ジャガイモ 水やり。 ジャガイモ:春植え(種イモ)|野菜の育て方|野菜・花の育て方|アースガーデン ~園芸用品~|アース製薬株式会社

じゃがいもを発芽させる日数は?発芽する条件として温度が大切?

ジャガイモ 水やり

1.プランターに赤玉土を入れる 2.赤玉土の上に土を入れる 3.肥料を土に混ぜ込む 4.種イモを切る 5.種イモを植える 6.バーク堆肥をかぶせる 7.水をたっぷりかける それでは、一つずつ、 画像付きで 解説していきます! プランターに赤玉土を入れる プランターに赤玉土を入れます。 赤玉土を入れるときは、 プランターの底が 見えないようにしましょう。 赤玉土が水はけを良くしてくれます。 赤玉土の上に土を入れる 赤玉土の上に土を入れます。 土の量はプランターの半分程度を目安 に入れました。 具体的な数字でいうと、 10㎝以上の土が 必要でしょう。 肥料を土に混ぜ込む 土に肥料を混ぜ込みます。 スコップで良く混ぜ込みます。 もう、ひたすら混ぜるだけですw 種イモを切る 今回、 春に植え付けを行うので、種イモを 切りました。 秋に植え付けるときは、切らずにそのまま 植えます。 さて、切り方は、 縦に二つに切ります。 というのも、中くらいの種イモだったからです。 ちなみに、具体的に 切る目安として、.

次の

じゃがいもの収穫目安|早いと小さい!梅雨は腐るのですぐ食べる?じゃがいもの収穫目安|早いと小さい!梅雨は腐るのですぐ食べる?

