ニャンダム レジェンド。 にゃんこ大戦争 覚醒のネコニャンダムの性能紹介と評価

にゃんこ大戦争【攻略】: レジェンドストーリー「解体ショー洞窟」を基本キャラクターで攻略

ニャンダム レジェンド

目次! []• ステージ概要 このステージはボスである 悪の帝王ニャンダム 殺意のわんこ と共に他の雑魚敵が出てくるステージとなっています。 一見そんなに難しくないと感じますが難関ステージである理由が2つあります。 1、悪の帝王ニャンダムのステータスが通常の22倍である 22倍のステータスだと体力は200万超、攻撃力も4万近くありかなり強い敵に設定されています。 しかしニャンダムの攻撃速度は非常に遅いので時間をかければ必ず倒せるとおもいます。 問題は2つめの理由なんですね… 2、開始して4000後(約2分13秒後)にブラックマが20体出現する ブラックマを20体倒すのはほぼ不可能なので 開始して4000F経過するまでに 敵の城を落とさなければなりません。 2分強の時間で200万のダメージを与える必要があるので、 火力が高いキャラで一気にダメージを与えることができる キャラを使う必要があります。 今回は無課金キャラのみを使った編成なのでこのステージ攻略に困っているならばこの編成にしてみてください! スポンサーリンク 編成 狂乱のネコカベ:壁 狂乱のネコクジラ:アタッカー ネコ島:アタッカー 今回のメインアタッカーは 狂乱のネコクジラ ネコ島 です。 この2つのキャラは 赤い敵にめっぽう強い特性をもっていて、それにより赤い敵に対し 攻撃力が1. 5~1. 8倍、 受けるダメージが0. 5倍~0. 簡単に攻略する方法! 開始直後は殺意のわんこが何体が出てくるので壁を出しつつ安い狂乱のネコクジラで攻撃して行きます。 殺意のわんこは倒すと結構お金が手に入るので働きネコのレベルを少しだけ上げておきます。 全て倒したらキャラを総動員してニャンダムに立ち向かいましょう! 最初の殺意のわんこラッシュが終わると後は約8秒ごとにちょこちょこ出てくるだけなので 前線が崩壊することは無いと思います。 後は時間との戦いなのでニャンダムが攻撃モーションに入って攻撃しそうになる時に にゃんこ砲を発射して攻撃モーションをリセット させることが出来るのでこれで出来るだけダメージを与えると倒すまでの時間短縮となります! ニャンダムを倒したらあとは敵城を破壊するだけです。 幸い敵城の体力は10万と低いのですぐ倒れます!.

次の

にゃんこ大戦争 特殊キャラの入手方法

ニャンダム レジェンド

コニャンダム ネコニャンダム のプロフィール 時空の歪みによって 子供に戻ってしまったニャンダム 老け顔のせいで友達がよりつかない。 根はまじめ たまに敵の動きを遅くする(範囲攻撃) ・LV30時点での能力 DPS 1076 攻撃範囲 範囲 攻撃頻度 14. 53秒 体力 20400 攻撃力 15640 生産時間 168. 53秒 体力 20400 攻撃力 15640 生産時間 168. 射程551という超遠距離キャラの1体です。 その為、壁がしっかしている条件なら最強の後方支援になります。 動作を遅くする能力にはそこまで期待できる効果は無い為に、遠距離攻撃がメインで使用する事になります。 互換キャラなど• オタネコ• にゃんこ囚人• メガニャンコ• 銀河戦士コスモ• アフロディーテ• ネコルガ族 など 総合評価 コニャンダムは遠距離攻撃として 無課金でゲットできるキャラで 非常に重要です。 壁さえ整っていれば 勝てる状況がいくつも出てきます。 その為、ニャンピューターを使用した 持久戦に最も適しているキャラです。 また最近では星4攻略で 数少ない遠距離キャラとして 再注目されています。 デメリットとしては EXキャラの特別枠の為に キャッツアイが使用できないので これ以上の底上げができないのが 痛いですね。 因みに管理人が良く使うコニャンダムの 場面としてはナマルケモルルが 非常に苦手な為にコニャンダムをいれて 持久戦に持ち込んだりしていました。 他にも師匠や教授に対しても非常に 使い勝手が良い為に本当に 困った時のコニャンダムに なりつつありますね。 当サイトは にゃんこ大戦争のキャラの評価や 日本編攻略から未来編攻略までを 徹底的に公開していくサイトとなります。

