ずのつく言葉。 猫典*猫のつく言葉

不がつく言葉

ずのつく言葉

猫典*猫のつく言葉 猫のつく言葉 猫がつく言葉ってとっても気になりますよね。 そんな項目を集めてみました! 広辞苑を参考にさせてもらい、私のコメントは字の色を薄くしました。 *下の項目をクリックしてください* *言葉* *慣用句* *他の辞典* *言葉* 猫 ネコ目(肉食類)ネコ科の哺乳類のうち小形のものの総称。 体はしなやかで、鞘に引き込むことのできる爪、ザラザラした舌、鋭い感覚のひげ、足の裏の肉球などが特徴。 エジプト時代から鼠害対策としてリビアネコ(ヨーロッパヤマネコ)を飼育、家畜化したとされ、当時神聖視された。 在来種の和ネコは、奈良時代に中国から渡来したとされる。 どら猫 さまよい歩いて、よく盗み食いをなどをする猫。 野良猫。 また、比喩的に、隠れて悪いことをする者。 こっそりと人の恋人を奪う女とか・・・(笑) 猫脚 膳や机の脚の形状が猫の脚に似ていて、上が膨らみ、中がややすぼまり、下が円いもの。 猫かわいがり 猫をかわいがるような甘やかした愛し方。 猫の好きな人は猫をものすごくかわいがるので、むやみにかわいがり、甘やかすことを言うのである。 まさに、私は猫かわいがり(笑) 猫舌 猫は熱いも食べ物を嫌うことから、熱いものを飲み食いすることのできないこと、またそういう人のことを言う。 猫背 猫は背を丸めてすわっていることが多いことから、首がやや前方に屈み、背中が丸くなっていること。 また、そういういう人のことを言う。 猫っ毛 猫の毛のようにやわらかい頭髪。 猫撫で声 猫をなでるように、当りをやわらかく発する声。 人を機嫌をとろうとしたり、相手をなつかせようとするときの声。 一説には、猫が人になでられたときに出す声とも言われている。 猫の額 猫の額が狭いことから、土地などがきわめて狭いことの形容語として使われる。 猫の目 猫の瞳が明暗によって形が変わることから、次から次へ常に変化しやすいことの形容語として使われる。 猫ばば ババはフンのことで、猫が自分のフンに土をかけて隠し、知らん顔をしていることから、悪いことをしても知らん顔をすること。 落し物などを拾ってそのまま自分のものにしてしまうことを言う。 猫また 猫が年老いて尾が二つにわかれ、よく化けると言われているもの。 化け猫というのは魔力を持ち、人などに化けるといわれている猫。 猫の化け物。 猫跨ぎ 魚の好きな猫でさえも跨いで通り越すという意味で、まずい魚のことを言う。 猫目石 金緑石の一種。 蜂蜜色で、結晶の中に多くの線状の細孔が平行に集まり、磨くと猫の目に似た蛋白光の色彩を放つ。 装飾に用いる宝石。 キャッツ・アイ。 猫飯 御飯にかつお節と味噌汁をかけたもの。 ねこまんま。 でも、うちのチロはたべません。 でもでも、うちの愛犬チャッピーは毎朝猫飯をたべてます。 招き猫 座って片方の前足を挙げて人を招く姿をした猫の像。 顧客・財宝を招くというので、縁起物として商家などで飾る。 右手がお金、左手がお客や幸福を招く・・・だったような・・・(疑) *慣用句* 借りてきた猫のよう 慣れない場所にいったりしたときに、普段と違って非常におとなしくしている様子。 猫はよその家に連れて行かれるとおとなしくなってしまうことから言われている。 うちのチロは、知らない場所に連れて行ったら、ビクビクオドオドウロウロしちゃって、おとなしくなかったんですけどね。 窮鼠猫を噛む 追いつめられた鼠が猫にも食いつくように、絶対絶命の窮地に追いつめられて必死になれば弱者も強者を破ることができる。 結構毛だらけ猫灰だらけ 大いに結構だ、の意のふざけた言い方。 なぜ猫が灰だらけなんでしょうね。 それが気になる・・・。 上手の猫が爪を隠す 実力のある者は、みだりに手腕をあらわさないことのたとえ。 能ある鷹は爪を隠すと同じ。 鳴く猫は鼠を捕らぬ よくしゃべる者はかえって実行しないことのたとえ。 猫に鰹節 好物を近くに置いてるときは油断のできないことのたとえ。 きっと、猫に鰹節を取られる危険があるってことですね。 猫に小判 貴重なものを与えても何の反応もないことのたとえ。 転じて、価値のあるものでも持つ人によって何の役にも立たないことを言う。 豚に真珠と同じ。 猫にまたたび、お女郎に小判 効果のいちじいるしいたとえ。 猫にまたたびをあげたら、すごい効果で酔っ払ってしまいますからね。 女郎さんは・・・?? 猫の首に鈴を付ける 鼠たちが、猫が近づくことが分かるように、猫の首に鈴をつけることを提案したが、実行できる鼠はいなかったという「イソップ物語」の話から、 一見すると名案でありながら、実行するのが極めて難しいことのたとえ。 猫の子一匹いない 生きて動く物が何も見えない。 誰もいない。 人っ子ひとりいない。 猫の手も借りたい 非常に忙しく手不足な様子のこと。 猫は役に立たないが、その手も借りたいほど忙しくて、誰でもいいから手伝って欲しいことを言う。 猫も杓子も どんな人も。 誰も彼もみんな。 どいつもこいつも。 猫を被る 本性を包み隠して、おとなしそうに見せかけること。 また、知っていながら知らないふりをする。 ねこかぶり。 こうして並べてみると・・・ 何だか猫って酷い言われよう、例えられよう。 でも分かるような気もしてしまう。 それが猫。