ジャガイモ 水やり

よほど雨不足で乾燥しない限り、水やりは必要有りません。 逆に水分が多すぎたり、水はけが悪いと病気に成りやすくなります。 むしろ、これからの時期は根っこに土寄せが必要です。 ジャガイモは、日光に当たると緑色になり食用にならなくなってしまいます。 しかも、芋は根っこの上側に生長しますので成長と共に株の近くを土で覆ってやらなければいけません。 一気に土寄せすると根の部分の温度が上がらず芋が肥大しませんので、数回に分けて土寄せが必要です。 どこの地域で、いつ頃植え込んだのかは知れませんので現在の大きさについては何とも言えませんが、頑張って育ててください。 掘り出してすぐの新ジャガイモは驚くほど美味しい物で、収穫が楽しみです。 参考URL: A ベストアンサー 早い地域では収穫時期が近づいています。 花は咲きましたか? 品種や植えた時期、地方によって収穫時期は異なります。 一般的には黄色くなり始めたら収穫時期です。 病気の可能性もありますが過去に花が咲いていたら多分大丈夫でしょう…。 話はそれますが私は今年は早稲種のきたあかりと極早生種のインカのめざめを植えています。 きたあかりは昨年も違う場所 ナス科の連作障害を避けるため に植えたのですがなかなか美味しい品種で収穫も早いものでした。 今年初挑戦のインカのめざめは味はいいということですが収穫時期が極早生で休眠期 芽が出ず寝ている時間 が極端に短いため収穫が遅れると芽が出てしまう欠点や収穫量が少なく病気に弱い品種のためどきどきしながら見守っています。 最近そろそろ黄色くなり始めたかな~という頃合いです…。 ま、話はそれましたがジャガイモといっても色々品種があるわけで植えた時期や地域も分からなければ見たわけでもないので病気かどうかも分かりません。 出来れば天気のいい日が続いたときに収穫してあげて下さい。 参考までに私のお気に入りのジャガイモのページを何ページか紹介しておきます。 maff. geocities. ちなみにご存知と思いますがナス科 トマト・ジャガイモ・ナスなど は連作を嫌います。 同じ土地には3年ほど植えないようにしましょう。 少し離れたところであればOKです。 詳しくは「ナス科」「連作」で検索すれば調べられると思います。 早い地域では収穫時期が近づいています。 花は咲きましたか? 品種や植えた時期、地方によって収穫時期は異なります。 一般的には黄色くなり始めたら収穫時期です。 病気の可能性もありますが過去に花が咲いていたら多分大丈夫でしょう…。 話はそれますが私は今年は早稲種のきたあかりと極早生種のインカのめざめを植えています。 きたあかりは昨年も違う場所 ナス科の連作障害を避けるため に植えたのですがなかなか美味しい品種で収穫も早いものでした。 今年初挑戦のインカのめざめは味はいいというこ... Q もうどうしようもないのですが、来年のためにアドバイスをください。 今年、初めてじゃがいも栽培に挑戦してみました。 しかし、大きく育つ前に、ほとんどが枯れてしまいました。 まだ収穫時期ではないのですが、枯れてしまったので掘ってみると、枯れたどの株にもビー玉からピンポン玉大くらいの子イモが、1株あたり数個から10個くらいついていました。 枯れた原因も気になりますが、気になっているのは元の親芋がどろどろに溶けていたことです。 まるで膿のような色で気持ち悪いくらいドロドロでした。 そういうものなんでしょうか?それとも何かの病気や異常のサインなのでしょうか? 状況は以下の通りです。 土は、今年の外構工事にときに余分に置いて行ってもらった新しい土です。 真砂土というよりは、小石が少し混じった土ですが比較的さらっとした土で、粘土質ではありません。 軽く苦土石灰を混ぜ込んでから植えました。 種イモは園芸店で買ってきたメークインです。 小さいイモだったので切らずに植えました。 畝に溝を掘って、イモとイモの間に堆肥を置きました。 植えたのは3月上旬で、4月上旬には植えたすべての種イモから芽がでました(28個)。 その時点では特に異常は感じませんでした。 増えてきた芽を5月に入って間引きましたが、この時点でも4月と比べてもあまり芽の背丈は伸びておらず、全体的に葉の色も緑が少し薄いような印象を受けましたのを覚えています。 その後、葉に次々と黒い点が現れ、枯れる芽が現れてきました(黒点病でしょうか?)。 