いつでも 冒険 モード 付近。 ポケモンGOで歩いた距離が換算されない!原因と対処法を徹底解説

【ポケモンGO】いつでも冒険モードの設定方法・使い方を解説

いつでも 冒険 モード 付近

今回の検証は、 「ポケモンGOを バックグラウンドにしていたとき、いつでも冒険モードは歩数カウントしてくれるのか?」です。 起動しない、つまりタスクキルの状態でいつでも冒険モードが動くことはすでにわかっています。 では中途半端なバックグラウンドではどうなのか、これを調べたくなりました。 どうしてかと言いますと、 ゴプラが一時間で自動切断されてしまった後、バックグラウンドにいるポケモンGOはいつでも冒険モードで歩数カウントし続けてくれるのでは?という期待があったからです。 まだ未検証ですが経験からゴプラ使用時はバックグラウンドでもアプリ起動中と判定され、距離はGPSによるカウントとなります。 つまりいつでも冒険モードは作動しないはずです。 でもゴプラが切れるとGPSによる距離カウントが止まるため、ちゃんと冒険モードに切り替わってくれるとありがたいのになあと思っていました。 今回はそんな期待からの検証となります。 結論:バックグラウンドは非起動だが、立ち上げと同時に同期し距離がカウントされる優秀な機能だった 今回解ったことを書きますと、• バックグラウンドは起動していないことと同じ• バックグラウンド時はいつでも冒険モードが距離をカウントする• いつでも冒険モードをOFFにして移動しても、ONにした時にさかのぼって距離をカウントしてくれる このようになります。 今回の設定 今回も検証(1)と同じ、片道直線約3kmのルートを使い、2つの計測をしました。 計測中、ポケモンGOは使用していません。 ずっとバックグラウンドです。 他のスマホアプリも使用していません。 【往路3km】• いつでも冒険モード: OFF• ポケモンGO:バックグラウンド• ポケモンGOPLUS:OFF 【復路3km】• いつでも冒険モード: ON• ポケモンGO:バックグラウンド• ポケモンGOPLUS:OFF <計測結果(距離)> いつでも冒険モードをOFFにした往路3kmでは、ヘルスケアが3. 5km、万歩計が3. 9kmでした。 そこで ポケモンGOをバックグラウンドから立ち上げてみると、全く距離が進んでいませんでした。 (0km) まあ、当然ですよね。 アプリ使ってないし、いつでも冒険モードも使ってないわけですから。 しかしビックリすることが起こりました。 次の計測のためにいつでも冒険モードをONにしたとたん同期し、ポケモンGOが3. 4km増えました。 これらによる考察は以下のとおりです。 バックグラウンドではGPSによる距離カウントをしない• いつでも冒険モードをONにするとアプリを起動していない間のヘルスケアの距離をさかのぼってカウント(同期)する• バックグラウンドは起動していないことと同義である バックグラウンドで従来のGPSモードが距離カウントをしないのは当然です。 ただ、今回アプリを立ち上げたのが約3km離れた場所でしたので、離れすぎのエラーでノーカウントになったのだとは思います。 数100mのところまで帰ってきていれば、あるいはカウントしてくれたかもしれません。 今回びっくりしたのは、いつでも冒険モードをOFFにしている間の距離をあとからONにしてもカウントしてくれたということです。 もちろん条件としてはポケモンGOをOFF(またはバックグラウンド)にする必要はあるでしょう。 そしてこのようにいつでも冒険モードが距離をヘルスケアから同期してきたということから、 「バックグラウンドはポケモンGOを起動していないもの」として処理していると考えられます。 帰りの復路ではいつでも冒険モードをオンにし、「バックグラウンドはポケモンGOを起動していないもの」という処理をすることについて再確認をしました。 3kmほど歩き、ポケモンGOを立ち上げると距離がカウントされていました。 ポケモンGOを起動していないときに動くのがいつでも冒険モードですので、「バックグラウンドはポケモンGOを起動していないもの」で正しいと考えられます。 今回は数100mの誤差がヘルスケアとポケモンGOにあったので少しモヤモヤはします。 ここに拘るなら何回か計測したほうが良さそうですね。 加えて、 バックグラウンドでもポケモンGOプラスをONにしていれば距離はGPSによるカウントをするはずですのでその検証も必要そうです。 いつでも冒険モードをオフにして、計測してみたいと思います。 いずれにせよ、いつでも冒険モードはアプリを起動していなくても、バックグラウンドでも、活躍してくれそうです。 それでは。 スポンサーリンク level999.