次の

五月のつく言葉

ずのつく言葉

詳細は「」を参照 から代にかけ東部にいた遊牧狩猟民族で、胡()の東方に住んでいたことからの呼称という。 (または)とツングースの雑種であり [ ]、秦代になると一時は匈奴を圧倒したが、により壊滅させられた。 やはその後裔といわれる。 朝鮮語における胡 [ ] で、 胡 호 には、「中国でを呼んだ言葉」 のほか、「 中國東北」 、「北部に住んでいた女真族」 などの意味がある。 また、では、清を胡と位置づけて 「淸 」のことを「胡國 」と呼称し、の見地から 人倫的および文化的に夷狄即胡虜視する対清観が一貫して流れていた。 この背景には、のに基づいてを崇め、清を胡として蔑しめる風潮 、中華文明の伝統は清朝によって夷狄化したとして蔑視し、その人びとを「胡虜」か「犬羊」とけなし、中華の正統を継ぐのは朝鮮だけだという唯我独尊的ながあった。 姓 [ ] 詳細は「」を参照 漢字文化圏には古来より「」という姓が存在し、の父、の儒者、の、ベトナムの国父(胡志明)などがいる。 その起源は、華人に同化した異民族出身の者がを付けたのが始まりとも言われるが、の氏族略が伝えるところによると、のの初代君主に由来し、陳の滅亡後に陳の遺民が名乗ったのが始まりと書かれている。 において、「胡」の姓は十三大姓の一つに数えられている。 「胡」のつく言葉 [ ]• - こきゅう• - にこ• - こうこ• - きゅうり• - くるみ• - こしょう• - ごま• - あぐら• 胡散臭い - うさんくさい• - こちょう(の別名)• - すずめばち• - ごふん 脚注 [ ] 注釈 [ ] 出典 [ ] []• 安田吉実、孫洛範 [編]『エッセンス韓日辞典 机上版』1989年1月20日発行、民衆書林、、2437頁。 「胡亂」=「胡人による兵亂」 同2239頁 、「胡人」=「満洲人、野蠻人、外国人」 同2243頁• 弘字出版編集部 [編]『最新漢韓辞典』、1984年初版発行、1989年1月20日改訂版発行、民衆書林、、626~627頁。 朝鮮語研究室 [編]『朝鮮語大辞典』、昭和61年2月20日、、2575頁。 、『近代朝鮮の社会と思想』未来社、1981年、46頁。 『人物・近代朝鮮思想史』、1984年、76頁。 『朝鮮実学者の見た近世日本』ぺりかん社、2001年、389頁。 関連項目 [ ]•

次の

協調性、信頼性のように~性とつく言葉を出来るだけたくさん教...

ずのつく言葉

「やか」で終わる言葉、後ろに 「~やか」とつく日本語は、良いですね。 「~やか」と、「やか」がつく日本語を、五十音順にピックアップしてみましょう。 「あざやか」「あでやか」「おだやか」 「かろやか」「きらびやか」「こまやか」 「ささやか」「さわやか」「しとやか」「しなやか」「しめやか」「すこやか」「すずやか」 「たおやか」「つつましやか」「つややか」 「なごやか」「なよやか」「においやか」「にぎやか」「にこやか」「のびやか」 「はなやか」「はれやか」「ひそやか」「ひめやか」 「まろやか」「ゆるやか」 これだけでも、28個ありました。 「なよやか」は日常ではあまり言わないかもしれませんが、ので、あえて入れてみました。 それにしても、美しい日本語ばかりですね。 「やか」がつく言葉には、繊細でデリケートな手触りが感じられ、微妙なニュアンスに富んでいて、接していると良い気分になるのです。 これらの言葉を生み出した人間の優しさ、豊かな愛情が伝わってきて、心が温まります。 今週の人気記事ランキング• 251件のビュー• 188件のビュー• 148件のビュー• 135件のビュー• 93件のビュー• 90件のビュー• 84件のビュー• 76件のビュー• 72件のビュー• 67件のビュー• 62件のビュー• 60件のビュー• 57件のビュー• 53件のビュー• 51件のビュー• 51件のビュー• 51件のビュー• 49件のビュー• 47件のビュー• 43件のビュー• 41件のビュー• 39件のビュー• 39件のビュー• 37件のビュー• 36件のビュー• 28件のビュー• 27件のビュー• 27件のビュー• 23件のビュー• 22件のビュー.

次の