残ったものは緑が濃い葉をしていますが、まだ背は低く20cmあるかないかという状況です。 また、1株あたり2つの芽は残すようにしていたのですが、残ったのは株あたり1芽だけで、他の芽は枯れました。 当初、萎れるような様子は見られなかったので、植え付けからは水遣りはほとんどしていませんでした。 黄色く変色した葉が見られるようになってからは少しだけ水をあげましたが、他の植物のようにじゃぶじゃぶになるほどに与えたことはありません。 ちなみに、すぐ隣の畝ではトマトとトウモロコシがかなり勢いよく育っていて、環境が劣悪というわけでもないようです。 地域は、瀬戸内平野部です。 何か、来年に向けてのアドバイスがあればお願いします。 もうどうしようもないのですが、来年のためにアドバイスをください。 今年、初めてじゃがいも栽培に挑戦してみました。 しかし、大きく育つ前に、ほとんどが枯れてしまいました。 まだ収穫時期ではないのですが、枯れてしまったので掘ってみると、枯れたどの株にもビー玉からピンポン玉大くらいの子イモが、1株あたり数個から10個くらいついていました。 枯れた原因も気になりますが、気になっているのは元の親芋がどろどろに溶けていたことです。 まるで膿のような色で気持ち悪いくらいドロドロでした。 そういうも... A ベストアンサー ペーハー測定器は在った方が良いです。 気づかないうちに酸性に傾いてしまいます。 ホームセンタ-等で4000円程度で売っている簡易型でよいと思います。 大きくなる前に枯れ出してしっまたのは肥料不足も考えられます。 堆肥を 入れて見てはいかがでしょうか?私も昨年から畑を開墾してジャガイモを作り出しましたが 堆肥は一般に言われている量の5倍、苦土石灰・消石灰・牡蠣ガラ灰もPH6.0以上に なるまで相当量すきこみました。 同時にバーミュキュライトと籾殻薫炭もすき込み 通気性と排水性を向上させておきました。 今年はさらに溶性燐肥と高度化成を混ぜ、 堆肥・石灰を一緒に鋤き込んでから20CM程度の高畝にして種芋を植えました。 収穫は下の葉が黄色く成りだしてから(枯れる前)彫り上げました。 種芋1Kgで 20~30Kgの収穫となり大変満足しています。 草丈は50CM以上になりました。 来年からはPHの調整に適量の石灰と堆肥で行けると期待しています。 A ベストアンサー 何が良いかというよりは、何が悪いかを把握するべき問題だと思います。 質問者の場合は、連鎖障害を気にしている問題だと思いますが、 じゃがいもはナス科の植物ですが、同じナス科の植物を同じ所で育て続けると 連鎖障害が発生しやすいので、じゃがいも・ナス・トマトなどのナス科を避けて キャベツ・大根などのアブラナ科の様な違う「科」に属する植物を植えると 連鎖障害を防ぐ事が可能になります。 ちなみに、ナス科以外の植物としては イネ科=とうもろこしなど 豆科=えだまめなど ユリ科=長ネギ・たまねぎ、などがあります。 いろいろな野菜を植えているのであれば、 毎回場所を変えてローテーションで育てる様に工夫してみましょう。 A ベストアンサー つぼみがついているということは、まだイモがつき始めいる時期です。 今掘ってしまうと、ミミズのようなものがついているだけですよ。 開花するころにイモの肥大が始まります。 イモは開花が終わり落葉するころまで肥大しますので、収穫はまだまだ先ですね。 早くても6月の終わりか、7月になると思います。 追肥をされるなら、今の時期は丁度いいですね。 2回目は開花盛りのころです。 上の説明でピンときたかも知れませんが、ミミズのようなものは地下茎で、これが太ってイモになります。 ただし、光が当たると肥大しません。 ということで、収量を高めるため、ジャガイモは「土寄せ」という作業を行うのが普通です。 大体、開花1週間くらい前までに土寄せを行いますので、ぎりぎりセーフといった所でしょうか。 ミミズのようなものが立派なイモになったときに光が当たらない程度に土寄せしてください。 A ベストアンサー 家庭菜園にて肥料として使っています。 キャベツの場合 ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。 過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。 あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。 仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。 ほかにも同様のやり方で育つものとして、 トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。 土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。 もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。 Q こんにちは 大抵の手引きには、苦土石灰・化成肥料・堆肥などを混和して、10日程度放置、とありますね。 私は酸度をみながら苦土石灰・消石灰をやったりやらなかったりしてますので、「石灰類をやってない所はすぐ種まきや苗を植えてもいいんだろうか?」などと疑問がおこります。 あらためて、各資料類を土に混和してから、種まき・定植まで放置しておかなければいけない期間を教えてください。 消石灰 2. 苦土石灰 3. 化成肥料 4. 有機肥料(化成のような粒々の市販品ですが有機100%のものです) 5. 堆肥(雑草を乾燥、寸断、加水、積込みしておいた完熟のものです) 以上、それぞれ個別に種まきや定植するまでの待機日数を教えて下さい。 また、全種は一度に使いませんが肥料(化成か有機どちらか)と堆肥は必ず使い、石灰類は酸度により使用か不使用かです。 いままでは、一度にまいて耕起していましたが、組み合わせの良否もあるとおもいます。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー まず注意しなければならないのは消石灰とアンモニア態の肥料を一緒に散布するとアンモニアガスが発生して植害を起こす事がありますから同時の施肥は避けてください。 最初に消石灰を入れて耕運して7日ほどしてから化成肥料や単肥を入れてください特に硫安は注意が必要です。 堆肥と石灰を一緒に入れても差し支えありません。 苦土石灰の場合は気にする必要はありません。 化成肥料は効き始めるまでに7日ほどかかりますが入れてからすぐに植えても差し支えありません。 有機肥料の場合有機質を配合した配合肥料か有機質を発酵させたぼかし肥かで使い方は違いますぼかし肥の場合はすぐに植えても差し支えありませんが配合肥料で特に油かすが多い場合は施肥後に発酵が始まりガスで土壌中の酸素が不足して活着が悪くなる事があります。 配合肥料の場合は施肥後10日以上開けて耕運してから定植した方が間違いありません。 A ベストアンサー 連作障害の実体は、大部分が病虫害です。 対策の第一は、病原を持ちこまないこと、 対比を使うことは、連作障害を弱めると思いますが、絶対ではありません。 連作障害になる(土に残ってしまう)病害虫が発生してしまったら、 それぞれの病害虫の種類に応じて、耐病性の品種に変えるか、 あるいは耐病性の品種の台木を使った接ぎ木栽培に変えます。 良い品種が無い場合などには、お金がかかりますが、土壌消毒をします。 土壌消毒にも、比較的簡単な薬を播く方法から、毒ガス並の強い薬まであり、 それでもだめなら土壌全体を高温の蒸気で消毒することもあります。 逆に、簡易で低コストの「太陽熱消毒」もあります。 太陽熱消毒の中にも、水をたっぷり撒いて還元させる方法や、 分解しやすい有機物を沢山鋤き込む方法、 お酒と同じエチルアルコールを利用する方法など、 様々な方法が工夫され、実践されています。 連作障害の内容、効果とコスト、作物の種類など、 栽培条件条件に応じてですから、対策の種類には きりがありません。 教えてgooなどで、よく「ナス科は何年」など、画一的に回答してあるのを読むと、 私は、「そういうこともあるけど、そうでないこともあるよなあ」と思います。 連作障害の実体は、大部分が病虫害です。 対策の第一は、病原を持ちこまないこと、 対比を使うことは、連作障害を弱めると思いますが、絶対ではありません。 連作障害になる(土に残ってしまう)病害虫が発生してしまったら、 それぞれの病害虫の種類に応じて、耐病性の品種に変えるか、 あるいは耐病性の品種の台木を使った接ぎ木栽培に変えます。 良い品種が無い場合などには、お金がかかりますが、土壌消毒をします。 