次の

ポケモンGOで歩いた距離が換算されない!原因と対処法を徹底解説

いつでも 冒険 モード 付近

ポケモンGOのいつでも冒険モードは たまごの孵化ができます。 ポケモンGOのたまごは歩いた距離の合計値が一定に達すると孵化する仕組みになっています。 いつでも冒険モードでアプリを起動していないときの徒歩距離も換算されるようにしておけば、孵化しやすいのです。 またポケモンGOのたまごは2㎞たまご、5㎞たまごなどさまざまな種類がありますが、いつでも冒険モードで入手できるのは5㎞たまごと10㎞たまごです。 たまごはいつでも冒険モードをオンに設定して、今までの通りの遊び方で、ある条件を満たすことで入手できます。 たまごからはポケモンが生まれてくるので、珍しいポケモンを受け取ることもできるメリットがあります。 いつでも冒険モードでリワードを受け取ることができたら、スマホの画面に プッシュ通知が表示されます。 プッシュ通知とは画面上部にロック画面やホーム画面で表示される通知のことです。 プッシュ通知を受け取ることでポケモンGOのアプリを開かなくても、リワードを入手できたかどうかを確認することができるのがメリットです。 ポケモンGOは状況を確認するために起動したいだけでも、起動に時間がかかってしまいます。 またスマホのバッテリーも消費するので、ポケモンGOのプッシュ通知にはバッテリーの節約効果も期待できるのです。 プッシュ通知を受け取る設定は、ポケモンGOの設定画面で「いつでも冒険モードの進步」のチェックアイコンをオンにします。 Go Plusとは違い、いつでも冒険モードではリワードがもらえます。 そのリワードはポケストップでもらえるアイテム以上に 豪華なリワードもあります。 いつでも冒険モードをオンにして歩くだけで長距離稼ぐことができるので、豪華なリワードを受け取ることができる可能性が高いです。 またポケストップはいいアイテムが出る確率が低いですが、いつでも冒険モードのリワードは確実にもらえるものもゲームを楽しむうえで役に立つものなのです。 ただいつでも冒険モードではリワードをもらえない不具合が生じたり、強制終了してしまったりする不具合が生じることもあります。 そういう場合は、いったんいつでも冒険モードをオフにして数日間過ごしてみましょう。 ポケモンGOの起動には時間がかかるため、スマホのバッテリーを消費します。 しかしいつでも冒険モードならポケモンGOのアプリを起動しなくていいので、スマホの バッテリーを消耗しなくて済むのです。 いつでも冒険モードを使うことで、通常のポケモンGOの遊び方とは違い、バッテリーを節約する遊び方ができます。 仕事中や学校にいる間はスマホのバッテリーがなくなるのが嫌でポケモンGOをしないという人でも、安心して徒歩距離を稼ぐことができます。 ポケモンGOを以前楽しんでいたけどやめてしまった人の中には、バッテリー節約のためという人も多いです。 そういう場合はいつでも冒険モードをオンにしておくと、バッテリーを気にせずに続けられます。

