パイナップル 保存 方法。 パイナップルの保存方法。常温、冷蔵、冷凍はできる?

パイナップルを丸ごと!保存するときのポイントは?常温・冷蔵・冷凍するとき、どれくらい日持ちするのかを解説しましょう。

パイナップル 保存 方法

南国の果物、パイナップル。 正しい保存方法や保存期間、栄養について、よくわからないこともあるかもしれません。 パイナップルは常温、冷蔵、冷凍、干しても保存もできる果物です。 保存方法や栄養、長持ちする保存食レシピについて徹底解説します。 パイナップルは、短期間であれば常温、基本は冷蔵庫で保存しますが、冷凍しても干しても美味しい食べ方ができます。 冷凍したパイナップルは半解凍で、乾燥したパイナップルは戻さなくても食べられ、使い勝手のいい果物です。 パイナップルはいろいろなデザートやドリンク、おかずの材料にもなり、パイナップルを使ったレシピもご紹介します。 カットする方法、食べ頃や、美味しいパイナップルの見分け方もお伝えしますので、パイナップについて詳しくなってくださいね。 パイナップルの特性を理解して、適切に保存し、おいしく食べつくしてください。 パイナップルの保存 逆さまの方法 パイナップルを逆さまにして置いておくと、甘みが果実全体にいきわたるという説がありますが、本当かどうか疑わしいと言わざるをえません。 パイナップルやバナナをはじめとする果物の生産、流通、販売を手掛ける大手企業Doleは、公式サイトで以下のように述べています。 逆さまにして数日置くと、甘さが全体に行き渡ると言われることがあるようですが、ドールではその方法には特に根拠がないと考えております。 購入後は新鮮なうちに、お早めにお召し上がりください。 参考: パイナップル保存するとき葉っぱは? パイナップルの葉っぱは、見た目的にはいかにも南国のフルーツらしく、見栄えもいいのですが、どのみち食べられないし保存するにはかさばって場所を取りますよね。 保存する場所のことを考えても、葉っぱから水分が蒸発し、鮮度も落ちやすくなることを考えても、葉っぱはとって保存するのがよいやり方です。 パイナップルやバナナをはじめとする果物の生産、流通、販売を手掛ける大手企業Doleは、公式サイトで以下のように述べいます。 パイナップルを保存する際、葉はもぎ取らず、根元1cmを残して包丁で切り落とします。 葉をもぎ取ってしまうと、果肉も一緒にえぐれてしまうことがあり、そこから痛みやすくなるためです。 ただ、すぐに食べる場合はもぎ取っても差し支えありません。 パイナップルの常温保存の際の栄養素は? パイナップルは、ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンCなどが豊富で、食物繊維も多く含まれます。 体内の塩分バランスを調えてくれるカリウムも豊富です。 パイナップルの常温保存の際の栄養は変わりありません。 パイナップルを冷蔵保存する方法 紙で包んで乾燥を防ぎ、冷蔵庫の野菜室に保存します。 パイナップルの冷蔵保存法• 冷凍するときにはなるべく薄く平らにする• アルミのトレイにのせると早く冷えやすい• パイナップルの冷凍保存の際の栄養素は? パイナップルは、ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンCなどが豊富で、食物繊維も多く含まれます。 体内の塩分バランスを調えてくれるカリウムも豊富です。 パイナップルの常温保存の際の栄養は変わりありません。 パイナップルを冷凍したあとの解凍方法 半解凍でシャーベットのように食べたり、スムージーなどに加工できます。 スポンサードリンク パイナップルを干す保存方法 パイナップルは薄くスライスして天日にあてて干したり、オーブンで乾燥させて保存することもできます。 天日で乾燥させるのは時間がかかりますが、干し野菜ネットさえあればできます。 オーブンで乾燥させる方法は、加熱して短時間で仕上げるので、ダイス状にカットするなど、薄くスライスしたもの、少し厚めにカットしたものなど、大きさを変えることもできます。 カットする厚さや大きさによって食感が変わります。 パイナップルの干す保存法 天日で干す• パイナップルの干す保存の際の保存期間 パイナップルの干す保存の際の保存期間は、密閉容器に入れて冷蔵保存で、2週間から1ヶ月です。 パイナップルを干した後の戻し方 干したパイナップルは、特に戻す必要はなく、そのままポリポリ食べられます。 パイナップルを干す保存の際の栄養素は? パイナップルは、ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンCなどが豊富で、食物繊維も多く含まれます。 体内の塩分バランスを調えてくれるカリウムも豊富です。 パイナップルは干すことで、ビタミン類は減少しますが、食物繊維は増えます。 水分が抜けることで味が凝縮されて、味が濃く感じられます。 