おもしろいらすとや。 ラスト・シンデレラ

【レクリエーションゲーム 厳選20選】大学生に絶対おすすめ。盛り上がるレクを紹介!

おもしろいらすとや

「おもしろい文章は、内容がおもしろい」という残酷な事実がある。 もちろん、表現や言い回し、空気感などでおもしろさを伝えられる人もいる。 しかしそれができるのは、作家など一部のプロフェッショナルだけ。 下手にマネすると「さむいエッセイスト」みたいになる。 プロの書き手ではないぼくたちが「おもしろい」と思われる文章を書くためには 「内容で勝負する」必要がありそうだ。 ただ、おもしろいと思われるような「新しい考え方・できごと・情報」なんて、そうそうあるもんじゃない。 というわけで、「やっぱりおもしろい文章なんて書けないや」とあきらめてしまいがちだ。 一方で、ふだんぼくらが「おもしろい」と思う文章は、 ずっと「なるほど!」「へえ!」が続くようなものでもない。 ずっと「新しい情報」だらけの文章は疲れてしまうのだ。 たとえばこんな文章がある。 パプアニューギニアは、南太平洋にあるニューギニア島の東半分及び周辺の島々からなる立憲君主制国家である。 東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別オブザーバーであるが、地理的にはオセアニアに属する。 オーストラリアの北、ソロモン諸島の西、インドネシアの東、ミクロネシア連邦の南に位置する。 これは「パプアニューギニア」を説明したウィキペディアの文章に少し手を入れたものだ。 地理に詳しくない人にとっては「新しい情報」だらけだろう。 でもこの文章を「ほうほう、おもしろい」とはなかなか思えない。 しかもバンバン固有名詞が出てきてついていけない。 それよりは、 先日、パプアニューギニアに行ってきた。 ……と言っても「パプアニューギニアってどこだっけ?」という人も多いだろう。 簡単に言えば、オーストラリアの「上(北)」にある。 パプアと聞いて「南国少年パプワくん」を思い出す人もいるかもしれない。 「南国の、ほのぼのとした国」というイメージを持つ人も多いだろう。 さて実はこの国、第二次世界大戦前までは「パプア」と「ニューギニア」という2つの地域に分かれていたことをご存知だろうか? 第二次大戦では、日本軍と連合国軍がこの地で争い、約21万人もの兵士が戦死した。 大戦後に2つの領土は統合されて「パプアニューギニア」と呼ばれるようになったのだという。 のんびりとしたきれいな海も、かつては血に染まっていたと知り、ぼくは複雑な気持ちで帰路についた。 のほうが、まあまあ「読める」し「おもしろい」と思ってくれる方もいるかもしれない(いなかったらごめん)。 「おもしろい文章」のポイントは「共感」にあり 何が言いたいのかというと、 おもしろいと思う文章の8割くらいは「わかるわかる」という「共感」でできているのではないか、ということだ。 先日、パプアニューギニアに行ってきた。 ……と言っても「パプアニューギニアってどこだっけ?」という人も多いだろう。 などの部分は、別に新しい情報でもなんでもない。 ハッキリ言っておもしろくもないだろう。 ただ、この部分があることで、書き手と読み手のあいだの溝が埋まり、 ・第二次世界大戦前までは「パプア」と「ニューギニア」という2つの地域に分かれていた ・日本軍と連合国軍がこの地で争い、約21万人もの兵士が戦死した。 といった、後半の「新しい発見」が際立ち、伝わりやすくなる。 このように「旅行に行ったのね」「パプアニューギニアってどこだっけ?」「あーパプワくん、懐かしい」などといった 「共感」で引っぱりつつ、残り1〜2割くらいで「そうなんだ!」「なるほどね!」と思わせる。 こうすることで「新しい考え方・できごと・情報」がそこまで多くなくても「おもしろい文章」を無理せず書くことができる。 おもしろい文章を書くといっても、内容を「おもしろいことだらけ」にしなくていい。 「共感8割、発見2割」を目指すくらいでちょうどいいのだ。 【追記】 ……あ。 そういえば、上記の内容をツイートしたときに「それは人間も同じですね!」という返信をもらって「なるほど!」と思った。 めちゃくちゃ奇抜で、まったく共通点のないような人を「おもしろい」とは思えない。 むしろ「怖い」という感覚に近い。 でも、8割〜9割は自分と同じような感覚を持っていて「気が合うな」という人に「自分と違う部分」を見つけたとき「おもしろい」と思う。 8割くらい共感できて、2割くらいの発見がある。 そういう人のことを「おもしろい」と思い、好感を抱くのかもしれないな。

