二重整形 瞼。 二重整形後の変化を自分の目と似た症例からイメージ

上まぶたたるみ取り : 二重まぶた(二重瞼)・目もと(目元) : 美容整形の高須クリニック

二重整形 瞼

自分の目に似ている症例から二重整形による変化をイメージしよう 一重瞼や奥二重の瞼をコンプレックスに思っている人は、男性女性問わずたくさんいるものです。 しかし、いざ整形手術による二重瞼へのイメージチェンジを決意してみても、実際に施術を受けてから後悔してしまうこともないわけではありません。 失敗したと思わない二重整形を受けるためには、自分の顔のタイプを知ったうえで、どんな二重瞼が顔に適しているかをよく検討することが大切です。 二重整形による変化をイメージするために まずは二重瞼の種類と施術の方法を知ろう 二重瞼には2種類あります。 【末広二重】• 目頭のほうに襞があり、目尻にかけて二重幅が広がっている• 猫の目のような印象が強くなり、可愛らしい顔つきや幼げのある顔つきに似合う 【平行二重】• 目頭から目尻にかけて平行して二重が作られている• 平行二重は堀の深い顔に似合う また、二重瞼にするための施術方法には、切るタイプである「切開法」と糸を通して二重を作るタイプの「埋没法」があります。 整形をしたことを周りに知られたくないといのであれば、腫れにくいとされている埋没法のほうが適している場合が多いです。 目の形状により自分の希望と担当医のすすめが異なることも 二重瞼にするための整形手術を受ける際には、当然ですが医師から事前のカウンセリングを受けることになります。 しかし自分の希望の二重瞼を担当の医師に言ってみたところ、すすめられたのは希望とは異なるタイプの二重の種類だったという場合もあります。 このような相違は、自分の希望が自らの顔のタイプと合致していないことによって生じます。 症例を多く扱っている医師であれば、どの顔のタイプにはどのタイプの二重が合うのかをよく知っています。 そのため、腕の良い医師ほどその人の顔に最もよく合う施術方法や二重のタイプを提示してくれるものですが、本人の希望が医師の考えとはすれ違ってしまうことも少なくありません。 「希望を叶えてくれない医師」と、途端に不安や不満を持ってしまう人も中にはいますが、信用できない医師であると疑ってしまうのは誤りです。 自分の希望と医師の意見が食い違ってしまった場合には、自分のタイプと似たような症例写真を示してもらい、どういった手術によってどのような変化が生じるかを説明してもらうとよいでしょう。 例えば、顔立ちのくっきりした美人タイプの女性には平行二重の人が多いです。 美人女優への憧れによって、自分の目も平行型の瞼にしたいと考えることもあるかもしれません。 しかし、平行二重を希望する本人の瞼がどちらかといえば肉厚で重みがあるとき、二重整形の際には末広二重のほうが適していることがほとんどです。 そのため、この場合の本人の希望としては平行型であるものの、医師からは末広型の二重というすすめを受ける確率が高まります。 二重瞼の症例写真でイメージする 二重瞼の症例写真を見ると、ビフォーアフターでだいぶ印象が異なっていることに気付くはずです。 自分の希望が医師によるすすめと合致しない場合、こういった症例写真をもとに施術方法を決めていくことが大切になります。 まずは二重にする整形を受けることで、どの程度の変化が生じるのかを事前に把握しておきましょう。 そのうえで、自分の目に似ているビフォーの症例写真を提示してもらい、その人がどのような手術を受けたのかをじっくり説明してもらえれば納得いくはずです。 自分の目で実際に手術を受けたとき、最終的にどのような変化を遂げるのか、症例写真を見ながらであればイメージもしやすくなります。 丁寧なカウンセリングをしてくれる医師であるということも事前にわかっておけば、手術の際にも安心できるので不安の解消にもつながります。 担当医師を見極めることの重要性 二重瞼の整形をするときには、担当してもらう医師の実績をあらかじめ把握しておくことも重要です。 自分が受ける施術が埋没法であるなら、その担当医師が過去にどれだけ埋没法による整形を行ってきたのかを確認してみるとよいでしょう。 施してきた二重のタイプの症例写真をもとにして、この医師であれば自分の目も綺麗にしてくれるだろうという、ある程度の期待値を持っておく必要もあります。 実績と経験はその医師の技術力に比例することが少なくありません。 どの医師であればきちんと任せられるのか、納得できるクリニックと医師を選択できるようにしておきましょう。