パイナップルのカット(切った)後の日持ちする保存方法は? ラップに包んで冷蔵保存し、早めに食べきります。 パイナップルの保存方法 使いかけ 使いかけのパイナップルは切断面にできるだけピッタリラップをはりつけ、冷蔵庫で保存します。 小さくカットしたパイナップルは、保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。 パイナップルの長持ちさせる保存方法 冷蔵庫の野菜室で保存するか、冷凍することで長く楽しむことができます。 パイナップルの夏や冬の保存の違い パイナップルは、輸入物も多く、年中出まわりますが、夏と冬で大きく保存方法は変わりません。 パイナップルの芯(種)のくりぬき方 まず、パイナップルの頭部分とお尻部分を少しずつ切り落とします。 次に、果実を縦半分にカットします。 それから、果実をくし形に切ります。 くし形にカットされた果実のてっぺんの部分は芯で固いので、切り落とします。 皮と実を切り離します。 実を食べやすい大きさにカットします。 パイナップルの見分け方と選び方 腐っている場合の見分け方 腐り具合は以下に当てはまると危険です。 丸々とした形で、どちらかというと下ぶくれ。 葉の色がよく、艶やか。 果実が黄色味を帯び、甘い香りがする。 パイナップルの旬 パイナップルは初夏から夏にかけてが旬の果物です。 パイナップルはフィリピンなどからの輸入ものが通年出まわり、旬が分かりにくい果物です。 国内では、鹿児島県や沖縄県で生産されており、国産パイナップルは早いものでは4月末から収穫が始まり、7月くらいまで収穫できます。 パイナップルの食べ頃 パイナップルは、保存しておいても追熟しない果物です。 手に入れたら鮮度のいいうちに早めに食べましょう。 パイナップルについて パイナップルは熱帯アメリカを原産とする植物の果実です。 東南アジアや南米など暑い地域でので生産がさかんです。 日本で出まわるパイナップルの多くが輸入品で、ほぼフィリピンから輸入されています。 国内では、沖縄や鹿児島でわずかに栽培されています。 パイナップルは苗を植え付けてから実が収穫できるようになるまでに2年かかり、一本の苗に1個の実がなります。 その実を収穫した翌年、もう1つ実を収穫できますが、それでおしまいです。 つまり、1本の苗を4年育てて2つの果実しか収穫できない、手間のかかる果物なのです。 品種によっては、もっと時間の掛かるものもあります。 国産のパイナップルは、流通量も少なく、値段もお高めですが、こだわって美味しいパイナップルを作っている生産者さんがいらっしゃいますので、探して試してみる価値が大いにあります。 パイナップルは、ビタミン類、ミネラル、食物繊維が豊富です。 また、ブロメラインというタンパク質分解酵素を含み、肉料理のデザートにパイナップルを食べると、消化を促進してくれる効果があります。 加熱すると減ってしまう栄養素も多いので、パイナップルは生で食べると効率よく栄養を摂取できます。 一方で、ブロメラインは皮膚の粘膜をわずかに溶かす働きもあります。 さらに、パイナップルは針状の結晶体をしているシュウ酸カルシウムも含んでいます。 パイナップルをたくさん食べると口の中や喉がイガイガするのは、ブロメラインが皮膚の粘膜をとかし、シュウ酸カルシウムが刺激になるからだと言われています。 パイナップルは美味しくて栄養もありますが、食べすぎには注意しましょう。 スポンサードリンク パイナップルの保存食と人気簡単レシピの作り方 パイナップルの保存食の種類• ジャム• シロップ• スムージー パイナップルの保存食レシピの簡単作り方と保存期間 ジャムは清潔な瓶にきちんと脱気して未開封なら、半年以上持ちます。 開封したジャムは早めに食べましょう。 保存はできません。 すぐ飲んでください。 パイナップルのタンパク質分解酵素のはたらきを利用してお肉を柔らかくいただくレシピです。 パイナップルの酢漬けの作り方の保存食レシピと保存期間 保存期間は、冷蔵庫で半年から1年です。 離乳食の保存 パイナップルは離乳食にはむきません。 生のパイナップルは、タンパク質分解酵素であるブロメラインやシュウ酸カルシウムの刺激で皮膚や粘膜が荒れやすく、消化しにくい食物繊維も多いため、赤ちゃんや小さな子どもの胃腸に負担をかけます。 また、アレルギーを起こすこともあるので、食べさせるときは慎重にしなければならない果物でもあります。 缶詰など、加熱したパイナップルはタンパク質分解酵素やアレルゲン物質の作用は弱くなっているものの、糖分が多いのが赤ちゃんにはむきません。 まとめ パイナップルは、冷蔵保存、冷凍保存で栄養を効率よく摂取でき、干して保存もできる果物です。 生のパイナップルは甘い果物として食べるほかにも、 タンパク質分解酵素を利用してお肉を柔らかくして料理に使うなど、奥行きの広い果物です。 パイナップルの保存方法や特徴を知って、楽しく使いこなし、美味しく食べてくださいね。