次の

【にゃんこ大戦争】ラスト・ギャングの攻略が超絶楽になるコツを解説

ニャンダム レジェンド

レアリティが「EX」のにゃんこはネコカンで購入したり、ストーリーを進行させたり、イベントの報酬だったりで入手することができます。 有能なキャラクターは正直少ないですが、他のレアリティ以上に尖ったものもいるので状況を選んで活用していきましょう。 とくに星4などの出撃制限ステージではEXキャラクターの起用が重要になることもあるので、それぞれの特性を知っておくと損にはなりません。 ずっと使える最優先で育てたいEXにゃんこ ほかのレアリティとも十分に張り合える性能を持っていて、入手直後からずっと何かしら出番があるにゃんこです。 レジェンド後半の高難易度ステージでも活躍の機会はあるので早めに育てて使い方を覚えておきましょう。 1.覚醒のネコムート 第1形態: ネコムート 第2形態: 狂乱のネコムート 第3形態: 覚醒のネコムート 「EXキャラの中で一番使えるのは何?」と聞かれれば、完全にこのネコムート一択になるでしょう。 それぐらいにダントツに強力で利便性も高いキャラクターです。 第2形態までは450の射程を生かした後衛アタッカーの役目を果たし、第3形態では敵の体力をゴリゴリ削る突撃型アタッカーの役目を果たします。 第2形態と第3形態でまったく性質が変わったキャラクターになりますが、どちらもかなり有用な特性を持っていますので使い分けることでいろんなステージに対応が可能です。 特に第3形態の攻撃力は驚異的で、85,000、3,400、5,100の3連続攻撃(しかも範囲攻撃で攻撃頻度も高め)はBOSSの体力を一気に削ったり、敵の大群を処理したり、敵基地の速攻撃破だったり、様々なシーンで活躍することができます。 2.タマとウルルン 第1形態: ウルフとウルルン 第2形態: タマとウルルン 第3形態: 覚醒のタマとウルルン レジェンドステージ「脱獄トンネル」最終ステージのドロップ報酬で入手することができます。 射程440(第3形態なら450)で壁の後ろから攻撃できるアタッカー兼ふっ飛ばしキャラとして活躍が期待できます。 攻撃力はそこまででもありませんが、白い敵を吹っ飛ばせる特性はかなり貴重ですので白い敵がBOSSとなる高難易度ステージではかなり出番があります。 また、第三形態では基礎能力アップに加えて古代の呪い無効の特性を得るのでさらに需要は高くなります。 意外に多くのにゃんコンボにも絡むので使いこなせば非常に強力なキャラクター。 3.覚醒のネコニャンダム 第1形態 コニャンダム 第2形態 ネコニャンダム 第3形態 覚醒のネコニャンダム レジェンドステージ「終わりを告げる夜」の最終ステージクリアのドロップ報酬で入手することができます。 射程距離は551と他のレアリティを含めた場合でもかなり長く、遠距離から攻撃しつつ敵の進軍を遅らせるという妨害役を務めることができます。 攻撃力はそこまでではないので、壁数枚や他の妨害キャラと併用して持久戦前提でネコニャンダムを溜めていくつもりで運用していきましょう。 第2形態でも十分に運用ができますが第3形態まで進化すると全属性の敵を3秒程度50%の確率で動きを遅くすることができます。 しかも古代の呪い無効という優遇っぷり。 そのため古代種ステージではなくてはならないレベルで活躍ができます。 4.にゃんこ化癒術師cc 第1形態 癒術師 第2形態 癒術師cc 第3形態 にゃんこ化癒術師cc ソシャゲ「メルクストーリア」のコラボキャラです。 イベント開催中に特定ステージをクリアすることで入手することができます。 このキャラは第3形態のにゃんこ化癒術師ccになると、なんとメタル以外の敵を100%の確率で敵を止めることができます。 しかも範囲攻撃で秒数も3秒程度と長め。 タイミングを計って複数溜めることができれば敵の永久停止も実現が可能です。 