次の

【ポケモンGO】いつでも冒険モードまとめ

いつでも 冒険 モード 付近

いつでも冒険モード? 私はいつでもネムネムモードなんですが、新しいポケモンや色違いポケモンが実装された時だけは少年の心で神戸のフィールドを駆け巡ってます。 新しい遊び方が次々と実装されるポケモンGOですが、面白くない機能ってありました? 私は今のところ思い当たらないです…。 いつでも冒険モードとはいったいどんな遊び方なのか? ポケモンGOプラスは要るのか? 設定方法は簡単なのか? え?歩数計?活動量計?健康管理やシェイプアップに役立つの? どんなリワードが貰えるの? 当記事では、ポケモンGOの いつでも冒険モードについて、遊び方・設定方法・リワードを紹介していきます。 スポンサーリンク いつでも冒険モードとは? ポケモンGOの いつでも冒険モードは、2018年11月2日(金)、私の誕生日から実装された機能です。 「 どんな事ができるの?」 という質問への返答としては主に以下のことができます。 ポケモンGOアプリを起動しなくても…• 歩いた距離が記録される。 歩数が記録される。 歩いて消費した カロリーが記録される。 (androidのみ確認)。 歩いた距離に応じて相棒ポケモンが 飴をゲットでき、数が記録される。 卵の孵化ができ、数が記録される。 1週間で何km歩いたかによって、3段階で 貰えるリワード数が変化します。 ポケモンGOアプリが フィットネスアプリと連動する事で、 位置情報(GPS)をもとに移動数値を記録していきます。 いつでも冒険モードは、 端末のバッテリー消費を抑えられるのも大きな特徴! 移動中ポケモンゲットチャレンジができない状況でも卵の孵化の為に歩く距離を稼げるのは便利です! 特に問題が無ければ、いつでも冒険モードは 常にオンにしておく事をおすすめします! 毎週月曜日9時にレポートが配信! いつでも冒険モードの結果は、 毎週月曜日9時に配信されるレポートに掲載され、この1週間で歩いた距離に応じてリワードが貰えます。 目指せ毎週50km以上!?目標を立ててより多くリワードを貰いましょう! なお、 いつでも冒険モードとポケモンGOプラスは無関係で、いつでも冒険モードには不要です。 いつでも冒険モードの設定方法 設定方法は簡単!以下から紹介します。 卵の距離は9つのうちのまもなく孵化する卵の距離が反映されています(ちょっと数値に差があります)。 タマゴをクリックすると卵ボックスが表示されます。 距離と カロリーに鍵マークが付いていたらタップでき、いつでも冒険モードを 使用する・ 今は使わない、ボタンが表示されます。 進捗(しんちょく)の通知もオンオフできます。 以下、設定の際、androidとiOSとで画面遷移が違います。 android androidは、 Google Fitと連動します。 ほとんどのandroidで最初からインストールされてる フィットネスアプリです。 位置情報(GPS)は オンに。 許可をタップすれば、連動します。 ポケモンGOとGoogle Fitが連動しているかは、Google Fitの設定画面の 接続済みのアプリを管理をタップすれば確認できます。 Pokemon GOと表示されてればOK! Google Fitアプリのメイン画面は下記。 ポケモンGOで遊ぶ上で、健康管理にGoogle Fitも活用してみてはいかがでしょうか? iOS iOSでは、位置情報使用の許可画面が開きます。 設定を開くをタップ。 iOSは、 ヘルスケアと連動します。 ポケモンGOとヘルスケアを連動させる為、 すべてのカテゴリをオンをタップします。 なお、カロリーの記録は未対応(調査中)。 最後に画面右上の 許可をタップすれば連動完了です。 あ、端末の電源は切らないようにw 卵の孵化や 相棒ポケモンの飴がカウントされたら通知が来ます。 いつでも冒険モードのリワードは? いつでも冒険モードは、毎週月曜日9時を境に、この一週間で歩いた距離( 5km、25km、50km)に応じて リワードが貰えます。 レポートを受信したらレポート画面下部にある リワードを入手!ボタンをタップしましょう。 すると、画面の下から上にリワードが溢れ出てきます。 冒険ノートを見るとリワードがどんなだったか確認できます。 25kmクリアの場合• モンスターボール20個• スーパーボール10個• ほしのすな ほしのすなはランダムに変動するようです。 モンスターボール20個• スーパーボール10個• ハイパーボール5個• 空きがあれば卵・空きが無ければ不思議なアメ• ほしのすな 50kmクリアでは、5km卵・10km卵がリワードに含まれる場合があります。 卵の空きが無かった場合は、不思議なアメがいくつか貰ます。 10km卵からはリオルなどのレアポケモンが高確率で孵化するとの噂が…。 端末バッテリー消費の節約• 健康管理 この2つができるだけでも活用しがいがあります! ポケモンGOのトレーナーって、40歳以上の方が多い気がするので、ポケモンGOで遊ぶと同時に健康管理もできるので、とてもいい機能だと思います。 ポケモンGOで健康をキープ! 中性脂肪増減に気を配れるかも知れません。 参照 以上、ポケモンGOの いつでも冒険モードについて、遊び方・設定方法・リワードの紹介でした。

次の