次の

パイナップルの缶詰の賞味期限は?未開封と開封後の保存方法は?

パイナップル 保存 方法

スポンサードリンク パイナップルの食べごろの見分け方 丸ごとのパイナップルの食べごろって、イマイチわかりにくくありませんか? 実はパイナップルは、メロンのようにしばらく 常温で置いても追熟しません。 桃みたいに常温で置いておいても、甘くなったりしないし、腐ってしまうだけです。 つまり、 お店で売られているのが食べごろなのです。 お店で買う段階で、おいしそうなものを選ぶことが大切です。 まず、パイナップルの葉の部分を見てください。 葉がピンとしていて緑色が濃いものに注目してください。 葉が濃い色なのは、太陽の光をいっぱい浴びて育った印なのです。 そのようなパイナップルの実は、当然甘いということです。 次に、形を見てください。 お尻がずっしりと太くなっているものが甘いです。 皮の色は黄色っぽいのがオススメです。 最近は完熟のオレンジっぽい品種もあります。 このようなものは大変甘いので、すっぱいのが苦手な人にはオススメです。 あと、 底がカビでいないかしっかりチェックしてくださいね。 そしてパイナップルが食べごろか見分ける一番のポイントが、香りです。 パイナップルの お尻の方から、甘~い香りがしていたら食べごろです。 いかにも甘くて美味しそうな香りがしますよ。 美味しそうなものを選んで買って来たら、すぐに食べてしまいましょう。 丸ごとパイナップルを頂いたときも同じです。 お尻の香りを嗅いで、甘い香りがしたら早めに食べちゃいましょう。 スポンサードリンク パイナップルの丸ごとを保存する方法 丸ごとのパイナップルを保存するにはどうしたらいいのか、結構悩みますよね。 私も昔はどうしていいのかわからなくて、床にごろんと立てておきっぱなしでした。 でも、こうするとパイナップルの底(?)の部分にカビが生えてきてしまったりするんですよね。 気がついたら腐ってしまっていたり。 パイナップルは買ったときがすでに食べごろなので、早めに食べたほうがいいのです。 しかし、すぐに食べない場合には、正しい保存方法があるのでご紹介します。 <丸ごとパイナップルの保存方法> 1・新聞紙でパイナップルを包む。 2・風通しの良い冷暗所か野菜室で保存。 3.パイナップルの置き方は、 葉の部分を下(無理な場合は横向け)に置く。 (葉を下に置くと、パイナップルの下に溜まった甘さや旨みが、全体にいきわたります。 ) 4・保存期間は 4~5日。 パイナップルを置いておくと、糖度が上がるわけではありません。 ただ、酸味が抜けるために甘く感じます。 酸っぱいパイナップルが苦手な場合は、常温で少し置いておくと酸味が抜けて食べやすくなります。 <パイナップルの冷凍保存方法> 1・パイナップルを食べやすい大きさに切る。 2・タッパーや保存用袋に並べて入れる。 3・冷凍庫で保存。 4・保存期間は 1~2ヶ月。 シャーベット状にして食べるのも美味しいですし、砂糖と煮詰めてジャムにしたり、料理に使ったりして楽しめますよ。 パイナップルの丸ごとの簡単な切り方 見た目、手ごわそうなパイナップルですが、意外と簡単に切ることができます。 <丸ごとパイナップルの切り方> 1.頭の葉の部分をねじりながら引き抜く。 (軍手を使うと痛くないですよ。 ) 2.包丁で、縦に半分に切る。 3.2をもう半分に切る。 (四等分にします。 ) 4・両端を切り落とす。 5・四等分したものを立てて、芯を切り落とす。 6・さらに縦に半分に切る。 (八等分になります。 ) 6・果肉と皮の間に包丁を入れて切り離す。 (メロンの切り方みたいに切ります。 ) 7・食べやすい大きさに切って、皮の上に並べる。 思ったより簡単に、切ることができます。 フレッシュなパイナップルはものすごくおいしいので、是非挑戦してみてくださいね。 まとめ いかがでしたか? 今までパイナップルを丸ごと買うのを敬遠していた方も、いらっしゃると思います。 また、丸ごとのパイナップルをもらって腐らせてしまったという経験をされた方も多いでしょう。 パイナップルは美味しそうな香りがするのを選び、すぐに食べるのがコツです。