土壌消毒にも、比較的簡単な薬を播く方法から、毒ガス並の強い薬まであり、 それでもだ... Q 先日、畑に詳しい親戚の人とトマトの話をしていたのですが、「ちゃんと米ぬかまいてる?」と言われました。 わたしが「直接まくんですか?」と言ったら、「そりゃあそうだよ」と言って笑ったのです。 でも、わたしはこんなふうに思っていました。 肥料というのは、微生物のエサとなる資材を与えて、発酵させますよね。 発酵が完了するというのは、エサがほとんどいなくなって、発酵熱がおさまった状態だといいます。 で、発酵が終わっていない堆肥をまくのは、畑の土に微生物が爆発的に発生して窒素を奪ったりするからダメ、と教わりました。 でも、米ぬかは微生物が発酵するためのエサだから、畑に直接まいたら、微生物が爆発的に発生するんじゃないかなあ、と。 何だかおかしな質問になってごめんなさい。 文意を理解していただける方だけ答えていただければけっこうです。 米ぬかをそのまままいても、大丈夫なんでしょうか? A ベストアンサー 昔は今のように市販の肥料が豊富ではありませんでしたから、何処の家 でも米ぬかや米の研ぎ汁を庭や畑に撒いていました。 多分その名残があ るため、親戚の方も言われているのだろうと思います。 米ぬかには植物に必要な色んな成分が多く含まれていますが、メリット はあるのですがデメリットもある事を忘れてはいけません。 粉末の油粕がありますが、油粕の成分は醗酵が終わっていなければ植物 に吸収されない性質があります。 土中で醗酵すると醗酵熱によって根が 傷んでしまうし、醗酵時に出るガスによっても根が傷んでしまいます。 米ぬかも油粕と同じで、醗酵しない限りは施しても意味がありません。 米ぬかを少量なら使用されても構いませんが、大量に使用されると土中 の通気性や排水性が悪くなります。 また腐敗によってハエなどの害虫が 発生しやすくなるので、使用には注意した方がいいですね。 Q 土作りの基本だと思うのですが、石灰と堆肥はどのようなタイミングで 撒けばいいのでしょうか? 本によって、「石灰と堆肥を一緒に撒いてはいけない。 石灰成分が化学 反応を起こし、アンモニアとして飛翔してしまうからだ」とか、「石灰 と堆肥を一緒に撒いてもよい」とか両極端な説明をしています。 お聞きしたいのは 1 石灰と堆肥は一緒に撒いてもよいのか 2 一緒に撒いてはいけないとき、どちらを先に撒き、残りをいつごろ撒 けばよいのか 3 ついでに肥料はいつ撒けばよいのか 教えていただけないでしょうか。 野菜も花も同じ土作りになると勝手に思っているのですが、もし違いが あるのであれば、その点について教えていただければ幸いです。 よろしくお願いします。 ただし、石灰資材の選択が大切です。 水溶性の石灰資材である消石灰、生石灰は流亡が激しいために中和効果は持続しにくく「安物買いの銭失い」になるため、お勧めできません。 カキ殻、苦土石灰そして過リン酸石灰がお勧めです。 石灰が堆肥に働きかけ、アンモニアを減らし硝酸を増やすことは空論で、そのような論文は見たことがありません。 生糞に石灰を大量に散布すれば多少アンモニアが減るのかもしれませんが、市販されている好気的醗酵のあと嫌気的醗酵を経た牛糞堆肥や豚糞堆肥では考えられないことです。 「完熟」とか「2次発酵済み」堆肥とはこれ以上急激な分解はしないことを意味します。 当然のことですが完熟堆肥にもアンモニアは含まれています。 しかし鶏糞を主要な元肥とするならば、野菜、花同じく堆肥、石灰資材、鶏糞そして少量の化学肥料、化成肥料を同時に施肥してかまいません。 多肥栽培する作物には追肥として化学肥料、化成肥料を数回与えます。 追肥なしの野菜栽培では、トレンチ(溝)に堆肥、石灰資材、鶏糞そして若干の化学肥料を入れ土で蓋し、トレンチとトレンチの間に播種します。 なお、鶏糞は堆肥処理は完全にされておらず、乾かしたものを醗酵鶏糞とか称して販売されています。 試しに水を加え数日後に匂いをかいでみてください。 kahma. ただし、石灰資材の選択が大切です。 水溶性の石灰資材である消石灰、生石灰は流亡が激しいために中和効果は持続しにくく「安物買いの銭失い」になるため、お勧めできません。 カキ殻、苦土石灰そして過リン酸石灰がお勧めです。 石灰が堆肥に働きかけ、アンモニアを減らし硝酸を増やすことは空論で、そのような論文は見たことがありません。 生糞に石灰を大量に散布すれば多少アンモニアが減るのかもしれませんが、市販されて...