次の

二重(ふたえ)、目もと、まぶたの整形施術一覧

二重整形 瞼

二重まぶたメイクで瞼が伸びにくくなる対策 瞼が伸びてしまうのは正直怖い。 でもメイクを楽しむうえで二重まぶたを作ることがやめられない方も多いのではないでしょうか? そこで、できる限り瞼を伸びにくくする方法や対策がないのかを考えてみました。 無理な二重幅を作らない 二重まぶたを作るときのメイクって、幅広やナチュラル幅など、好みの幅がありますよね。 ただ、二重整形の時もそうですが、幅が広くなりすぎると二重の線が取れやすくなるんです。 そのため、無理な二重幅を作ってしまうと、固定するために皮膚に負担をかけてしまう恐れがあります。 皮膚に負担をかければ瞼が伸びる原因にも繋がりかねないので、無理のない程度を選択しましょう。 ソフトタッチを心がける 二重をつくる瞼やアイメイクをする目元は、顔の中でも皮膚がデリケートな部分です。 しっかり二重のクセを付けたいからと、力強く押してしまったり、ゴシゴシとこするのはよくありません。 皮膚を強く伸ばせば、メイクを落としたあとも瞼が伸びてしまうかもしれないので気を付けましょう。 ちなみに、私がオススメしている二重まぶた用のコスメはこちらのランキングでご紹介しています。 メイクを落とす時も優しく行う アイテープやメザイクなどを剥がす作業、アイプチのボンドを取り除く作業など、メイクを落とす時も優しく行うことが大切です。 接着力の強いものほどオフの時にかかる瞼への負担も増えてしまうので、できる限り優しく行いましょう。 また、瞼を引っ張らないように意識しながら行うことも大切です。 アイケアを行う アイメイクや二重まぶたを作ることで、瞼への負担は少なからずともかかってしまいます。 瞼も皮膚なので、加齢だけでなく肌への負担がかかれば老化も進みます。 アイケアは目元専用のケアが行えるアイテムなので、ひとつ持っておくと安心です。 私が気になったアイケア用品はこちらのページでご紹介していますよ。

次の

二重整形についてです。

二重整形 瞼

目の美容整形・二重瞼切開法の手術当日 ついに1回めの手術の当日が来ました。 1回めの手術では、 二重整形( まぶたのたるみ取り・ 全切開)と 額リフト( ブローリフト)の2つの手術を続けて行うことになっています。 二重幅と二重の形を決めるカウンセリング まず最初は、二重整形(全切開・まぶたのたるみ取り)の手術から行いました。 私は元々くっきりとした二重まぶただったのですが、目の上のくぼみのせいで二重のラインが消えてしまって一重のようになっていたのですが、この手術で二重まぶたに戻せるそうです。 手術の方法は通常の全切開の二重整形とまったく同じで、皮膚を切開したときに余分な皮膚を取り除くことで、まぶたのたるみを解消できるそうです。 手術の前に、二重幅と二重の形を決めるカウンセリングがありました。 医師に希望をきかれたので、元々の二重と同じぐらいの二重幅で、形も元の二重と同じ、目頭がほんの少しだけあいた末広にしてほしいと言いました。 医師はその場で細い金属棒を私の瞼にあてて、希望どおりの形の二重を作って鏡で見せてくれました。 鏡の中の自分は、若いころと同じくっきり二重の目になっていて、懐しさがこみ上げてきました。 手術をしたらこの目に戻れるんだ。 そう思うと、胸が躍る気分でした。 目のカウンセリングのあとは、額リフト(ブローリフト)の手術のカウンセリングをしたのですが、この内容は次の記事で書きます。 二重整形(全切開・まぶたのたるみ取り)の手術開始 いよいよ手術です。 手術着に着替えて、顔をよく洗って、手術台に上がりました。 すぐに麻酔の注射が打たれました。 手術中は、麻酔が効いていたので痛みはまったく感じませんでしたが、皮膚を切ったり、縫ったりしていることはわかりました。 自分の身体が切ったり縫われたりしているのに何も感じないのは、ちょっと不思議な感覚でした。 目の手術のあとは、すぐに額リフト(ブローリフト)の手術をしたのですが、そのときの様子は次の記事で書きます。 二重整形(全切開・まぶたのたるみ取り)の手術後の画像 グロ注意 二重整形(全切開・まぶたのたるみ取り)の手術のあとは、まぶたに糸がついたままでした。 そのときの写真を載せますが、グロテスクな感じなので、整形直後の写真などをあまり見たことがない方はご注意ください。

次の