次の

ラスト・シンデレラ

おもしろいらすとや

「おもしろい文章は、内容がおもしろい」という残酷な事実がある。 もちろん、表現や言い回し、空気感などでおもしろさを伝えられる人もいる。 しかしそれができるのは、作家など一部のプロフェッショナルだけ。 下手にマネすると「さむいエッセイスト」みたいになる。 プロの書き手ではないぼくたちが「おもしろい」と思われる文章を書くためには 「内容で勝負する」必要がありそうだ。 ただ、おもしろいと思われるような「新しい考え方・できごと・情報」なんて、そうそうあるもんじゃない。 というわけで、「やっぱりおもしろい文章なんて書けないや」とあきらめてしまいがちだ。 一方で、ふだんぼくらが「おもしろい」と思う文章は、 ずっと「なるほど!」「へえ!」が続くようなものでもない。 ずっと「新しい情報」だらけの文章は疲れてしまうのだ。 たとえばこんな文章がある。 パプアニューギニアは、南太平洋にあるニューギニア島の東半分及び周辺の島々からなる立憲君主制国家である。 東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別オブザーバーであるが、地理的にはオセアニアに属する。 オーストラリアの北、ソロモン諸島の西、インドネシアの東、ミクロネシア連邦の南に位置する。 これは「パプアニューギニア」を説明したウィキペディアの文章に少し手を入れたものだ。 地理に詳しくない人にとっては「新しい情報」だらけだろう。 でもこの文章を「ほうほう、おもしろい」とはなかなか思えない。 しかもバンバン固有名詞が出てきてついていけない。 それよりは、 先日、パプアニューギニアに行ってきた。 ……と言っても「パプアニューギニアってどこだっけ?」という人も多いだろう。 簡単に言えば、オーストラリアの「上(北)」にある。 パプアと聞いて「南国少年パプワくん」を思い出す人もいるかもしれない。 「南国の、ほのぼのとした国」というイメージを持つ人も多いだろう。 さて実はこの国、第二次世界大戦前までは「パプア」と「ニューギニア」という2つの地域に分かれていたことをご存知だろうか? 第二次大戦では、日本軍と連合国軍がこの地で争い、約21万人もの兵士が戦死した。 大戦後に2つの領土は統合されて「パプアニューギニア」と呼ばれるようになったのだという。 のんびりとしたきれいな海も、かつては血に染まっていたと知り、ぼくは複雑な気持ちで帰路についた。 のほうが、まあまあ「読める」し「おもしろい」と思ってくれる方もいるかもしれない(いなかったらごめん)。 「おもしろい文章」のポイントは「共感」にあり 何が言いたいのかというと、 おもしろいと思う文章の8割くらいは「わかるわかる」という「共感」でできているのではないか、ということだ。 先日、パプアニューギニアに行ってきた。 ……と言っても「パプアニューギニアってどこだっけ?」という人も多いだろう。 などの部分は、別に新しい情報でもなんでもない。 ハッキリ言っておもしろくもないだろう。 ただ、この部分があることで、書き手と読み手のあいだの溝が埋まり、 ・第二次世界大戦前までは「パプア」と「ニューギニア」という2つの地域に分かれていた ・日本軍と連合国軍がこの地で争い、約21万人もの兵士が戦死した。 といった、後半の「新しい発見」が際立ち、伝わりやすくなる。 このように「旅行に行ったのね」「パプアニューギニアってどこだっけ?」「あーパプワくん、懐かしい」などといった 「共感」で引っぱりつつ、残り1〜2割くらいで「そうなんだ!」「なるほどね!」と思わせる。 こうすることで「新しい考え方・できごと・情報」がそこまで多くなくても「おもしろい文章」を無理せず書くことができる。 おもしろい文章を書くといっても、内容を「おもしろいことだらけ」にしなくていい。 「共感8割、発見2割」を目指すくらいでちょうどいいのだ。 【追記】 ……あ。 そういえば、上記の内容をツイートしたときに「それは人間も同じですね!」という返信をもらって「なるほど!」と思った。 めちゃくちゃ奇抜で、まったく共通点のないような人を「おもしろい」とは思えない。 むしろ「怖い」という感覚に近い。 でも、8割〜9割は自分と同じような感覚を持っていて「気が合うな」という人に「自分と違う部分」を見つけたとき「おもしろい」と思う。 8割くらい共感できて、2割くらいの発見がある。 そういう人のことを「おもしろい」と思い、好感を抱くのかもしれないな。