次の

じゃがいもを発芽させる日数は?発芽する条件として温度が大切?

ジャガイモ 水やり

ここでは春の植え付けを前提に、ジャガイモ作りで失敗しないためのポイントを家庭菜園の流れに合わせてご紹介します。 事前準備のポイントと注意点 プランター プランターを使用する場合は、深さ30cm以上の深型プランターを用意しましょう。 横幅が30~40cmで1株、80cm程度で2株植えられます。 土は市販の野菜用培養土が使用できます。 培養土の袋 プランターを置くスペースがないという方は、収穫量は少なくなりますが、培養土の袋で育てることもできます。 袋の底に排水用の穴をいくつか開けるのを忘れないようにします。 畑 通常は石灰を入れて土の酸度調整をしますが、ジャガイモは酸性の土が好きな野菜なので、ジャガイモを育てる土には石灰を入れないようにします。 植え付けの1週間以上前までに1㎡あたり完熟堆肥2~3kgと成分8-8-8程度の化成肥料や有機配合肥料を100gほど施してよく耕しておきます。 種イモを購入します 種イモは12月下旬ごろから販売が始まりますが、冬は寒さで種イモが腐ってしまうことも多く、初心者は暖かくなる3月以降に購入して始めるのが安心。 種イモは、ホームセンターや園芸専門店などで4月中旬くらいまで購入が可能です。 初心者におすすめの品種 ジャガイモには「男爵薯(だんしゃくいも)」、「メークイン」、「キタアカリ」、「インカのめざめ」などさまざまな品種がありますが、品種による育てやすさにはそれほど差がないので、料理での使いやすさや食感の好みなどで、好きな品種を選んで大丈夫です。 種イモの選び方 農林水産省の検査機関の検査に合格し、品質がきちんと保証されているのが種イモです。 スーパーなどで売られているジャガイモではなく、合格証の付いた種イモを購入するようにしましょう。 より初心者が失敗しないための選び方のポイントは、切らずにそのまま植えられるくらい小さな種イモを選ぶこと。 目安としては、1kg20個程度入っているものがおすすめです。 芽出しをします(浴光育芽) 植え付けの2~3週間前から、種イモの芽出しをします。 毎日朝から夕方くらいまで、日なたに種イモを並べ、太陽光に当てます。 夜は寒いため家に取り込みます。 これを2週間くらい行っていると種イモから芽が出てきます。 緑や赤、紫色の硬い芽が出てくればOKです。 芽出しは必ずしも行う必要はありませんが、芽出しをすると種イモをそのまま植え付けたときよりも発芽がそろって、その後の生育がよくなります。 種イモを切ります 1個が30~50g程度の種イモは切らずにそのまま植え付けますが、約50g以上の大きい種イモは、芽出し後、大きさに応じて切ります。 切り方は、1片が平均40g程度になるように、芽が出ている場所を残して縦に切ります。 切った種イモは切り口から腐るのを防ぐため、切り口に「草木灰」や「ハイフレッシュ」などを付けてから、直射日光で1日天日干しして乾かします。 長時間乾かすとしなびてしまうので注意しましょう。 種イモを植え付けます 種イモを水はけのよい場所に植え付けます。 幅60~70cmで深さ10cmくらいの植え溝を掘り、30cm間隔で植え付けます。 植え付ける場所が深すぎると芽が出にくくなるので、土が5cm上にのるくらいが目安です。 芽かきをします ジャガイモから出てきた芽が5cm程度に伸びたら、硬くてよい芽を数本残して残りは引き抜きます。 通常は2~3本残すのがよいといわれていますが、残す本数は好みで大丈夫です。 種イモが動かないようしっかり押さえ、土の下の方で芽を切るようにしましょう。 1回目の土寄せと追肥をします 暖かくなるとテントウムシダマシなど、害虫が出始めるので防除します。 害虫は見つけたら捕殺が基本ですが、直接捕まえるのに抵抗がある方は天然成分を使用した殺虫剤などを散布してください。 薬剤を使う前の防除法としては、葉裏や株元の落ち葉の下など、細かく株を毎日観察し、卵や群生する幼虫を見つけたらすぐに捕殺することです。 病気で気を付けたいのは「そうか病」と「疫病」です。 そうか病 ジャガイモに出やすい病気です。 そうか病にかかるとイモの表面にかさぶたのような病斑ができます。 健全な種イモを選び、連作を避け、未熟な堆肥を使わないこと、アルカリ性の資材を控えると防ぎやすくなります。 一度病気になったら防除できませんが、皮を厚くむけば食べることができます。 疫病 葉が黒くなります。 疫病になっても収穫でき、状態がよければ食べることも可能ですが、雨などで病原菌が土壌に残ると腐ります。 2回目の土寄せと追肥をします 草丈が30cmほどに成長したら、2回目の土寄せと追肥をします。 1回目同様、土に追肥を混ぜた後で土寄せをしましょう。 ジャガイモが大きくなってくると土から出てしまうことがあります。 太陽光に当たると緑色になり有害物質であるソラニンの含有量が増えるため、土から出たジャガイモは土寄せをして埋めるようにしましょう。 緑色になったジャガイモはソラニンを多く含むため、食中毒を起こすので食べないようにしてください。 花が咲いたら取ります 花が咲くと種ができ、トマトのような実がなります。 大きな影響はありませんが、ジャガイモの成長に必要な栄養分が実の方に取られてしまうので、できれば花は取り除くようにしましょう。 収穫します 一般的には6月中旬ごろが春植えジャガイモの収穫時期ですが、品種や地域、天候により収穫時期が変わってきます。 葉の7~8割が黄色くなって枯れてきたころを収穫目安としてください。 ジャガイモは雨天や雨上がりに収穫すると腐りやすいので、晴天が続いて土が乾いているときに掘り上げます。 掘ったジャガイモは風通しのよい日陰で土がさらっと落ちるまで乾かし、早めに取り込みます。 長時間日に当てると水分が飛んでシワシワになったり、ソラニンの含有量が増えたりするので注意しましょう(ソラニンは早く収穫しすぎても残るので注意が必要です)。 収穫後は、すぐに食べるか、貯蔵する場合は風通しのいい冷暗所に保管します。 また、収穫したジャガイモを種イモにすると病気が発生しやすいので、種イモとして使わないようにしてください。 家庭料理には欠かせないジャガイモ.

次の