次の

パイナップルの保存方法と賞味期限、腐ったときの見分け方を紹介!

パイナップル 保存 方法

>>パイナップルを長持ちさせる保存方法 パイナップルは、買ってきた直後にすぐに食べるのがもちろん一番新鮮でおいしいのですが、家庭によっては、食べきらない時やすぐに食べない時、あります。 そんな時に各状況別の最適な保存方法を掲載していますので参考にしてください。 5kg前後が理想の重さと言われおしりの部分に強い甘い香りがしたら、かなり熟している証拠ですので、それを購入しましょう。 逆に皮が黄緑や緑色の状態でも食べられないことはないですが、甘みが薄いのと果肉がだま未熟のため、消化不良を起こす可能性があるので、なるべく食べるのは避けたほうがいいです。 美味しいパイナップルを選ぶ方法は、下記を参考にしてください。 パイナップルの保存方法は下記を参考にしてください。 パイナップルの冷凍方法は、下記を参考にしてください。 上にとがった硬い緑色の葉が生えており、下は独特の模様のある果実です。 今回はそのパイナップルの中でも、国内でよくスーパーで見かける代表的な種類を3つ、ご紹介します。 ゴールデンパイン・スウィーティオパイナップル・ボゴールパイン(スナックパイン)です。 ゴールデンパインはデルモンテ改良品種で、とても黄色い果肉で甘みが強いパインです。 スウィーティオパイナップルはドールの改良品種で、酸味が弱く甘みの強いパインです。 ボゴールパインは、手でちぎって食べられる通称スナックパインと呼ばれ、昔はごく一部で販売されていましたが、 最近よくスーパーで見かけるようになりました。 パイナップルは、酸味がなるべく弱く、甘みを重視した品種をよく開発しているようです。 番外編として、国外だと、スムースカイエンという品種が一番古く、世界中で一番生産されている種類で、 甘み・酸味のバランスがとれており、ゴールデンパインや、スウィーティオパイナップルの起源です。

次の