすることができませんので、術後の二重幅を正確に予測することはできません。 そのため、二重を狭くする手術が成功していても、仕上がりの二重の幅がご希望通りになることは保障できかねます。 結果として、ご希望の二重幅より狭くなることがあります。 C-2 対応 二重の幅が狭すぎる場合は、ご希望により幅を広げる処置を行います。 狭くなった二重のラインより上に、埋没法または切開法で新しいラインを作成します。 D 二重幅の左右差 D-1トラブルの内容 切開線の高さ、皮膚の伸び具合い、二重の癒着の強さ、眉毛の高さといった、複数の要素の1つでも左右にズレが生じますと、二重の幅に左右差が生じることになります。 D-2 対応 二重の幅に左右差が生じた場合は、基本的に狭い側の二重の幅を広げ、反対側に合わせることになります。 その際は、上記 B に準じます。 E 二重のくい込みが深すぎる A-1トラブルの内容 切開法で作った二重のラインは、ラインが消えないように傷口をしっかり癒着させますので、食い込みが深くなります。 4~6 ヶ月経過してむくみが落ち着き、傷跡がやわらかくなりますと、食い込みは浅くなってきます。 E-2 対応 二重の食い込みがどうしても気になる場合、二重のラインを作っている箇所の癒着 (ゆちゃく)を弱くする処置を行います。 癒着を弱くする処置を行う事で、二重のラインが薄くなりすぎる、または、ラインが乱れてしまう可能性があることをご理解下さい。 また、同じ箇所を切開致しますので、処置を行う時期により、傷がきれいにならない可能性が高くなることをご了承ください。 F 二重の形が希望と異なる F-1トラブルの内容 二重のラインやモウコヒダの影響があるため、必ずしも、ご希望の形(平行型または、末広型)になると断言することは出来ません。 F-2 対応 二重のラインやモウコヒダの影響があるため、必ずしも、ご希望の形(平行型または、末広型)になると断言することは出来ません。 モウコヒダが張っていない人では、末広型の二重にはなりません。 また、モウコヒダが大変目立つ人では平行型の二重にならない事があります。 希望の形にならなかった場合は、埋没法、または切開法(基本的に術後4 ヶ月以降)にて調整を致しますが、再手術を行ってもご希望の形にならない場合があります事をご了承ください。 G ラインの乱れ G-1トラブルの内容 三重になる・元のラインが出現する・また、切開線とは違う場所に二重のラインが出来る可能性があります。 G-2 対応 三重になる・元のラインが出現する・また、切開線とは違う場所に二重のラインが出来る可能性があります。 その場合は、術後1 週間以内なら二重のくい込みを深くするため、糸で二重を吊上げる処置を行わせて頂きます。 術後1 週間以降の場合は、4 ヶ月以上経過を待ってから二重を再度切開して、余分なラインの癒着をはがし、二重がしっかりくい込むように糸で吊上げる処置を行わせて頂きます。 それでも改善されない場合は、A)に準じて調整を致します。 H 目頭側・目尻側のラインが二股になる H-1トラブルの内容 目頭・目尻側のラインが二股に分かれ、綺麗な一本のラインにならないことがございます。 H-2 対応 目頭、もしくは目尻側のラインが二股になっている場合は、二股に分かれている箇所を部分的に切開し調整します。 I ラインが浅い I-1トラブルの内容 切開線の傷口とまぶたの筋肉の癒着が弱くなりますと、ラインの食い込みが浅くなってしまいます。 I-2 対応 ラインが浅いと感じ、もっと食い込みを深くされたい場合、二重ラインを切開して食い込みが深くなるように縫い直す処置を行います。 J ラインの消失・元のラインに戻る J-1トラブルの内容 手術後、しばらくしてから二重ラインの癒着が外れ、ラインが消失する、または元の二重ラインに戻ってしまうことがあります。 J-2 対応 二重のラインが消失した場合、再手術を行います。 また、元のラインに戻った場合は、A)に準じて調整を行います。 K まぶたが閉じづらい K-1トラブルの内容 皮膚を切り取る方法を行った場合は、特に腫れている期間は目が閉じにくくなり、就寝時には目が乾燥することがあります。 