なんj 勢い。 【悲報】なんJ民、勢い余ってヤフーを生やしてしまう「これは草」「ヤフ生やすなwww」「よりによってYahoo!なのがまさに勢い余ってて草」 2chなんJ面白ネタまとめ

なんJ民とは (ナンジェイミンとは) [単語記事]

なんj 勢い

朝7時。 ワークマン足立区役所前店(東京・足立)の開店と同時に、建設作業員が 駆け込んできた。 当日の作業で必要な商品は現場ごとに異なり、働く人によってサ イズもバラバラだ。 だが作業員は迷うことなく長靴や安全ベストなどの会計を済ま せ、足早に現場に向かっていった。 同店では約100坪(約330平方メートル)の売り場に常時1700品目の商品を陳列 する。 「以前は発注だけで毎日2時間かかった」と中西千賀子店長は話す。 だが17 年に導入した自動発注システムを使えば、作業はレジのボタンを押すだけ。 時間は わずか10秒になり、6月の同店の売上高は前年比約1割伸びた。 大手アパレルが苦戦する中で、ワークマンが好調だ。 けん引役が昨年立ち上げた新型店「ワークマンプラス」だ。 低価格でデザイン性の 高いアウトドア衣料が話題となり、客層を女性や若者に拡大した。 既存店売上高の 改善がそれを下支えする。 このデータや直近の売れ行きを基に、発注すべき商品の種類と量を算出。 個別 店舗の発注作業を自動化し、適正な在庫を保てるようになった。 ワークマンは 主に、フランチャイズチェーン(FC)方式で展開する。 経験が少ない人が店長 になっても、発注作業で戸惑わずに済む。 「データ分析力」を部長への昇進条件とする、「ショック療法」(土屋哲雄専務 )も15年に実施した。 既存店改革のハードルは、自らの経験をもとに現場の提案 を握りつぶしかねない管理職の存在だった。 そうした事態を防ぐため、客観的な データを使って議論するよう求めたのだ。 これがワークマンの社風を形作る。 店頭での在庫重複や売れない商品を検出する プログラムは、基幹システムから抽出したデータを活用し、社員がエクセルを使 って開発した。 土屋専務は「高度なAIよりも、因果関係を理解できるシステムの 方が使いやすい。 社員全員で使いこなすことが重要だ」と話す。 17年には 群馬県に物流センターを新設したが、出店増で「容量は既に不足している」(土屋 専務)。 需要予測システムも万能ではない。 ワークマンプラスが想定以上に話題を呼んだこ とで、「人気商品に顧客が集中し、冬場にはかなりの欠品が出た」と小浜英之社長 は話す。 過剰在庫を気にするあまり、機会損失が生じている。 同社は3月、「生産管理グループ」を新設。 生産量のほか、物流センターに入出庫す る商品やその時期などの見直しを進めている。 「売れる商品を売れるタイミングで 店舗に入れるようにする」(小浜社長)方針だ。 ワークマンは25年までに1000店体制を目指し、手薄だったネット通販も強化する計 画だ。 既存の仕組みを改善するだけでなく、新たな価値を生み出せるかでデータ分析 の真価が問われる。

次の

【企業】破竹の勢いワークマン 秘密は「エクセル」

なんj 勢い

7795• 564• 416• 19390• 1743• 496• 387• 889• 10846• 400• 1258• 878• 684• 638• 1229• 2404• 659• 2197• 1636• 1210• 583• 222• 4031• 569• 998• 838• 179• 147• 339• 884• 199• 107• 495• 237• 189• 1 過去ログ 1201 2040 2103 1796 2681 1719 1232 1233 1797 1859 1799 1848 1843 1783 1854 1796 1708 904 728 621 580 601 601 629 773 829 822 788 715 688 795 732 713 761 778 763 690 645 672 634 665 565 600 629 615 654 662 720 655 649 671 631 518 491 515 532 601 676 648 667 662 652 642 576 578 497 502 533 516 563 553 528 429 152 18 199 350 241 60 なんJ・野球のアンテナ様.