次の

小学2年生 【漢字クイズ】 問題プリント|ちびむすドリル【小学生】

おもしろいらすとや

「おもしろい文章は、内容がおもしろい」という残酷な事実がある。 もちろん、表現や言い回し、空気感などでおもしろさを伝えられる人もいる。 しかしそれができるのは、作家など一部のプロフェッショナルだけ。 下手にマネすると「さむいエッセイスト」みたいになる。 プロの書き手ではないぼくたちが「おもしろい」と思われる文章を書くためには 「内容で勝負する」必要がありそうだ。 ただ、おもしろいと思われるような「新しい考え方・できごと・情報」なんて、そうそうあるもんじゃない。 というわけで、「やっぱりおもしろい文章なんて書けないや」とあきらめてしまいがちだ。 一方で、ふだんぼくらが「おもしろい」と思う文章は、 ずっと「なるほど!」「へえ!」が続くようなものでもない。 ずっと「新しい情報」だらけの文章は疲れてしまうのだ。 たとえばこんな文章がある。 パプアニューギニアは、南太平洋にあるニューギニア島の東半分及び周辺の島々からなる立憲君主制国家である。 東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別オブザーバーであるが、地理的にはオセアニアに属する。 オーストラリアの北、ソロモン諸島の西、インドネシアの東、ミクロネシア連邦の南に位置する。 これは「パプアニューギニア」を説明したウィキペディアの文章に少し手を入れたものだ。 地理に詳しくない人にとっては「新しい情報」だらけだろう。 でもこの文章を「ほうほう、おもしろい」とはなかなか思えない。 しかもバンバン固有名詞が出てきてついていけない。 それよりは、 先日、パプアニューギニアに行ってきた。 ……と言っても「パプアニューギニアってどこだっけ?」という人も多いだろう。 簡単に言えば、オーストラリアの「上(北)」にある。 パプアと聞いて「南国少年パプワくん」を思い出す人もいるかもしれない。 「南国の、ほのぼのとした国」というイメージを持つ人も多いだろう。 さて実はこの国、第二次世界大戦前までは「パプア」と「ニューギニア」という2つの地域に分かれていたことをご存知だろうか? 第二次大戦では、日本軍と連合国軍がこの地で争い、約21万人もの兵士が戦死した。 大戦後に2つの領土は統合されて「パプアニューギニア」と呼ばれるようになったのだという。 のんびりとしたきれいな海も、かつては血に染まっていたと知り、ぼくは複雑な気持ちで帰路についた。 のほうが、まあまあ「読める」し「おもしろい」と思ってくれる方もいるかもしれない(いなかったらごめん)。 「おもしろい文章」のポイントは「共感」にあり 何が言いたいのかというと、 おもしろいと思う文章の8割くらいは「わかるわかる」という「共感」でできているのではないか、ということだ。 先日、パプアニューギニアに行ってきた。 ……と言っても「パプアニューギニアってどこだっけ?」という人も多いだろう。 などの部分は、別に新しい情報でもなんでもない。 ハッキリ言っておもしろくもないだろう。 ただ、この部分があることで、書き手と読み手のあいだの溝が埋まり、 ・第二次世界大戦前までは「パプア」と「ニューギニア」という2つの地域に分かれていた ・日本軍と連合国軍がこの地で争い、約21万人もの兵士が戦死した。 といった、後半の「新しい発見」が際立ち、伝わりやすくなる。 このように「旅行に行ったのね」「パプアニューギニアってどこだっけ?」「あーパプワくん、懐かしい」などといった 「共感」で引っぱりつつ、残り1〜2割くらいで「そうなんだ!」「なるほどね!」と思わせる。 こうすることで「新しい考え方・できごと・情報」がそこまで多くなくても「おもしろい文章」を無理せず書くことができる。 おもしろい文章を書くといっても、内容を「おもしろいことだらけ」にしなくていい。 「共感8割、発見2割」を目指すくらいでちょうどいいのだ。 【追記】 ……あ。 そういえば、上記の内容をツイートしたときに「それは人間も同じですね!」という返信をもらって「なるほど!」と思った。 めちゃくちゃ奇抜で、まったく共通点のないような人を「おもしろい」とは思えない。 むしろ「怖い」という感覚に近い。 でも、8割〜9割は自分と同じような感覚を持っていて「気が合うな」という人に「自分と違う部分」を見つけたとき「おもしろい」と思う。 8割くらい共感できて、2割くらいの発見がある。 そういう人のことを「おもしろい」と思い、好感を抱くのかもしれないな。

次の