K-2 対応 タルミを切除した場合、特に腫れている期間は目が閉じにくくなり、就寝時には目が乾燥することがあります。 その場合、お渡しする処方薬をご使用ください。 通常、むくみが落ち着くと症状は改善されます。 L 眼瞼下垂が悪化する L-1トラブルの内容 通常、二重を狭くしますと眼瞼下垂の症状は軽くなります。 しかし、新しいラインのくい込みが強すぎたり、手術中にまぶたを持ち上げる筋肉がゆるんだりして下垂症状が強くなることがあります。 L-2 対応 まぶたの開きを改善する為には、眼瞼下垂術 か 目力アップクイック法 の手術をおすすめ致します。 M タルミが残る M-1トラブルの内容 この手術は、二重の幅を狭くすることが目的であり、タルミを取るための手術ではありません。 二重の幅が狭くなりますと、二重の上のタルミが必然的に増える事になりますことをご理解ください。 M-2 対応 たるんだ皮膚を切除されたい場合は、二重ラインを切開し調整を行います。 ただし、二重の上のタルミを減らすと二重の幅は広くなってしまいますことをご了承ください。 N 二重が厚ぼったくなる N-1トラブルの内容 二重が狭くなったことや眉毛が下がったことによって、二重が厚ぼったく感じられる場合があります。 N-2 対応 二重が狭いため、あるいは眉毛が下がったため、二重が厚ぼったく感じられる場合があります。 その場合は、上眼瞼リフトや ブローリフト・前額リフト が効果的ですが、二重の幅は広くなってしまいますことをご了承ください。 O キズアトが気になる O-1トラブルの内容 新しく切開したキズが凹んだり、一直線ではなくジグザグになったりして目立つことがあります。 O-2 対応 キズアトが気になる場合は、下記の法を用いて改善を図ります。 また、個人の体質的な要因が大きいため、キズアト修正には限界がありますことをご理解ください。 P 切開箇所にミリウム(白い膨らみ)が出来る P-1トラブルの内容 術後しばらくの間は、皮脂がつまって白いイボの様な膨らみができることがございます。 P-2 対応 切開箇所にミリウム(脂肪によるイボのような小さな白い膨らみ)が出来る事があります。 通常1~3 ヶ月の間に消失する事が多いのですが、気になる場合は、CO2 レーザー照射にて除去する事も可能です。 Q 糸が出てくる Q-1トラブルの内容 皮膚の下の組織を縫い合わせている糸(中縫いの糸)が出てくることがあります。 Q-2 対応 皮膚の下の組織を縫い合わせている糸(中縫いの糸)が出てくることがあります。 そのままにしておくと化膿する恐れがありますので、早めにご来院頂き。 抜糸を行わせて頂きます。 R 感 染(化膿 (かのう)する) R-1トラブルの内容 赤み・腫れ・痛み・熱感が強くなる、または長く続く時は感染が疑われます。 R-2 対応 感染が起きた場合は、抗生剤の投与を行います。 膿が溜まっている場合は、必要に応じて傷を再度開ける、もしくは、新たに切開し、膿を出す処置を行います。 S 血が溜まる S-1トラブルの内容 術後に傷の中で出血しますと、血が溜まってまぶたが腫れ上がります。 血が溜まったままにしておきますと、感染やしこりを作る恐れがあります。 S-2 対応 血が溜まった場合は、再度、傷を開け、溜まった血を排出します。 T 傷が開く T-1トラブルの内容 稀に糸が外れて、傷が開いてしまうことがあります。 T-2 対応 傷が開いた場合は、再度、縫合いたします。 U 白目や角膜の損傷 U-1トラブルの内容 大変稀なことですが、可能性は否定できません。 手術中に、手術器具が当たる、あるいは糸やまつ毛の先端が当たって眼球の表面に傷がつくことがございます。 U-2 対応 白目や角膜の損傷や眼球に火傷が生じた例も報告されています。 状態に応じた処置や対応を行います。 V 眼球の火傷 V-1トラブルの内容 大変稀なことですが、可能性は否定できません。 手術中に血を止めるための電気メスやバイポーラによって発生した熱で、眼球の表面に火傷を作る可能性があります。 V-2 対応 白目や角膜の損傷や眼球に火傷が生じた例も報告されています。 状態に応じた処置や対応を行います。

次の