射程が160しかなく、鈍足で、HPも一撃死必至、という欠点も満載のキャラではありますが、うまくほかのキャラの援護を入れながら活用するととんでもない威力を発揮します。 難関ステージで試行錯誤を繰り返して、敵の永久停止を実現したときの達成感は半端ないですよ(笑) 5.ネコボンバー 第1形態 ネコフラワー 第2形態 にゃんこ扇風 第3形態 ネコボンバー 隠しにゃんこのひとつで、入手方法さえ知っていればゲームプレイ開始していきなり入手することができます。 ネコボンバーへの進化も指定日時に出現する簡単な限定ステージをクリアするだけ。 比較的早い時期から入手できるのが強みです。 特性は黒い敵を2秒間100%ストップさせるもので、癒術師の黒限定版という感じです。 単体攻撃ではありますが、射程が240で攻撃発生も早いので、射程が長くない敵が多い黒属性の敵には非常に有効です。 低コストな上に再生産も早いので数を溜めやすく、各ゲリラ経験値ステージではめちゃくちゃ活躍します。 ちなみに管理人はネコボンバーを入手して初めて超極ゲリラ経験値をクリアできるようになりました。 ステージによっては活躍の場があるEXにゃんこ 6.狂乱のスターもねこ 第1形態 狂乱のもねこ 第2形態 狂乱のスターもねこ 「狂乱のもねこ降臨」をクリアすることで入手できます。 確定クリティカルといえば激レアのネコウエイトレスですが、2体目としてEX枠にこのキャラが実装されました。 射程は210でネコウエイトレスの350より遥かに劣りますが、一般的に出現する敵のメタルキャラに対しては全て優位を取れます。 3回連続攻撃の3発目だけがクリティカルなのでクリティカル発生には少し時間を喰いますが、それまで壁役で守ってやることさえできれば安定してメタルキャラを葬っていくことが可能です。 ネコウエイトレスと比べて、星4ステージに出撃可能で低コストで攻撃回転数が高いという強みもあるので、育てておけば活用できるシーンは多くあります。 7.ちびねこ 第1形態 ちびネコ 第2形態 ちびネコビルダー 第3形態 ちびネコモヒカン 安価壁要員です。 第3形態のちびネコモヒカンに進化するとコストがレジェンドで45まで下がり、にゃんこ大戦争現存キャラクターの中では最も低い数字になります。 性能はもちろん非常に低いですが「1回だけ攻撃を受けて犠牲になってくれる超安価壁」としていろんなステージで活用が可能です。 8.ネコアミーゴ 第1形態 ネコフィーバー 第2形態 ネコカーニバル 第3形態 ネコアミーゴ 安価壁として活用できるにゃんこのひとつです。 レジェンドではコスト75円で生産することができ、再出撃までの時間も非常に短いのが特徴。 また第3形態では5%という低確率ではありますがメタル以外全般の敵をふっとばすことがあるので、前線の保持力はそれなりのものが期待できます。 ただしふっとばし能力は一長一短があり、敵をふっとばした後に本来前に出てはいけないアタッカーや妨害役が距離を詰め過ぎてやられてしまうなんてパターンがありえます。 これを防止するためには大狂乱モヒや大狂乱ゴムネコなどの足が速い壁役の併用が有効になるので覚えておきましょう。 9.黒にゃんこ剣士 第1形態 白にゃんこ剣士 第2形態 黒にゃんこ剣士 「城とドラゴン」コラボキャラです。 イベント開催中に特定ステージをクリアすることで入手できます。 ゾンビに打たれ強い特性を持つ壁役のキャラクターで、レジェンドステージでコストは150と安く、再生産も早いので連打が可能。 レベル40であれば対ゾンビHPは40,000を超えるため、ゾンビステージでは単純に大狂乱ゴムネコの2倍の耐久力を持つキャラクターとして運用が可能です。 金欠が当たり前のゾンビステージで壁役にかけるコストを削減できるので、非常に役に立つにゃんこです。

次の