次の

「なんJ」のスレッド検索

なんj 勢い

なんJ民 なんみん とは、の「」(通称:)の住人である。 なんJラーとも。 住民 なんJ民には、大きく分けて• 以前に居た住人。 「」、「の民」、「」、「きうり民」. 以降に流入してきた住人。 「やきう民」、 「」「」 、 「正民」. 利用者が増加したことを受け他め等から、に以降流入した住人。 基本的にで呼ばれる。 「お客さん」、「」、「アニ」. これら3つのが存在する。 本稿ではそれぞれに分けて解説する。 2009年5月以前からの住人 元々はであったが、の流入によりが低下したに嫌気が差したことにより、に移住してきた住人。 では「」で表現される。 となって以降、の立て・書き込みの緩さにを付け、やかつてのを彷彿とさせるなを立てまくっていた(しかし、それでも数は少なく、数が5に満たないこともであった)。 の住人でありながら番組やのを行うことはで、むしろそれらを排除しようとする雰囲気さえあったとも言われている。 例:の民の掟 しかし、後述のが大量に押し寄せてきたことによりの雰囲気は一変。 とても前述のようなが立てられる状況ではなくなり、そのうち住人そのものがされていった(というかが桁違いに多すぎて見えなくなってしまった)。 はやなどへ移住した、そのままに覚めた、などの噂があるが詳細は不明である。 特徴としてはが立ったとみるや良を返し、それを繋げていく発想と統率、にを生やさない、を崇めるなどがある。 でも、この時代の住人や文化を振り返る、それらをにしたがときたま立つ。 また、のである「吹けば」を考えたのもこの時代の住人である。 2009年5月以降に流入した住人 元々はでを行っていた住人。 前述のからは「」と呼ばれていることになっている。 では「」と表現される。 にに厳しいがかかった際(詳細は「」の記事を参照)、で保持数などのが近いことにを付け、に移住してきた。 によりの存在を知った住人が多いが、一部は以前から認知しており、ごく稀にを立てていた。 基本的な性質は民と変わらないが、以降はがに限られないこともあって住人は増え続けており、の中でも特に次のような特徴を有する。 何よりもを優先する。 変な を中心とした用(定文)が豊富である。 時代以上に多用されている。 周囲の潮に流されやすい。 としてはなの突撃を有し、個人のなどへのもよく行っている。 (の人など)• 博識 のふりをしている人がたくさんいる。 周囲の潮に流されやすい。 への当たりが強くなく、の中で用が使われることも多い。 周囲の潮に流されやすい。 に存在するには 「 を毛嫌いする」「どこかおかしな方()が多い」「荒れやすい (例:・)」という性質を持つものも多い。 しかし、大量の民の流入により という共通項でゆるい連帯をなしているは、系でありながら系としても機しているという特異性を持ち、多種多様なが行えることが魅の一つでもある。 「 」「サン 」「 ニ 」「 して、どうぞ」など、球界や からの を多用した定 文を用いたが大半を占めており、こ れらのや等の文化はの中でも一際独特で、他から来たや「お客さん」の類はこれらを使いこなせないためすぐにバレる。 また定期的に様々な分野の質問が立ち盛況を博す場合があることから分かるように、の質問にはやさしく、自信のある分野の知識をひけらかしたい住民が多いようだ。 中は連てられるはのものとは異なり、対戦同士の共有という形式でが行われる。 また系の・が多いことも特徴。 中継が終わった後の帯においては、巡りの、の(・等)が行われたりと、基本的にはなんでもっている。 論好きも多いが、=とする原理義者も存在し、彼らはのを排斥しようとする傾向にある。 また原理義者でなくとも、大半のなんJ民は に身も心も げている人々 (と呼ばれる)とは対立している。 2012年1月以降流入した住人 この時期に流入してきた住民は基本的に評判は良くなく、「お客さん」、「」、「アニ」などのがつけられる傾向がある。 の規模が増大してから流入してきたこの時期からの住人に対し、 からしてきたなんJ民からの評判はよろしくない。 理由として、• の試合中になどを使い、にたたかれる(民の前では)• と呼ばれる内でのみ通用する用、文化を以外の場に持ち出し使う• 勢いのあるに押されやが落ち、「」などど発狂する 等が挙げられる。 特に、を以外で使う人物に関して過敏に反応する傾向があり、これによりがを受ける例も数多く存在する(、等参照)。 また、が嫌い、が好き、は気にしないなどの気質を持つ住民も多数存在しており、()とを掛け持ちしている住民も多いのではという意見も出ていた。 においてはもあるが、自体を毛嫌いしているなんJ民もまた多数存在する。 関連動画・関連静画 関連項目•

次の